宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

カテゴリ:■人生哲学( 1048 )

どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


さて、ブログ更新です。今日は一日セッションデーだったのですが、いろいろあって体力消耗しちゃいました。終了後のバババ~とフェイスブックに投稿した文章がかなり評判よかったので転載します!

今日はセッションデーだったのですが、ここ最近、いろんなシンクロもあり、わかってきたことがあります。

それは、幸せな人とそうでない人との違い。言ってしまうと単純ですが、それは「承認」を自分に求めるか他人に求めているかの違い。

食欲など生理的欲求は満たせばおさまる。安全や所属も同様、満たせばそれ以上は求めなくなる。

しかし「承認」だけは、どんなにお金があっても、社会的地位が高くとも、それを他人に求めている限り幸せにはなれない。むしろ「承認」の枠だけが広がり、もっともっとと欲しる。それは頑張りや発展にもつながるのだけど、得ても得ても満たされない。まるで海水を飲むかの如し。

しかし、「承認」を他人ではなく自分自身で満たすことができれば、その渇きは瞬時に止まる。そこから真の意味での幸せを体感できるようになる。

「欠乏動機」のほとんどを占めるのが「承認」であるため、そこをクリアしたら「成長動機」へと転換するのである。

以前、NLPセミナーで「スポンサーシップ」なるワークがあり、それは一人の受講生に対し、他の受講生がひたすら褒めまくり、承認しまくる感じだけど、言うまでもなく逆効果。それで涙ボロボロ流したりとかして感動してるようでも、それが癖になりセミナージプシー化するだけ。

セミナーってのは往々にして、他人を承認しまくる傾向があるけど、真に自分を承認できなければ、承認を求めてリピートするだけだから、セミナー主催者にとっては好都合。

セミナー受講生のフェイスブックグループなども同じで、投稿するとみんなが承認してくれるから癖になる。前に一度、私が受講生として参加してたセミナーグループで同じことがあり、連続して投稿する人に、毎回毎回、「素晴らしいですね〜!」みたいな承認してんのに対し、「そんなクソみたいな承認してんじゃねーよ!」って投稿したら、周囲から大バッシングもらった。けど、今振り返っても、あれはグッドジョブでしょ。

「他者承認」の蟻地獄に陥ってる人をいかにして「自己承認」へと転換させるかが、これからの課題。でもそれは可能なのも知ってるので、遠慮せず発信していきますよー!


うん、ほんと、この通り。薄井先生とのコラボではマズローの欲求段階説が出てきたのだけど、下から「1.生理的欲求」、「2.安心安全欲求」、「3.集団への所属欲求」、「4.承認欲求」、「5.自己実現」、「6.自己超越」となるわけですが、この中で特に特に大きいのが「4.承認欲求」であり、これはおそろしいほどに。


ある種、「愛の欲求」とも言えるのでしょうが、人は「承認」のためなら何でもしますからね。なぜ、男性があんな高くて薄い水割りに一回一万円も払って行くのでしょうか。それはホステスさんから「承認」されるから。水割りにお金を払ってるのではなく、「承認」に払っているのです。こればかりは経済力とか社会的地位とか関係ない。


もちろんお互いにわかっていて、お金を払えば相応のサービスは受けられます。しかし、厄介なのはお金が介在しないケース。

AさんはBさんに「承認」を求めています。Bさんは求められる程度に承認します。しかし、Aさんはもっともっとと求めます。Bさんはそのうち疲れてきて、応えられなくなります。そしてそんなAさんを避けるようになります。


するとAさんはあまりにBさんへの求めが大きいばかりに、それを得られずしてBさんを攻撃し始めます。烈火のごとく怒り、誹謗中傷を繰り返します。結局これ。「重要感」とも言えるけど、人が猛烈に怒るときって、ほとんどが重要感を満たしてくれない、承認してくれないと感じたとき。しかし、それは自分で自分を不幸にする結果となる。


繰り返し言うけど、「承認」を他人に求めてはキリがない。だからと言って、無理に自分で承認しようとしても、文字通り自己満足に終わってしまい、なんか心が晴れない。では、どうすればそんな承認の蟻地獄から抜け出すことができるのか。


いろんな方法がありますが、セルフセラピー的にはこんな手順でどうでしょう。たとえばイライラしたとき。

1.なぜ、イライラしているのか自分に問う
2.すると、たいてい「誰か」に対してイライラしていることが多い
3.その「誰か」は、なぜ自分をイライラさせるのか?
  または、どうすればイライラしなくなるのか?
4.「自分はその誰か(◯◯さん)に一生コントロールされ続けたいのか?」と問う
5.「イライラの原因は◯◯だ!」とコントロールされないのなら、そのままどうぞ!
6.そうでなければ、「どんなに◯◯がイライラさせようとも、私が私を満たすから関係ない!」と力強く宣言!


言葉ベースのセラピー方法ですが、ここでのポイントは

「自分はその誰か(◯◯さん)に一生コントロールされ続けたいのか?」

です。確かにイライラの原因は「◯◯さん」かもしれないけど、不本意にもイライラしてるのであれば、それは「◯◯さん」に人生を支配されてる、奴隷になってるだけ。一生奴隷でいいのかな。いいのであれば、これからもずっとイライラし続ければいいですね。
b0002156_2425576.jpg


だけど奴隷が嫌なら、「◯◯など関係ない!」と宣言して、心の中から排除すればいい。排除できないのであれば、いつまでたっても奴隷です。その「◯◯さん」は会社の上司だったり、身近な人だったりすることもあるけど、「両親」であることも多い。「両親」が十分に褒めてくれなかった、などが残っている場合が多い。しかし、その両親はもういなかったり、いたとしても褒めてもらいに行くことも難しし、褒めてもらったところで満足するとも限らない。


だったら、誰が褒めるのですかね。認めるのですかね。最後は「自分」しかいませんから。イライラの原因を他者に置き、ずっとずっと他者の奴隷で生きていきたいのか、いや、奴隷から解放されて自由に生きていきたいのか。どっちか選べばいい。


もちろん私は奴隷なんかなりたくないので、認められようが、認められまいが関係ない。自分で自分を認めて生きていくからね。

そんな感じで、言葉ベースならこうなるわけでしてね、感情が入っているともっといいとは思うけど、原理はこれ。認められないことに対して「奴隷」のままでいるか、どうか。もし自らを奴隷解放できれば、その人は自由だし、そこから真の意味での幸せが始まるのです。


ザックリ書きましたが今日はこの辺で。明日は濃いセミナーを受けに行きます。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
  
■3月19日(日)/沖縄/宇宙となかよし塾~お金は「言葉」で解決する~
  
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる!~
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-03-13 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


いよいよ薄井先生とのコラボセミナー。2月頭に企画して、とりあえずやってみましょうって感じで、二週間ほどでばばば~と告知して開催。思い付く限りでキーワードとしてはこんな感じかな。

スピリチュアルとは何ぞやから始まり、マズローを中心とする人間性心理学、魂の叫び、至高体験、欲求五段階説の誤解、欠乏動機と成長動機、霊とは何か、脳波同調、透視能力、性格良い人は運が良い、性格良くなるには、神社、変性意識状態、矢沢永吉、長嶋茂雄、統合失調症、コズモクダカ、薬物中毒、悲惨な人生、死後の世界、脳に虫の触覚がある人、心屋、江原、久高島、加賀田晃、松任谷由実はなぜ売れる、サザン、行動主義、精神分析、トランスパーソナル、LSD、ユング、集合的無意識、タロット、ネアンデルタール人、UFOは扱わない、水晶に意思がある、シンクロの計算80年、不安を落とせば気球は上がる、とにかく傷を癒そう、タイムマシンで過去の自分に会え、お金に好かれるって、その他。


私が「生徒役」みたいな感じで、薄井先生に質問しつつ、コメントを挟みつつやったのですが、私自身もかなり勉強になりました。私はかなり合理主義的なとこがあって、超能力、超心理学のようなオカルトっぽい話は否定はしないけど(もちろん明らかな間違いは間違いと否定するけど)、それが人々の「幸せ」につながっているかどうかしか興味がない。スプーン曲げなんかも、それが単なる奇術のような話で終わるのなら関心ないけど、「サインをキャッチしやすい脳波状態にする」と説明されれば、大いに面白い。


結局、私のこの12年間とか、その前年からの「スピリチュアルとの目覚め」からの人生、奇跡やシンクロの連続でしかなく、それは私の特殊なことなのか、そうでないのか。再現できることなのか。今日のコラボで改めてわかったように思います。いくつかシェアするなら、一つはマズローの言葉を借りて「成長動機と欠乏動機」なる概念。


マズローの「欲求五段階説」って有名ですが、世に伝わっているのはちょっと誤解がある。「欲求五段階説」はあるビジネスマンが研修のために言い出したことのようで、よく知られる通りこの五段階。


5.自己実現の欲求 (Self-actualization)
4.承認(尊重)の欲求 (Esteem)
3.社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)
2.安全の欲求 (Safety needs)
1.生理的欲求 (Physiological needs)



このうち、人間として成熟度を「3」と「4」の間で分けてるのが一般的のようですが、実際は違う。まず、この五段階ですべてではなく、「5.自己実現」の上に、「自己超越」なる概念があり、さらに「自己超越」と「自己実現」を「成長欲求」、それ以下を「欠乏欲求」として切り分けてきます。


私にとって重要な概念は次の二つ。


・成長欲求と欠乏欲求
・自己超越



五段階説ってのは、わかりやすいのだけど、たとえば日本人であるならば、あまり意味をなさない。1と2はある程度満たされているし、3も程度はありますが、著しく欠いてる人は決して多くない。

ただ、「4.承認(尊重)の欲求」はめちゃくちゃ強くて、それをして私は「欠乏欲求」と同一視しています。わかりやすいのが、「表現するもの」についてで、たとえば「イラスト」を例にとりましょう。


イラストで売れている人、そうでない人がいるとして、素人目には技術的な差異は見当たらない。どちらも上手と言えば上手。しかし売れている人は普通に売れるし、そうでない人はどんなに技術を磨いても売れることはない。


その違いはすべて「人間性」に基づく。マズローの心理学は「人間性心理学」と呼ばれる通り、この人間性や人格を非常に重視する。つまり、技術的に大差ないイラストであっても、売れてる人は「成長動機」で書いているのに対し、売れていない人は「欠乏動機」で書いていることが多い。もちろん単純に二分できるものじゃなく、「欠乏動機」でもそれがあまりにも強すぎる場合、心身を痛めてでも取り組んだ結果、ある程度売れることはある。ハングリー精神なんかそうかもしれない。


もちろんそれ自体、悪いことではないんだろうけど、ハングリーもハングリーなままであると本人が一番苦しいはず。ハングリー(欠乏)が出発であったとしても、いずれ充足や成長に結びつかなければ長く続くことない。その典型として私は矢沢永吉をよく引き合いに出します。


少年時代は両親から捨てられるように祖母に引き取られ、卵をお湯で溶いて作ったプリンが最高の贅沢なんて極貧生活を送り、なんとしてもビッグになって世間を見返してやるんだと18歳で上京(横浜)。そしあれよあれよとビッグになったのですが、ここまでをつづったのが『成り上がり』。ハングリー精神の塊のようで多くの人の心をつかんだ。


しかし、この後、矢沢は身内に騙されて30億の借金を抱えることになり、首をくくることまで考えたそうだ。そこで奥さんの一言が転換点となった。


「矢沢なら返せるでしょ」


その一言でハッとなり、そしてタオルを売って30億をすべて返済した。その後は還暦をとっくに過ぎる今も現役でマイクを振り回している。

矢沢は「欠乏動機」で成り上がったけど、それがまだ解消されていなければさらなる欠乏、つまり30億の借金を抱えることになった。それが「成長動機」へと転換することで、本当に意味での矢沢に目覚め、その後の活動の方が長く充実している。


欠乏から成長へ。そのきっかけとなったのが、おそらく奥さんの「矢沢なら返せるでしょ」なんでしょう。その言葉で完全なる「承認」を得て、マズロー的には「4から5」へと昇華することになった。その意味で、パートナーシップはとても大切なんだろうと思う。いや、むしろ成功において本当に不可欠なのがパートナーシップなんだろう。それは男女問わず。


イラストの例に戻ると、矢沢ほどの欠乏動機で書いたのなら、それはある程度は売れるでしょうが、どこかで限界にぶち当たる。その欠乏の程度に応じて、矢沢が30億抱えたように、欠乏を証明するような現実を引き寄せてしまう。だけどたいていは「欠乏動機」で書いていると売れない。その欠乏感が人を苦しくさせるのかもしれない。


一方、「成長動機」で描くと、それは普通に売れる。売れないイラストレーターさんはたくさんいますが、私の周りでは柴崎マイさん、たけいみきさんなどは「成長動機」にあるので売れている。ちなみにお二人とも編集は私と同じ金子さんで、今、わかったのですが金子さんは「成長動機」にある人しか担当しないのかもしれない。しがらみでそうじゃない人を担当することはあっても、自ら積極的に担当する著者はすべてそうだ。ちなみにこのイラストの方は金子さんとは直接関係はないけど、売れてる人です。
b0002156_12283941.jpg


つまるところ「成長動機(自己実現→自己超越)」へ転換することだけが、哲学、心理学において重要であり、その分かれ目が「4.承認」なのでしょう。矢沢は奥さんの「承認」によって、真の意味で自分を認めることができ、次のステージに進むことができました。おそらくそれ以前は「オレを見てくれ!認めてくれ!」を世にアピールしまくっていたのだろう。


確かに世の中には「見てくれ~!認めてくれ~!」なる人が多く、そのために活動してるような雰囲気もある。自分を認めてくれる人にすり寄り、認めてくれないとなるとめちゃくちゃにバッシングする。しかし、誰が認めようと、認められまいと、「自分で自分を承認」すること以上に大切なことはない。その段階をへて、初めて「成長動機」へと進むことができるのでしょう。


そして成長動機においても「自己実現」から「自己超越」の段階があり、マズローは「自己超越」のきっかけを「至高体験」と呼んだのですが、その話はまた改めて。では、どんな人が「成長動機」に達しているのでしょうか。セミナーでは一言、こう表現しました。


「性格がいい人」


これは深い。何をもって「性格がいい人」と定義するには、それこそマズローがいろいろ条件を並べていますが、普通に感じるところの「この人、性格いい」でだいたい外れてない。矢沢永吉なかんかもめちゃくちゃいい人らしいし、若いころのギラギラ(欠乏)も大切だけど、長く安定して貢献し続けるには「成長動機」である必要があり、それがまさに「性格がいい人」なんでしょう。


そう言えば金子さんが担当する人、皆さん性格よくて著者同士の交流もあるもんな。マイさん、みきさんはじめ、薄井先生、リュウ博士、りかさん、ふみとさん、私が知る限り、本当に性格がいい。だったらオレは?ご判断にお任せします(笑)


そんなこんな、まだまだ気づいたことは多いのですが、今日はこの辺にしておきましょう。薄井先生のとシリーズはこれからも続けるつもりですが、そうそう、公開タロットもすごかったのですが、この話もまた改めて。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■3月19日(日)/沖縄/宇宙となかよし塾~お金は「言葉」で解決する~
  
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる~
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-03-11 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


フェイスブックを2か月ぶりに再開して、マジで冬眠から覚めた感じですよ!花粉はまだ飛んでるようですが、今年は昨年2~3倍と言われながらも、すでにマスクなしで出歩いてOKに。体質も確実に改善されているのかな。


ちなみに花粉に関しては公害的な要素が強いようです。戦後に農業と同じく林業を育てようと、国策でスギを植林し始めました。しかし日本の工業化が進む中、林業人口は減り、加えて円高等で木材を輸入した方が国内のスギを切るよりはコストがかからなくなってきた。その結果、スギ林が荒れ放題となり、花粉をまき散らし、それでも林業保護のために補助金で新たにスギを植え続けると言う意味のない悪循環。


今は花粉の少ないスギが開発されたりなど、改善の方向にはあるものの、しばらくは花粉は増え続けるだろう。となると、花粉症の人も増え、国内の生産性は下がってしまう。それどころか花粉のどこか臨界点を超えると重篤な疾病などが出てくる可能性もある。それこそ命にかかわるような。そうなると水俣病などと同じように深刻な公害となり大問題に発展する。


なので、やるべきはコストをかけてもいいからスギを切りまくること。植えるより切る。そのために税金を使ってほしいものだ。そうなると人工的な植生も減り、里山的な日本の原風景も蘇るでしょう。とにかくスギを切るといいこと尽くめ。そのためには政治を変えなければ、と思いますよね。
b0002156_1095455.jpg


あと、これは個人のことですが、花粉症などアレルギーは「小麦」とかなり関連するようなんです。そもそも人間の歴史の中で小麦を食べるようになったのはここ1万年ほど。それまでは肉とか木の実とか芋が中心だったわけですが、小麦の成長戦略に人類が利用されてしまったのか、地球はいつの間にか小麦王国になってしまった。小麦も少量であればいいのですが、小麦のグルテンは人間の身体に馴染まないようで、腸にべっとりとグルテンが付着し、それが残って腐敗することで様々な不調を誘発し、アレルギーもその一つ。


なので小麦を減らすと花粉症も軽減されるとかで、それは確かにそうかも。私自身、小麦を減らすことをちょっと意識して3~4年になりますが、年々、マシになってきてますから。ただ、小麦もスギと同様政治的な事由が大きく関わっており、そもそも日本は米大国だった。それを戦後、GHQがアメリカの余った小麦を消費しようと、日本の学校給食を中心にパン食を押し付けた。しかも減反政策とかで、米の産出量を意図的に抑制し、小麦の輸入を相対的に増やしていった。


もしも日本の自由にできるのであれば、小麦の輸入はもっともっと減らして米をたくさん作って欲しい。そうなると、これまで水田を中心とした日本の原風景が蘇り、自然環境ももっと良くなる。トルコなんかがそうだったように、国民を飢えさせないようパンを国が支給しているように、日本も米に対してそうして欲しい。余った米は、それこそパンやお菓子や麺に使えばいい。ベトナムのパンは美味いのですが、基本、米粉ですからね。そうなるとアレルギーも減り、日本の米も消費され、いいこと尽くめ。戦後、日本はどうしても負の条件を押し付けられてきたけど、そろそろマトモな国になって欲しい。そのためには憲法なんてどんどん改正すればいいんです。


なんて時事問題はともかくとして、フェイスブックを復活して、いよいよ冬眠から覚めて春ですね。今日は何となく気分がよかったので毎週月曜日のとは別にLINEメッセージ(111回目)を配信しました。テーマは「パンク精神」について。せっかくなのでこちらでも音声を貼り付けますね。
 
LINEメッセージ111回「パンク精神」
  
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
 
聞いていただけるとお分かりの通り(自分でもそう思うが)、まさに冬眠明けって感じの音声です。パンクな感じになってます。そもそも「パンク精神」ってのはアトムカンフーさんが言い始めたことなんですが、たとえて言うなら「ギターさわって3日目に一万人ステージに立つ」ようなことらしい。なるほど、それは確かにパンクな気もするけど。それならオレはそもそもパンクで生きてきたと思いますよ。


5万円しか全財産がないのに、カードでキャッシングしてベトナムに行ったり(2006年12月)、出版するあてもないのに本を書いてみたり(2009年12月に出版したけど)、集める自信もないのに1,200人の会場を押さえてトークライブしたり。まだまだあるんですが、とにかくめちゃくちゃやってきたかもです、この12年間は。アトムさんも今年はめちゃくちゃやるそうですが、それはオレも同じ気持ちだ。


そこで、なにやろう?

まだ冬眠から覚めたばかりで、確かに標高3,500mの氷点下30度の洞窟で寝るってのもパンクだったけど、今まで以上にもっともっとめちゃくちゃな、自分の枠を超えるようなパンクをやりたいと思うんだよね。それが何かは具体的にわかんないけど、きっと降りてくると思う。久高島とか新城島で。


とにかくね、今年もめちゃくちゃやりたい、めちゃくちゃやりたい、めちゃくちゃやりたい、めちゃくちゃやりたい、めちゃくちゃやりたい、めちゃくちゃやりたい!!思えば昨年末の「どんよくTalk Live」の前一週間とかめちゃくちゃだった。今やれと言われてもテンションが追いつかないけど、よく新宿駅の一番人通りの多いところで街頭演説とかしたものだ。






いや~、恥ずかしくて見てられないね。頭がおかしくなって、ネジがはずれて、発狂しまくっていたなあ。でも、そんなときって必要なことあるよね。今年はコズモクダカ、どんな活動になるのか未知数だけど、まあ、希望としてはCDブックを一冊は作りたいし、オリジナル三曲でプロも呼んで、薄井先生にもソロで歌ってもらって、そんでオレかアトムさんが文章を書いて、めちゃくちゃやりたいね。


そんな薄井先生との初コラボも土曜日。今日、ちょっとだけ打合せをしたのだけど、めちゃくちゃ面白くなりそうです。私が投げたテーマをマッピングされて(画像はまだ途中のようです)、当日はこれを元に多少の資料も用意しつつ進めるようです、3時間半で心理学の系譜を学び、それに加えてサイキック系のワークなどもやったり、さらには「お金とスピリチュアル」なんて興味深いテーマも目白押し。今からでも申込可能なので、お待ちしています!参加されると、きっとイイコトあるだろう。私も無茶振り得意ですし。

■3月11日(土)/東京/薄井孝子の「人生がどんどん良くなる超意識メソッド」プレ講座 (produced by Q)

b0002156_10114612.jpg



翌日の「宇宙となかよし塾plus」も急きょやることなって、最近はいつも急でごめんなさいですが、これもパンク精神でご参加をお待ちしています!

■3月12日(日)/東京/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~
 

さらに翌日の個人セッションも受付中。

■3月13日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(60分)(残4)


ちなみに今回は14日・15日にとあるセミナーに参加する目的で組んだ東京出張でして、今年はインプットも進めたいので、しっかり吸収したいと思います。本もたくさん読もう。と言うわけで、フェイスブックもある意味、予定通りに復活しまして春が到来しました。3月20日は「宇宙元旦」で宇宙の流れ的にそっから本格的なスタート。その日から沖縄ツアーってのも意味ありげです。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
  
■3月19日(日)/沖縄/宇宙となかよし塾~お金は「言葉」で解決する~
  
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる!~
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
by katamich | 2017-03-09 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日もバリバリ執筆を進めたわけですが、夜ご飯を食べてから2か月ぶりにボクシングのジムに行ってきました。

え? 今年2回目なのか。最後に行ったのが1月4日って正月じゃん。それ以来、オレは何をしていたのか。そうか、冬眠してたんだ。ジムも2月に入って模様替えしたようで新鮮でした。今日はマスボクシングはせずにシャドウ、サンドバック、ミットだけしてサッと帰りました。それなりに疲れた。


その後は再び執筆へとスタバに行ったのですが、10時頃、とある知人女性から連絡がありました。ご無沙汰してます~って感じですが、まあ、フェイスブックを辞めてからたいていの人はご無沙汰なんですが、その方も私と同じように隠居に近い生活をしていたらしい。なので私に限らずご無沙汰とのことで、せっかくなので電話で話しました。そこで出てきた言葉が、


「3月20日は数年に一回の大転換点」


だと。またまた、この手の話はスピにはよくあります。でもまあ、聞いてみるとその日までに浄化が進むんだとか、それは人間関係から、抱えてるものからいろいろ。そんな話もいつものことですが、でも、確かに今年に入ってからいろんな浄化が進んだよな~とか思い、共感しながら話を聞いていました。私もそうだし、その方もそうだと。ようは、宇宙の流れに乗ってると必然的にそうなるとか、かんとか。


ただ、3月20日って沖縄ツアーが始まる日だし、毎度のこと、何かが始まると、その日はスピ的にどうとかってよくあります。インドの初日が満月だったとか、そう言えばフェイスブック辞めた日も満月だったな。ともかく、そうやって「流れ」に乗ってることはよくあります。


30分くらい話をしてまして、電話を切ったらコズモクダカのチャットでいろんな話が展開されてる。そう言えば、、、ふと調べたいことがあって「コズモクダカ ◯◯」で検索すると、このブログがなぜかヒットした。


勇気をもらった、りえちゃんのブログ。/Okinawan Dream ~新潟沖縄移住日記~


りえちゃん」ってのは、コズモクダカのベーシスト。こないだ一緒にインドにも行った。このブログの主は新潟にいて、結婚して沖縄に住んでいる「さとちゃん」。今月末の「宇宙となかよし塾(沖縄)」にも来られるようで、終わってからその方の旦那さんがやってる居酒屋に行こうかと思っている。そんで、これはどんよくの1か月前のブログのようで、なんとなく読んでたら途中で爆笑してしまってね。これ。
b0002156_655295.jpg


去年の3月、まさに久高島でコズモクダカが結成されたときの話なんだけど、ボーカル、ドラム、ギター、キーボードまで揃って、あとベースがいたら結成なのに~って展開になったんですね。で、このりちゃんは昔、バンドでベースをやってたとかで、そんなことオレたちは知らない。

b0002156_712029.jpgさとちゃんは知ってたようで、「やれば~」と押していたのに、「いや…いいよ…」と渋りながらも、最終的に「わたし、ベースやってました…」って手が上がり、有無を言わさず加入決定。どれくらいできるとかわからないけど、その場にいたってのが「神」だから。なんせ神の島だけにね。


それはそうと、これ。

いつも迷っている事を相談するとね、
「やりたいか、やりたくないかだよ。」
って、言ってくれます。


でた~!!!!

やりたいか、やりたくないか!!!



このセリフ、これまた昨年の久高の後の「新城島(パナリ)」でりえちゃんが、あつみんに言われてた!
b0002156_656033.jpg


オレはそれを横で聞いてたんだけど、


「う~ん、やりたいか、やりたくないか、、、で言うとオレは1,000人規模のトークライブをやりたいな~」


って考えてしまってたのだよ。

その思いが1210の「どんよくTalk Live」に結実したわけ。で、この「やりたいか、やりたくないか」ってセリフ、りえちゃんはいろんなところでやたらと言われるらしい。言われやすいキャラなんだろう。たまごちゃんは絶対に言われないのに対し。この事実はコズモクダカ内でも共有され、たびたび話題になっていた。そんなりえちゃんですが、同じことを、さとちゃんには言っていた!!!


おい!おまえも言ってるやんか!!


って思いっきりツッコミ入れたくなってね。


でも、この「やりたいか、やりたくないか」って、基本にして究極なんだよね。このセリフの大元はhappyちゃんて説もあるのだけど、ほんとこれ、ほんとこれ、ほんとこれ。3回言った。結局、この言葉の通り会社を辞めて、この言葉の通り過ごしてきた12年間。改めて至言だと思うのよ。


だからまた、この言葉を握りしめて生きていこうってことだね。でも、これ、大変ですよ。ぶっちゃけ、この通りにやってたら金かかるからね~。それでも「やりたいか、やりたくないか」なので、やるしかないわけ。いいじゃん、お金なんて。いくらでも稼げるわけだから。

そんな感じで0時になりまして、スタバを出て帰宅。シャワーを浴びるのですが、その瞬間、声が聞こえてきました。こんな感じで。
b0002156_6571133.jpg


3月20日は「宇宙元旦」だそうで、2か月間、隠居生活のような感じだったけど、そろそろ本格的に起きていいかと思い。だったら3月20日から復活しようかと思った瞬間、別に今でもいいわけでしょ。なので、フェイスブック辞める(実際にはお休みだけど)のも一瞬だったように、復活も一瞬なわけだ。


やりたくなったら「やる」、やりたくなくなったら「やらない」!


まさに「やりたいか、やりたくないか」なんですよ!

と言うわけで、フェイスブック、復活しました。だからどうってこともないけど、これから春になるしね、再びウザくなりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

週末から3連ちゃんのセミナー&セッションもお待ちいています!
 
 
■3月11日(土)/東京/薄井孝子の「人生がどんどん良くなる超意識メソッド」プレ講座 (produced by Q)
 
■3月12日(日)/東京/宇宙となかよし塾plus~シナプスをつなげる~
  
■3月13日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(60分)
 

まあ、オレは熊ってことだな。眠いときは寝る。起きたければ起きる、食べたければ食べる。暖かくなってきたので、いよいよ外に出ましょうってことだね。

3月20日からの沖縄も盛り上がりそうだな~。楽しみ過ぎて胸が痛い!これからもブログ、LINE、メルマガ、ツイッター、そしてフェイスブックもまたどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
  
■3月19日(日)/沖縄/宇宙となかよし塾~お金は「言葉」で解決する~
  
■3月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾25~シナプスをつなげる!~
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-03-08 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


さて、いつの間にか3月で春ですね。花粉は一日だけ猛烈に来たものの、その後はさほど症状もなし。あまり出歩いてないだけかもしれないけど、しばらくは大人しくしていよう。今月末の沖縄ですが、欠員が一名出まして、オプションのパナリ(新城島)も空きが。また例によってフォームが空いていると募集中ですが、パナリも希望される方はその旨をお願いします。


パナリは島民3人で一般の宿泊施設はありません。石原慎太郎『秘祭』の舞台となっていますが、あんな事実はないにしても、そう思わせる何かがある。特に人魚の・・・おっとこれ以上は言っちゃいけない!とにかく不思議な島。そして私自身はこの島で昨年末の「どんよくTalk Live」のミッションを最初に授かったのだし、今年も久高島と合わせて何かが降りてくるだろう。


まあ、昨年のどんよく以降、しばらく抜け殻で、それに加えていろいろあってフェイスブックもやめて、そしてインドに行ったのですが、だんだんといい季節になってきました。私は昔から「1月末~3月上旬」が不調期でして、つまり「誕生日前後」なんですが、それは44歳になった今も変わらない。そんな不調期の過ごし方として、ここ数年は「2月に海外旅行」に出ています。昨年はニュージーランド、今年はインド、来年はエジプトの予定。


ところで今、むさぼり読んでいる『サピエンス全史』には旧人と呼ばれる「ネアンデルタール人」がよくでてくるのですが、興味をもっていろいろ調べてしまいます。割とこの事実は知られてないと思うのでおさらいしますが、「人類」は私たちホモサピエンスだけではありませんでした。イヌに柴犬やブルドッグがいるように、人類には我々サピエンス以外にもネアンデルタール、フローレシエンシス、デニソワなど複数存在していました。が、12,000年前にそれらすべて絶滅し、私たちの種だけが残りました。


10年くらい前まで、それらの人類種は「交配(セックス)」はしていなかったとなってましたが、ここ最近、交配説を裏付ける証拠がたくさん出てきて、さらにゲノム解析も進んでいるので、私たちサピエンスは旧人と呼ばれていたネアンデルタールやデニソワとセックスをしていたことが明白になりました。


そして比較的新たな事実としては、ネアンデルタール人と言うと類人猿みたいな「ゴリラ顔」をイメージしがちですが、実はそうじゃなかったことが明らかに。どちらかと言うと、今の白人のようなハンサム顔だったようです。むしろサピエンスの方がゴリラ顔で、たとえば沖縄の「港川人」をイメージすればよい。
b0002156_15305273.jpg


そして私たちサピエンスには3%程度ネアンデルタールのDNAが入っており、総量として20%はあろうかとの話。ただし、アフリカンブラックのほとんどは純粋サピエンス。ちなみにデニソワ人ともセックスをしており、主にチベット系にそのDNAが流れているとのこと。そのDNAは高山病に強いそうで。


それにしても別の種のDNAが3%~20%も入ってるなんて、かなりの割合ですよね。柴犬とブルドックが交配するのか知りませんが、基本、異種間はあまりしません。ですが、人類は「稀」のレベルとは言い難いほどに交配していたようです。


で、なんでまたこんな話をしたかと言うと、ネアンデルタール人からは「うつ病」のDNAが引き継がれているとのこと。進化論的には生きるのに最適なDNAが残るので、「うつ病」自体もサピエンスにとって有益だったのでしょう。では、うつ病にどんなメリットがあったのか。これは推測しかないですが、単純に外敵から身を守るためでしょう。特に野獣が冬眠から覚める2月後半~はエサを求めてなにかと狂暴。なので、この時期は洞窟にまだ潜んでいた方が得策だ。そのためのうつ病因子なんだと。


と言うことは、「この時期(2月下旬~3月上旬)」に外に出たくなくなる私は、、、ネアンデルタール人のDNAが強いのか!!


まあ、そんなことは誰もわからないし、単なる遊びの推論に過ぎませんが、それでも数%は「旧人」のDNAを受け継いでいるなんてロマンありますよね。少なくとも私はそんなことに興奮する。ついでに言うと、12,000年前に絶滅したローレシエンシスからはダウン症のDNAが受け継がれ、1,000人に1人の割合で産まれてくる。数万年前に生きた別種の人類のDNAが、現代に生きる人間にもしっかり受け継がれている。ロマンですね。


ちなみにサピエンスとネアンデルタールの攻防について、いろいろ読んでるいと面白いです。ネアンデルタールが絶滅した理由は災害とか気候変動とか疫病とか、いろんな説があるようですが、「サピエンスが滅ぼした」なる説もやはり濃厚。では、なぜサピエンスはネアンデルタールを滅ぼしたのか。ここからは推測だし、面白半分ではありますが、その理由は「男の嫉妬」にあると。


ネアンデルタールはサピエンスに比べて身体が大きく、さらに脳も大きかったようです。つまり、旧人とか類人猿とか言われながらも、私たちサピエンスよりも「頭が良くて強かった」と考えられるのです。しかも、いわゆる白人顔で美男美女。ネアンデルタール人の復元にゴリラ顔が多いのは、ただの偏見。もっとも白人顔が美しいなんて価値観はなかったと思いますが、ただ、女性からすれば頭が良くて強い男になびくのは進化論的にも妥当なこと。本能的に強い遺伝子を残したいのだから。


これは近代でも似たようなことがあり、「なぜ、白人はアフリカの黒人を奴隷にしたのか?」の説として「男の嫉妬説」があるようです。黒人男性は白人や黄色人種と比べて明らかに体つきがいい。力も強いし走るのも早い。それでいてイチモツも大きく、多くの女性(白人黒人問わず)を虜にする。白人男性は、そんな黒人男性に対し猛烈に嫉妬し、幸いにも「武器・武力」なるアドバンテージがあったので、徹底的に黒人を迫害し、劣等であることを植え付け、奴隷として飼いならすことをした。


同じようなことがサピエンス男性とネアンデルタール男性の間にもあったのではないか。ただし、ネアンデルタールは頭もよくてケンカも強い。なのに、どうしてサピエンスに負けたのか。つまり黒人に対する白人の「武器」のようなものがなんだったのか。


物理的に言うとネアンデルタール人は「喉が小さかった」ようなんです。喉が小さいと発話が制限される。知能的には複雑な言語表現もできるはずなのが、喉の制約からそれを伝達する術に劣っていた。一方、サピエンスは知能も体力もネアンデルタールに劣っていながらも、喉が比較的大きく、複雑な発話が可能であった。それだけ多種多様なコミュニケーションが可能となり、そのうち「神」なんて目に見えないものを説明するところまで言語能力が発達した。それがまさに『サピエンス全史』でいう「認知革命」なのです。


つまり、ネアンデルタールは「コミュ障」だからサピエンスに負け、絶滅してしまったのです。

コミュ障ゆえに作戦とか戦略がたてられずに負けた。う~ん、そう考えると含蓄深い。正直な話、今の世の中を「勝ち組」として生きていく最大の武器はコミュニケーションなのだから。


ある程度大人になるとわかります。人生は学歴でも偏差値でもないって。収入も成功も、ほとんどがコミュニケーション能力によって決まるのです。しばしば中卒の元暴走族が世の中で成功してたりしますよね。パッと思いつくのは、最年少上場社長の近藤太香巳さんとか、cony japanの小西正行さんとか。その人たちは学校での勉強はあまりしなかったと思いますが、暴走族を率いるくらいだと、そのコミュニケーション能力の高さは折り紙付き。


歴史的にも豊臣秀吉、坂本龍馬、諸葛孔明、ナポレオン、源頼朝、ジャンヌダルク、ヒ〇ラー、レ〇ニン、ひろゆき、などなど世を制したその手段は完全にコミュニケーションですから。力が強いだけでは勝てない。多くの人、軍勢を惹きつけるコミュ力があってこそ、国や組織のトップになれるんです。


身近にも女性を見ているとわかる。容姿とか年齢とかまったく関係なくて、お金持ちの男をゲットする唯一の手段がコミュニケーション能力であると。昔いたなあ。今卒アルみてもまったく可愛くないのに、クラスや学年の男たち半分以上を虜にしていた女の子とか。


これは極論でもなんでもなくて、「収入・成功=コミュ力」なんですよ。このことの普遍性は「サピエンス VS ネアンデルタール」の攻防からも明らか。7万年前の「認知革命」以降、世の中を制するのは「言葉」であり「コミュニケーション」である、と。


その意味でも、お金を稼ぐのは簡単。コミュニケーション力を磨けばいいだけ。では、そのためにはどうするか。そこでも「本・人・旅」が生きてくるのです。とにかくたくさんの本を読む。スピや自己啓ばかりでなく、歴史、自然科学、時事、小説、あらゆる本を読む。ネットサーフィンとかしてられない。そしてたくさんの人と会う。さらに旅に出る。特に一人旅では武器はコミュニケーションだけですもんね。言葉が通じなくても、非言語なコミュニケーションを磨けば何とかなる。


ネアンデルタールのことばかり考えてたら、妙な結論が出ちゃいました。私も寒い時期、花粉の時期は外に出ないようにするくらいのDNAは受け継いでいたのかも。だけど、喉はそんなに小さくないし、もっともっとコミュ力を磨いて楽しく生きていきたいですね。今日はこんなとこで。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■3月11日(土)/東京/薄井孝子の「人生がどんどん良くなる超意識メソッド」プレ講座 (produced by Q)
 
■3月13日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(60分)
  
■3月19日(日)/沖縄/宇宙となかよし塾~お金は「言葉」で解決する~
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-03-03 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日で2月も終わり。1月は長かったけど、2月はあっという間だった。10日ほどインドに行ってたけど、それも遠い昔に思う。でも、2月は一瞬だった。3月は半ばに東京出張し、後半は沖縄、終盤に大阪に帰省して4月に戻ります。そして4月後半からロンドン&マルタ。そうこうしてると、2017年も本当にあっという間なんだろうな、と思う。とにかく、毎日毎日を楽しく過ごしたいね。


今日は誕生日のお祝いとして、夜にささやかにケーキを食べました。三男ひろくんはいちご。三男はそろそろ一歳半になるのかな。言葉も少しずつ出てるし、会話っぽい感じにも徐々になってきた。でもまだ、おにいちゃんおねえちゃんたちが遊ぶのを柵の外から眺めるだけなんだ。でも、もうすぐ仲間に入れるからね。
b0002156_022651.jpg


なんだかんだ、何もない一日が一番かもしれない。インドで氷の上を歩くのもいいし。自転車で全国を走り回るのもいい。けど、「何もない一日」が一番幸せなのかもしれない。インドで氷の上をずっとアテンドしてくれたヤンペルさん。メンバーの一人が「夢」を聞いたそうだ。
b0002156_0221999.jpg


そしたら、こんな答えが返ってきたと。

「夢なんてないよ。だって今が幸せだから」


究極だな、と思った。オレも確かに幸せは幸せだ。だけど、夢や願望なんて言ってる限り、本当の意味での「幸せ」を知らないのかな、と思った。でも、いいや。オレもまだまだやりたいこと、行きたいところ、いっぱいある。本もたくさん読みたいし、いろんな人に会って行きたい。お金もたくさん欲しい。10年後、20年後、30年後、40年後、50年後の世界を見てみたい。だから、もっともっと健康でいたい。


もしかしたら、オレは知りたい欲求が強いのかもしれいない。まだまだ好奇心の塊。この2~3日でまたアマゾンで本を大人買いした。もっぱら歴史や科学の本。そんな興味をベースに、5月にはまた一冊を出すし、これからもなんだかんだスピや自己啓発系の本は出し続ける。そしてもっともっと世界に出ていく。


そんな夢や野望はたくさんあるけど、それでも「今が幸せ」って最強なのかもしれない。子どもたちに誕生日の歌を歌ってもらい、一緒にケーキを食べて、一緒にお風呂に入って、一緒に寝る。これ以上の「幸せ」ってないだろうな。


そんなことを改めて実感する44歳の誕生日(の翌日)でした。さあ、3月も楽しむぞ。花粉症なかに負けてられん!


■3月11日(土)/東京/薄井孝子の「人生がどんどん良くなる超意識メソッド」プレ講座 (produced by Q)
 
■3月13日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(60分)
  
■3月19日(日)/沖縄/宇宙となかよし塾~お金は「言葉」で解決する~


これ以外に3月12日(日)は単独のセミナーをする予定でして、これまた日にちが迫っていますが、明日にもご案内したいと思います!執筆も頑張ろう。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-02-28 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


とりあえずインタグラムもアカウントはもってて、たま~に気が向いたときに投稿してるわけですが、この写真がいきなり拡散している。
b0002156_2374561.jpg


三男、おにぎり怪人。普段はスプーンで食べさせるのだけど、手が離せないときは一口サイズのおにぎりにして、お皿に出して与えることがある。おそらくそのお皿を持ち上げて、ダイレクトに食べようとしてこうなったんだろうけど、本人は大真面目な顔だけに笑った。面白がってインスタに投稿したら、外国人にも大ウケして拡散している。


なるほど、これがインスタの破壊力なのか。ツイッターやフェイスブックと違って、「画像」だけで直感的に拡散されるから、その速度も速いし、なにより言葉が要らないからワールドワイド。今、一番勢いのあるSNSってのもわかる気がする。フェイスブックはかなり減速してるようで、もしかしたら今はインスタとLINEの二強時代なのかな。また新しいのは登場すると思うけど。


ところで5月の「夢なにチャリンコトークライブ」は若干路線を変更し、こうしました。

7日(日):新潟市(ライブ)[新潟県]
8日(月):新潟市→魚沼市88㎞
9日(火):魚沼市→飯山市78㎞[長野県]
10日(水):飯山市→長野市30㎞(ライブ)
11日(木):長野市
12日(金):長野市→前橋市118㎞[群馬県]
13日(土):前橋市→日光市84㎞[栃木県]
14日(日):日光市→加須市74㎞[埼玉県]
15日(月):加須市→新宿54㎞(ライブ)[東京都]

b0002156_239267.jpg

5月7日(日)の「福岡→新潟」の飛行機は購入していますので、その日に新潟でトークライブし、8日からチャリをスタートするのは決まり。10日に長野市でライブをして、11日はゆっきーはじめチャダルメンバーが来るようなので、終日、観光。


後半は高崎市ライブは中止にして、群馬県、栃木県、埼玉県でそれぞれ一泊することに。と言うのも、47都道府県全泊するのを目標にしていて、この機会にと思いましてね。これを達成すると、まだ泊まってない都道府県は高知県、岡山県、鳥取県、山形県だけになるのかな。


こう見ると自転車に乗る日は7日間しかなくて、ちょっと物足りない気もする。これからもどんどんやってきますけどね。自転車でのトークライブは、ある意味、地方でセミナーをするためのいい手段と思っています。いずれ47都道府県すべてを自転車で周りながらトークライブしたい。一か所で千人規模のホールにて。きっとできるだろう。2020年以降くらいに。


そんなこんな、インドの旅が終わってすぐに次の旅を考えてしまうのですが、ワクワクするものだから仕方がない。3月は沖縄(久高島・パナリ)、4月はロンドン・マルタ、5月は自転車。そして6月は「八重山(石垣・西表・新城)」のツアーをしようかと考えていて、7月は河口湖でザ・ストリートビーツのドラマー牟田昌広さんとセロトニン合宿。8月はQ州ツアーをしようかと考えてますが、9月のエジプトは今年は却下で来年2月になるかと。でももしかしたらニューヨークに「仕事」で行くことになりそう。あと、韓国も「仕事」で行きたいな。そうなったら釜山からソウルまでは自転車。


そうやって「旅」のことを考えているとワクワクしてきて、この「ワクワク」がさらなるワクワクな現実を引き寄せるってのが「引き寄せの法則」の醍醐味なんですね。ところで今回のチャダルでつくづく思ったのが、価値観の合うグループでの旅の素晴らしさ。


何が素晴らしいかって、一つは「語り」にあります。食事は毎回テントでして、寒いし、他にすることないしで、かなりディープに語りました。寝るときも二人テントで遅くまで語りました。
b0002156_2412563.jpg


そこで語った内容こそが、帰国してから最も生きてくるところ。あるテントではウィリアム・マクニールの『世界史』が必読だってことを力説しました。もし彼が帰国後に『世界史』をしっかり読んでいたなら、人生は間違いなく変わる。


なぜそんな話になったのか。それは物事の「因果関係」の大切さ。相関関係ではなく「因果関係」で物事を考えることが、たとえばビジネスにおいても不可欠って話。マクニールの『世界史』は単なる事実の羅列ではなく、歴史を「読み物」としてしっかり読ませてくれる上、「~史観」のようなイデオロギー臭さがあまりない。どちらかと言うと唯物論的な「因果関係」から歴史を紐解いているところが面白く、これは未来を「因果関係」で予測する上で非常に役に立つ。


そう考えたのは、成功とか幸せにも「因果関係」が重要だって話から。それは私自身を振り返って見ることから考えさせられた。12年前、無一文で独立して、今は曲がりなりにも月収100万円を切ることがなくなり、本も6冊出しており、子ども3人に家族も仲良く健康。その上で好き勝手させてもらっている。


そのような「現実」を作った背景には、間違いなく「因果関係」があり、それは単にブログを書くとか、滝行をするとか、本を読むとか、そんな表面的なことじゃない。その根本になるのが「考え方」であり、それを裏付ける「心理学」にある。


つまり「因果関係=心理学」であって、これをきちんと定式化、つまり「メソッド化」できればかなり面白いことになる。昨年6月にコラボをした脳科学コンサルの杉本氏は、その辺のメソッド化のプロであり、今回のチャダルメンバーの一人に杉本氏の愛弟子がいた。


だからこそか、今回のチャダルでは、私自身をモデルにした再現性ある、因果関係の明確な「メソッド」を確立する必要性を認識したのでした。


少なくとも私にはエビデンス(証拠)があります。12年前はゼロだったことは、12年前のブログを読めばわかるし、今の状況は少なくともアマゾンで「石田久二」と検索すればおよそ推測できる。曲がりなりにも本を六冊だして、これからも出し続けるようになるには、それなりの背景が必要ってことだから。


そんなわけで、最近のテーマは「心理学」で、その意味では3.11の薄井先生との「超心理学⇒超意識メソッド」のセミナーは、私にとっても大いに役立つ内容と言えるでしょう。これまでの12年間の「因果関係=心理学」をこれから確立する。それがチャダルで改めて受け取ったミッションなんです。


そして3月12日には私単独のセミナーを予定しています、これもテーマは「因果関係=心理学」で、今現在伝えられる限りのメソッドをお伝えしようと考えています。こちらは週明けにもご案内しますのでお楽しみに!そんなとこで、いろんなことが始まります。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■2月27日(月)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾24(無料)~空~
 
■3月11日(土)/東京/薄井孝子の「人生がどんどん良くなる超意識メソッド」プレ講座 (produced by Q)
 
■3月13日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(60分)
 
■3月19日(日)/沖縄/宇宙となかよし塾~お金は「言葉」で解決する~
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-02-25 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


昨年は最初から最後まで先の予定をまったく決めずに、そのときその場で決まったことだけやっていきました。「どんよくTalk Live」なんかもまったくそうでして、行き当たりばったりの一年でした。なので、今年はきっちり計画して進めようと思ってたのですが、たとえば「フェイスブック友達5,000人」なんてのは早くも頓挫。やめてしまったからね。


年始に「目標設定」するのはとてもよいことで、ある程度は達成するし、翌年以降に持ち越すものもある。だけど、目標にも計画にも願望にも妄想にもなってないことが、突如として降ってくることがあり、それが面白かったりする。昨日書いた「12年サイクル」を見ても、前回の2005年は1月の段階で「会社辞める」なんて発想はなくて、むしろ会社での実績をきちんと重ねるって計画をしていた。


それが3月にいきなり辞表出して4月いっぱいで退職。5月はインドに行って、6月からフリーランス。それから9月までほぼ無収入で貯金がゼロに近づこうとしたとき、突然、「すごいDVD(加賀田晃)」と出会い、一気に脳の配線が変わります。その翌月、あるグッズと出会い、そのおかげで向う2~3年はサラリーマン時代と同程度以上の収入が入るようになりました。その翌年、NLPなどを学びに行き、全国にオフ会行脚もするようになり、そこで「セミナー」なる存在を知り、翌年からスタート。それを機に出版の人と知り合うようになり、なんだかんだ2009年に一冊目が出ちゃいました。


とんとん拍子のようで、決してそうじゃないと言いながら、やっぱりふり返って見るととんとん拍子だし、一切努力なんてものはしてこなかった。目標や計画もするけども、その通りどころかそれ以上のことが起こり続ける毎年。


そしてきっと今年も。すでに「フェイスブックをやめる」という予想だにしなかったことが実際起こったわけで、そしてやめてみると、こんなにも穏やかでスッキリした世界があったものかと驚きの一日。ノイズとなる情報が一切なくなり、そうなるとどうなるか。執筆は進むし、いろんな企画をいただくし、アイデアは出てくるし。


今日もちょっと嬉しいことがありまして、2008年、とある方の紹介である編集者の方と知り合いまして、言ってしまうとC出版(現K出版・・・と言うとすぐにわかるけど)で企画が進んでいたのですが、最後の最後でボツ。その後は五日市剛さんのご縁で評言社さんをご紹介いただき2009年に出版。


その後、元C出版の編集者さんとは一回食事をしたくらいで、5~6年はフェイスブックでつながるだけの関係に。それが昨年11月1日、エバーグリーンパブリッシングのレセプションで久方ぶりに再会し(藤本さきこさんの担当として)、立ち話でしたがすごく感激。だって、私にとって最初の編集者さんなんですよ。企画がボツにはなったものの、私のために時間を使ってくれたのは事実で、その御恩は何らかの形で返したいと思っていた。出版に関するイロハを教えてもらったのもその方。


そして今日、関係の深い方々に「FBメッセンジャーは引き続き使えますので~」ってコピペ文を送りまくっていたら、そのご返信として、「Qさん・・・よかったらうちでも??」のようなご提案をいただきまして、いろんなシガラミはあるにせよ、このような「ご縁」で結ばれたご提案については応えたいのが「青春」なわけで。

まあ、実際はいろんな出版社さんからご依頼はいただいていたのですが、「ご縁」がないとお受けできないんですよね。年末に出した『そらのレコード』なんて、商売っ気ゼロの純度100%のCDブック。まさに「青春」を感じるかどうかで進めた企画だったわけで、そのスタンスだけは今後もブレないで行こうと思う。


で、夜中。また一つの「青春」がやってきました。了戒翔太ハナウタ作曲・かげした真由子作編曲の新曲がやってきたのです。これまでの二曲(そらレコ、久高)とはまたまったく違う曲調で、目の前が一気に明るくなるような。そしてまた新たなビジョンが見えてきました。


実際、この一か月は「暗いトンネル」を歩いているような心境で、いろんな逆風がやってきました。それが、その曲を聞いた瞬間、いきなりまぶしい光が注ぎ込み、「やった~!」って世界が広がった。音楽の力はすごいな。

と言うわけで、今年もまた何が起こるかわからないけど、「どんどんよくなる」のだけは確かだし、ちょっとぐらいイヤなことがあっても「どうせよくなるん」ですよ。


ぱ~っといきたいね、ぱ~っと!!!


そこで今月はまた15日(日)~22日(日)で一週間の滝行をしまして、満行の日に「宇宙となかよし塾23」を福岡で。先月は焼肉で忘年会っぽい感じになったけど、今度のは珍しく休日の昼なので、また楽しみたいと思います。今後も「懇親会」をするのは福岡のみ。

■1月22日(日)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾23~2017年で次元上昇する人しない人~


そしてその翌週は久々に東京。どんよく以降、まだ出張してないし、出たくてウズウズしている。今年はなんとなく正月らしさを感じずに過ごしたようで、だけどやっぱり空気は変わっている。どんよく以降、明らかにステージも違う。そんな新しい次元を突き進む、最初のイブニングセミナー!

■1月28日(土)/東京/宇宙となかよし塾~2017年で次元上昇する人しない人~
 

さらに翌日から途中変更となった「熱海合宿(新年会)」なんですが、こちらは14日(土)の23時59分で締切り!(仕事の調整したいのでちょっと待ってくださいは受付けます)

■1月29日(日)・30日(月)/熱海/チーム青春「新年会」~2017年を次元上昇する~

 
これが終わると2月。いよいよ44歳になるのだけど、44歳と言えば、、、「44歳天命説」なんですが、内容を紹介しようとググったら、自分のブログが出てきました。その中に意味深な文章が。

ところで、、、昨日のブログで、ちょっと気になる発言をしてしまったようで、数名からメール・コメントをいただきました。「セミナー業引退」の文字ですね。もちろん「引退」は言い過ぎでして、私の活動の場は生涯ここだと自覚しています。しかし、ここ最近、どうも「2017年・44歳」が大きな転換期のような気がしてならない。2017年はセミナー業10周年、そして44歳は「44歳人生逆転(転換)説」からきます。栢野克己さんは「44歳天命説」を唱えていますが、多くの経営者・著名人は「44歳」でその道を見つけているとか。



え?オレ引退するの?もちろんそんなことはなくて、自分で言って否定はしていますが、ただ、何かが変わることは確かのようで。つまり、セミナーをするにしても、今までのようなやり方でなくなる。では、どんなやり方になるのか。それは未知数ですが、大幅に次元上昇するのは確かだ。その意味で、年末の「どんよくTalk Live」、そしてフェイスブックの引退も無関係ではなさそう。
b0002156_1363618.jpg


インドから帰った一週間後に44歳になる。その一か月後に久高島に行き、さらに一か月後、ロンドンに行く。この一連の旅を通して、本格的に「天命」につながるのか。もう、そんな気がしてならない。何かが始まろうとしている。ありがとうございました。

クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■1月31日(火)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(60分)
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-13 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


長い一日でした。昨晩、「とある対話篇」を終え、ブログを更新し、寝室に向かったのですが、一向に眠くなる気配がない。スマホでフェイスブックなどを寝ながら見てたらますます目が冴える。そうこうしてたら朝がきた。6時半に長男が起きて7時半に登校。私は一週間最後の滝行。無事に満行。帰り道、車で『そらのレコード』の「久高~QUDAKA」を聞いていて、松本愛子ちゃんのチェロを聞いていると、目の前の景色が変わった。


12年前、ラダックの丘の上で起こったことが、再び起こった。セブンの駐車場でしばらく待機して、落ち着いてから帰宅。着くや否や、家族から「とある対話篇」を読んでしまって、、、月末の東京行きにストップがかかる。文中に「○ねばいい」と言う言葉があり、それに過敏に反応してしまったようだ。LINEからも同じ指摘を複数いただく。迂闊だった。その言葉は後に削除。もちろん月末は予定通り東京出張しますので、東京及び熱海でお会いする皆さんは、どうぞよろしくお願いいたします。

■1月28日(土)/東京/宇宙となかよし塾~2017年で次元上昇する人しない人~
 
■1月31日(火)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(60分)
 

10分ほど家にいてすぐにまた出発。車で二時間かけて英会話へ。途中事故渋滞で一時間ロスし、二時間のレッスンが一時間に短縮。そしてまた二時間かけて帰り、駐車場に到着。助手席に回って荷物を取った瞬間、声が聞こえてきた。


「もう、フェイスブックは卒業しなさい」


2005年3月14日、車で客先に向かう途中に聞いた声と同じだ。


「もう会社を辞めていいよ」


そして私は会社を辞め、翌月にはインドはラダックに旅立った。フェイスブック卒業の声を聞き、すぐにフェイスブックのウォールにその旨を投稿。23時59分をもって卒業する、と。


それからいくつか投稿し、8時過ぎ、猛烈に眠くなる。そりゃそうだ。ずっと寝てないのだから。23時59分に起きれる自信がなかったので、もういいやって感じでアカウントを削除。連絡用に別のアカウントを作ったけど、これは単純に仕事やその他連絡専門なので、友達承認もしない。自分が管理している特定グループは受け継いだけど、そこら以外でフェイスブックに文章を投稿することはない。


でも、実を言うとフェイスブックはいつでも卒業したかった。だけども、やってないと不便なことが多い。が、それ以上に自分を不自由にしているのも事実だ。フェイスブックを見てる時間があれば、本を読みたい、執筆したい、筋トレしたい、英語の勉強したい、天使企画もしたい、家族ともっと交流したい、、、いろいろやりたいことをフェイスブックが奪っていた。


しかし、それ以上に卒業したかった理由は、無差別に連絡を受けてしまうこと。メッセージで、コメントで。中にはいかにも面倒な連絡もある。その一つが、昨日の「とある対話篇」だったかもしれない。電話で話せば30分以内のところ2時間半もかかった。ロスした2時間あれば、「天使企画」を休まずに済んだ。もっとも、昨日に関してはログがそのままブログになったから結果オーライではあったけど。


そしてフェイスブックは私の悪い癖を助長する。それは「スルーできない」という癖だ。因縁つけられたら反応してしまう。ブログのコメントもそうだ。売られたケンカは基本、買う。一対一の口喧嘩なら誰にも負けない自信がある。そんな自信がスルースキルを奪っていたし、時間もエネルギーも無駄に浪費させていた。


しかし、そんな「無駄」もフェイスブックを卒業しちまえばすべて解決。ブログはコメントを閉じればいい。繰り返し言うけど、一対一ならいい。だけど、ネットになると一対多になることが多い。もちろん私は「一」の方で、「多」に加わることはない。そして場合によっては「一対多」が複数生まれることもある。一対一なら時間があればいつでも応戦してやる。できれば文章じゃなく、対話で。すぐには会えないから電話で。それだと、5分もあればカタがつく。だけど、なかなかかけてくれない。


その「多」は「一」の文章を攻めてくる。そして連中が大好きな「矛盾」を一つひとつ見つけては、喜々として指摘する。確かに言葉を切り取って使えば「矛盾」することも多い。

時間のないときは「早く食べよう」と言う。一方、恋人と二人のときは「ゆっくり食べよう」と言う。こっちでは「早く食べよう」と書きながら、そっちでは「ゆっくり食べよう」と書いている。一貫性がない!矛盾だ!


言葉は文脈の中でしか意味を持たない。ネット批判者の指摘の多くがこんな類のこと。そんな矛盾だって直接対話すればすぐに解消するのに、「多」はなぜか文章でそれをやりたがる。文章で質問しているのだから、文章で返しなさい。そのように要求してくる。

しかし「多」は最初から矛盾を指摘するためにやって来るのだから、正直、キリがない。「多」がすべて納得するまで矛盾を潰すには、一体どれだけのリソースが消費されるだろうか。最後は疲れた方が負け。


だけど、こっちは「一」だ。しかも、基本は防戦。百人組手でディフェンスだけしかさせてくれないようなもの。相手は攻撃で疲れても、こっちは防御でそれ以上に疲れる。だけど、それでは終わらない。やる気満々の別の人間がすぐに現れるのだから。この一か月、私がやってたのがまさにこれ。


いやいや、それは批判される方にも原因があるんですよ。もうね、はるかぜちゃん、よろしく!

いじめられる側に原因があるか聞かれたら 完璧な人間はいないので ある、と答えざるをえません けれどそれは、いじめる側が原因を相手の中に「見つけた」だけのことだと思います まずいじめる側に、誰かをいじめたいという目的(結果)があって その目的に向かって、原因を探し出されたのです


この文章の「いじめ」をそっくりそのまま「批判」に変えてみたらいい。批判される側に「原因」があるのは事実だけど、批判する側に、誰かを批判したいと言う「目的(結果)」がなければ、そんなことは成立しないの。オレはオレで毎日楽しく、好き勝手に、そして一生懸命に生きてるだけなんだから。


そんなこんなで、実はこの一か月、結構、自分を消耗していた。今年に入ってからさらに重なった。この一か月でリーガル対応が二件。メンタルでは薄井先生の世話になった。「天使企画」もやらないと、、、と思ってたら昨日の対話篇。全力でやるもんだからエネルギーは消耗するけど、同時にアドレナリンが出っ放しで眠らせてくれない。もう、心が折れた。


フェイスブックは卒業だ。ブログもコメントは開かない。2ちゃんも他人のブログも見ない。変なメールはそのままゴミ箱。なんかあったら弁護士にメール。これで一切のノイズが消える。


12年前に会社を辞めたのと、今回はフェイスブックを辞めた構図がほぼ一緒だ。いずれも24時間以上は寝てなかったし、最後は「天の声」に従った。奇しくも、12年前も今回も「卒業」の翌月にラダックに行く。


そして今、なんと静かなんだろう。フェイスブックを開いても右上の地球マークが赤くなっていない。
b0002156_7284939.jpg


これはオレの新しいアカウント。写真は昔から大好きなデクスター・ゴードン。背景はニューヨーク。連絡専用なので友達もいない。めちゃくちゃ静か。コメントがないのでブログも静か。ツイッターとインスタは元々あまり開かない。これは最高だ。これからどんだけ創造的な生活ができるのだろうか。オレには双方的なSNSは向いてない。これからはとことん一方通行で行く。


ブログ(宇宙となかよし)は今まで以上にしっかり書き、あとは毎週のLINEと、不定期にメルマガを出す程度。だけど、全体の半分を奪っていたフェイスブックがなくなるので、もっと集中できるし、インプットの時間も作れるぞ。本も書けるぞ。そして何より、双方的から生じる一切のノイズもなくなるのだ。


新しい世界へようこそ。まさに今、こんな気分だ。と言うわけで、これからも引き続き、ブログ、LINE、メルマガをどうぞよろしくお願いいたします!ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■1月22日(日)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾23~2017年で次元上昇する人しない人~ 

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-11 23:39 | ■人生哲学
どんどんよくなる!どんどんあがる!一日一クリックの応援、よろしくお願いいたします!
 ↓ ↓


今日から2017年の本格始業、、、でもないのかな。6日からスタートのところも多いようですし。通ってるボクシングジムは今日からなので久々に行ってきました。疲れました。そして「天使企画」ですが、ただ今、360くらいでして、終了の7日23時59分には500は突破してるかな。一日15件、やっていきますので、まともにやって1か月以上はかかるかな。首を長くしてお待ちくださいませ。


あと、参加のコメントは以下にお願いします。それ以外に付けられる方もいらっしゃいますが、所定の位置に引っ越しをお願いします!

【天使企画第9弾】2017年の願いを叶えます!


そして今日から一週間の滝行に入りました。6時に起床して、ちょっとしてから出発。今日は車で行きましたが、歩きと断食も導入したい。昼から子どもたちの映画(妖怪ウォッチ)に付き合い、夕方は喫茶店で書き出し作業。フェイスブックにこんな投稿もした。


どこもそうだと思うけど、セミナーとか出版とかの業界も走り続けるしかないんだよな。

これまでと同じことがずっと続くわけはない。上手くいったことでも、どんどん真似されるし、陳腐化する。

今年もいろんなことやっていきたい。電子書籍、Podcastは準備中。とは言うものの、電子書籍はLINEの音声を文字化編集したもの、PodcastはLINEの音声をそのまんま転用する。おまけに昨年のLINE音声のバックナンバーは販売してみると、そこそこの売り上げになっている。LINE音声ひとつで足がどんどん伸びる。

あと、2014年、2015年、今年と「天使企画」をやってるのだけど、その「返信」になかなか秀逸なのがある。それもそのうち使えるかも。

2月はインドに行くけど、その体験、記録もなんかに使えるかもしれない。今回のインドメンバーは経営者、フリーランスばかりなので、会話自体も濃くなりそう。標高3,500メートルで空気薄い、氷点下20度以下、三泊はテント(野宿)、メシは現地のコックがその場で作る、電波はまったく遮断、ある種の極限がそこにある。

メンバーにはいろいろ沈黙してきたけど、ラダックはそこそこ過酷です。程度の差こそあれ高山病になります。頭痛くなります。睡眠中は呼吸が浅くなるので、意識網羅とします。前回の初日、夜中に頭痛で目が覚め、思いっきり深呼吸したら徐々に痛みも和らいだけど、酸素の重要さを体感できる機会も普通はない。今回は野外だけに過酷さは増す。神秘体験もあるだろう。

自転車もやる。釜山からソウルまでもやる。1,200人のトークライブは主催はしないけど、300人くらいはやる。

今、喫茶店にいます。ノートにいろいろ書き出してます。すべての体験を仕事に繋げる。とにかく走り続けるしかない。止まると追い抜かれる。この業界は後続ほど手強い。20代にすごいのがたくさん控えてる。今年もまた恐ろしい人間とたくさん出会うことだろう。

なんだけどね、あまり焦ってもいない。すごい20代と柔軟につるんで行く一方で、オレ自身が突き抜ければいいのだしね。誰からも真似されないことを次々やっていくから。

と言うわけで、今、一人会議してます。アイデアをどんどん膨らますのだ!広げるのだ!深めるのだ!

b0002156_228419.jpg


それに対して、こんなコメント。


川島 和正 セミナーとか出版とかの業界の寿命は、野球業界より短いんじゃないかと思うほどですね~」


ネット起業で有名な「世界を旅する年収1億円ブロガー」の川島さん。彼もこの業界で10年やってきただけに、言葉に重みがある。ほんと、「あの人は今?」状態の人、10年見てるとめちゃくちゃ多いですからね。ただ、川島さんもそうだけど、オレも誰にも真似されない武器がある。たとえば昨日のコメント。


Commented by 祝詞 at 2017-01-05 00:31
魂参加の動画、拝見しました!個人的には、あの係長の話が、人生でトップクラスに入るほど響きました。・゚・(ノД`)・゚・。 人生の悟りを得ました。もう、今日から毎日、楽しいばかりになるのは間違いないです。Qさん、本当に本当に、ありがとうございました(*☻-☻*)


ちなみにだけど、今は「天使企画」でコメントを開けてますが、今後も開けてようかと思ってます。ただし、ウザいコメントは遠慮なく消すのでご了承くださいませ。コメントのやり取りが好きな人はやってればいいけど、オレは嫌いなので消す。自分のブログなのでいいですよね。やましいこともゼロ!だけどまたウザくなった閉じますが。


ともあれ係長の話が、ある人の真似って説もありますが、あれをあんな風に語れるのはオレしかいない。どんよくを機に封印すると言ったけど、またやるかも。朝令暮改でごめんなさい。ノリで生きてるんで。それにしても、動画でそれなら生で見たらどうなるんだろう。生で見ちゃって起業した人もいるし、、、ヤバいね。


ただ、、、告白します。やっぱり12月10日以降のオレは変だった。他のメンバーもそうだった。ブログ更新しない人、入院する人、職場でトラブル人、身内をやたらdisる人(笑)、オレもまたスルーしとけばいいことに突っかかったり、些細なことで家族内でもめたり、いろいろ変だった。


つまりは、12月10日の反動があまりに衝撃過ぎたわけだけど、特にオレはエネルギーが完全に枯渇してしまったようだ。ほんと、年末はキツかったなあ。まあ、あれだけのドラマを体験すると、誰もがそうなるとは思うけど、オレはあの日の主役であり、責任者だったから余計だ。


そして今日、とある人から言われてなるほどと思った。どんよく後、数々の支払いで預金残高が一気に減ったのも何気にダメージだったんだ。もちろんすべて生きた支払いですが、300万くらい一気になくなったダメージは気づかぬうちにやってきてた。だけど、明日まとまったお金が入ってくるのでおそらく回復だろう。


ようはお金ってエネルギーだからね。「天使企画」を見てると、「借金返済」を願いにする人は割と多いみたい。オレも今でこそ借金はなくなったけど、やっぱりエネルギー奪われますもんね。ほんと、事業とか投資的な借金でない限り、借金はなくした方がいいですよね。あるだけでエネルギーが吸い取られる。だからこそ、借金を返済してからミラクルな人生が始まるわけで。


逆にお金がどんどん入ってくるとどうなるか。それはもうハッピー。明日は数百万単位のお金が入ってくるのでとてもハッピー。そしてこれからもどんどん入ってくる。現金なものでして、どんなに落ちていてもお金がたくさん入ってくると元気になるもんです。


どんよく以降のこの一か月はほんと落ちてた。プラトー(停滞)とも言えるけど、やる気なかったなあ。ただ、プラトーの後は必ず大きく飛躍するんだと、先日、竹田陽一先生も言ってたわけだし、実際は2月以降が楽しみだね。特に今、インドが楽しみで仕方ない。正直な話、氷の川を歩くだけって、アクティビティ的には面白くなさそうだし、それ以上に空気が薄くて寒い場所なので過酷が勝るだろう。だけども、2月にインドがあってよかった。インド以前と以後ではまったく別人なるから。それこそ「人生の悟りを得ました」ってレベルになるので。


まあ、話は戻るけどね、この業界の寿命って、野球業界より短いんじゃないかと言われるけど、自分らしく好き勝手に生きていればいいんですよ。停滞することもあるけど、だからこそ大きく飛躍する。とりわけ大きなイベント後の停滞期は力を貯める時期。ほんと、これからが楽しみだ。そんなとこでどんどん良くなる!ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■1月22日(日)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾23~2017年で次元上昇する人しない人~
 
■1月28日(土)/東京/宇宙となかよし塾~2017年で次元上昇する人しない人~
 

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
by katamich | 2017-01-04 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン