宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

カテゴリ:■精神世界( 910 )

どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


昨晩は8時に寝てしまい、夜中の3時に起床。これはこれでこのサイクルが定着すればいいよね。子どもたちが次々登校登園しまして、私は自室で静かに本を読みます。ちょっと眠くなって寝ます。時折、連絡が入ります。しかし、フェイスブックのウォールがありません。他の方の投稿を読むこともなければ、イベントのお誘いもない。そして、気にならない。


今日は満月。先月のどんよく以降、本当にいろんなことがあった。どちらかと言うと、試練と呼べることかもしれない。しかし今日の満月を見て、すべてが終わった実感を得た。そして完全に次の次元に進んだ自分を体感している。


今日は何件、連絡をいただいただろうか。LINE@からが多いですが、フェイスブックはメッセージ機能だけは生きており、今後もそのまま使うことができます。その多くは、「Qさん、大丈夫ですか?」なる、どちらか言うと心配するようなご連絡。なぜかアトムカンフーさんにもそのようなお問い合わせや来店があったそうで、アトムさんとはずっと連絡を取っているので、きちんとご説明いただいたようです。


別に何かを隠しているとかまったくありません。めちゃめちゃ元気です。普段から情報過多に生きる私だけに、フェイスブックにまったく登場しないことに違和感を感じてる人もいらっしゃるよう。でも、それもすぐに慣れるでしょう。ただ、フェイスブックには個人のページとは別に「石田久二公式ページ」なるものがあり、そちらはまだ残っています。そして今後、ブログの更新情報はそちらから行いますので、これまで私の個人ページから受け取っていた方は「公式」に「いいね」を押してくださいませ。ただし、URLを貼って投稿するだけなので、言葉もなければメッセージを送ることもできません。コメントは付けられますが、ご返事もいたしません。無関係なコメントは通知なく削除します。


この一か月間、本当にいろんなことがありました。ブログでもリアルでも絶対に言えないこともいくつかありますし、一方で大きな学びもたくさんありました。その辺り、何をしゃべって何をしゃべらないかは選択が難しいですが、なるべく控えめにいようと思います。それとは別に、どんよく前後からのこの1~2か月、本当に多くの学びがあり、お伝えできることも多いので、よかったらこちらにご参加ください。22日の福岡、28日の東京です。福岡は珍しく日曜の昼ですが、東京は夜で比較的リーズナブル。

■1月22日(日)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾23~2017年で次元上昇する人しない人~

■1月28日(土)/東京/宇宙となかよし塾~2017年で次元上昇する人しない人~
 

そして急きょ決まった熱海での「新年会セミナー」。こちらは内容もまだ決めていませんが、人生を大きく変えるきっかけとなる楽しい二日間にしたいと思います。ただし、また急な話ですが、1月14日(日)いっぱいで受付を締め切らせていただきたいと思います。LINEでも最後の通知をします。

■1月29日(日)・30日(月)/熱海/チーム青春「新年会」~2017年を次元上昇する~


ただ、この合宿に関しては今年で7回目となり、毎回、すぐに満員になっていたのですが、なぜか出足が鈍く、さらに講師のひーこーさんのコンディション不調により中止となったもの。何かを試されているような気がする。なのでもし、14日までに規定人数に達しない場合、これ自体もまた中止になる可能性がありますこと、ご了承ください。


火曜日の個人セッションもまだ6名ほど空きがございます。
 
■1月31日(火)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(60分)


あと、3月の沖縄ツアー(久高島)についてもお問い合わせをいただくのですが、早い段階ですでに満員となっております。4月以降のスケジュールはまったくの未定です。来月はインドはラダック。昨日も書きましたが、2005年に会社を辞めて、今年2017年は「12年サイクル」の一年目。会社を辞めたのと、フェイスブックを辞めたのが、私の中であまりにも酷似している。それ以前の「慌ただしさ」と、それ以降のこの「静寂さ」において。その翌月にラダックに行くのも共通しており、これもまた不思議な話だ。何かが起こるとしか思えない。そしてその翌月は「コズモクダカ」の結成の場となった久高島に行く。メンバーも全員いる。


2017年って、めちゃくちゃすごい一年になるに違いない。たとえば神田昌典さんが監修している「春夏秋冬理論」などによると、「12年サイクル」を意識すれば、この先になにが起こるか予想できる。私は今年、「冬3年目」のようで、これからどんどん面白くなります。ざっと「春夏秋冬」の特徴をまとめるとこう。


冬:種まき、アイデアを出す
  「霧がだんだん晴れて、方向性が見え隠れしてきます」

春:発芽、仕掛けたことが当たり始める
  「情報発信していくと、人間関係が広がってきます」

夏:成長、何もしなくても上手くいく
  「勢いもあって慢心につながりやすく、一番判断を見誤りやすい」

秋:収穫、刈り取り選別する
  「12年間の棚卸の意味で、本を書いたり、発表したりというのは非常にいいタイミング」

b0002156_1322924.jpg

逆順に見ていくと、私にとっての秋(2012年~2014年)は確かに収入が劇的にアップしたり、「夢なに」がベストセラーになったり、収穫しまくっています。「夢なに」は確かに12年間の棚卸ですべてを出し切ってますから。

夏(2009年~2011年)は一冊目を出し著者人生がスタート。長男も産まれ、人間関係も広がり、確かにちょっとイケイケだった。

春(2006年~2008年)は会社を辞めた新生活の直後で、収入も安定してないし、なにやればいいかわからずもがいていた。だけど、妙に気分はワクワクしっぱなし。

冬(2003年~2005年)はサラリーマン終盤で、将来が不安になり初めてセミナーに参加し、目標設定し、ブログも始めたのが2004年。冬3年目の2005年に会社を辞め、まったく新しい世界へと突入した。


これを今から12年で当てはめるといろいろ予想できるのかな。人生のターニングポイントは2005年で、すべてが変わった。働き方、人間関係、時間の使い方、心の状態、すべてが変わった。となると、今年も同じようなことが起こる。人間関係は早くも変わろうとしている。時間の使い方はFBを卒業したことによって大幅に変わる。働き方は未知数だけど、これまでのような感じではなくなるのだろう。


来年から「春(2018年~2019年)」に入るのだけど、新しいことがどんどん発芽して、いろんなチャンスがやってくるのだろうか。「夏(2020年~2022年)」は40代最後だけど、50代に向けてイケイケになるのか。「秋(2023年~2025年)」は50代前半で、もしかしたら自転車ユーラシアをするかもしれないし、それまでの集大成の大ベストセラーを出すかもしれない。浮き沈みはあるけども、前のサイクルではきちんと克服できたので、これからもおそらくそうだろう。


そんな新たなサイクルの出発点でラダックに行くのもまた象徴的だ。12年前に会社辞めた直後、何もすることないながら、妙にワクワクしていた。そんな気持ちを思い出した。もちろん今はたくさんあるので状況はまったく違うけど、セミナーのやり方なんかも変わってくるんだろうな。2月はラダック、3月は久高島&新城島、4月はロンドンUPWでその前にヨーロッパ4泊5日。

5月から何するかまったくの未定。去年もそうだったけど、今年の未定なのは、まったく新しい何かがやってきそうな、そんな予感の未定。とにかく、何かが始まった。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-12 23:39 | ■精神世界
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


とある対話篇(前編) 2017.1.10」の続きです

22:54 A

あのね、
その背景しらないで商売してるのアウト

スピはグレーじゃなくてアウトだよ

線引きが難しいから生き残ってるだけ

スピはたちが悪い
弱っている人が食い物になるから

市場は判断しないよ
オレオレ詐欺は市場が判断するの?
政府が駄目っていっても、あり続けるじゃん
生き残ったら正解だなんて暴論だね


22:57 石田 久二

何度も言いますけど、Aさんは私のことをフワフワピヨピヨの痛いどスピと思ってるかもしれませんが、私自身はそのようには思っていません。書棚などは精神世界・自己啓発・ビジネスに置かれたりはしますが、最初からスピで商売しようと思ったことはなく、自然とそうなってしまったようで。。。

確かにすぐではないですが、長いスパンで変なものは確実に淘汰されています。


22:59 A

コーチングはきらいだけど、まだわかる。セラピーみたいなもんだから。
だけどね、
宇宙だとか、
前世だとか、
これ、アウトだよ

あのね、世間知らなさすぎ
淘汰なんかされないの

淘汰されない=正義
ではない

アカシックレコードとかいってるのは、フワフワじゃん


23:02 石田 久二

宇宙とか前世、それは言葉の定義の問題で、人によっていろんなニュアンスがありますよね。私もその辺はもう少し厳密に考えています。
「淘汰されない=正義」とは言っていません。ただ、少なくとも風邪ひいたら病院に行くくらいの世の中にはなってますし(呪い師に行くことはなく)、まともな世の中にはなっていると思います。


23:03 A

意味わからん


23:03 石田 久二

まだまだ変な商売もあれば、人もいれば、本も言葉もあるでしょう。Aさんも理想の社会を思い描いているのはわかりますし、その理想社会に私って存在は相いれないのかもしれない。


23:04 A

むかーしむかしの話を持ち出して、いまの正当化を図るのは無理があるって


23:04 石田 久二

昔の話とは言いますが、私の中では一貫していますので。


23:04 A

理想社会なんて描いてませんけど


23:05 石田 久二

質問していいですか?
Aさんは何を求めているのですか?


23:05 A

いつからいきてるの?笑

弱者につけこむ奴は・ねばいいと思ってる


23:05 石田 久二

1973年からです(笑)

>弱者につけこむ奴は・ねばいいと思ってる
共感します!ただ、・ねとまでは言いませんが・・・(笑)


23:07 A

仏陀を見習えといいたい


23:08 石田 久二

私もどちらかと言うと、仏教に依拠しています。
こんなのは確かにクソですけどね。
http://www.6sei.net/pc/index.html


23:09 A

じゃあ、
アカシックレコードとかいうなよ
仏陀は全てを否定してるよ


23:13 石田 久二

仏陀は前世も否定してますからね。
アートマンも否定していますし。
だけど、ヒンズーではそれが教義の柱になっている。
仏教徒には仏教が正しく、ヒンズー教徒にはヒンズー教が正しい。
キリスト教もイスラムも同様。
アカシックレコードは仏陀は言ってませんが、弘法大使空海はその大元となる言葉を使っています。虚空蔵求聞持法の真言「のうぼうあきゃしゃきゃらばやおんありきゃまりぼりそわか」の「あきゃしゃきゃ」はアカシックと言う意味です。
仏教も大乗、上座部、中国、日本といろいろありますからね。Aさんはその意味では、スマナサーラあたりが提唱してる原始仏教ですか?


23:14 A

人が作ったもの
それ以上でもそれ以下でもない


23:15 石田 久二

私自身がアカシックレコードと言う言葉に親和性を感じているのは、密教の勉強や修行をしているからかもしれません。私の師は天台密教ですが。

すべては人が作ったものです。


23:16 A

天台密教が天使とかいうなよ。

とりあえず、
1/28の文化センターいく ※来られなくなりました

次元とか、同時存在とか
もうね
あたま沸いてる


23:17 石田 久二

すみません、その辺は表現の自由ってことでご容赦を。
ただ、仏教は割と寛容ですからね。

>1/28の文化センターいく ※来られなくなりました
お待ちしています!


23:18 A

じゃあ、石田さんは宗教家なのね


23:18 石田 久二

違います。


23:18 A

それがたち悪いんだよ

宗教っていわないで、宗教の概念を売る。


23:20 石田 久二

「宗教家」という職業ではないですが、広い意味では「宗教」そのものかもしれませんね。


23:20 A

宗教家って最初から名乗るなら、まったく何の異論もない。

それが、諸悪の根源。


23:20 石田 久二

ただ、いろんな人がいていいとは思っています。


23:21 A

だめにきまってるじゃん。

宗教倫理のかわをぶった商売


23:23 石田 久二

ダメと言われると返す言葉もないですが、、、それはAさんの価値観ですよね?


23:23 A

それが真理というなら、宗教法人として堂々とやりなさい。
そうすれば、あやまってそれに触れる人がいなくなる、

おれの価値観じゃないよ


23:24 石田 久二

つまり、Aさんは宗教チックなもの全般が許せないわけですね?


23:24 A

株式会社で宗教教えちゃだめです、


23:24 石田 久二

「法人」でない宗教とか


23:25 A

だから、宗教名乗りなさい

宗教って堂々といえばよい
宗教という言葉をかくして同一行為するのは、悪です。
消費者に意図的な錯誤をもたらせる。


23:26 石田 久二

「宗教」を「宗い教え」と言えば、私のは宗教ですが、宗教団体のような社会通念上の「宗教」とは違いますし、まあ、好き勝手にやらせてもらってるだけで。


23:27 A

人を不幸にしても、好き勝手してよいと?


23:27 石田 久二

私が人を不幸にしていると?


23:27 A

確実に量産してるね


23:28 石田 久二

それは手痛いご意見です・・・

確かに私を批判する人はいるでしょうが、いいと思ってる人もいるわけで。。

この出版社とか悪の根源ですね!私は好きだし、お世話になってますが。
https://www.sunmark.co.jp/


23:34 A

幸せをうたって商売する人
幸せになるのは胴元だけ
あなたが本当に天台密教なら、商売にしないはず。
ここで偽者確定。


23:35 石田 久二

天台密教の師の元で修行をさせてもらっている在家の行者です。
在家=似非と言えばそうです。

あと、Aさんは私のことが嫌いだってこともよくわかりました(笑)

いつぞやのコメントは失礼しました。


23:38 A

人の弱みにつけこむ人間が総じてきらい


23:38 石田 久二

半分寝てた状態で、ふざけたような回答になってしまい。。。


23:38 A

まともな回答しないしね


23:39 石田 久二

今からあの続きしてもいいですよ!目は冴えてますので!


23:39 A

お、いいね


23:39 石田 久二

やりましょう!電話じゃなくていいですか?


23:40 A

メッセージで


23:40 石田 久二

了解っす!


23:40 A

少し見直した


23:40 石田 久二

ありがとうございます!


23:40 A

で、
前世の根拠は?


23:42 石田 久二

ブログにも書いたのですが、一つの魂(アートマン)が永続すると言う意味での前世は否定しています。そこは釈迦にも依拠して。

ただ、これは「死後の世界」があるかないかの議論にもなるのですが、私はいわゆる丹波哲郎的な「死後の世界」は否定しています。

死ぬと完全に「無」になる。しかし、「無=死」はどこかに「記憶・情報」のようなものとして残り、そこから新たな「生」が生じ得るのでは、、、と考えています。その考えの根拠は「あ、もしかしてそうかも・・」という直感であって、科学的に立証できるものではありません。


23:45 A

ふむ

次元は?


23:45 石田 久二

そして私たちはその「記憶・情報」をどこか受けついで生まれているのでは。これもある種の信仰かもしれませんが、同じく、ヒラメキの世界の中で「あ、なるほど」と言う感じでの直感。


23:45 A

定義


23:45 石田 久二

その「記憶・情報」を「アカシックレコード」と読んでいます。

次元の定義ですか?



23:46 A

高次元って?



23:46 石田 久二

このログは私にとっても勉強なります!

「次元」には二種類の意味があり、一つは3次元(地球)的な次元。それは、単純に「昨日よりいい日になった」のレベルで、それを実感したときなど「次元が変わった」と言うことがあります。また、その延長で、これも単純に「なんだか見る世界が変わったね」、、これも次元上昇の一つ。
もう一つはいわゆるAさんが嫌いな宇宙的な次元。「記憶・情報=アカシック」が成長することで、宇宙全体が進化してるような。これは中村天風の師の悟りに依拠しています。

ただし、この宇宙的な次元もまた科学的に立証することはできず、信仰の一種と言えばそう。斎藤一人さんが「どんどん良くなるんだよ」と言う時の根拠はこの「宇宙の進化」を意味していますし、私もそう感じています。根拠はそれこそ直感としか言いようがなくて。

あと、やっぱり「科学」と「宗教」は相いれないと思っています。それを無理やり結び付けたのが「幸福の科学」であり、もう一つはどっか忘れたけど、人はやっぱり科学っぽいことが好きですからね。だから「水からの伝言」みたいな似非に引っかかる人が多い。

なので、「宗教」や「思想」にポパーのいう「反証可能性」を求めるのは土台無理があります。どなたかがコメントされてたように。


0:02 A

宗教は哲学を用いて立証できるように努力をしてきた。だからここまで存在してるの。
かりに、かりにだよ
石田さんの言葉をそのまま受けとめたとしても、石田さんがつかっている言葉というのは、頭が沸いている人が好むキーワードなの。そうであるのは確かでしょう?
アセンションだとか、次元を超越するだとか、引き寄せだとか、宇宙に従うだとか
だいたい紐付いて悪徳なの
なんでかっていうと、そういう言葉に敏感な人に付け入るスキがあるから。
石田さんが悪徳でないとしても、悪徳業界の助長している。
石田さんがボランティアでこの活動してたら、拍手喝采だけどね。
100歩譲っていってるよ、おれ。


0:04 石田 久二

先ほどの繰り返しになりますが、私はAさんの嫌う言葉を連呼しているかもしれません。そしてそんな言葉が好きな人達は反応するかもしれません。仮に「アセンション」で反応してきたとしても、私はかなりぶった切ってます。むしろAさんの言う「悪徳業界」を否定しています。このスタンスは取ってつけたようなものではなく、直近で言えば「天使企画」の返信を一つ一つ読まれるといいかと。

その結果どうなるか?「石田は波動が低い」などと言われ、スピドップリの人たちからも嫌われます。

一方で、心の弱い人も確かにいます。かつての私がそうであったように、スピはそんな人たちの心をつかむと同時に「蝕む」恐れもあります。ただ、そう言いながらも救われる人もいる。自分を否定しまくってる人が、ふと、誰かのブログで「あなたは、そのままでいいんだよ」との言葉を見て、心が軽くなるかもしれない。普通に考えて、そのままでいいはずないんだけど、それでちょっと前向きになれたら、その段階ではいいと思うのです。

私の役割はその次の段階を担うことだと思っています。


0:08 A

スピリチュアルをさまよう行き場のない人をターゲットにしたニッチ戦略と、ここまで僕に付き合った根性を、僕は評価する。


0:10 石田 久二

「そのままでいい」はある意味、人間の根源的な真理です。産まれながらに無価値な存在はいない。だけど、人間として生きている以上、成長もまた必要なことで、そこには現実的な問題と戦う勇気と力が必要なこともある。『夢がかなうとき~』などの本はまさにその勇気と力を思い出して欲しいとの思いで書いた。


0:10 A

慰めも時には必要
ただ、永続的ではないし、
しゃぶと同じ
それをわかった上で処方することを望だけです。
以上


0:10 石田 久二

戦略的に言うなら、「そのままでいい」を連呼しまくる方が稼げます。

なぜなら多くの人は「現状維持」を求めているから。8割以上がそう。だけど、世の人は「現状じゃだめだ」と言う。会社が言う、親が言う、世間が言う、、、そうやって弱った心に「そのままでいい」はシャブのごとくしみいる。

ちなみに私もたくさん知ってるし、なかには友人もいるのですが、稼ぎの額はハンパないです。一回の講演で売上500万なんて人もざら。

もちろんごく一部ですが、遠目、傍目に見ながら、「これはちょっと違うよな~」と複雑な思いを持ってるのも事実です。だけど、「そのままでいい」で毒された人も、どこかで目覚める。

そのときに、私の発信する情報にヒントを見つけてもらえればな~と思っています。ただ、目覚めない人が大半ですが。

以上のログはすべて公開していただいて結構です。



0:40 石田 久二

それから、私も上記のログ、丸コピーして公開していいですか?
ブログ書く手間省けますので。


1:32 石田 久二

何度もすみません。ご返事いただく前にフライングかもですが、公開させていただきますね。NGなら言ってください。


5:56 A

どうぞ
公開はまったく問題ありません
ただ、スクショから論調変わってることと、
天台宗や中村天風の名前を出すだけで、提唱していることの説明が一切されていないこと
そう思う
という逃げ口上
石田さんにとってプラスにならないと思うけどね。
この議論
石田さんが勝ったわけじゃないの
それ、勘違いしない方がいいよ。
これ、マジで親切心で言ってるの。
なんら真理の説明に発展しないから、議論にならないと思って辞めただけだから。
出すなら、これも含めてだしてね。


・・・と言うわけで、激アツな討論となりました。こうやって見ると、時折、Aさんの口調が攻撃的に感じる部分もあるのですが、プロフィールを拝見したところ、営業に関する御本も出版され、クライアントの皆さんからの信頼も厚く、ビジネスマンとしても立派な方のようです。私もAさんとの討論により、考えをまとめることができ、今日のところはとてもよかったと思っています。


そもそもですが、Aさんがこのように激しく討論をされる原因は私にあったのでしょう。ブログに対するご質問にこのように返答しています。
b0002156_311671.jpg


この日はなんとなくボーっとした一日で、半分寝ていた状況だったとは言うものの、私の返答もまた「真理」だと思っています。ただ、言葉が足りなかったのも事実であり、その辺はAさんにとって物足りなかったのでしょう。ですので、今回、このように討論をさせていただきました。

さすがに毎回毎回はキツいですが、今日のところはとても有意義でした。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 

 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOK(ページ連絡)/TWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-10 23:40 | ■精神世界
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日はお昼に博多で友人とランチ、2時からマンションの内覧、その後、滝行して、帰って夕食&お風呂。9時頃にようやく「天使企画」のメッセージに着手しようと思ったら、フェイスブックにいきなりこのようなコメントをいただきました。
b0002156_2525287.jpg

b0002156_253347.jpg


この後、約2時間半に及ぶ討論が続きましたので、せっかくですので公開したいと思います。ご本人も公開前提でスクショを撮られたと思いますし、すでに私も別記事が公開されていますので、ここはノリでOKってことで。ただし、まだご返事はいただいておりませんので、名前はAさんで。東京都内で営業コンサルタント業を営んでいらっしゃるようです。


では、いきます。明らかな誤字脱字は修正しつつ、なるべくそのままに公開させていたただきますね。「質問→返信」の順番がちぐはぐな部分もありますが、リアルタイムな雰囲気をお楽しみください。


21:33 石田 久二

Aさま
コメントよりご連絡ありがとうございます!
対面コーチングですが、特に規約というものは設けておりませんが、私のルールにて行なわせていただいております。
私にとってもプライベートな内容となりますし、ノウハウ等の流出にもつながりますので、録音での公開はご遠慮ください。
それでよろしければぜひお待ちしております!

あと、返金保証もございませんので、その点もご理解ください。
これは「契約行為」となりますので、双方にとって納得いく形でお願いいたします。
そうでない場合は申し込まれない方がよろしいかと思います!


21:36 A

天使だか、アカシックレコードだかは、あなたのノウハウじゃないでしょ?


21:37 石田 久二

私のノウハウ、情報にご興味がなければ、ご自身で勉強されるとよろしいかと思います。


21:38 A

いやいや、あなたから聞きたいんです。
それを公言して商売にしてるんだから。
その根拠を確かめたいんです。


21:40 石田 久二

では、録音はご遠慮ください。私も著者の端くれですし、会話には対価が発生します。いずれにせよ、契約するしないの決定権は当方にございますので、その点はご理解ください。ご理解いただけないようであれば、お申込みされない方が賢明かと存じます。


21:41 A

じゃあ、公開討論しましょうよ

石田さん勝てば、売上増えるよ


21:42 石田 久二

喜んで!ただし、これは仕事の範疇となりますので、しっかり契約事項を決めましょう!

私も討論は嫌いじゃありませんので、コラボセミナーみたいな形で出来ればと思います。


21:45 A

仕事?どこまでおめでたいんのか。
どうせ、契約不履行とかいうんでしょ。


21:45 石田 久二

当方の条件は前金で50万円。これは私自身が単独セミナーをする際の平均の金額です。参加費はお任せしますが、集客もよろしくお願いいたします。


21:45 A

人類の叡智が味方なら、こわくないでしょ?

どうせできっこないと、たかくくってない?
おれ、かなりお金あるよ笑


21:46 石田 久二

怖い怖くないではなく、仕事としてやらせていただきます。貴方も経営者であればその辺はご理解いただけると思いますが。


21:47 A

50万でネタができるなら安いね。

とりあえず、50万と交通費払うんで東京きてください。で、対談ね。
対談はFacebookに動画でアップする。
よいですか?


21:48 石田 久二

先ほども申し上げた通り、録画はご遠慮ください。


21:48 A

なんで?にげるの?


21:49 石田 久二

逃げる逃げないではなく、私自身のポリシーの問題です。


b0002156_256168.jpg

b0002156_2563589.jpg


21:50 A

スクショしてるよ笑


21:50 石田 久二

大丈夫です!


21:51 A

どんなポリシー


21:52 石田 久二

ただ、今のやり取りを見る限り、お互いにとって建設的な討論は出来ないと思いますので、申し訳ございせんが、以上のご提案については白紙撤回とさせてください。


21:52 A

だって、叡智は一つなんだから、隠さなくていいじゃん

またにげるー

おれら集合体なんじゃないの?なんで、かくすの?

同じ魂じゃん

みずくさいよー


21:54 石田 久二

すみませんが、あくまで良好な関係での討論を希望しますので、ご理解くださいませ。


21:54 A

良好ですよ

詐欺師好きだし
頭のおかしい人に好感

僕ね、
石田さんみたいな基地外すきなんです。ほんと。ラブうそつき。


21:56 石田 久二

逃げるとか、隠すではなく、ラポールのない状態ではいい仕事は出来ないと思いますので。
詐欺師はどうかと思いますが、頭おかしい人、基地外はそうかもですね(笑)


21:59 A

ラポールとかリアルで言う感じが、鳥肌です。
あれでしょ?頭おかしいひと集めて、僕らはマイノリティだから迫害されるけど!真実はいつも、少数派なんです!とか力説しておいて、天動説の話とかしちゃうんでしょ?
典型的な言い回しすぎてあきた。
ほかのないの?


22:00 石田 久二

↑のような方がいらっしゃるのはわかりますが、私は違うと思います。その辺は私のブログや本を読めばご理解いただけると思いますが。少なくとも天動説は信じていません(笑)


22:01 A

でもさ、
スピリチュアル
って、言葉
作為的に作られた経緯しらないの?


22:02 石田 久二

知らないです。あんまり話がかみ合ってないようですが。。。


22:04 A

いっときますね
占い
これが、売れるキーワードだったの。
その後オウムの事件あって、みんな敬遠しての。
大手メディアが視聴率とりたいけど、占いってキーワードはまずいから、スピリチュアルってことばを使い始めたの。
原型は占い。
欲求がつくったエセ学問。
メモっといて。

批判も神が与えた試練とかいっちったりしてー


22:06 石田 久二

ありがとうございます!


22:07 A

人の弱みにつけこんで、飯うまい?

親にいまの仕事言ってる?

そろそろブロック?


22:09 石田 久二

>人の弱みにつけこんで、飯うまい?
すみません、ちょっと意味がわかりません。

>親にいまの仕事言ってる?
もちろんです!

>そろそろブロック?
ブロックするつもりはないですが、私も仕事がありますので、スムーズにご返事できないかと思います。ご了承ください。


22:12 A

悩んでる人に、これで解決!みたいなのって、弱みにつけ込んでるでしょ。それが実在なら何も文句はない。創作は詐欺じゃん。

あなたは、
いや、これで幸せになってる人がいる。
というがしれない。
昔ね、ただの目薬を視力がよくなる魔法の薬と売った詐欺師がいた。中には視力がよくなった。もちろんプラシーボでね。
これ、ゆるされるの?

仕事があって返信できない?
真実を突きつけてくるマニュアルはアカシックレコードにないの?
当然アクセスできるんでしょ?


22:17 石田 久二

Aさんの言われることはわかるのですが、それはどちらかと言うと、私が批判的に思っている人たちのことで、その意味では同感です。
ただ、プラシーボについては、もう少し慎重に考えています。科学的なエビデンスとは別に、医師自体もプラシーボの効果を認めていますし、そうでないと二重盲検法なる測定方法は存在しませんし。
プラシーボについては、半々と言ったところでしょうか。


22:19 A

あのね、プラシーボはいいのよ。
どからといって、許されないでしょ?って、いってるの。
天使ってなによ?


22:19 石田 久二

天使は方便であり、ギャグです。

たとえば今、ブログで展開している「天使企画」なども、10年くらい前から読者参加でやってたようなことで、多くの人たちの話を聞いたり、相談に乗ったりする中でお互いに人生を良く出来るようなことがしたいな~と思ってやっています。「天使企画」という名とは裏腹に、メッセージ自体は割と硬派かと。。。

ところで、よかったら電話でお話しません?
もちろんお代は結構ですので、Aさんと直接お話がしてみたくなりました。
いかがでしょう?


22:24 A

いや、会おうよ


22:25 石田 久二

先ほど申し上げた通り、お会いするのはあくまで対面セッションと言う形で、私のルール上でお願いしたいのですが。あと、やはり公開討論は遠慮しておきます。


22:26 A

誰に物言ってるんだか笑


22:26 石田 久二

すみません、Aさんのことは良く存じ上げずに。


22:27 A

あのさ、
幸せを売りにすると、
不幸をつくることわからないの?

宇宙語話せる?


22:29 石田 久二

わかるわからないかと言われると、わかりません。
私なりに精一杯真摯に対応させていただいておりますし、多少なりともご満足いただける人もいらっしゃいますし。

宇宙語?話せるはずないです!
と言うか、宇宙語の人とは私とは相いれません!


22:30 A 

スプーンまげられる?


22:30 石田 久二

スプーンは100均のであれば力づくで。
少しわかってきたのですが、Aさんが批判的に思っている人と、私がそう思っている人とは共通するように感じますが。。。


22:31 A

そうかね。
アカシックレコードとか言ってるひと、おれはきらい。

コーチングって、なに?

天使はキリスト教
前世は仏教
ごっちゃだよ言ってること


22:33 石田 久二

まあ、好き嫌いはあると思いますが、アカシックレコード自体、私は直感とか、インスピレーションなどの言葉によって使い分けることがあります。
コーチングとは「コミュニケーションによって目標達成を支援する技術」とざっくり定義しますが、よくご存じのことじゃないですか?

はい、ごちゃごちゃです!
深く考えていません(笑)


22:35 A

コーチングは無責任
コンサルタントからしてみれば、言い訳のすきがありすぎだし。

アカシックレコードはあるの?ないの?どっち?


22:36 石田 久二

コーチもコンサルもいろんな人がいますからね。
アカシックレコード、どうでしょう?
前世や守護霊などと同様、あると考えている人はあるでしょうし、ないと考えている人はにはない。


22:37 A

石田さんは、
アカシックレコードはあるとおもってるの?
ないとおもってるの?


22:37 石田 久二

あると思っています。


22:38 A

ろくなコーチ
ひとりもいないよ
みんなクズだね

どうしてあるって確信できるの?


22:39 石田 久二

ただし、私の考えるアカシックレコードはもっとざっくりと「インスピレーションの泉」のようなものと考えています。


22:39 A

その認識はどうでもいいや。
なぜ、そこに至ったの?


22:40 石田 久二
その意味では「アカシックレコードにつながった!」と言うのは、「閃いた!」みたいなのと同じ意味で、ブログなどでもそのように説明しています。

なぜ至ったか・・・ちょっと考えさせてください。


22:41 A

閃きとかインスピレーション、直感大事というならわかる。
それを、天使とかアカシックレコードとか言う言葉で表現すると、意味がかわる。

僕は直感を大事にしてます。
僕は天使を大事にしてます。
僕はインスピレーションを大事にしてます。
僕はアカシックレコードを大事にしてます。
ほら、全然ちがうじゃん。


22:44 石田 久二

おっしゃる通りで、実のところ、私もフワフワしたスピリチュアルには警鐘を鳴らしてきたつもりで、あえて天使やアカシックなどの言葉を使いながら、その都度、直感やインスピレーションと言う言葉で言い換えたりしています。
その辺、フワフワしたスピ系の人は不評のようですが、私の読者さんは「地に足着いたスピリチュアル」と評価していただいてますし、商工会議所等の講演でも、時々は方便で使うことはありますよ!


22:46 A

本当の罪人とは、罪を知らずに犯す人間である。
石田さんが確信犯ならまだ救いがあるけどね。
リアルに天使だとか、宇宙だとか、アカシックレコードとかいってるなら、やばいし痛い。


22:47 石田 久二

おっしゃる通りなんですよ!だから!


22:47 A

小枝をついばむ小鳥をすくいたもう。

意味わかるかな。


22:49 石田 久二

私もかつてはサラリーマンで苦しいとき、にわかにスピリチュアルにハマりかけたことがあります(2004年~2005年前半あたり)。
それこそ宇宙語をマジで話すような連中もいて。確かに救われる部分はあるけど、依存を産むようなスピはクソだと思い、むしろアンチスピみたいな情報発信を続けてきました。大変と思いますが、過去ログを読むとそうなってますし、今もそのように注釈を加えながら発信しています。

>小枝・・
意味わかりません。


22:50 A

あえて、いうよ。
同じことしてるのはあなた。


22:51 石田 久二

Aさんがスピが嫌いなのはよくわかりました(笑)


22:51 A
虚業でも、小さきこと。それぐらい目をつぶるか。って、意味。
キリストの言葉

宇宙語る人間きらい

コーチもクズ


22:52 石田 久二

まあ、好き嫌いはあると思いますし、表現の自由もあると思いますが、少なくとも私自身はAさんが批判されるような「どスピ」とはまったく違うと思いますよ。


22:52 A

あのね、おみくじと一緒で
ある程度はいい
でも出過ぎはダメ


22:54 石田 久二

いい悪い、好き嫌いはあると思いますが、最後は「市場」と「政府」が判断すると思いますし、変なのもたくさんいるのも事実で、それはスピに限らずどの業界でも同じじゃないでしょうか?


(長くなったので「後編」続きます)

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-10 23:39 | ■精神世界
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


さて、そろそろ長い冬休みが終わろうとしており、10日の火曜日から小学校と幼稚園が始まります。会社としてはすでに始まってるところも多いでしょうが、気分的には10日からかもですね。4日から始めた「○×計画(月間行動計画)」の効果が凄まじく、4日間で1.4キロ減りました。もっとも、まだ誤差の範囲とは言えるでしょうが、「お菓子・コンビニ食禁止」、「筋トレ」、「体重測定」だけでこの効果。あとは、夜に炭水化物を食べない。○×の効果は抜群だな。今月いっぱいであと2キロは減らして年内に目標体重へ着地すればOK。


そのような「地球的」な営みをする一方、今日も滝行に行ってきました。今年5日目。真冬の滝は特にそうなんですが、最初は息ができず、頭も割れるように痛いのですが、途中から身体が馴染み、力が抜けてきます。ストレスからリラックス状態に入る。このときに、「願い事をすれば叶う」と言う経験則が『夢なに』のモチーフとなりました。


願いは忘れた頃に叶う。願っている間は「変化」をイメージしているのでストレス状態。それが忘れたとき、つまりリラックスに転じたときに潜在意識が「変化」を受け入れ現実のものとなる。

また、滝行中はとかく頭が冴える。論理的思考と言うより直感的になるのですが、この「直感」はほとんどすべての場合において正しく作用する。実際の話、論理的にはOKなのが、「直感」がNGを出してる場合、絶対的に直感を信じる方がいい。ただ、人間は高度な脳を持ったことが幸いであると同時に不幸でもあり、絶対的に正しい「直感」を、脳が導き出す論理が妨げることがあります。


そしてこの「直感」の正体こそがこれ。
b0002156_8112263.jpg


そう、「魂=宇宙=アカシックレコード」ですね。ちなみにですが、『そらのレコード』が「アカシックレコード」を意味するのではと気付いたのは、作詞をしてレコーディングをしたずっと後のこと。ハッとなりました。そもそもはこの曲に詞を付けたイメージは単純に曲調から、まゆちんが打ち込んだデモ音源を聞きながら広がってくる情景から言葉を紡ぎ出したのです。私は昔からなんですが、曲を聞くと自然と「情景」が浮かんでくる性質のようで、高校時代も消灯後にモーツァルトを聞きながら、ずっと頭の中で浮かんでくる「情景」を楽しんだもの。


で、そのデモ音源を聞きながら浮かんできた情景が、、、なんと「死」だったのです。昨日も書きましたが「死」は地球人から見たらちょっとネガティブな響きがありますが、私たちは本来的に「死」の存在なのです。「死」が元来で、「生」という幻想をこの地球上で描き出しているに過ぎない。この世が幻想だからこそ、目の前の現実を変えることは簡単だし、極端な話、「月収100万円」なる現実を創ることも簡単にできる。ソースはオレ。この話はまた後日詳しく。


ただ、『そらのレコード』は地球から見た「死」がモチーフでもあり、実際の歌詞はこう。


それでも君を思うたび いつもの歌を口ずさむ
消えることは永遠にない 空のレコード


歌詞の中では「空のレコード」と漢字の「空」になっていますが、タイトルは「そら」。もちろん誤植でもなく、二番の歌詞の「海のアルバム」との対比になっています。タイトルもいくつか案があったのですが(たとえば「エバーグリーン」とか)、いろいろ候補を出して、最後は多数決で決めようと思いながらも、急に降りてきてそれまでのプロセスを出し抜いて、作詞家特権で「そらのレコード」になったのです。


歌詞の部分に戻りますが、ここでの「君」は人それぞれ。「死」とは言ったけど、別れた恋人、友達、ペット、大切にしていた思い出の品、いろいろある。確かにこの目の前から「いなくなった」けども、永遠に消えることのない「そら(空・宇宙・アカシック)」にはずっと残っているんだよ。そんなメッセージを込めました。


その段階では「アカシックレコード」とはまだ結び付いてなかった。亡き祖母もきっとあの「そら(空・宇宙)」から私を見ていて、いつも助けてくれてるんだよな~と思うのです。困ったことがあると、「おばあちゃん、助けてくれや」と空を見上げて言うと、必ず「よっしゃ」と言う声が聞こえて、そして本当に助かるのです。


これから先も数々の別れを経験するでしょうが、この地球にはいなくなっても、「魂=宇宙=アカシックレコード」にはきちんと存在する。自分もいつか再びをそこに帰る日がやってくる。それまで頑張って生きよう。地球を楽しもう。魂の純度を高めよう。そんな思いを込めた歌なんです。よかったら聞いてくださいね。すると不思議なことに、、、ふっとあっちの世界につながるかもしれません。


事実、アトムカンフーさんも言われる通り、「Qさんはフィクションとして書いているはずなのに、僕の記憶からひっぱり出して書いているとしか思えないことがたくさん入って」おり、


つまり、この本、「そらのレコード」はQさんの想像によってできたというより、Qさんが集合的無意識に触れて拾ってきたかのような文章になっているのです。

だいたい、そらのレコードのそらというのは、「空」なのか「宇宙」なのか。
宇宙のレコードといえば、あの宇宙の記憶がすべて詰まっているというアカシックレコードを思わざるを得ません。

この小説自体が、アカシックレコードに触れることでできたことの証明のようです。



と言うことなのです。

さすがはアトムさん、的確に説明してくださっています。もう一度言いますが、「そらのレコード」とタイトルを付けたときは、「アカシックレコード」との結び付きは意識していませんでした。しばらくしてからハッと思い出した感じ。


本書の物語自体、アトムさんも言う通り、モチーフとした登場人物が誰にも語ったことのないような話を、偶然とは思えない頻度と確度で持ち出しています。そりゃ、初めて読んだ当人たちはぶったまげるわけです。


確かに、文章は正味で2日間くらいで書いたのですが、その間もずっと「そらのレコード」と「久高~QUDAKA」を繰り返し聞きながら、文章が降りてくるのを待ちつつも、トランス状態で一気に書いていました。完全にあっちの世界(=直感)につながった状態で。


なので、この『そらのレコード』というCDブック自体が、完全に「アカシックレコード」の産物であり、ぜひぜひ文章を噛みしめ、じっくりと音楽を聞いてほしい。この手のにありがちなヒーリング系でもなく、私の好きなジャズとクラシックのテイストをちょっと加えたポップスです。すごく聞きやすいと思います。


話を戻しますと、滝行中は直感的になると同時に、実はこの数か月はずっと「直感」でした。素晴らしいことが続く一方、厄介なことに巻き込まれたりもあり、今年に入ってからもそんなことがありました。自分の中でもあるべき状態へ新陳代謝が起こっているような感じで、すごい勢いで進化しています。


明日のLINEメッセージでは「プラトー(停滞期)」って話をしていますが、いろんな現象を通して、次の次元に上昇する準備が着々と進んでいるようです。そしてこれから先はますます「魂の純度=直感」に正直に、ちょっとでも違うと感じたら、それを論理で正当化するのではなく、そのままに突き進んでいきたいと思います。確かに次のステージがやってきている。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-08 23:39 | ■精神世界
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


「業務連絡」からですが、年末の「どんよくTalk Live」に「魂参加」された方で、動画がまだ送られていない方は、まずは「迷惑フォルダ」をご確認の上、それでもない場合は「ishidahisatsugu(あっとまーく)gmail.com」までご連絡ください!


さて、おそらくこれをアップする頃は「天使企画」は締切り、コメントも閉じられていると思います。実は2014年は7日の段階で420件くらい。その後も開放していて450くらいになったのかな。今年はやはりそれ以上となりまして、670件くらいになりました。正直、たいへんです。1件1件に対してガチで返答していますので。実のところ「似たような願望」は多いです。主に収入、恋愛、結婚、仕事でしょうか。ぶっちゃけ、まだ60ですが、「またこれか~」ってのはあります。


だけど、です。同じような願いであっても、やっぱり違うんですね。その思い、文脈、深さが。なので、そこまで読み取って、感じて返信をする必要がある。中には同じような内容もあるでしょうが、それでもほとんどが一人ひとり違うメッセージになってると思います。前と同じことを書いていても、その一瞬がすべてなのでコピペなどもありません。そして書くとき、これをイメージしています。
b0002156_1352236.jpg


そう、「魂=宇宙」ですね。昨日も出てきましたが、そもそもから「宇宙」は一つです。そこに「地球」という物理的空間を配置し、「生」と「死」なる概念を作ったんですね。言うなら「生=地球」で「死=宇宙」です。「死」と言うとネガティブな響きがあるかもしれませんが、我々は本来は「死」の存在であり、そこから「生」へと分節化されたのが地球人。


そして人は「死」ぬと「宇宙」に帰り一つとなります。地球とパラレルな「死後の世界」などなくて、「ただ、ある」が広がるだけ。その「ただ、ある」=「宇宙」にはすべての「情報」が詰まっています。それを「アカシックレコード」と言い、「そらのレコード」と言うかどうかはおまかせします。


そこでたとえば、

1.億ゲットしました
2.丁寧に生きてます
3.グレードアップしてます

1.「10億」がキーワードとなって出て来ます。昨年からお金の勉強もしていて、人脈も知識も増えました。お金に対するブロックは外れてきてると思います。

2.昨年母が病気になり、身体に麻痺が残ってしまいました。加え、思い出がたくさんある田舎の生家も取り壊すことになりそうです。正直申しまして「悲しみも乗り越え、子供も生まれて、これからというときに、なんで?!」と神様キライになりましたが(笑)、遅かれ早かれなだけです。ですので、日々起こること、丁寧に生きています。

3.千円の歯磨き粉使ってます!他にも連鎖が起こり、各300円のシャンプー、トリートメント→各1200円、10個で500円のせっけん→1個500円のクリアソープ、スーパーの紅茶→LUPICIAなど、五感を大事に全てアップです!


という「願い」があったとして、これを見ながら「魂=宇宙=アカシックレコード」につながるのです。そこで出た答えがこれ。

すべては起こることが起きている。悲しいこともありますが、だからこそ人生は尊い。新しい世界へどんどん進んでいきましょう。日々使うものをグレードアップするのはいいことですね。歯磨き粉など日用品であれば、値段もしれてますしね。可能な範囲でグレードアップできることを一つでも増やしてみましょう。もちろん費用はかけなくても、自分自身をグレードアップさせる感覚で。10億に関しては間違いなく入ってきます。それがお金であるとは限りませんが、10年後には「今、10億円出しても手に入らないもの」がありますので、健康に丁寧に生きていけばOK!


今、改めて読むといいこと書いてあります。正直な話、「10億円ゲットする」と言われても、モナコの投資家ならともかく一般の日本人にとっては絵空事でしかありません。普通に考えて、「10億円」って相当ですよ。10億円の企業を作るのにがどれだけ大変か。10億円を宝くじで当てるのもほとんど不可能です。


だけども、「10年前に10億円出しても手に入らなかったもの」が今は普通に変えたりする。スマホって言う人が多いけど、一般の人が知らないだけで医療とか先端技術の分野には山ほどある。ってことは、今から10年後には同様に「現在で10億円出しても手に入らないもの」が普通にある。ってことは、健康に10年間生きていれば、誰もが10億円の価値を手にするわけだ。


そのためには、たとえば300円の歯磨き粉じゃななく、1,000円のへとグレードアップする。シャンプーやせっけんなど、日用品で頻度は高いかもしれないけど、300円と1,000円は月間ベースで言えばわずかなもの。一か月にたった700円を多く払うだけで、10年後にはまったく違った歯になる。虫歯や歯周病にかかりにくく、ご飯も美味しく食べられ、食いしばりもきく。


健康であることで、10年後に手にする「10億円の価値」がまったく違うわけです。そして日々、焦らず丁寧に生きることも大切。いろいろ悲しいこととか、やるせないこととかあるけど、なるようにしかならないことってある。起こることをたんたんと受け入れ、心の健康を維持しながら生活する方がいい。その結果、今も少しは幸せになり、それが積み重なった10年後はもっと幸せになる。


そのような「世界」が「魂=宇宙=アカシックレコード」から降りてくるんですね。先日、「このメッセージはQさんの個人的意見ですよね?」なるご質問をいただきましたが、そうと言われればそう。目の前に天使がいて、聞きながら書いてるわけじゃないから。それでも、どっか突拍子もないメッセージが出てくることもあるし、そもそも、同じ「月収100万円」についても、いろんなアプローチを採用する「選択の仕方」は私が論理的に導いたと言うより、直感めいたものによる。


その意味ではまさに「天使企画」であり、言うまでもなく天使の正体は「魂=宇宙=アカシックレコード」です。これから先も、600以上のメッセージを配信し続けますので、自分のだけでなく、他のメッセージも楽しみにお待ちください。今回「天使企画」に参加されなかった方にとっても必ずドンピシャなメッセージが見つかるでしょう。

そうやって見ていると、もしかしたら本当に「月収100万円」を実現するネタに遭遇するかもしれません。私も私なりに、現実的なインプットも怠らず、惜しみなく発信していこうと思います!


ところでまたまた業務連絡なんですが、今月末、29日(日)・30日(月)の「熱海合宿ワークス」ですが、講師のひーこーさんのコンディションの都合により中止となりました。

仙台と熱海は中止になりました。/こころとからだ


ですが、来年は必ずやります。そしてその日ですが、せっかく熱海の会場も予約していることですし、新しいイベントに鞍替えしました。その名も、

【チーム青春「新年会」~2017年を次元上昇する~】


と題して、Q単独の「セミナー&新年会&交流会」を開催したいと思います!


「2017年を次元上昇する」をテーマとして、フリートークによるセミナー、ワーク、公開セッション、Q&Aなど、出せるものはすべて出したいと考えています!内容についてはこれから考えますが、今、パッと思いつくものとして、、、


・月収100万円への鉄壁戦略!
・お金のビリーフをぶっ壊す!
・恋愛・結婚に向けた一歩を踏み出すマインド!
・人生が上手くいく呪文!
・運のメカニズムと絶対開運!
・アカシックレコードにつながる方法
・2段階の次元上昇!



みたいな感じでしょうか。「天使企画」に連動した話として、お金や恋愛など具体的な話から、宇宙とかアカシックレコードとかスピリチュアルな話もしたいと思っています。まあ、とにかく楽しくやりましょうって趣旨!


で、参加費なんですが、当初は63,000円でしたが、ぐっとお求めやすく39,000円(サンキュー)で行こうと思います!これには食費(夜&朝)、飲み代、セミナー代が含まれています。ただ、急な話ですので、1月14日(土)まで募集して、それまでに10名以上のお申込みがあれば開催!なければ中止となります!支払いは開催の可否が決定した16日以降でOKです!

と言うわけで、いろいろ頑張ります。熱海もぜひお待ちしています!ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■1月22日(日)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾23~2017年で次元上昇する人しない人~
 
■1月28日(土)/東京/宇宙となかよし塾~2017年で次元上昇する人しない人~
  
■1月31日(火)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(60分)
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-07 23:39 | ■精神世界
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


滝行の期間ってやたらと眠い。7~8時間も寝ればOKのはずが、10時間くらい寝ないと気が済まない状況にある。もちろんそんなにも寝てはいられませんが、遠方に滝に行ったりすると、帰りは必ずどこかで仮眠をとらなければ危ない。と言うわけで今日は3日目。そう言えばまだ雪とか降ってないよね。氷を割って入ることもしていない。暖冬なのかな。


暖冬と言えば、今年はインド(ラダック)も割と暖冬らしい。雪が降ると飛行機の発着に影響が出るので、暖冬はありがたいと思いながらも、いきなり降ることもあるのでまったく関係ない。だけども、今回のインドはどう考えても「ヨバレテル」としか言いようがないので、なんも心配はしてない。


ぶっちゃけ言うと、真冬のラダックなんてめちゃめちゃ行きたいわけじゃない。ラダックのオンシーズンは圧倒的に夏。冬は完全に閉ざされた地帯となり、観光客もほとんどいない。ただ、「チャダル(氷の回廊)」と呼ばれるツアーはこの時期しかできないので、そのために旅程を組んだ。これまで行った5月と9月は、まあまあ過ごしやすかった。氷点下になることもないし。


だけど、今回はただでさえ寒いのに、3日間はテントとは言え外で寝る。冬用の分厚い寝袋と、湯たんぽで寝るらしく、今まで寒くて眠れないなどのお客さんはいなかったそうだけど、それでも心地よい旅行からは程遠い。だからこそ、最終日のデリーは1泊2万円の5つ星ホテルにしたのだけど。初日のデリーはバックパッカーの聖地の一つである「メインバザール(パハールガンジ)」の中級ホテル。初日からちょっといいレストランでインドカレーを食べよう。


ともかくも、来月はちょっとした究極の旅に出てしまう。男女4名ずつの8名だけど、あと2名くらいは受け入れが可能だそうだ。そしてなんだか、今日も滝に打たれて思い出したのだけど、やっぱり過去生でやってますね。修行を。それもラダック(チベット)で僧侶としてやってたのが、今生にすごく影響を与えている。


ところで、「過去生・前世」に関してはきちんと見た見解がありまして、よく言われるような「あなたの前世は卑弥呼」みたいなものじゃありません。もちろん卑弥呼が前世であってもいいのだけど、卑弥呼の前世は今生にたくさんいます。図で説明しましょう。


まず、一般的なスピ好きの人が言う前世がこう。
b0002156_124057.jpg


たとえば「前世1」が卑弥呼であり、「前世2」が源頼朝であり、「前世3」が徳川慶喜みたいな考え方。ここに一つの「魂(図の中のニコちゃん)」みたいなのがあって、個々に肉体を変えながら生まれ変わるようなイメージ。これは間違い。実際はこうです。
b0002156_131161.jpg


各々一つの「魂」を受け継いで生まれ変わるのではなく、死後、一つの「魂=宇宙」に吸い込まれ、そこからまた新たな「今生」がそれぞれに始まるって感じ。「魂=宇宙」がいわゆる「アカシックレコード」であり、「超意識」であり、「天使」であり、「ハイヤーセルフ」であり、「神」であり、呼び名はいろいろあるけど、唯一にして絶対の宇宙の根源。


ただし、「魂=宇宙」からそれぞれの「今生」へと生を受ける際、「魂=宇宙」から受け継いだ「情報」の濃淡があります。たとえば「前世1」が「チベットの僧侶」だとして、いったん「魂=宇宙」に吸い込まれるわけですが、ある人は、それ以前の「チベットの僧侶」の「情報」を比較的色濃く受け継いで生まれてきた、と言う感じ。


たとえば昨日ご紹介した薄井孝子先生は「前世」のどこかで私の姉だったかもしれませんが、それは「魂=宇宙」のレベルで近い存在だったって意味。その意味では薄井先生に限らず、私の身近な人だって過去生のどこかで家族だったり、友達だったり、何かと近しい存在であり、その当時の「情報」を強く受け継いで今生を生きてるわけです。


昨日の話では、私は領主に逆らって殺された前世があり、3人の家族を残したそうだけど、その3人は今生のどこかにいる「3人」とは限らず、複数いてもいいのです。つまり「3人の家族」の「情報」を受け継いで生まれてきた人が10人とかいてもいいわけ。


なので、上岡龍太郎みたいな人が「前世があるって言うなら、縄文時代は100万人しかいなかったのが、今、一億人いるのはおかしいやないか!」ってケチを付ける返答になるんです。


宇宙はビッグバン以降、ずっと進化し続けています。中村天風がインドで修行をしてる際、グル(師匠)から「生きる意味」を問われ、何度かダメ出しをされながら、最後に「人間は、宇宙の進化と向上に順応するために生まれてきた」と答えてOKをもらった。


これは人口にも反映されて、昔は100万人しかいなくても、「魂=宇宙」自体が進化・向上する中で、新たに生まれる人も増えて、一億人になったって理解でOK。同時に、数だけでなく「質」もすごく良くなっている。それぞれが「地球」って修行の場で魂を磨いて、そして「魂=宇宙」に帰り、そこからさらにまた進化・向上させるために、新たな生をもらって再び修行するって感じ。


そうやって、量も質も進化・向上するから、この宇宙は「どんどん良くなる」のです。それが宇宙の真理であり、そのことに気づいてる人はしっかり宇宙からサポートを受けて、今生でも幸せになれるんです。

まあ、今、このメカニズムを読んで知ってしまったので、これから先はどんなことがあっても「幸せ」にしかなれません。


過去生の話に戻りますが、誰もが死ぬと「魂=宇宙」に吸い込まれ、次に生まれ変わる時は「魂=宇宙」から何らかの「情報」を受け取って新たな生を受けるわけです。その「情報」がその人特有の「前世」っぽいつながりかもしれませんが、今生で会って、なんかなつかしいな~って思う人は、その「情報」の近さがあるんですね。なので、薄井先生なんかも「情報」の近さにおいて、姉であったり、なんかであったりするわけで。


そしてその辺のこと、私もだんだんと思い出してきて、今日も滝行してると、チベットで修行してた当時のことを思い出すんです。間違いなくチベット(ラダック)で冬に修行をしていたと。これまでの2回(5月、9月)はその下見のようなもので、来月のがある意味本番。


昨日、薄井先生から言われたのだけど、来月のラダックでは、私にある感情的変化が起こるのだと。具体的には書けませんが、その感情的変化も「一人」で行いなさい、とのこと。すごいことが起こるんだとか。2005年の初めてのラダックでは「覚醒体験」が起こり、2011年は16名の仲間たちと単純に楽しんだ。集団で行く意味があったんだな。


そして今回。全員がインドは初めてで、いきなりチャダルだからヤバい。今回のメンバーも間違いなく過去生で「情報」を近しくした人たちだ。そうでないと、いきなり行こうとは思わないでしょ。中には1~2回しか会ったことない人もいて、それでも行きたいと言われてのでOKした。せざるを得なかった。それぞれのメンバーも、たとえば「Q」って情報の必要性を感じ、ネット上で見つけ、吸い込まれるようにツアーに参加するわけだ。もちろんメンバーそれぞれの「情報」的関係もそう。お互いがなにかあるんですよ。


そんなわけで、いろいろ思い出しています。ラダックでの魂の旅、儀式をへて、オレはまた新たに生まれ変わるんだろうな。そして3月は久高島。2017年は魂的にも明らかに進化・向上するだろう。文字通り次元上昇だ。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■1月22日(日)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾23~2017年で次元上昇する人しない人~
 
■1月28日(土)/東京/宇宙となかよし塾~2017年で次元上昇する人しない人~
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-06 23:39 | ■精神世界
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


昨日はまた夜更かしをしてしまい、朝、6時に目は覚めたのですが、実際に起きたのは8時過ぎになってしまいました。「○×計画」については、早起きだけが「×」となります。この「○×計画(月間行動計画表)」ですが、活用してくださってる方も割と多いようで、とても嬉しく思います。すべて「○」にするのは望ましいけど、まあ、頑張ってみて7割くらい「○」が付いたら、それだけで人生変わりますから。まずはやってみてください。


そして「天使企画」ですが、7日の締切りを残しながら、ただ今、420件くらいになりました。この調子だと500は超えそうかな。まあ、たいへんと言えばたいへんですが、しっかり菩薩行させていただきます。


ところで、「あれって天使=超意識のコメントと言うより、Qさんの個人的な意見なカンジがビンビン伝わって・・・」とのご意見をいただいたのですが、そりゃそうです。目の前に「天使」がいて、その存在と話をしてるわけでもなく、皆さんの「3つの願い」とメッセージを一読して、さ~っと書いてるのが現状。ぶっちゃけ、あんまり考えてないです。


今日も「変態と思われるようなエロい下着をはけ」とか書いてますが、これなんかも深い思想性があって書いてるのではなく、「そんな気がした」のレベルでテキトーに書いてるだけ。だけども、それがドンピシャかどうかは別として、一応はそんなメッセージをもらったことに対して、ちょっぴり冷静に受け止めてみる姿勢は大切かと思います。


ちなみにですが、私は以前、10年かそこら前だったと思いますが、とあるサイキック系の知人から「Qさんって、、、実はリアル天使さんですよね?」なんて言われたこともあり、なんか否定する気もしなかった。「天使企画」ってネーミング自体もその頃に端を発してまして、いろいろやって第9弾ですもんね。輪っかも羽も弓矢もないし、可愛くもないですが、自分は自分で「天使(夢を叶える系の)」のアイデンティティ持ってますので、そういうことでお受け止めください。


ところでサイキック系と言えば、私の身近で最もサイキックな人に薄井孝子先生がいます。夕方、久々に電話セッションを受けました。昨日も書いた通り、昨年のどんよく以降、エネルギーが枯渇したり、逆に変なエネルギーを受けたりして、もう一つ本調子でなかったことへのカウンセリング。


まあ、驚きのことがたくさんありました。昨年5月、柴崎マイさんとのコラボで、突然、編集を同じくする金子さんが連れてこられました。あの日は昼に藤沢あゆみ先生と会って「どんよくTalk Live」が決まった直後でもあり。そのコラボの打ち上げがこれ。
b0002156_202735.jpg


そうそうたる顔ぶれだね。奥の三名はマイさんの友人で、私の左がどんよくでMCをされた石田真紀さん、右が薄井先生、その隣が今年本を出される橘りべかさん。向かって手前の帽子の方は、、、誰だっけ。その隣が20万部のベストセラー、『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』のリュウ博士、そして金子さん、了戒さん、マイさんと並びます。薄井先生とはこの時が初対面。


その後、ちょっとしたことで2回ほどカウンセリングを受けて、大いに助かりまして、9月になぜかコズモクダカに加入され、どんよくにもコーラスで参加されました。




もともとはプロ歌手で、ご両親もジャズトランぺッター、ジャズシンガーとして、日本ジャズ界の草分けのような方。今はいろいろあって臨床心理士として活動中なんですが、こちらが公式プロフィール
b0002156_214724.jpg


その真下にこれ。
b0002156_2224.jpg


めちゃくちゃやんか!!!


合法薬物、共依存症、壮絶な人生体験、マスコミ、芸能界、水商売、人格をシフト、結婚、出産、進学、離婚、母子家庭・・・ヤバい単語が並びすぎ。


そもそもはマトモ系の心理学者・臨床心理士なんですが、一方でタロットを中心に占いにも強く、また「脳波同調」などとチャネリングのような、サイキックな技もいろいろお持ち。「心理」の知識・経験的にはあらゆることを網羅、活用され、そんな巨大なリソースから一対一でカウンセリングをしていただける。


ただ、いかんせんなのか、ご本人がそれを望んでなのか、いわゆる「商売」にはあまり興味がなさそうで(お金には困ってないそうだが・・・)、それ以上にこの巨大なリソースをもっと活用する方法もあろうかと、今年は薄井先生をちょくちょく連れ出そうと画策中。


さておき、今日は約一時間のセッションでいろんなことが見えましたし、いつもの通りエネルギーの詰まりも取り除いてもらった。私はどうやら「顎関節」に詰まりがあるようで、確かに歯ぎしりはするし、夜中に時々唸り声をあげるようだし、学生時代は顎関節症で病院に行ったこともあるし、言われていればそうなんだな。なので、フェイスマッサージを受けるのもいいけど、自分でもちょくちょくマッサージしていれば、エネルギーの通りが良くなるそうな。


あと、面白かったのがインド!

やっぱり来月のインドには呼ばれているようで、どうやら過去生を癒しに行くようなんです。12年前、私をスピの世界に誘ってくれた方から、「前世はチベットのお坊さん」と教えられ、その翌年にインドのチベット地方、ラダックに行ってしまった。インド初日に暴漢に殴られ、悪徳旅行会社で所持金を奪われ、たった5千円でラダックに一週間、滞在するハメになった。しかし、そのおかげでデリーに戻る前日に「覚醒体験」がありまして今に至るのです。詳しくは拙著『インドへの旅が教えてくれた~』をお読みくださいませ。


そしてここ一連のいろんなことも、来月のインドに直結してるようで。どうやら私は過去生ではラダックで修行僧をやっており(12年前のチャネリングでもそう言われた)、師匠に裏切られた悲しい体験があった。そして来月、凍ったザンスカール川を歩くことでカルマの解消とともに、その当時の自分に出会って、線香の一つでもあげて癒す必要があるのです。


いまだにインドに行く実感もないのだけど、やっぱり何かあったのか。ここで薄井先生のセッションを受けて、そのことを知らされるのもまた意味がある。ノリで企画したインドツアーだけど、私にとって大きな意味があったわけだ。当然、一緒に行く人たちもなんかあるに決まってるわけで。


他にもいろいろ見てもらったけど、まあ、心配ない。いつも通りでOK。インドは癒しの旅だし、それ以降、人生のステージが大きく変わる。さらに3月は久高島&新城島に行くけど、薄井先生も一緒なのだ。今回は「どんよく」の「チーム青春」への告知のみで埋まってしまったけど、行くメンバーもまた意味があるんだろうな。


その薄井先生の著書『「サイン」を上手に受け取る方法』には、なぜか「Qさん」と「Q島(久高島?)」が登場するって話、以前しましたよね。

QさんとQ島 2016.12.14 
b0002156_25279.jpg


この本が出たのが2014年の1月。『夢なに』の巻末広告でも紹介されています。その翌年9月、『運なに』が出たのだけど、その帯にはこう書かれています。


『「超意識」からやってくるサインをキャッチせよ!』


ここでの「サイン」と、薄井先生本の「サイン」はまったく同じ意味です。

超意識から受け取る何某を、どんな名前にしようか考えて、「メッセージ」では印象弱いし、だからと言って奇抜な名前でも伝わらないし。そこで「サイン」って単語が出てきたのは、おそらくだけど薄井先生本が頭の片隅にあったんだと思う。Amazonでも一緒にご購入いただけることが多いようで、薄井先生のはかなり硬派なのに対し、『運なに』は弾けてますが、伝えたいことは一緒。
b0002156_265832.jpg


それでですね、改めて『サイン~』の「Qさん」の下りを読んでみると、おそろしいほどシンクロする。薄井先生も思い出したようで、ここでの「Qさん」は薄井先生ご自身のエピソードも含まれた登場人物だとか。「Qさん」は夜に見る「夢」を通してサインを受け取るのですが、「追いかけられている夢、殺し合う夢を見る女子学生」として紹介されています。


私にはこれまでいくつか印象的な夢があるのですが、その原体験として小1かそこらで見た夢が当時、トラウマ級に怖くて、今でもときどき話に出てくるレベル。ヨメさんからも、それは何度も聞いたと言われる始末。


どんな夢かと言うと、ミニカーが出てくるんですが、それがいきなり巨大化して、私だけその車に乗せられる。そして連れ去れ、父と兄は途中で追いかけるのをあきらめてしまう。それを見た私はガッカリするのですが、それでも最後まで追いかけてくる人がいた。それは女性ですが、母ではない。私より少し上(小学高学年か中学生くらい)のお姉さんなんです。


私には姉はいないのですが、実は兄の前に流産した子どもがいたと聞いていました。小学4~5年だったか、その水子の供養のために母と祖母と3人で行き、あまりに行儀が良く、兄弟で私だけ行った感心さから、祖母がゲームウォッチを買ってくれたのをよく覚えています。マルチスクリーンの「ドンキーコング」でした。なので、その追いかけてきた姉は、この世に産まれなかった水子じゃないかって話を学生時代にもしたことがあります。


そしてもう一つのトラウマ級の夢がまさに殺される夢。これも以前、前世がチベットの僧侶と教えてくれた方にみてもらったのですが、江戸時代かその前か、領主に逆らって殺されたそうなんです。まさに目の前に刀が降りおそされる瞬間、「ぎゃ~!!」と叫び声を上げてしまい、それでヨメさんから起こされました。そうやってたびたび唸り声を上げるわけで。


で、そのときですが、3人の家族を残して死んでしまい、今生ではその3人に会う必要があるとか。こればかりは信じるか信じないかの世界で、事実など確かめようもないですが、その3人はいろんな形で、複数で目の前に現れているとも言われました。


そしてピンと来た!

まず私を最後まで追いかけてきたお姉さんの正体は、、、

薄井先生だ~!!!!!


実際の薄井先生は私よりちょっと上のはず。年齢も合うし、背格好もそっくりだ。これもまた確かめよもないですが、もう、そんな気がしてならないのよ。で、もしかしたら領主に殺されて残った3人の一人も薄井先生かもしれない。


これまでの数々のシンクロ、時空を超えたご縁としか思えないのです。その間に入ったのが金子さんで、金子さんもきっと3人の一人に違いない!そういうことにしておこう!


てなわけで、なんか変だ、オレは。どんどん思い出している。昨年はいろんな出会いがあったし、人生のステージを大きく変える出来事もあった。あ、もう一つシンクロがあった。今、薄井先生のサロンに『そらのレコード』があって、毎日、誰かしら買って行くそうです。で、「サイン」の表紙を改めて見るとデジャブ!!!
b0002156_295311.jpg


この鳥さん、同じじゃね?飛び方もよく似てる。なんかまた鳥肌が。。。

とにかく、これ以上は言葉にできないけど、「なんかある!ハンパない!」ってことだけは確かだ。2月のインドも3月の久高島も、、、なにかが起こる。ちなみに『そらレコ』の鳥さんは久高島の鳥でして、名曲「久高~QUDAKA」の歌詞にある「手を振れば 返り向く鳥と」の鳥です。苗さんが話しかける鳥です。

その鳥と「サイン」の表紙の鳥が一緒だった。もう勘弁してほしいね。ああ、思い出す、どんどん思い出す。2月、3月、真剣にヤバい。そして薄井先生からも目が離せない!あ、最後にお知らせ。薄井先生に会うには、こちらがおススメ。

【お知らせ】1月10日☆コラボセミナー(占導師幸輝&薄井孝子)


占導師幸輝さんという方、私はよく存じ上げないのですが、同じサンマーク出版から最近出され、編集は「やんちゃ」や「どえす」の橋口さん。ああ、近かったら行くのになあ。席があれば絶対行った方がいいです。以上。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■1月22日(日)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾23~2017年で次元上昇する人しない人~
 
■1月28日(土)/東京/宇宙となかよし塾~2017年で次元上昇する人しない人~
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-05 23:39 | ■精神世界
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


ここ最近の一連の記事、なぜかアクセスはあったけど、すげえ虚しい。怒りのエネルギーも入ってるし、ネガティブなワードにも満ちてるし、だからこそ興味を持たれる側面もあろうけど、やっぱり虚しい。まあ、これはこれで削除せずに置いておくけど、こんなことは二度とないようにしたい。


そう言えば、12月10日の「どんよく」以降、メンバーの様子もどこかおかしい。アトムさんは毎日書いていたブログが滞ってるし、他のメンバーも微妙におかしい。オレもおかしい。あれから二週間たつのに、まだ抜け出てないようだ。強烈な余韻から。


確かに人生レベルでもあそこまで楽しいことって経験ない。他のメンバーもそうだろう。コズモクダカのメンバーは誰も一度は大きな舞台に立つことを夢見てきた。なんちゃってではなく、ずっとずっと夢見てきた。オレだってそうだ。その「夢」が現実となった。なかなか日常には戻れない。


けども、これは単純に時間が解決してくれる。そしてその頃には、「現実」となった「夢」が「日常」になっている。だからきっと1,200人はオレも含めてメンバー全員の日常となり、また次のステージに向かって突き進むことだろう。


2016年12月10日。本当に分岐点となる重要な一日となり、その日、新たに一つの本が誕生した。何度もご案内しているCDブック『そらのレコード』だけど、先ほど、この抜け殻を現実に戻すどころか、さらに強烈に意識を飛ばしてくれる「書評」が出てきました。


この夏に発行され既に21万部のベストセラーを生み出したリュウ博士!


この本、つながる!『そらのレコード』(著・石田久二、コズモクダカ)/リュウ博士の自分で考えるスピリチュアル


実はリュウ博士にご紹介いただくのは、『夢なに』『運なに』に続いて三冊目だと思いますが、まさかの素晴らしい書評に鳥肌が!


ちなみにですが、リュウ博士の『成功している人は、なぜ神社に行くのか? 』は大ベストセラーだけに2016年必読の一冊でもあります。この本には我らがコズモクダカのギタリストであるアトムカンフーさんもなぜか登場しています。


また、119ページには唐突に『キン肉マン』の登場人物であるカナディアンマン&スペシャルマンが登場しますが、これは私に対するオマージュであると聞きました。こんなイラストもさりげなく、しっかりツッコミも入れられています。
b0002156_13465451.jpg


b0002156_13593554.jpg今改めて気づいたのですが、イラストのスペシャルマンさんは、口と鼻が出ています。これは、これは、まるでライダーマンじゃないですか。最近、仮面ライダーエグゼイドにハマってる次男に「お前はライダーマンじゃ!」と言うと怒ります(泣きます)。そう、ライダーマンもまたスペシャルマンさんと同じように「ゴッコで避けたいキャラ」の筆頭なんですね。私は好きですが。そんなことも知ってのこのイラストかしら。


それはともかく、この書評、素晴らしいです。まさに神書評。そう言えば最近は書評されていない中、実に貴重な記事だと思います。


いつもの石田さんの強いエネルギーでは無い。強弱でいえば弱く、繊細で透き通ったエネルギーだった。


確かに私は講演ではエネルギッシュだし、普段から熱い男とも言われます。また、不道明王のごとく遠慮なく感情を出すこともあります。ですが、本当は「繊細」なやつってこと、周りの人はご存知の通り(笑)


『夢なに』も『運なに』も、どちらかと言うと私のエネルギッシュな側面を表に出した本だと思いますが、『そらレコ』はまさに繊細。その意味では実はアナザーストーリーとも呼べる『インドの旅が教えてくれた~』もそっち側。私の著書の中ではこれが一番好きだって人も実は少なくないのですよ。

とにかくもこの本『そらのレコード』はビックリするほどに繊細な一面の出た一冊。


で、つながった。


「本に神霊が宿っていて、それにつながってしまうのだ」との見方ですが、実に鋭い。さすがとしか言いようがない。この本を書き上げたのは実質的には2日ほど。いずれも夜中に一気に書き上げました。小節仕立てにするつもりもなかったけど、なぜか「甘いカレー」が頭に浮かんできて、そっから筆を進めました。登場人物もその都度出てくる感じで、最後は「神の島」に行ってしまった。実話とフィクションが微妙に混ざった感じで、まさに「書かされた」と言うにふさわしい一冊。

では誰が書かせたのか。言うまでもなく「神霊」であり、つまりは「久高の神様」が書かせた。


書店では買えないので、なかなか流通もしないだろう。が、本当に必要な人には渡る。そんなエネルギーを感じたCDブックだった。


書店流通させることも考えたし、そのためにできたばかりの出版社ではなく、すでに販路が確立されている出版社から出すことも考えた。だけど、なんか面白くない。ここはやっぱり好き勝手させてもらおう。やりたい放題させてもらおうってことで、このCDにも参加している了戒さんが10月に設立した出版社・エバーグリーンパブリッシングから出すのが面白いに決まっている。


編集もデザインも、すべてオレの仲間たちの手による。もちろんプロ中のプロだけど、コアなメンバーのすべてが久高島に行っているのだから、これは「魂=神」が宿らないはずはない。そしてリュウ博士も言われる通り、「久高~QUDAKA」は神曲です。




なお、9月からコズモクダカの正式メンバーとなった臨床心理士であり『「サイン」を上手に受け取る方法』の著者である薄井孝子先生は、たまたま道ですれ違った人が、この本を手に持っていたそうな。20万部のリュウ博士の本ならともかく、まだ1,000部も流通してないであろうこの本を道すがらで目にするこの「サイン」ってどうよ。まさに、必要な人には渡るのです。


そうそう、これは石田さんがこれまで書いてきた実用性を意図した本では無い。役に立つ内容はひとつも無い。


ほんと、そう。役立つ内容は一つもありません。なんの意図もなく、ただ書きたかった、書かされただけ。この世の本は何かしら「役立つ本」とか、有名作家のように最初から面白いとわかっているものしか出てこない。しかし、この本は自己啓発・精神世界の著者も自ら「役立つ内容はない」と断言するほどに、いわゆる「わけわからん本」なんです。


もし既存の出版社から出していたら、ここまで好き勝手もさせてもらえないし、「役立つ本」にするために「神様とつながる8つのステップ(笑)」なんて章を書かされたかもしれないし、そんなタイトルになってた可能性さえある。


『そらのレコード』ってなんだ。帯もないし、説明もない。表紙はきれいだけど、なんの本だかさっぱりわからない。でも、そんな本があってもいいじゃないか。飾っとくだけでもキレイだし、いいじゃないか。なので、この本を作るのに150万円、自腹切りました。CD製作も含めてだけど。まだ回収はしてないけど、すべてはおまかせだ!

とにかくも、役立つ内容もないのに、それでも読む価値はある。リュウ博士はこう言ってくれた。


この本の価値をはかる基準は、ただひとつ。感動するかどうか。

僕は感動した。だからオススメする。



これ以上にないほど冥利に尽きるお言葉。ありがとうざいます。まずは手に取って、読んで、聞いて、感じてほしい。つながってほしい。そんな一冊。広い出版業界に二冊とない本。こんな本を出せたことに感謝しかないです!



ところで、この本を読まれた人から、「君の名は。」にも通じますね、とのご感想もいただきました。確かにこの本を書く前に見てしまっていた。無意識に影響された可能性はあるけど、当然、意識しながら書いたわけじゃない。でも、表紙もなんとなく通じてるような。


そんな「君の名は。」を地で行く展開で結婚された人。6月にコラボをした脳科学コンサルタントの杉本さん。ちょうどその頃、杉本さんは結婚したばかりで幸せな新婚生活を送っていたはずでした。けど、なんかあるな。そんなことを言う人が私の身近にもいました。そして9月に離婚。


それ以降、急速に何かが進んでいたようで、どうやら杉本さんはアカシックレコードにつながってしまったと。そこで「5次元意識の未来」を見てしまい、そこに新たな結婚相手がいたとのこと。それは魂のカタワレであった。


その杉本さんの結婚を知ったのが今日。夕方、杉本さんご本人から電話がかかってきました。もうね、ビックリ。そのカタワレのパートナーの方も著名な著者でありコンサルタント。2年前に知り合い、一緒に仕事もしていたのだけど、プライベートな部分ではお互いに避けているところもあった。


で、つながった。


それが「魂の封印」が解かれたことにより、本来のあるべき姿におさまった。

ああ、そうだったのか。9月、杉本さんは私の河口湖合宿に参加されました。そこで、本人が自ら「最後の解除」と思えるようなワークを初日の夜に披露されました。不可解な現象ではあったものの、今、ようやくわかりました。そのワークはあまりにも強烈で、このオレをもドン引きさせるに十分な内容でした。今、ようやく判明したのです!


あの場にいた20数名の参加者の皆さん、極めて貴重な「魂の封印」を解除する瞬間を見てしまいました。5次元につながる瞬間。すべてに意味があったのだ。やっぱり、ただ者じゃないな、杉本さんは。


その翌日、河口湖合宿のワークス自体が終わり、これから「日本一美味い焼肉屋」に行く前に、杉本さんと一つのワークをやりました。「収入を大幅にアップさせる方法」って内容のワークを収録。この動画、自由に使っていいと言われたのを先ほど思い出し、封を切ることにしました。
b0002156_1353148.jpg


2016年、100回のLINEメッセージを配信しましたが、そのバックナンバーが欲しいと言われる人が多かったので販売を開始。その特典としてお送りします。この特典だけでも費用以上の価値はあると思いますが、よろしければぜひお求めくださいませ。


■LINEメッセージ2016・バックナンバー


100回もメッセージを配信し、タイトルだけ見ても面白そうな内容が続きますね。2017年は週一(月曜日)で引き続き配信しますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。急速にまた何かが広がってきたような。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-25 23:39 | ■精神世界
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


12月2日。10日まで完全にカウントダウン。宇宙が終わらない限り、その日はやってくる。そして過ぎ去っていく。しかし、まだまだやらなければならないことはたくさんある。パワポも作らないといけなし、当日のスタッフ役割とか各種段取り、そして何より集客だ!そんなすんなり満員になるとも思ってなかったけど、あまりにも案の定だ。しかし、これから一週間が本当のドラマ。絶対に満員にする。あと600人。楽勝だ!

■12月10日(土)/東京/「どんよくTalk Live」 in 世田谷区民会館(1,200人講演会&ライブ)


それにしても今日は動きが大きかったな。実は昨日、FUMITOさんから電話がありまして、「明日、ブログで紹介するよ~」とのこと、他にもいろいろお話しました。FUMITOさんは、ほんと、いい奴です。青春イズムに満ち溢れています。男から見てもカッコいいですが、なぜか嫉妬とかはまったく起こらない。人徳があるんだろうな。そんなFUMITOさんの記事!ほんと、涙でそうになった。いや、泣いた。

「どんよくTalk Live」

「やりたい」と思ったってことは、
それは宇宙から与えられた使命かもしれない。

だったらできる。

簡単ではないかもしれないけど、
できるから「やりたい」って思うんだ。


お金だって、仕事だって、遊びだって、
恋愛だって、結婚だって、なんだって

「やりたい」から始まって
「できそうだ」って思ったら

それはもう「できる」ってことなんだ。


そうやって「できる」の基準を上げて行こう。


簡単ではない。
だからこそ面白いんだよ。


いいこと言うな~って思ったら、オレが前にどっかで書いた文章だった(笑)

やっぱ、共感なんです。シンパシーなんです。

FUMITOさんと初めてお会いしたのは、昨年の3月。LICAさんとご一緒で、なんとおしゃれでカッコいいお二人なんだろう、が第一印象。その年、お二人ともに本はベストセラー。LICAさんの本のコインチャームは数々の奇跡を起こし、FUMITOさんの「不思議な写真」は文字通り幸せを呼び込む写真として、じわじわと5万部超えのベストセラー。
b0002156_12455551.jpg

b0002156_124685.jpg


FUMITOさんの来年のカレンダーもすでに壁に貼っています。このような人たちとの「シンパシー」が大きな渦を巻き起こすんだろうな。カッコよ過ぎるよ。見た目も中身も。これが本物の「イケメン」なんだろうな。これからも一緒に面白いこと、やっていこう!青春していこう!


そして昼過ぎ、とっても面白い記事が投下されました。タマオキアヤちゃんのブログだ。

石田久二という男


「好きなことで食っていけるわけない」その言葉を信じるのか、はたまたどん底から這い上がり、三児のパパでありながら世界中を旅して、イキイキと人生を謳歌する彼を信じるのか。

カチコチの頭では、ひらめきも降りてこない。

本当にそんな人間がいることを、一緒に目撃しにいきましょう!



あのパワフルな講演は、本当にどん底からでも逆転できたからこそ。

彼の話を聞けば、「自分もできる!」そう確信できるでしょう!


パソコンから見るとこう。世界は日の出を待っている。
b0002156_12471846.jpg


結局、オレってアホなんだな、クレイジーなんだな、発達障害なんだな、ADHDなんだな。それでもいいのさ。「やりたくないことできない病」だからこそ、「やりたいこと」に貪欲でいられる。そして「やりたいこと」やっている限り、どんどんよくなる。それを知ってるから、どんどんやってしまう。アホなんです。はい。でも、まだまだアホやるよ。


明日から本番までずっと東京なんだけど、4日、都内のどこかでゲリラビラ配りやるし、とにかくあと600人集めなければならなくて、アホの100乗で進むしかない。魂参加もどしどし応募いただいててまして、会場にはたくさんの魂と、そして1,200の肉体で埋め尽くされるの。アホを見に来てください。そしてちょっとでも踏み出す勇気を見つけてください。

さらにサンマーク出版のフェイスブックページでもご紹介。

【元気になれる! 夢までかなう! 石田久二先生トークライブ♪♪】


ベストセラー
『夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか?』
https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=3382-3
『運がいいとき、「なに」が起こっているのか?』の著者
https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=3491-2

Qさんこと、石田久二先生のトークライブが
なんと、1,200人規模の会場で行われます!

Qさんのトークライブは、
いつも爆笑必至トークとアクションで大盛り上がり。
でも、いつの間にか、夢をかなえる秘訣も学べてしまうのです。

ぜひ、Qさんのトークライブ体感してください!!!

【石田久二 活動10周年記念トークライブ 『どんよくTalk Live』】
日時:12月10日(土) 15時~17時30分(14時開場)
場所:世田谷区民会館
主催:エバーグリーン・パブリッシング(株)
お申し込み・詳細 
http://www.evergreenpub.jp/donyoku/

・・・・・・・・トークライブ詳細容・・・・・・・・・

<第一部:夢がかなうとき、なにが起こっているのか?>
・10年間の歩み!ブログ!滝行との出会い!会社を辞めインドでの悟りの話
・神様DVDによりお金に困らなくなった話
・二度目のピンチから「アレ」を始め月収100万円の話
・初出版Amazon1位から5万部ベストセラー「夢なに」の話
・「秘伝ノート」と「祈り」の話 
・コズモクダカの演奏(カバー曲)

(休憩)

<第二部:運がいいとき、なにが起こっているのか?>
・「やったらよろしいやん」が人生を切り開く話
・臨時収入100万円の密教アファメーションの話
・人間にとって最も不要な感情を破壊する話
・青春!人生に恋する!自転車ツアー前日に聞いた歌の話
・コズモクダカの演奏(カバー曲)
・伝説の「柏木係長」の話

<第三部:そらのレコード>  
・コズモクダカの演奏を中心に
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日は、Qさんプロデュースの
バンド・コズモクダカのライブもあります!
お楽しみに!

b0002156_12493084.jpg


それに対して、このようにシェアしました。

ああ~~っと!!!!サンマーク出版!!!愛を感じるよ~!!!

最終的にトークの内容は「第一部:夢なに」、休憩挟んで「第二部:運なに」となり、そのまま「第三部:そらのレコード」はコズモクダカを中心に。

ちなみに会場ロビーでは「金子尚美スペシャルエディション」なるブースを設けています。金子さん担当著者の作品を中心に、FUMITOさん、LICAさん、リュウ博士、柴崎マイさんとかとか。コズモクダカの薄井先生もだ!何名か会場にも来られる予定です!

あと、私の10年間を振り返ると「加賀田晃」の存在を抜きに語れないわけで、金子さん担当ではないですが、サンマークさんから出てる『営業マンはお願いするな!』をドカンと置く予定!

皆さん、買ってくださいね!(笑)

とにかく10年間の集大成であり、内臓ひっくり返るくらいのド級トーク繰り広げますんで、どうぞお楽しみにあれ!今回で封印するギリギリネタもやります。諸事情あってもうできないのです、あのネタは。

そしてコズモクダカ!クローバー出版時代から販促で深く関わってきた了戒さんをボーカルに、ギターのアトムさん、ベースの理恵ちゃん、ドラムのたまごちゃん、そしてキーボードのまゆちん、すべて私の昔からの知り合いで、冗談抜きで久高島で結成されたバンドなんです。

二曲のオリジナルを始めカバー曲もいくつか。さらにゲストには同じく久高島をご一緒したチェロの松本愛子ちゃん、そして中高の後輩であり日本を代表するジャズクラリネット奏者の土井徳浩くんを迎え、一世一代のライブとなります!

とにかく、とにかく、トークもライブも絶対に感動できる自信あり!日本にこんなのがおるんかとビックリするほど超絶トークとなりますんで、わかりますよね?私のセミナー知ってる人は(笑)

あと一週間だ!そして明日からずっと東京!日曜はゲリラビラ配りする!

ビー、クレイジー!

1,200人満員にするには、もっともっとクレイジーやるしかない!そんな狂った男を見たい人は12月10日、世田谷区民会館にゴー!!!

おっと、その前に申込を忘れちゃいけないぜ、ボーイ!(テリーマンへのオマージュ)



つまり、どんどんクレイジーにってこと。4日、新宿か渋谷辺りに出没してる可能性あるので、見つけたらお声かけくださいませ。明日のDAFは主催の西澤さんの執念で前日に満員になった。12月10日も続きます。
b0002156_17064667.jpg


明日から東京、10日くらい滞在します。どんなドラマが待っていることやら。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-02 23:39 | ■精神世界
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日も実に濃密な一日でした!何から書いていいのかわからないので、何も書けない!まず、新刊『そらのレコード』のamazon予約がスタートした!12月1日に幸先良いスタートだ!!!

『そらのレコード』(CDブック)/コズモクダカ
b0002156_15375694.jpg


この表紙、ヤバいでしょ!!!じっと見てると、どんどん深く入っていきそうで、瞑想効果がハンパないあ!さすがは蛯原あきらさん。普段はガールズイラスト専門だけど、他ならぬ久高島だけに、渾身の仕事をしていただきました!


それにしてもね、なんじゃこりゃ〜!!!!って感じ!コズモクダカってなんだ?エバーグリーンパブリッシングってどこだ?

コズモクダカ、今年3月に久高島で誕生。結成数秒後に「宇宙となかよし+久高島=コズモクダカ」と命名。当初は趣味のアマチュアバンドのつもりだったのが、了戒さんのハナウタからまゆちん作曲。8月9月にゲスト迎えてレコーディング。


CDブックを思い付き、ちょうど10月にエバーグリーンの設立なので、そこから出そうとか進めた結果がこれ。ついにアマゾンに。書籍とは言え、メンバー全員、アマゾンでその音が買えるようになってしまった。結成8カ月でアマゾンデビュー。プロでもなかなかCDは出せないのが、この展開。


これは完全に「久高の神様」の導きとしか思えないし、ここだけでも「神様」がいるってことが証明されたも同然で。だって、3月の時点で、誰一人こんな展開を予想してなかったのだよ。まずは来年3月、久高島ツアーやります。毎年お礼参りだけど、今回はコズモクダカ+αで行かなければだもんね。


本は8日の最後の練習で手にします。メンバーの名前が掲載されたCDブック。巻末のスペシャルサンクスにはたくさんのお名前を掲載している。感慨深いなあ。8日が楽しみだ。昼にみんなで「甘いカレー」を食べてから練習に入る。「甘いカレー」は『そらのレコード』に最初から最後まで登場し続けるキーワードでもある。そもそも「甘いカレー」とは何か。ヒントは新小岩にあり。

本書にはメンバーの写真も掲載。コズモクダカ、そしてギターの剛さん、クラリネットの土井くん、チェロの愛子ちゃんだ。剛さんは純子さんとのユニット「ツインソウル」のギターで、今年2月のライブでお会いしました。土井くんは中高の後輩にして、日本を代表するジャズクラリネット奏者。そして愛子ちゃんは京都を中心に活動するプロチェリストで、昨年は一緒に久高島に行きました。
b0002156_15412147.jpg


それにしてもこの表紙、どっかで見たことがあると思ったら、まゆちんが指摘してくれた。8月に河口湖で合宿セミナーをしました。そこで『運なに』にもあるシンボルを見つけるワークをしました。そこで出てきたシンボルは、その後、何かと実生活で目にすることがあり、それはつまり宇宙からのサポートを意味する。


2年前、アトムさんも同じワークをやって、「雪の結晶」が出てきた。肉まん屋を始める前のことで、帰って試作を作ろうとフライパンを取り出し、何気に裏を見ると同じ「雪の結晶」が出てきた。その後、公的融資の話も進み、見事に「肉まんアトム」を開業するに至り、今年で2周年。同じ商店街にできた肉まん屋は3か月でつぶれたと言うのに、さすがとしか言いようがない。来年はもっと忙しくなる予定だ。


まゆちんがこのワークで出てきたのが「青い宝石」だった。その翌日、金運神社のツアーに出たのだけど、最初に訪れた浅間神社でシンボルそのもののお土産があった。それが右の。左は『そらレコ』の表紙。
b0002156_15414434.jpg


瓜二つだ。蛯原さんはもちろんまゆちんの話を知らない。集合的無意識を通して書かせたとしか言いようがない。なんか、すげえキテる。本当に奇跡的なストーリーがすでに出来上がっている。この『そらのレコード』自体、完全にシンクロストーリーだし、たくさんの人に読んでほしい!


そんな奇跡の集大成が12月10日に集まっている!

■12月10日(土)/東京/「どんよくTalk Live」 in 世田谷区民会館(1,200人講演会&ライブ)

あと一週間ちょい。急激に申込が増えている。まだまだ頂上は見えてこないけど、あと一週間できっとイケる。奇跡の体現者となってほしい。1,200人の山頂で円陣を組もう!ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2016-12-01 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン