宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

カテゴリ:■営業の神様( 30 )

 昨日も早く寝てしまいます。夜眠くなって寝る。こんなに気持ちのいいことってないですよね。今日はいろいろと準備をします。連絡事項やこれからの段取り等。明日から10日間ほど大阪にいます。そうです。待望の加賀田晃先生の研修を受けるのです。

 この3年間、一番会いたい人は誰ですか?と聞かれたら、加賀田晃!と即答するほどの方です。真面目にそうなのです。私にとってはどんな成功者よりも、どんなアイドルよりも、どんな有名人よりも、加賀田晃先生に会いたいのです。ついでですので、私の会いたい人を思いつく限りで列挙いたしますと(すでに会った人、故人は除く)、、


・内藤大助(ボクシング)
・斎藤一人(日本一のお金持ち)
・アンソニー・ロビンズ(世界№1コーチ)
・ポール・マッケンナ(7日間で人生を変えよう)
・サンドウィッチマン(お笑い)
・コロッケ(ものまね)
・ソニー・ロリンズ(ジャズサックス奏者)
・ほしのあき(グラビアアイドル)
・新庄剛志(プロ野球)
・イチロー(プロ野球)
・愛ちゃん(卓球)
・アントニオ猪木(プロレス)
・大滝秀治(俳優)
・世界のナベアツ(お笑い)
・内山さん(昆虫料理
・ゆでたまご(漫画家「キン肉マン」)
・キース・ジャレット(ジャズピアニスト)
・ディーパック・チョプラ(インドの哲学者)
・内田光子(クラシックピアニスト)
・叶姉妹(叶姉妹)


あたりが思い浮かびます。この中で割と普通に会えそうなのが、内藤大助、斎藤一人、サンドウィッチマン、内山さん、ゆでたまご、あたりだと思っています。逆に絶対会えなさそうなのが、叶姉妹な気がします。別に根拠はないのですが、会ってはいけないような気さえします。と言いながら、以外と簡単に会えたりして。ただ、二人の間に挟まって写真を撮るのは難しそうです。

 それはともかく、その人たちを差し置いて、ダントツに会いたい人物が、そう、加賀田晃氏なのです。その加賀田氏とこれから6日間もご一緒できます。そして明日の今頃は既に会っているのです。この興奮。もう3年越しですからね。3年前、会社を辞めてもがいている時、突如として降ってきたのが加賀田氏の海賊版研修DVDでした。4枚組の。しかも、研修の全貌を伝えるものではなく、本の一部であるに加えて、画像音声は劣悪。しかし、このDVDが来てから本当に人生が変わった気がします。その他、この3年間で人生が変わったと思う瞬間は、、

・3週間のインド旅行
・加賀田氏のDVD
・五日市剛さんの講演会
・100日滝行を満行
・まんぎょうまん登場
・NLPを受講
・座敷わらびーちゃん登場
・69セミナー開催
・結婚
・山崎啓支セミナー受講
・東京トークライブ開催
・鳥居祐一さんに会う

あたりでしょうか。それぞれ凄い体験であり、瞬間だったのですが、加賀田晃氏に会うことは、私にとって本当に大きな意味を持ちそうです。それが明日というわけ。そんなところで、今日はまだ冷静にブログ書いていますが、明日からしばらく「アツい」と思いますので、どうぞよろしくお願いします。今日はこれから夜行バスで大阪に向かいます。ではでは。っとその前に、6月の大阪と金沢のセミナーの受付開始しましたので、そちらもどうぞよろしくお願いします。

あなたのクリックに会いたい♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

・6月7日(土):初夏のパワーアップライブセミナーin大阪
・6月8日(日):初夏のパワーアップライブセミナーin金沢

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちら
by katamich | 2008-05-07 19:18 | ■営業の神様
 なんだか興奮が冷めやまぬ感じです。ここ最近、本当にものすごい現実を引き寄せまくっています。考えれば考えるほど鳥肌が立ち、今朝も早くに目が覚めてしまい、ワクワクして眠れなくなりました。時間はまだ4時なのに。。今日は山登りに行ってきました。月の最後の日に3回目の宝満山です。天気が良くってなんとかセーフ。なるべく曜日を決めてリズムよく行きたいものですね。一応、月に3回のペースで1000回を目指していますので。ところで、こんなところでアナウンスする必要もないと思うのですが、福岡セミナーの懇親会で盛り上がった、みんなで宝満山に登る企画、近いうちやりたいな~と思います。土曜日の早朝の日の出時刻とかに登って、頂上でお茶を飲むだけです。一人で登ると哲学者になりますが、大勢で登ると喜劇役者になります。しかし、真顔できつかったりします。それを見て笑う私がいるのです。私は何度も登っていますので、登り方のコツはつかめてますから。

 ところで!ちょっとだけお知らせを。。。今後の予定なんですが、いろいろ入っています。正式には近々、アナウンスしますが、まずは6月7日の大阪セミナー、8日の金沢セミナー。これらは朝の10時から17時までやります。で、ひとつ残念なお知らせも。6月28日に予定されていた「沖縄セミナー」は都合により中止になりました。人数が集まっていないこと、それに加えて別の用事が入ったからです。で、その日の28日は東京のイベントに参加します。そして翌日、せっかく東京まで来ましたし、いろんな人から次はいつかと問い合わせを受けているので、29日(日)に東京でセミナーをしたいと考えています。これは都合により半日(13~17時)になるのですが、先日の「トークライブ」と同じで、講演会形式のセミナーとします。通常は机を取り払って、室内を動き回ったりするのですが、その日はスクール形式で机に向かって受講する形になります。ただし、単なるトークライブではないので、資料は用意していきます。トークだけでなく、簡単なワークをしたり、資料を読んだり書き込んだりして、より身につきやすく工夫する予定です。人数はマックス50名。セミナー終了後は当然「懇親会」をします。できれば、お店を貸切にしてやりたいと思います。費用は別途実費です(3000円程度)。セミナーの参加費はまだ決めていませんが、先日のトークライブの平均金額よりは高くするつもりです。

 それからもう一つ、すごいお知らせを。。。実は私の敬愛する加賀田氏のセミナーを無料見学できるチャンスがあります。加賀田氏はこれまでほとんど一般の前には登場することのなかった人です。私のブログを読んでいる人にとって、もう説明は不要だと思いますが「伝説の営業マン」です。世の中にトップセールスマンとかセールスコンサルタントと言う人は山ほどいますが、正直言って、それらの人が束になってかかっても、一人でねじ伏せるほどの力がある方です。飛びこみ営業で10人に一人、つまり1割の成約率でその人はトップセールスマンとなり、独立後もコンサルタントとして活躍できます。おそらく一生涯お金に困ることはないでしょう。そんな世界でほぼ100%の結果を残す人物と言えば、その凄さがおわかりになるでしょう。実際、ある物品の飛び込み営業では、数年間100%の記録を樹立しています。また、世にも恐ろしい「原野商法」と呼ばれるめちゃくちゃな営業でも80%以上の結果を残しています。ちなみにその営業では、、、恐ろしくて言えない。神様ですよね。実際、私は加賀田氏の海賊DVD(映像録音劣悪)を見て実践したおかげで、今があるのです。真面目な話。営業ができるのはもちろん、セミナーで加賀田式をモデリングして実践したところ、参加者の人生がどんどん変わっています。正直言って、私はかなり忠実に面白くモデリングできていますが、二番煎じには違いありません。そのオリジナルが存在するのです。そしてそのオリジナル、つまり「神」がついに姿を現します。この意味がお分かりでしょうか。しかも、そのチャンス、、、なぜかわかりませんが、公になるのは、このブログのこの記事が最初になります。参加できる人数は限られています。口コミベースでもすぐに満員になる恐れがあります。なので、アナウンスはこの一度だけ。もしも興味のある人は「hisaxr13☆f7.dion.ne.jp(☆→@)」までご連絡ください。ただし、当然ですが「本名明記」「冷やかし一切お断り」でお願いします。日程は5月8日、9日、12日、13日、15日、16日の6日間。そのいずれかの日程から一つだけお選び頂けます。時間は9時30分から11時までです。場所は大阪市内。この条件でOKという人だけお問い合わせください。参加費は無料です。無料には理由があります。一応、資料がありますので、お問い合わせにはそれをご送付することになります。しかし、明かに冷やかしと感じられるようなメールについては、返信しませんのでご了承ください。

 ふう、つい興奮して長く書いてしまった。私がどれだけ加賀田氏の研修を受けたかったことか。。。思えばちょうど3年前。会社を辞めてインドに行って、文字通り「金なし、コネなし、実力なし」でスタートしました。おそらく私をリアルに知る人の9割は今の状況を想像できなかったでしょう。すぐにどっかに再就職して、進歩のないサラリーマンに戻っているだろうと予想したでしょう。私はそうは思ってなかったものの、意識の上では不安だらけでした。インドから帰って3ヶ月後、、、ある知人から4枚のDVDを譲り受けます。その時の模様が「すごいDVDを入手した! 2005.9.25」、「すごいDVDは本当にすごい 2005.9.27」です。そこから一気に加賀田信者となり、何度も繰り返し繰り返しDVDを見ては実践し、そしてついにはセミナーにまで導入して大好評とまで。先日の伝説の「トークライブ」でも実演し、カリスマセミナー評論家の栗原氏からも大絶賛を受けるなど、私に対する加賀田氏の影響は計りしれません。しかし、これまでずっとその劣悪なDVDだけで健気に勉強して、いつか会いたい、そして研修を受けたい、、、と心から願い続けていました。しかし、残念な話も耳にします。加賀田氏はセールス研修を引退なさった、、、と。その時のショックたるや。それが去年の12月です。引退したのか、、だったら俺が遺伝子を受け継ごうと思って、私のセミナーに導入したという側面もあります。わかりますか。この熱意。情熱。しつこさ。その、その、その加賀田氏と来月、いや違う!来週だ!ぞくぞくぞく~!対面することができるのです。明日は5月1日。明後日は2日。この2日間で鳥居祐一さんから与えられた宿題を完成させます(←これもすごいでしょ!)。そして3日~5日と鹿児島・熊本方面に夫婦で旅行。6日は友達とバーベキュー。7日に大阪に帰り8日から始まるのです。。。ああ!ついに!今、マジで感動しています。興奮しています。血が逆流し過ぎて海綿体まで届かない勢いです。そうや、来週や。まじで~!!

 あかん。また興奮した。ちなみに私は「すたっふ~」としての参加ですが、いずれにせよ、ついに対面して受講することができるのです。わかりますか?この興奮。言っておきますが、私は「引き寄せ」の達人になっています。謙遜しません。事実ですから。思ったことがすぐに実現するレベル。先日のトークライブでも言いましたが、世の中に「引き寄せの法則」と題した本とか、関連するブログとかいろいろありますが、引き寄せてない人の言うことを絶対に聞いてはいけません。実際、私のように引き寄せている人間からすると、どれがきちんとしているか一目でわかります。それが何かは大人の事情で言えませんが、生身の本人が表に姿を現さないブログなんかは、あまり言うことを聞いてはいけないでしょう。その点で言えば、私の大好きな五日市剛さん。表に姿を出しまくってますし、実際、次から次へといろんなことを実現しています。そしてその秘訣を惜しげもなく、3000円程度の講演会で披露しまくっています。私もそこで得たことを実践して、実際に成果をあげています。なのでそれは言うことを聞くべきレベルなのです。それ以外のようわからんブログだとか本だとか、それが真実だと思っちゃいけないです。世の中には「表に出る人」はその程度で、真実は「表に出てこない人」が持っているという幻想を抱きがちですが、そんなことありませんから。フリーメーソンだとかユダヤの何某だとか、いろんなのがありますが、確かにそれもあるでしょう。しかし現実のほとんどは「表に出る人」が牛耳っています。実際には確かに表に出てこない本当の黒幕も存在します。そして凄い影響力があったりしますが、そんな人はブログ書きませんから。「べ」がつく人とか、「た」がつく人とか、いかにも凄そうなブログ書いていますが、それが真実だとは決して思わないこと。まずは普通に考える習慣を付けることが重要です。

 あれれ、話が脱線しちゃいました。要するに言うことを聞いちゃいかん人がいるということ。それを知らずに、言うことを聞いてしまうのは、人生の損失です。で、ところで私は?ご判断にお任せします。しかし実際、私は今年に入ってから、次々と引き寄せまくっている事実があります。偉そうに聞こえるかもしれませんが、事実なんです、これは。で、その法則やらルールやらを知ってしまったのですね。

 「引き寄せの法則」の話を続けますと、私はその関連の本のすべてに目を通したわけではありませんが、引き寄せるって実はものすごく簡単。秘訣は「臨場感」を持つことです。これ、言葉で言っても伝わないと思いますが、先日のトークライブやセミナーでは「ハワイに行く予言」をしました。その話を聞いて、どれだけ「臨場感」を持つことができるか、本当に震えるくらいの「臨場感」が出てくれば、必ず一年以内にハワイに行きます。そんな「予言」をしました。私ももちろん行きますけど。私にとってはある種の「実験」ですね。キーポイントは「心のシャンパングラス」です。来てない人には何のことがさっぱり分からないでしょうが、これ、文章で表わすのが難しいことは、来られた方は納得して頂けると思います。

 「意識」と「潜在意識」の話を序盤でしたのですが、その定義の一つとして「意識」は「言葉」、「潜在意識」は「状態」と「感覚」であることをお伝えしました。「心のシャンパングラス」の話はまさしく「潜在意識」的なカテゴリーに入るので、その「状態」や「感覚」を「言葉」で表わせられない様に、文章で書いても伝わらないのです。世の中には超人的な寿司職人がいて、握った寿司のコメの粒数がすべて同じになる人がテレビで紹介されていました。なぜ、粒数がすべて同じになるのか。この理由を「言葉」で説明できる人はいません。つまり「意識」的な説明はできないのです。なぜならその寿司職人は「感覚」で握っており、握れる「状態」にあるからです。つまり「潜在意識」的に握っているので、言葉では到底説明できないのです。「心のシャンパングラス」の話がなぜハワイにつながるのか。これを文章で表現するのは難しいです。行けるから行けるのです。とりあえず、80名中30人が来年以内にハワイに行くことを予言しましたので、私の正しさが証明されることでしょう。そんなこと言って実は来年、ちょっとした「ハワイツアー」の企画などが持ち上がってて、今回の80名のうち20名がそれに参加したら3分の2は実現です。ちょっとズルイかな。でも予言は予言です。

 今日は言いたいこと他にもあったのですが、長くなったのでこの辺で終わりにしますね。そうそう、昨日の記事で東京から帰って私おブログの雰囲気が変わったとコメントがつきましたが、はたしてそうでしょか(笑)。また元にもどっちゃったかも。意識してないので、これが自然の姿です。ただ、昨日までの3日間のような雰囲気も私にはありますので、ただ、それだけのことです。ではでは。

とにかく引き寄せる前にクリックですよね♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちら
by katamich | 2008-04-30 23:45 | ■営業の神様
 今日は朝から滝行とコーチング。今日のセッションでは「人生を楽しむ」というテーマがとても印象的でした。私は割と人生を楽しんでいる方だとは思うのですが、世の中にはもっともっと楽しんでいる人がいるものだな~と実感しました。ちなみに今日の方は、彼これ9ヶ月近くセッションをさせて頂いているのですが、恐ろしいほどの進化をとげてしまい、今では本当に人生を楽しんでいるのだな~というエネルギーがビンビン伝わってきます。そういう方と定期的にお話させて頂くことは私にとっても刺激になります。

 それにしても「人生を楽しむ」ということは、本当に最大にして永遠のテーマだと思います。ある意味、これさえできれば、他に求めるものってないと思うくらいの最上級のテーマですよね。もし仮に、経済的にはそこそこだけど本当に人生を楽しんでいるという実感を持っている人と、あり余るほどのお金を持っているけど人生に空しさを感じて生きている人とでは、絶対に前者の方がいい人生だと言えます。また、仮に身体が不自由でありながらも人生を心から楽しんでいる人と、全くの健康でありながらもいつも不満ばかり漏らしてる人とでは、絶対に前者の方がいい人生だと言えます。

 やっぱり楽しくちゃですね~。ちなみに今日、ミクシィ日記に「モチベーション論」と称して、ちょっと辛口の話を書きましたが、それは何かと言うと、「夢」を実現させるためには「モチベーション」は必要ない、という話です。例えばミュージシャンになって自分の曲を多くの人に届けたい、という夢を持っている人がいたとします。その際、「どうすればモチベーションを維持しながら音楽活動を続けられるか・・」なんてこと言ってる段階では、まずもって、その夢は実現しないでしょう。石井裕之さんの本に書いてたと思うのですが、毎週楽しみにしている連続ドラマに対して、どうすれば毎週見るためのモチベーションを維持できるか、なんて考える人はどこにもいないと思います。あと、私は現在、21日滝行をやっていますが、もし仮に、他人に対して「どうすれば毎日滝行を続けられるだろうか・・・?」なんて話したとすれば、即座に「そんなこと、やめちまえ!」と言われると思います。私がなぜ滝行をやっているかと言うと、やっぱり楽しいからに他なりません。正直って、寒くて冷たくって辛いことはあります。それでも滝に打たれた後は、ものすごい爽快感がありますし、21日間の行が終わった時はなんとも言えない充実感があります。また、滝に打たれている瞬間においても、「俺っていい人生だな~」としみじみ感謝することもあります。やっぱり楽しいから。だから毎日滝に行けるのです。

 ま、確かに会社の仕事とか、あんまりやりたくないけど、生活上やらなければならないことに対して「モチベーション」を持ち出すのは理解できます。その辺であれば無下に「やめちまえ!」なんてことが言えない事情も充分にわかりますので。コーチングでも親身になれます。ただ、「夢」と言ってることに対して「モチベーション云々」を言われると、「???」が走ります。もちろん、夢の実現のための一つの道具として私のコーチングを利用することは大いに賛成です。きちんとした対価を払って、自分の意思で自分なりのコンディショニング法を選択しているのですから。これは本当に大いに共感して、応援することができますし、そういう方のコーチングは私にとっても素晴らしい刺激となります。ただ、カッコよく「夢があるんです!」と言っておきながら、「どうすればやる気になりますかね~?」なんて言ってるうちは、一言、、、ダメです。もちろんこれは私に対してこそ言えることだったりします。本を出版する準備をしてながら、なかなかもう一歩の踏み込みがないことへの反省でもあります。絶対に出版するぞ!と決意を新たにします。

 話がそれそうですが、モチベーション云々を持ち出す以上、その人はそれに対して「楽しくない」と思っていることへの現れです。確かにいろいろ悩むことはあると思います。悩んでいいと思います。どうすれば今の問題を解決できるか、、、と思い悩むことも大切でしょう。ただ、何もしないうちから「やる気」だの「モチベーション」だの言ってるうちは、やっぱり、、、ダメです。ダメ出しばかりで恐縮ですが、夢の実現なんて、やるか辞めるかのどちらかです。「夢」という甘い幻想にうっとりしているヒマがあったら、今日、今、行動するだけです。もちろん「夢」を持つことはめちゃくちゃ大切だと思います。「夢」のない人生なんて、私には考えられません。それを語れない世の中も考えられません。しかし、本当に実現したい気があるのであれば、「モチベーション」や「やる気」という言葉を忘れることです。まずは行動。失敗。行動。挫折。行動。行動。行動。成功。その連続です。Q!!わかってるんか!!

 と、自分に叱咤激励しちゃいますが、そんなことよりも、人生を楽しむことにフォーカスして行きましょう、ということですね。その点では、私はやっぱり毎年毎年人生が楽しくなってきているので、実際はかなり満足度高いです。来年は本当に楽しいことがたくさんですね。ちなみに来年11月に予定している「Qさんと行くインドツアー」も何気に話が進んでいます。マジで行くのかい!と未だに思うこともありますが、きっと行くのでしょうね。今まで私が「行く」と言って、行かなかったことって一度もないと記憶しています。先日の合同ハネムーンでも、思いつきの段階では、話だけで終わるかも、と思っていたのが、結局行ってきちゃいましたし。そんなわけで、とことん人生を楽しむ。今度のセミナーもとことん楽しみます。セミナーでいっぱい楽しんで、その後も懇親会で楽しんで、さらに2次会とかで楽しんで、余韻を引きずったままホテルに戻ってシャワーを浴びることもなく、酔いでクルクルした天井を見つめながら、、俺の人生、、、最高じゃん、、、て一人つぶやくのです。翌日、生まれて初めての北海道。ここでも素晴らしい人たちと出会い、精一杯セミナーを楽しみ、そして懇親会。泊りで来る人もいるので、こうなったらとことん付き合うで~ということで、寒い札幌をホットにとろけます。いい感じやな~。あと一週間ですが、もう、ワクワク全開ですね。

 ところで!今日もすいません。やっぱりKAGATA式の話をしてしまいます。もうセミナー終わるまで止まらんな、これは。今日、ツレから言われました。「ここ最近、ブログとかミクシィに何回『加賀田』って書けば気が済むん! 私が家帰ってきても、加賀田、加賀田ってさ! いっそ加賀田晃と結婚すれば~! こないだまでは内藤、内藤、その前は亀田、亀田やろ! ほんと!もう!」みたいな感じで。ま、今さらですね、こればかりは。考えてみると、これって私の小さい頃から治ってない気がします。一つはまったらしばらくそればかり。小学校の頃はかぶと虫、ザリガニ、キン肉マン、プロレス。ザリガニとか大量に捕まえてきて、共食いさせまくり。キン肉マンはこれでもかとばかりにキン消しを集めまくって(後日すべて棄てられた)、弟を相手にキンニクバスターの練習。そして小学校でプロレス部をつくる働きかけをして1秒で却下され。仕方ないので、学校から帰ってから、トシヤ君と一緒にジャンボ鶴多式のトレーニグを見よう見まねでやって、近所の体育の先生から、子どもの頃からそんなに筋肉つけたらダメと注意されたりして。で、中学では杉山清貴&オメガトライブのビデオを毎日見て、その後はモーツァルトにドップリはまりこんで、ご飯食べることも忘れてたりして。ちなみに私の兄弟もそんな感じでした。兄貴は小さい頃から宇宙だの自然科学系にはまりこんで、弟はまず時代劇。それから軍事モノ、SF小説などにはまっていました。家に帰ると同じような背表紙の文庫本が2メートルくらい並んでてビックリ。弟に聞いてみると、高校3年間、小遣いもらってはSFとか軍事モノの小説ばかり買ってたそうです。私もちょっと読もうとしたのですが、2ページで断念。全然面白くないのです。そういう意味では偏りがあるのは、兄貴や弟であって、私は結構いろんなジャンルに目を向けてはいますね。ま、それはともかく。

 今日、加賀田式DVDを見ていて、何度も見ているのですが、改めて感心したことを二つシェアしたいと思います。一つは「恐怖のお辞儀」です。別に恐怖でもないのですが、加賀田晃のお辞儀はタダモノではないです。実際、10人中2人か3人は加賀田氏のお辞儀を見て、それで落ちてしまうとか。飛び込み営業でも「ごめんくださーい!」と元気よく訪問した後、見込み客が顔を見せた瞬間、「お世話になっております。わたくし、○○の加賀田と申します。この度、この地区の担当になりまして、ご挨拶にお伺いしました」と言って、深々と頭を下げます。そのお辞儀があまりにも見事なため、2~3割のお客さんは三つ指付く勢いで座り込むそうです。その瞬間、モノが何であろうと、成約が決まってしまうとか。伝説の営業マンはお辞儀からして違う。お辞儀だけで成約を取ってしまう。確かにそれくらいでなければ、あれだけの成約率を上げることはできません。何度も言ったと思いますが、加賀田氏の成約率は並ではありません。教材関係だと、ほぼ100%。世にも恐ろしい不動産営業(原野商法)でも80%の成約率。お辞儀だけで成約が決まるというのはわかる気がします。逆に言うと、お辞儀だけで勝負をかけられるくらいの「お辞儀力」を身につけたら、それだけも一生食べるに困らないということですね。私もお辞儀を極めたいと思います。

b0002156_1114556.jpg それからもう一つは「目玉ひん剥く」です。これは本日ミクシィ日記に書いたので、それを転載します。


人と話をするときのコツ、、、それは、、、

「目玉をひん剥く」

です。これだけでは何のことかさっぱりわからないでしょうが、自分の自慢したいこと、得意に思っていることに対して、目玉をひん剥いて聞いてくれたら、か・い・か・ん~ってとこですよね。

例えば私なら寒い時期に滝行をやっていることを得意に思っています。そこで相手から「滝!!!!」と言って、目玉ひん剥かれたら、、、なんと愛い奴じゃ~♪と思うところです。文章じゃよくわかりませんかね。

今度のセミナーでは加賀田式を忠実にモデリングして、目玉をひん剥く実演をしますので、お楽しみに。


 
 てな感じです。今日もわけわからん日記になってしまいましたが、いい週末をお過ごしくださいませ。

目玉をひん剥きながらクリック♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京(満員御礼!キャンセル待ちは直接メールください)

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-12-07 23:38 | ■営業の神様
 なんだかこの最近、興奮しています。加賀田DVDの影響でしょう。今日も昼に見て、パソコンに向かっている時はmp3で音声を聞いています。とにかくすごいです。ただ、私がこうやってすごい、すごいと言ってるので、どんだけすごいのか気になると思いますが、正直なところ、私のリアクションは少々大げさかもしれません。もちろん私の中ではごく自然なんですが、実際にそのDVDを見た人からすると、かなり大げさな言い方に聞こえるでしょう。でも、こんだけ見まくっている人も珍しいのでは、と我ながら思います。実際、これに出会って人生変わりましたから、それも無理ないのですけど。ああ~、会いたい、会いたい。加賀田晃。実際、加賀田氏の研修を受けた人の中で、検索してこのブログに行き着いた人も多いと思うのですが、これだけ熱心に会いたがっている私を知って、おそらく笑っているかもしれません。それにしても、毎日、毎日、しつこい男ですよね、私も。ちょっと前は毎日毎日、内藤大助の話ばかり書いてましたし。

 話によると、加賀田氏は福岡に住んでいるようで、つまり、私の近所に住んでいるはずなのです。さすがに住所を突き止めようとはしませんが、手がかりがつかめれば、すぐにでも訪問したいくらいです。とにかくDVD見て、エクササイズしているだけで、脳の配線がどんどん変わっていくのを実感できます。ただ、ほとんどの人はDVD見ても、納得するだけで、しつこくエクササイズまではしないようですが。とにかくすごいです。人生を変えるだけの迫力は充分にあります。ましてや、、、実物に出会ったりしたら、、、血が逆流~です。そうそう、この「血が逆流」という表現も加賀田DVDから取ってきています。

 で、ふと思ったのです。この「加賀田式」を今度の私のセミナーで実践しては、、、と。先日、実際に加賀田氏の研修を受けたことがある方に出会いましたが、「加賀田式」の研修を50名で受けている迫力はものすごいそうです。エネルギーがビンビンで、その日から、多くの人が変身するとか。DVDだけでもこれほどなんですから、本物、それも50名でこれをすると、変身しない方がおかしいとさえ思います。それから、、、実際にすごい迫力なのはそうなんですが、所々、「笑い」があります。これがまた素晴らしい。前に書いたと思います。川口喜三郎、斉木先生、あんでるせん、、、に共通する開運エッセンスについて。これは実は「笑い」なのです。ある意味、反則級です。目に見えない世界の、スピリチュアルな話をして、いかにもそちらの世界の力のように思わせておいて、実際の効果としては「笑い」から来ているのです。そうなんです。病気が治る、お金が儲かる、人間関係が良くなる、、、あたりまえなのです。実際に笑いの効用で糖尿病が改善しているという研究結果もあります。笑う角には福来る、ということです。だとしたら、お笑い番組を見ているだけで、幸せになれるのかと言うと、それはそうです。ただ、先ほどの会はいわゆる「催眠」と「笑い」を融合させてるため、結果として、いろんな望ましい状況がもたらされやすいわけです。目に見えない世界ではなく、論理的に考えるとこういうことです。この「仮説」が正しいとしたら、これをモデリングすれば、もしかしたら同等か、それ以上の結果が導けるかもしれません。つまり「笑い」と「催眠」の融合。となると、私のセミナーもこれをやればいいだけです。あまり大きな声では言えませんが、川口喜三郎とか斉木先生とか、私的には笑いのツボが違うので、複雑な感じですが、実際に笑う人もいるので、ま、それはそれでいいです。

 「加賀田式」の話に戻ります。これ、実際、再現すると、めちゃくちゃ面白いです。そんじょそこらの漫才を見ているよりも面白い、、、とジュネさんも言ってました。と言うわけで、今日の夜、ミクシィで「セミナー参加者の中で15名以上の方が加賀田式をリクエストするコメントを付けたらそれをします」とアナウンスしたら、現在、どんどんついてる状況です。なんだかわからんけど希望、なんてのがほとんどですが(笑)。と言うか、その日記を読んだ参加者のほとんどが希望しているのです。何度も言いますが、これを真面目にやれば、100%保証で心のブロックが外れます。真面目にやって外れなかったら、、、その後の懇親会費を私がもってもいいくらです(←すいません、ジョークです^^;)。ある意味、アンソニーロビンズのスキル(セミナー)に通じるところもあります。

 とりあえず何をするかを簡単に言うと、まさしく簡単です。「加賀田式」では営業のアプローチを一言一句覚えて、表情から声のトーンから真似するだけです。が、それがすごいのです。必死でやらないと恥ずかしいくらいです。中途半端にやるとテンションがあがりません。何より、それを指導する人間が自分を捨ててないとできません。今回のセミナーで言えば私ですね。なので「加賀田式」をするにおいて、一番、恥ずかしいのは私です。って言うか、私だけが恥ずかしいのです。だからこそ真剣にやります。セミナーまで毎日家で「加賀田式」を実践します。これ2年ほど前にやってて、かなり身についたので、先日会った方が、私のプレゼンを見て「加賀田晃の残像が見える」とおっしゃったくらいです。

 で、セミナーでは、半分は「加賀田式」をそのままやります。時間にして約5~10分。後は「加賀田式」を私なりにアレンジして、ある目的に向かったワークをやります。これも5~10分。なので「加賀田式」を実際にするのは、全体の中の10~20分くらいになると思いますが、これだけでも相応にブロックが外れます。100の話を聞くよりも、10分程度で「加賀田式」を実践する方が、ずっと効果があります。ただ、そればかりしては、肝心の話もできないので、とりあえず今回はそれだけに留めます。それでもやっぱり「加賀田式」はやりたいと思います。2007年の有終の美を飾り、2008年を最高の一年にするためのコンディショニングをするためには、ものすごく効果があると思います。しかも、これはその後のワークにも関連してくるので、やっぱりやった方がいいと思われます。

 と言うわけで、12月15日・16日のセミナーの流れがそろそろできあがってきました。申し込みのサイトでは東京と札幌は全然違う内容になっていますが、実際には限りなく同じになるでしょう。こんな流れとなります。

【テーマ:2007年の有終の美を飾り、2008年を最高の一年にするためのコンディショニング】

1.潜在意識と身体:私のトーク
2.自己紹介:一分間(自由)
3.ペアリング:ワーク(聖なる予言)
4.加賀田式:ワーク(潜在意識と身体)
5.ラポール:加賀田式を応用した2人(3人)一組のワーク(他者コミュニケーション)
(休憩)
6.潜在意識の力:30秒で潜在意識の力を認識するワーク(潜在意識のコンディショニング)
7.スピードリーディング:潜在意識を活用して5分で本を理解するワーク(いわゆる速読脳をつくる)
8.誰でもできるトランス法:3人一組のワーク(左脳をダウンさせて、潜在意識に望ましいイメージをインプット)
9.アンカリング:いろんな方法でワーク(これも潜在意識と身体に関係)
10.5次元の話:多分トークだけ(レポートは配ります)
11.なんちゃってタイムライン:ワーク(2008年のコンディショニング)
12.今年を振り返る:ワーク&トーク(心のズシンと響きます)

てな感じですね。盛りだくさん過ぎます。しかもこれに私の雑談が予想外にたくさん入ってしまうので、おそらく4時間ですべて行うのは難しいでしょう。なので、もし優先順位をつけるとなると、、、(☆~☆☆☆☆☆)

1:☆☆☆☆☆
2:☆☆☆☆
3:☆☆☆☆
4:☆☆☆☆
5:☆☆☆
6:☆☆☆
7:☆☆
8:☆☆
9:☆☆☆☆
10:☆☆
11:☆☆☆☆☆
12:☆☆☆☆

ってとこですね。なので場合によっては7、8、10は端折るかもしれません。その場合はワークをせずにトークだけになります。おお~、自分で書いてて決まってきた。いつもそうですが、アナウンスする段階では、何をするのか、あまり決まっていません。ただ、アナウンスした後は、自らの潜在意識に対して「どうすれば最高のセミナーができるだろうか?」と問い続けますので、こうやって自然と答えが出てきます。「加賀田式」をするのも今日、出てきました。「加賀田式」に火をつけたのは、先日の日曜日のことがきっかけになっています。やっぱり潜在意識は上手に働いてくれてるな~と実感します。

 てなわけで、毎日、加賀田晃とセミナーの話ばかりで恐縮ですが、本格的にワクワクしてきました。あ~早くセミナーの当日にならないかな~。今日は東京と札幌のホテルの予約もしました。東京は懇親会と2次会の予約も頼んであり、決まっています。札幌の懇親会はまだ決めてませんが、日曜日なのでどうとでもなるでしょう。東京の懇親会はセミナー会場(お台場)の近くですが、2次会は新橋になります。遅くとも終電には解散しますが、翌日、札幌は泊りの方もいらっしゃいますので、付き合えるところまで付き合いますよ。

 で、東京セミナーについては、とりあえず30名以上の申し込みを頂きましたので、満員御礼となりました。札幌はまだまだ席がありますので、迷っている方は是非ご参加ください。絶対的にすごいセミナーになります。こう言っては何ですが、8月の東京、10月の大阪・名古屋のセミナーは私のオリジナルネタはあまりなく、一般的(NLP的)な内容が大半を占めましたが、今回はある意味、私の色がめちゃくちゃ出てくると思います。まさしく「宇宙となかよし」的なセミナーになるでしょう。私もめちゃくちゃ楽しみになってきました。

 本当は今日は違う話しようと思ってたのですが、長くなってきたので、今日はこの辺で。

いつもしつこくってごめんなさい、クリックもしつこくお願いできれば嬉しいです♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京(満員御礼!キャンセル待ちは直接メールください)
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-12-06 23:07 | ■営業の神様
 今日は一日フリーだったので、久々に身体を休めます。朝、滝に行ってから、家で本を読んだり、パソコンをしたりして、そして、、、「加賀田晃DVD」を見ます。おそらく全国のブロガーの中で、私が最も加賀田氏を取り上げる回数が多いことは間違いないですね。一般知名度はほとんどないにも関わらず、このブログを読んでいる人にとっては、ものすごくメジャーな存在になっていると思います。正直言って、今、最も会いたい人が加賀田晃氏に他なりません。とりあえず、会いたい人はたくさんいる中では断トツ会いたい人ですね。ちなみにまだ会ったことがなくて、これから会いたい人としては、、、アンソニー・ロビンズ、リチャード・バンドラー、ポール・マッケンナ、ジェームス・スキナー、ロバート・ディルツなどNLP関係に加えて、内藤大助、斎藤一人、ルー大柴、新庄剛志、石井裕之、神田昌典などの有名どころを抑えて、断トツで会いたいのが加賀田晃です。昼はDVDを見て、他のことをしている時は、DVDをMP3にしたのをずっと聞いています。エネルギーが漲りますね。

 ところで、昨日ちょっと書いた話。「ありがとう」の言い方には「○○を○○する」という法則を守ればいい、という話ですが、正直言って、そんな法則などありません。と言うか、知りません。なぜ、そんな思わせぶりなことを書いたかと言うと、「法則と実践」について明確な立場を示したかったからです。最近になって自覚したのですが、私って、いわゆる「法則」が好きそうでいて、ほとんど法則を守ることがなかったりします。なぜなら「法則」って多すぎるから。もちろん私の中でのコアな法則は無意識的にも守ってるのでしょうが、最近は新しい「法則」があってもほとんど興味を示しません。なぜならシンプルなことを実践していると、それだけで大きな手応えが得られるからです。もちろん新たな法則を耳にすることは多いのですが、自分の中での法則を増やしたところで、肝心なのは「実践」なので、知るだけではあまり意味がありません。今回のことで言えば、「後ろの人」に「ありがとう」と言えば、それで十分なのが、それを効果的にするために何かの法則があるなんて、正直、意味がありません。以前、「天使の存在証明」、つまり「天使が弓矢を持っている理由」「天使がいるのに不幸な人がいる理由」「天使はよくばり」という話しをしたと思いますが、それを知って腑に落ちたら、それでOKなのです。その後に「お願いは完了形でした方がいいですか」などと聞くのはナンセンスです。あんまり「法則」に引きずられるのは、そのマニアならばいいのですが、実益を追求することにおいては、あまり意味がありません。自分の気に入ったシンプルなことをきちんと実践しているだけで、望ましい結果はついてくる、というのが私の立場です。もちろん純粋に話に興味があるだけならば、それはそれで話のネタとしては面白いのですが、深刻な顔で法則を求められれば私は、、、ひきます。

 話がそれましたが、では、実際、私はどんなことが気にいってるのか、という話になりますと、まずは「ありがとう」「感謝します」「ツイてる」などと言いまくる。宝くじ買うとき「おんまかきゃらやそわか」と言う、、と言うのは冗談ですが、実際、買うときは思わず言ってしまいます。ただ、そういう「言霊」系もいいとは思うのですが、今の私が最も気にいってるのが、いわゆる「身体」系です。今月のセミナーでは「潜在意識と身体」という話を初っ端にしたいと考えていますが、実際、「身体」を動かすことで、潜在意識はガラリと変わります。先月の福岡セミナーの時、ハネムーンから帰ってばかりで、疲れと寒暖の差にやられて、当日に風邪をひき、38度以上の熱が出てたと言いましたが、「身体」の使い方で、難なくハイテンションでセミナーをこなせました。翌日は寝てましたが。で、それで「身体」の使い方のすごさが腑に落ちて、ますます「身体」の使い方を極めるように心がけています。

 その中で、今、私が最も気に入ってモデリングしているのが、他ならぬ「加賀田晃」氏です。今日はDVD第四巻を見て、ずっとエクササイズしていました。どんなことをするのかというと、セールスマンとお客さんというシチュエーションでの「商品説明」のロールプレイを、そのまんまに真似するのです。「ところで、社長!」と加賀田氏が言えば、その顔と手振りと言い方をそっくりそのままに真似します。「重要なのは!」と言えば、「重要なのは!」と目をむいて反復し、「費用、、対、、効果!」と言えば、そのままに左手で「費用」をマーキングし、右手で「効果」をマーキングしながら、大げさなジェスチャーと共にそっくり真似します。

 これをやっていたら、あることを思い出しました。そう、今年流行った「ビリーズ・ブート・キャンプ」です。結局、これは続けられませんでしたが、加賀田氏のDVDもこれと全く同じだということに気がつきました。ブートキャンプをすると確かに筋肉が引き締まり、体重や体脂肪が落ちるのはわかりますが、それ以外にもなぜか心がハイテンションになります。おそらく「うつ」の人がブートキャンプをしっかりやれば、改善するのではと思うほどです。それと同じように、加賀田氏の真似をそっくりそのまますれば、かなりのハイテンションになります。そして実際、スーパー営業マンになれる実感が得られます。

 クリス岡崎さんの本に書いてあったのですが、彼は今、アンソニー・ロビンズなどの同時通訳をしているのですが、なんとギャラはでないそうです。そればかりか、交通費などの経費も出してくれず、同時通訳という仕事をしていながら、手出しがあり、赤字になります。それでもアンソニー・ロビンズの通訳をすることは価値があるというのです。なぜなら、、、同時通訳をしっかりとこなすためには、アンソニー・ロビンズの成功哲学の理解は言うまでもなく、彼の身振り、声のトーン、表情までも、すべてそのままに真似する必要があり、もし、それができれば、限りなくアンソニー・ロビンズに近づけるわけなのです。ということは、彼ほどの成功にも近づけると言うわけです。私はクリス岡崎さんには会ったことがありませんが(マイミクですが)、プロフィールなどを見る限りでは、すごく成功されているようです。

 個性は大切かもしれません。ただ、それが望まない結果に結びつく「個性」であったとすれば、そんな個性はすぐに捨て去り、望ましい結果に達している人の真似をすることが、最も簡単で早いのです。これを「モデリング」と言いますね。そこに複雑な法則などは存在しません。そこである程度望ましい状況にまで達することができれば、後は自由に個性を発揮すればいいわけです。考えて見れば、アンソニー・ロビンズのモデリングをしたところで、クリス岡崎がアンソニー・ロビンズがかと言えば決してそうではありません。ジェームス・スキナーがアンソニー・ロビンズがかと言えば、それまたそうではありません。それぞれ、非常に個性的な成功者となっています。どんなにモノマネが上手でも、誰もがその人になることはありません。生まれもっての「個性」は必ずあるはずですから、リソースとしていかせるところは残しながら、目標とする人物のモデリングをすることで、オイシイとこだけとって、それでいて充分に個性的でアウトスタンディングな人物になれるわけです。何もせずして「個性が大事」なんて言ってる人間を、私は評価しません。もちろんその人が十分な成功者であればいいのですが、そうでない限り、自らの「個性」に固執している人などは評価できません。個性などは、誰にでもあるし、それを完全に捨て去ることは不可能なわけですから。だったら目標とする人物のいいとこ取りをした方がかしこいわけです。

 そんなわけで、私も目標とする人物のモデリングに励むわけです。私がモデリングしているのは、まずはやっぱり加賀田晃。それから五日市剛、ミルトン・エリクソン(これは難しい)、アンソニー・ロビンズ、石井裕之、内藤大助などです。中でも加賀田氏の比重は大きいです。加賀田式セミナーの全貌を描いた大友義隆著「必ず売るための『究極の説得』の秘訣」の中で、面白いエピソードが紹介されていました。加賀田氏はセールスを始めた瞬間からナンバーワンになっていたのですが、その後、部下を預かるにおいて指導するのですが、思うように成果が伸びません。やり方やコツを伝えるのですが、いっこうに伸びません。その時、ふと、川原に行って、3人の部下相手に加賀田氏のいつものトークをそっくりそのまま、一言一句覚えさせて、その通りに営業に向かわせました。そして夕方には、、、4人で手を取り合って喜んだとか。つまり、その川原でのロールプレイによって、営業成績が劇的に上がったわけです。

 言いたいことは、やっぱり「法則」ではないということ。一番早いのは、そっくりそのまま真似すること。個性はその後。加賀田氏いわく、、、もし、加賀田式セールスのモデリングに勤めたら、、、普通の人で一ヶ月あれば、スーパー営業マンになれることを保障するとのこと。こんな話も紹介されてありました。

・営業経験がなく、引っ込み思案の男を運転手として雇ったら、いつの間にかセールスを覚えて、後に年商4億の社長になった
・顔がケロイドでどもりで、周囲から嫌われていた男が、初月から売り上げ一番になった
・40日間ゼロ更新の男の営業に同行したら、二ヶ月目から不動のスーパースターになった
・どこにも雇われない浮浪者のような男が半年後に課長になり、その後、社長にまでなった

など。こういう話は枚挙に暇ないとか。これに「例外」はまずないそうです。いろんな「法則」に励むよりも、セールスマンとして成績を上げたければ、その道のスターのモデリングをするだけ。早い人で即日、普通の人で一ヶ月、遅い人でも二ヶ月で劇的に人生を変えることができるのです。今年、「ビリーズ・ブート・キャンプ」が流行りましたが、もし、あれで一ヶ月続けることができたのであれば、加賀田式を一ヶ月続ければ、その一ヵ月後には別人になるでしょう。現に日曜日にお会いしたK氏が、その目でそれを確認したとか。そしてK氏自身も今では起業家として、成功街道に乗っています。私も、2年前、これに出会ったおかげで、今があると思っています。世の中にはこういうのがあるのですね。実は加賀田氏に関する新情報もつかんだのですが、これは私にとっても大きなチャンスになりそうな予感です。

 というわけで、今日も加賀田晃で飛ばしまくりましたが、これから毎日、DVDを見て、改めてモデリングに励みたいと思います。これをするだけで、「身体」が変わり、そして「脳」の配線までもが入れ替わります。人生を変えたいのであれば、モデリングです。今年も残り一ヶ月ですが、まだまだパワーアップしますよ。そして東京と札幌のセミナーでは、最高の最高の最高の一日にしたいと思います。東京は残り3名、札幌はまだ残っていますが、参加者は増えています。2007年を感動的に幕を閉じ、そして2008年を最高の一年にしたい人は是非ご参加ください。

ありがとうございました♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

どしどし参加をお待ちしております♪
 ↓   ↓ 
12月15日(土):Q'masパワーアップライブセミナーin東京(残り3名)
12月16日(日):Q'masパワーアップライブセミナーin札幌


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-12-04 22:25 | ■営業の神様
 昨日は18時間ぶっ通しのコーチングが終わって、風呂にも入らずに布団に入ってしまいました。最後の方は、トランスに入ってセッションしてたのもあり、コロリと寝てしまいました。そして今朝は6時40分に一度起きるのですが、気がつくとこん睡状態に入り、次に目が覚めたのが8時半。ここから起きてブログを書き、9時過ぎに家を出ます。今日はNLPセミナーの9日目でした。それにしても昨日の18時間のコーチングは私にとってもすごくいいリソースになったと思います。
  
 で、今日のNLPはいつもよりも人数が多く、北九州からの振り替えで初めてお会いする方もいらっしゃいました。セミナーが始まると、まずは受講生一人ひとりがプレゼンをします。今のご気分とか、先週一週間のことなどを自由に好きなだけお話するのです。一通り受講生のプレゼンが終わってから、最後に私がお話します。いつものごとく早口で一気に話ます。とってもいい気分で昨日のコーチングのことなどを話しました。その後は目標設定セミナーみたいな題材で、NLPのスキルを活用しながら、来年の目標などを立てました。私もそれに参加。お昼になりご飯を食べに行きます。

 そこで、今日、初めてお会いした北九州からの振り替えの男性(K氏とします)から話しかけられます。

 「石田さんって、ブログやってませんか?」
 「はい、やってますよ」
 「なんていうタイトルですか?」 
 「ええ、『宇宙となかよし』っていいます」
 「あ、やっぱり、見たことありますよ」
 「ええ~、本当ですか!」

と、ここまでは、実は、ない話ではありません。たまたま全然関係ない沖縄の民宿で読者さんにお会いしたこともあるくらいですから、NLPとなると「宇宙となかよし」を読んでても不思議でありません。ただ、この後が驚きだったのです。

 「加賀田晃さん、ご存知ですよね?」
 「え?はい、もちろん!」
 「実は今年、加賀田さんの研修を受けたんです」
 「え!!マジっすか!!」
 「すごい研修で、そこで加賀田晃で検索して、『宇宙となかよし』に出会いました」
 「おお~!」
 「ブログの中で、加賀田晃にはNLPのエッセンスも感じられる、と書いてあったのを読んで、興味をもって北九州のNLPを受講するようになったのです」
 「え!ということは、KさんがNLPを受講しているのは、私のブログがきっかけだったのですか?」
 「はい、そうです」

 不思議なご縁です。K氏のことをちょっと紹介しますと、昨年までは、ある業界の民間企業に勤めてたそうです。それまでは営業と関係のない部署でした。今年に入って、その会社に加賀田晃氏が期限付き顧問でやってきて、全国のエリアに営業研修をするようになったとき、「なんとなく」、その研修に参加してみたのだそうです。そこで、脳の配線がガラリと入れ替わりました。突然、営業に目覚め、それまで経験のない職種だったにも関わらず、営業成績をあげるようになり、さらには独立までしてしまったそうです。で、今はその業界で独立して、会社を立ち上げてやっています。なんと独立して収入が○倍に増えたそうです。すごいですね。おまけに、その元会社では、加賀田氏が来てから、一斉に売り上げがあがったそうです。そして社内には「加賀田信者」が増え、それまでパッとしなかった社員が、突然、はじけてとんとん拍子に出世した例もあるそうです。

 ここで加賀田氏のことを紹介したいと思います。私はお会いしたことがありませんが、2年ほど前に知人から秘蔵DVDを頂き、それにたいへんに感銘を受け、まさしく、人生が変わるような瞬間を味わったのです。もしそのDVDに出会わなかったら、、、今の私は決してありません。願わくば加賀田氏の研修(セミナー)を直接受けてみたいと思い、DVDに出てくる研修先の会社にも電話してみましたが、消息はつかめませんでした。とりあえず、いろんなところに網を張ろうと思い、ミクシィにコミュニティを作ったのが、今年の2月22日でした。その私が作ったコミュニティから、加賀田氏の説明を転載します。



加賀田晃のコミュニティ。

営業成約率99%を誇る、伝説の営業マン。
加賀田氏に関する公式の資料は、、、

大友義隆「必ず売るための『究極の説得』の秘密」(日新報道)

に残されるのみ。

加賀田晃とはいったい、、、?

中学校を中退後、様々な職歴を経て、
23歳でセールスの世界に入る。
その第一歩は「防犯ベル」の飛び込み営業。

なんと初日から100%の成約を果たす。
現在はセールス学校を経営し、企業研修を中心に後身の育成に努めるが、それまでに17社の営業を経験する。

そのすべてが飛び込み営業。
加賀田氏のすごいところはすべての会社で№1の営業成績を果たすだけでなく、加賀田氏のグループまでもすべて№1の実績を残すところ。
まさしく営業の鬼神。

○○○○大手の「○○」を現在の姿にまで成長させた裏には、加賀田氏の凄まじいばかりの営業手腕があった。
その成約率は99.9%。ある数年間は100%の成約を果たす。

福岡のとある不動産会社では、やり手の営業マンが20人がかりで一年で3件しか売れなかった物件を、加賀田氏はなんとたった一人でたった一ヶ月で20件を売りさばく。

そんな加賀田氏の営業の歴史の中で最も凄まじかったのが、いわゆる「原野商法」による営業。
テリトリーは大阪市内。物件は北海道の山奥の原野。
それをなんと、「すべて飛び込みで」「一回だけのアプローチで」「物件を見せずに」「一口500万円以上を」「すべて現金で」売り歩いた男。

採用された多くの社員は一ヶ月で3%にまで減り、
半年残るものは皆無であるという。
その営業の成約率は、、、なんと、、、80%。

いわゆる普通の物件でも80%は至難の業。
それは世にも過酷な「原野営業」で80%とは鬼である。

その姿は伝説のホームビデオ(DVD)に見られる。
福岡市内のある広告会社での営業研修をホームビデオで録画しただけ。
画像は劣悪、音声は途中で片方が消え、編集もなし、など素人のビデオとしても粗悪品。あまりにも粗悪品。

しかしそこから流れ出るエネルギーはまさしく鬼。
私がこのビデオと出会ったのは2005年の9月。
一枚6時間の4枚組みのDVD。
何気に見始めた瞬間、、、寝食を忘れて没頭する。
計24時間を3日で制覇。その瞬間、営業の神が宿る。

 

 
と、こんな感じです。まだミクシィ経由では網にかかっていないのですが、これまで「加賀田晃」で検索して私のブログに辿り着いた人からメールを頂いたことはあります。今、まさにリアルタイムに研修を受けている人からももらったことがあり、「人生が変わる瞬間を味わっている」などの言葉もありました。当然、すぐに返事を書いて、問い合わせもするのですが、それからは音沙汰なし。ま、仕方ないですが。

 ですが、今日、ついに「生加賀田氏」に触れた方に出会いました。そのきっかけとなるのが、NLPであり、私のブログです。だんだんと加賀田氏が近くなってきた感じです。そのK氏いわく、とにかく本物の加賀田氏はすごすぎるそうです。K氏は当然DVDも手に入れたそうですが、あのまんまだとか。とりあえずまだ現役(少なくとも今年の初めまでは)だということを知り、少し安心。とにかくも、加賀田氏の生の研修を受けた人のほとんどが、脳の配線が一気に変わりスーパー営業マンに変身するのだそうです。K氏もその一人。それまで営業をやったことない人が、挙句の果てに営業の会社まで作ってしまうほどです。
 
 この加賀田DVDは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。会社を辞めてインドに行き、6月に日本に帰ってきて、何もない状態からフリーランスの生活が始まりました。正直言って、不安も不安でした。とにかく「金なし、コネなし、実力なし」の3拍子揃った状態での独立ですから。とにかくいろいろと試行錯誤はしましたが、貯金は減る一方です。厚生年金基金の積み立てにまで手をつけてしまう始末。いよいよ、もうダメか、、、と思った9月のある日、加賀田氏のDVDが突然、私の元に降ってきたのです。正確には一ヶ月前にインターネットで知り合ったある方からもらったのです。ちなみにその方は、私の身近な人とビジネスパートナーになりました。心当たりある方もいらっしゃるとは思いますが、それはさておき。9月のある日の日曜日の23時。その4枚組のDVDの一枚目をPCにセットして見ます。一枚約6時間です。まだ、日の長い晩夏です。一枚目を見終わった時にはお日様が顔を出そうとしていました。その当時の興奮を伝えているのが、次の記事です。

「すごいDVDを入手した! 2005.9.25」
「すごいDVDは本当にすごい 2005.9.27」

 このDVDに出会ってから、当時、進めていた営業系ビジネスにおいて、プロスペクトと会った即日契約と言うのが、4つほど続きました。その後は新たにビジネスに役立つ情報が入ってきたこともあり、フリーランスとしての道を固め始めるのです。古くから読んで頂いている読者の方は、この時期のことはご存知かもしれませんね。

 正直言って、このDVDに出会ってからというもの、人生に対する「不安」がかなり軽減されました。つまり「収入」のことですが、もしもこのDVDを完全にマスターすると、もう、お金がないことで困ることはないでしょう。今日お会いしたK氏も同じことを言っておられました。加賀田式のセールスをマスターすると、、、仮に無一文になったとしても、すぐに取り戻せる、借金地獄にはまっていても、すぐに返せる。それほどすごいものです。もちろんDVDは生の加賀田氏のエネルギーの100分の1にも満たないとは思います。ただ、今の私に得られるのは、そのDVDしかありません。それこそ、いろいろと探しました。加賀田式セールスが紹介されてあるも買いました。これはもちろん私の座右の書です。ただ、私の最大の願いはまさしく「加賀田氏の生のセミナーを受ける」ことです。もしこれが50万円だとしても、私はすぐに出します。K氏も「即払い」と言ってました。しかし、もしかすると、、、加賀田氏に会える日が来るのも近い気がします。

 世の中にはすごい人がいます。ただ、有名だからすごいわけでもなく、無名だからすごくないわけでもありません。私の好きなジャズの世界でも、有名な人が必ずしもすごいミュージシャンであるとは限りません。おそらく「きしのよしこ」とか「松永たかし」とか「上原ひろみ」とか、ご存知の方も多いと思いますが、彼ら彼女らが本物かと言えばそうとは限りません。上原はまだましですが、底は浅い気がします。ただ、極端に知名度の低いミュージシャンの中に、ものすごい人がいるのです。ここでは名前は出しませんが、これは事実です。同じように、ビジネスの世界でも、本当にすごい人は、あまり知名度は高くないのかもしれません。無名だけどすごい。いや、無名だからこそすごい。加賀田氏はまさしくこれです。私の中では加賀田氏は別格です。ぶっちゃけ、アンソニー・ロビンズよりもすごいと思っています。世界の伝説的セールスマンである、ジョー・ジラードやフランクリン・ベドガーよりもすごいと思います。和田裕美などは足元にも及ばないでしょう。加賀田晃は、私がこれまで見てきたものの中で間違いなく超越しています。

 ちょっと興奮してきました。と言うか、今日のお昼はK氏とかなり興奮状態で加賀田氏について語り合っていました。実はK氏が私のことを思い出したには一つのきっかけがありました。最初に書いたように、NLPのセミナーの最初に一人のプレゼンがあります。私がプレゼンしているのをK氏が聞いたとき、、、どういうわけか「加賀田氏の残像」が浮かんできたのだそうです。そこで「もしかしたら、この人は・・・」と感じたそうなのです。加賀田氏で「宇宙となかよし」を知り、そこでNLPを知りここにいます。ただ、「宇宙となかよし」の筆者が福岡にいるとは思ってなかったそうです。ましてやこの場に。。。しかし、私のプレゼンを聞いて、加賀田氏の残像を思い出す。考えてみれば、これは当たり前です。なぜなら私は加賀田DVDを見てから、ある一時期、モデリングしまくっていたからです。私はプレゼンでもいろんな人をモデリングしてます。その中で加賀田氏は私の7割を占めると言ってもいいです。もう、無意識のうちに加賀田節が出ていたのでしょう。ちなみに私のプレゼンはインパクトあります。どこ行っても言われます。大阪でNLPを学び始めた時もスタッフが私のプレゼンをモデリングし始めるくらいです。初めてでもこれだけのインパクトを与えられるようになったのは、まぎれもなく加賀田氏のモデリングがあったからです。

 K氏いわく、私がもし、加賀田晃と出会ったら、、、翌日から一億でも二億でも売ることができるだろう、、と直感したそうです。もちろん私の収入もうなぎのぼりです。これは全然極端な話ではありません。今日のNLPはある専門学校で行われています。その学校の職員が昼休みに話しかけてきたので、なぜか加賀田氏の話も出てきました。もしその専門学校に加賀田氏の研修が入ったら、、、「売り上げ5倍にはなりますよ」と私が言うと、K氏が「いや、5倍では済まないでしょ」と訂正されました。

 ここでK氏に出会ったのはきっと大きな意味があると思います。今月の15日16日は東京と札幌でセミナーがありますが、もしかしたら、もう一度加賀田を見直せということなのかもしれません。現に今、DVDの音声をMP3にしたのを聞いています。それでもすごいエネルギーです。加賀田氏の「声」自体にも、ものすごいパワーが宿っている気がします。とにかくもう一度、いや何度でも加賀田氏を見直し、再モデリングすることで、今度のセミナーもパワーアップすることでしょう。

 めっちゃ興奮してきました。ちなみに加賀田氏とNLPとの共通点ですが、あげればキリがありません。あえて一つ、重要な要素をあげるとなると、その催眠法(?)にあります。つまり、相手を瞬時に「トランス(変性意識)」に入れてしまうのです。余計な思考能力がダウンし、右脳、つまり潜在意識がむき出しになっている状態です。加賀田氏は「ある動作」で瞬時にトランスに入れてしまうようです。NLPも同様。ミルトン・エリクソンも瞬き一つでトランスに入れられていたそうですが、加賀田氏もそれにかなり近いものがあります。私もそれをモデリングしていますので、いくらかトランスに入れるのは上手になってきました。ちなみに、昨日のコーチングでも何人かの方にはそのスキルを使って、トランスに入れさせて頂きました。そしてその瞬間にいいメッセージを入れるのです。今度のセミナーではその「タネ明かし」もしたいと思いますし、その他のワークでも、どなたでもすぐにできるトランス誘導方をお伝えしようと思っています。もちろんセミナー中もトランスに入ってもらいます。言うまでもなく、トランスに入ることは悪いことではありません。その瞬間に、望ましいイメージを入れ込むと、それが現実化してしまうので、使い方次第でものすごい武器になります。セミナーに来られる人はめっちゃ楽しみにして頂いていいです。

 ちょっと話がそれましたが、加賀田氏もある意味、ミルトン・エリクソンのエッセンスを忠実に再現していると思います。そんなことも含めて、今度のセミナーにあたっては、加賀田DVDを再度jっくりと見る必要があるようです。今日の出会いはそのためにも必然だったのかもしれません。感謝します。とにもかくにも、K氏との出会いは、これからの私にとって、非常に重要なものになりそうです。おそらくはK氏にとっても私との出会いは、大きくプラスになると信じています。そして加賀田伝説、、、やはり真実だと知ったことも大きな意味を持ちます。今、とっても興奮しています。今年はまだ何かがありそうです。

 明日、私は仕事で日帰りで東京に行きます。忙しいですが、それも何か意味がある気がします。何書いてるのか分からなくなってきたので、この辺で終わりたいと思います。それから、蛇足ですが、加賀田氏に関する問い合わせは受け付けておりません。なぜなら何も知らないからです。DVDをダビングしてくれと言われても、それ以前に私のPCは今ダビングができない状態です。貸せと言われても、大切なDVDなのでお貸しできません。ただ、一つだけ言うと、何人かにはこのDVDを貸したことあるのですが、響いた人はあまりいませんでした。私がちょっと変なのかもしれませんが、向き不向きはあるでしょう。とにもかくにも、私の最大バイブルを見直させてくれる12月2日でした。今度こそこの辺で。ではでは。

ありがとうございました♪
 ↓   ↓

人気blogランキング
by katamich | 2007-12-02 23:14 | ■営業の神様
 4時50分起床。5時から早朝コーチングです。この方はコーチングを受けるにおいて、毎回、無理のない範囲で目標設定をしており、確実に進んでいっています。徐々に進化して、今後、とんでもない目標設定が出てきそうで、コーチとしてもとても楽しみです。この方ならば、やってくれる気がします(←褒めるスキル)。

 昼前、郵便局に行きました。そこで初めて知りました。今日は、祝日であったことを。。。通常の社会人や学生ならば、祝日と言うのはとても楽しみな日なんでしょうが、私のような毎日が日曜日の人間にとって、公共施設がお休みになるなど、さほど感激でもないんですよね。って言うのは贅沢でしょうか(笑)。でも今日は祝日だっただけに、平日には会えない素晴らしい方とお会いすることができました。

 県内にお住まいの方で、ペンダントなど私が扱っている商材の説明を聞きに来られましたのです。とても明るく、気持ちのよい方でした。ペンダントのエクササイズをすると、その度にすごい効果を体感されたようで、とても大きなリアクションで感激されました。いや~素晴らしいです。

 と言う私もリアクションでは負けていません。実は私ってブログでもそうですが、実物でもものすごくテンションの高い、リアクション番長なんです。正確に言うと、ここ最近、加速的にリアクション番長になってきました。私の大好きな「加賀田晃の営業セミナー」を見て以来だと思います。これを見てから自然と大きなリアクションになり、私のリアクションを見ると、ほぼ100%の人が笑います。そして心をつかみます。この「加賀田晃のDVD」では次のようなやり取りが何箇所もあり、私はそのやり取りが大好きなので、何度も何度も真似して練習しました。加賀田氏が営業マンで相手は社長さんです。私は加賀田氏の真似をするのです。

加賀田:あ! ところで社長!! たいへん!失礼ですが!! あそこにかかっております、あの魚拓!! まことに失礼ですが、あれはなんちゅう魚でございますでしょうか?! (指先をまっすぐに伸ばして、斜め45度に壁の方を指す)
社長:ああ、あれですか。あれは、いわな。
加賀田:い・わ・な!!(驚く) えらいでっかいですが!! 何センチくらいありますでしょうか?! 
社長:あれね~、あそこに書いてあるとおり、59センチ。
加賀田:ごじゅう~きゅうせんち!!(目をひん剥く)
社長:(ぞくぞく、ちびりそう、快感)
加賀田:社長、失礼ですが、岩魚って言ったら、川の魚でございますよね?
社長:そうよ。
加賀田:普通、こんなもんやないでしょうか!(両手で形を作る)
社長:そうやね~、ま~、普通は10センチから15センチくらいやね。
加賀田:それを! 59センチって言ったら!(間をおく)、世にも珍しいんやないでしょうか!!(再び目をひん剥く)
社長:そうやな~、わしも長年やってるけどな、50センチ超えるのは珍しい方やな~。
加賀田:そうでございますか~~~~(ものすごく感心した表情で)

 こんな感じです。私は「加賀田」の役柄をセミナーの受講生と同じく、反復します。何度も反復します。リアクションまでそっくりそのまま真似します。目もひん剥きます。するとだんだん、脳の配線が変わってきて、日常生活でもそういうテンションになってしまうのです。そして表現、表情がとっても豊かになって、相手の心をつかむのです。そう、練習すればできるのです。加賀田さんのDVDはこういうロールプレイやら、ノウハウやら人生論やら盛りだくさんで、24時間分あります。今も定期的に見ては練習しています。

 そうそう、教材と言うと、最近は「ブライアン・トレーシー」の教材はずっと聞いています。近々ipadを買うので、歩きながらでも聞くようにします。これも聞いていると脳の配線が変わってきます。この教材はなんと全セットで40万円~100万円もします。それがロハで手に入ったのですから、ツイてるとしか言いようがありません。まさしく、必要な時に必要なものが入ってくる感覚です。その「ブライアン・トレーシー」の教材ですが、今日、聞いていたのは「販売の心理学」です。そこではなんと、、、加賀田氏で聞いたノウハウと同じことを何度も言っていたのです。加賀田氏がブライアン・トレーシーを勉強していた可能性はありますけど、つまるところ、営業法とか成功法則とか言うのは、エッセンスは同じなんでしょうね。でもほとんどの営業マンは知らないノウハウです。知るためにはお金を出さないといけないところ、私の場合は「ロハ」。本当にツイてるとしか言いようがありません。感謝、感謝、感謝しますです。そういう意味で、12月は月収換算すると余裕で100万円を超えてしまうので、年内に月収7桁という目標は無事に達成しました!!ということにしておきます。あ、これらの教材は私に問い合わせてもどうにも出来ませんのであしからず(^^;。。。

 何の話してるのか分からなくなってきた。。。そうそう、今日も素晴らしい人と出会って、その方のリアクションがとても素敵だったという話ですね。近頃、波動の高い人が集まってきます。来年も面白くなりそうです!!

ランキング一位になりました。ありがとうございます(ブログランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。

(まあ、らんぼうね)
b0002156_3233946.jpg

by katamich | 2005-12-23 23:23 | ■営業の神様
 ちょっと寝すぎた気がします。10時間は寝たかな~。今日のタイトルは「生まれ変わり」ですが、別にスピリチュアルな話をしようというのではありません。先週、私はワンセットのDVDと2冊の本に出会いました。

 まずワンセットのDVDとは、この一週間うるさいくらいに連呼してきた「すごいDVD」です。加賀田晃という福岡出身の伝説の営業マンによるセミナーの実録です。一枚6時間が4枚あるのですが、全部見るのに時間はかかるものの、最初の一枚などは一時間くらいにしか感じず、あっという間に見終わってしまいました。今では販売されていないようですが、一応こちらに案内があります。

 そして2冊のうちの一冊は、先のDVDと直接の関係がある、大友義隆著「必ず売るための『究極の説得』の秘密」です。これは伝説の営業マン加賀田晃氏のお弟子さんが、加賀田氏のセミナーをそっくりそのまま本にした内容です。DVDで見た後、この本を読むと理解がさらに増し、実践に向けた練習にも最適です。ただし、本だけではなかなか伝わらないとは思いますが。

 それからもう一冊が河本隆行著「ミリオネアの教え、僕の気づき」です。素晴らしい本で心が震えました。これは著者である河本氏がロバート・キヨサキ、アンソニー・ロビンズ、ジョン・グレイ、アラン・ピーズ、ジョン・フォッビの5名の成功者にインタビューした内容を、河本氏独自の視点からまとめたものです。昨日買ったばかりなので、まだ最初の2章(ロバート、アンソニー)しか読んでいませんが、大変に面白い本です。特にロバート・キヨサキの章では、世に知られていない裏話なども書かれてあって、大変に興味深いです(「金持ち父さん」は存在しない、本はキャッシュフローゲームを売るための宣伝材料など)。著者である河本氏は、5人のミリオネアからの教えを「僕の気づき」という形で随所にまとめてあり、とても読みやすく書かれてあります。

 実はこの河本氏とはスカイクエストコムのセミナー等で何度かお会いしたことがあり、その都度、お話もさせてもらっております。とにかく実物もハイテンションで、とてもエネルギーあふれる方です。私から見ると、とてもお手本にしたい成功者の一人です。ただ、そんな河本氏もその半生は決して恵まれたものでなく、色々と挫折や紆余曲折があってきたようです。そんな挫折をいかにして克服し、成功者として歩んでいったのか、、、そんなことも書かれてあります。この本は5人のミリオネアの紹介なんかではなく、河本氏がその5人を知ることで、どのように成功して行ったのか、つまり河本氏のサクセスストーリそのものだと言えましょう。

 この3つのメディアに共通して言われていることは、「営業(セールス)が大切」だと言うことです。加賀田晃さんの二つはそのままのタイトルですが、河本さんの本の第一章(ロバート・キヨサキ)では、特にそのことが力説されています。例えばゴッホとピカソという美術史上の大画家の生涯を比べて、一方は幸せな成功者(ピカソ)であり、もう一方は自殺するまでの人(ゴッホ)である、その違いとは「営業が出来るか否か」と言い切っています。とにかくどんなに技術や才能があっても「営業」が出来なければ絶対に成功者にはなれないと言うことです。なぜかと言うと、「営業」とはコミュニケーションそのものであり、それこそが人と人の集まりである「社会」で成功する鍵(キー)なんだと思います。

 では、今日のテーマである「生まれ変わり」ですが、私は今この時点から「好感の持てる、熱心な、営業マン」に生まれ変わります(by加賀田)。私のリスペクトする和田裕美さんが「営業力は人間力」と言っているように、優秀な営業マンになると言うことは、人間として魅力的になると言うことです。決して人を騙したり、人の部屋に土足で踏み込むような人間になるのではありません。なので、まずは簡単なことから一つ一つ改めていくつもりです。

1.スーツを新調する

 実は今のスーツはヨレヨレです。前の会社の変な波動を受けていることもあるので、一時的に出費になりますが、ここらで新調しておくべきでしょう。一応2着買うつもりですが、両方とも「紺の無地」を買います。

 なぜそんなことを力説するかと言うと、加賀田氏の教えでは、優秀な営業マンになるには最大公約数的に好まれる服装をするべきだというのです。なので「紺のスーツ」「白のシャツ」「無地のネクタイ」「紺の靴下」「黒で磨かれた靴」「折り目のついたズボン」が、営業マンとして最も適切なスタイルなのです。実は私は今まで勘違いしていました。一つでも個性を出そうと、色柄のシャツを着てみたり、派手な絵柄のネクタイをしめて平気で仕事に行っていたことがあります。これは完全な間違いなのでしょう。別に服装で個性を出す必要はまったくないのです。私の場合は話しをして数分で「個性」を自然とアピールできますので、そもそも、服装は地味な方が中身の個性が引き立っていいはずなのです。そんな当たり前のことを、フリーになって初めて気づくなんて皮肉なものですね。


2.家を出るときはしっかりと鏡を見る

 そもそも鏡を見なければならない容姿でもないのですが、曲がりなりにも「人と会う」のに、チェックもしないで家を出ていたなんて、よくよく考えると怖いものです。寝癖はないか(短いのでつきませんが)、鼻毛は飛び出ていないか、顔のつやが失われていないか、ネクタイは曲がっていないか、、、細かいことですが一つ一つチェックする必要があります。

 
3.はっきりと大きな声で話す

 この辺りは結構出来ているかもしれませんが、時々、最初の挨拶が小声になることもあります。そうなると営業の展開が有利に進められないようです。


4.動作を機敏にする

 ドアの開け閉め、お辞儀、物の受け渡し、ゼスチャーなど、動きをはっきりさせます。加賀田氏によると、一つの動作から次の動作に移るとき「0.1秒」止めるようにするとかっこいいのだそうです。確かに、ドアを閉めながら挨拶などすると、みっともないですよね。一つ一つの動作に意識を向けると言うことでしょう。


5.とにかく元気はつらつと

 陰気、根暗、小声などは絶対に相手に良い印象を与えることはありませんよね。私の場合は普段はネアカなんですが、もしかたら相手によっては気づかぬうちに暗くなっている可能性もあります。とにかく元気に、明るく、ハイテンションで生きていきたいと思います。


6.早寝早起きを心がける

 ここ最近、このリズムがちょっと崩れがちでした。なので明日から早起きします。不入道の滝も少しサボり気味だったので、明日から復活です。


 他にもいろいろ気をつけることはあるのでしょうが、とりあえず人間の基本として、自らを戒めたいと思います。とにかく明日(今この時点)から、新たな気分でスタートします。いいタイミングで、明日は「新月」です。心身をリフレッシュする上でも最もいい時期なのです。このタイミングにたまたまこんな決意をさせられたのは、おそらく「月のサイクル」と身体とがシンクロしてきたのでしょうか。よ~し、やりますよ~!!

おおおおおお!ランキングも2位に浮上!一位の壁はさらに高いのですが、頑張ります。ご協力お願いします。
by katamich | 2005-10-02 22:55 | ■営業の神様
 実は徹夜をしてしまいました。例の「すごいDVD」を見てから、体が興奮してたまらないのです。変な意味ではなく、これが「営業の神様」なんだと、ワクワクしてたまらないのです。その方の名前が今日、ようやく分かりました。その人の名は「加賀田晃」さんと言います。ものすごくハイテンションです。これを貸してくれた方からは、「クール派の私は真似できませんが、石田さんならすごく参考になると思いますよ」と言われました。どういう意味でっすか(笑)、って感じですが、テンションの高さが似合っているのでしょうね。

 それで、昨日は2時過ぎには布団に入ったのですが、どうも眠れません。「すごいDVD」のことが頭から離れません。なので寝ずのまま、5時に起き出して、再びDVDを見ました。いったん7時半には寝て、9時からまた見始め、1時にようやく家を出ました。その間に見たDVDの内容は、これまた目から鱗でした。私は前の会社ではビジネスマナーなどの社員教育を受けたことがないのですが、DVDではそこからしっかり入っています。ドアの開け閉め、挨拶の仕方、お辞儀の仕方、名刺の渡し方、服装、言葉遣い、、、当たり前のビジネスマナーがこうまで奥の深いものだとは。。。私はノートパソコンを前にして、「おはようございます」「ごめんください」「ありがとうございます」「わたくし、この地域を担当させていただくことになりました、石田久二と申します」「恐れ入りますが、社長様はお手すきでしょうか」、、、こんなセリフを身振り手振りで大声で何回も言い放っていたのです。しかも一人で。はたから見ると「あほ」ですが、「営業の神様」に続いて反復すると、エネルギーをそのまま注入してもらえるようで、とても気持ちがいいのです。

 そのテンションのまま2時からのアポイントにのぞんだのですが、、、この方とのトークは自分としては「30点」でした。言いたいことの1割も言えませんでした。理由は、、、色々あると思うのですが、つまづきは初っ端にありました。「はじめまして」の声が小さかったのが、後々も響いた気がします。自分の土俵がつくれなかったのです。まあ、これはこれとして、6時半からまた別の人にも会いました。このトークは「80点」をあげていいと思います。ある程度相手から話も引き出したし、相手の知りたい情報を的確に提供できましたし、私が言いたいことも言えました。最後に別れる時、その方から「3ヶ月でそこまでしゃべれるようになるのですか?」と言われました。いいえ、正確には2日でしゃべれるようになりました。まさしく「すごいDVD」効果です。

b0002156_18302631.jpg その後、家に帰ると大友義隆著「必ず売るための『究極の説得』の秘密-加賀田式セールスの極意を公開する」がアマゾンから届いていました。はや!!

 それにしてもここ最近は、自分にとって必要な情報が、不思議なくらいに的確に次々と入っててきます。「運」が本格的に向上してきました。それそろ一つ一つが結果に結びつく、つまり、「収穫の秋」を迎えることが出来そうです。本当に運がいい。感謝します。そして眠いので今日は本格的に寝ます。DVDも止めます(まだ見てるんかい)。

眠い。。。2位に向かってクリックのご協力お願いいたします。 
by katamich | 2005-09-27 00:14 | ■営業の神様
 昨日、知人からすごいDVDを入手しました。営業(セールス)に関するセミナーで、福岡のある企業への社員教育の模様をホームビデオで撮っただけの内容です(正直見にくいです)。その知人がものすごいと言っていたので、無理して貸してもらいました。4枚組みで一枚6時間程入っているので、全部見るのに24時間かかってしまいます。セミナーは4日に分けて行われたようです。一般には販売されておらず、知人がたまたま見たサイトで部数限定で売られていたのを買ったそうです。

 夜、9時前に帰ってきて、11時頃から見始めたのですが、、、はまってしまいました。まだ一日目しか見てないのですが、思った以上にすごい内容です。6時間ぶっとうしで見てしまいました(その間、メールの返事などを書いたりしてていましたが)。おそらくこれを全て見た頃には「脳の配線」が変わっていることと思われます。

 世の中には和田裕美さんをはじめ、有名なセールスマン(ウーマン)はたくさんいますが、このDVDを見る限り、このセミナーの講師はちょっと別格のような気がします。この人の名前は「かがたさん(漢字は知りません)」といい、福岡出身のようです。幼い頃は家がかなり貧しかったそうです。そのため幼き日から「何とかして貧乏から脱出したい」ばかりを考えていたそうです。で、最初は「お金」が最も大切だと思い、そのことばかりに頭が支配されていたそうですが、ある日、ふと気がついたそうです。「お金」はなくなる。なくならないのは「何事も思い通りにする力」なんだと。つまり、お金に関してはお金を稼ぐ力をつけることだと。そこで始めたことが、すごいです。なんと図書館に入り浸りになって「心理学」の勉強をしていたそうです。「何事をも思い通りにする力」を身に付けるには、「人」の心を思いのままに知ることが最も大切だと覚ったからです。

 その後、23歳で営業を始め、一気に上まで登りつめたそうです。幼き日から心理学ばかり勉強していたので、当然と言えば当然かもしれません。今では「営業コンサルタント」のような仕事に絞っているそうですが、それまでに17社の会社を経験して、その9割が飛び込みの営業だったそうです。その成約率がものすごいです。飛び込みでいきなセールスに行ったところで、ほぼ100%契約を取っていたのだそうです。

 しかし、17社の中には本当に過酷を極める会社もあったそうです。大阪の会社です。そこは不動産業者なんですが、北海道の宅地でもない山林を、現地を知らせもせずに飛び込みで売りつける仕事です。土地ですので、当然、すぐに売れるものではありません。それを飛び込みで、しかも現金、もしくは定期証書と実印をその場で預かって解約させて、その場で売ってしまうのだそうです。普通に考えたら売れるはずがありません。なので、100人の従業員が一ヵ月後に残って一人だそうです。100件訪問して一件でも契約が取れれば給料日にはリュックサックがいるほどのものだそうです。

 それはこの講師はなんと、、、8割の成約率を半年間維持していたのだとか(実績を作って半年後には辞めたそうです)。その他はほぼ100%の成約率です。まさしく売れないものはない。セミナーでもものすごいテンションです。さて、それほどの成約率を達成するには、どうすればいいのか。そのノウハウがこの4枚のDVDに秘められていると言うわけです。一枚目を見ただけで目から鱗が落ちたようです。私にしても、明日からは売れないものはない、と断言できるようです(笑)。

 一枚目のダイジェストとして少しだけ内容を紹介しますと、まずは、「営業の哲学」です。営業とは「ご意見聞き」ではありません。「この商品どう思いますか?」「見積もりだけでも取らせてもらえませんか?」「次回、詳しいものを連れてきてもいいでしょうか?」「一度、ご検討いただけないでしょうか?」、、、こんなのは「営業ではない」と断言しています。

 営業とは「相手を買う気に誘導すること」なのです。「売る」とは「買う気にさせる」ことなのです。それが営業、ひいては営業の哲学なのだそうです。この講師にしてみれば、商品は何でいい、何でも売れるのだそうです。そのノウハウが4枚に詰め込まれているのです。ちなみに「誘導」に用いる手法は、「コーチング」以外の何ものでもありませんでした。こんなのもDVDの中で実演されています。

 受講生からの質問にこんなのがありました。「先生は、お客さんのためにと言いましたが、自分で良いと思わない物件を売って何とも思わないのですか?」、と。

 そこでこんなエピソードが紹介されます。福岡のある辺鄙な土地に立てられたデラックスマンションを売る話です。そのマンションは駅からも遠く、周囲にはコンビにもスーパーもありません。内装もチャチな割には、価格だけは都心並みに設定しているのだとか。20人の営業マンが一年かかって3戸しか売れなかったマンションを、この講師はなんとここでも8割の成約率を達成し、バタバタと売りさばいたそうです。

 その秘訣とは、聞くと当たり前なんですが、「物件の良いところだけを見て売る」ことです。辺鄙な場所でも、自然に恵まれている、静か、眺望がいい、駅が遠くて健康にいいなど、プラスの側面だけをアピールしてセールスするのです。受講生からさらに質問が来ます。

 「実際に今住んでいるお客さんはいいと思っているのですか?」、と。ちなみにこの受講生は半分キレかかっています。この講師が口だけの悪徳セールスマンに思えたのでしょうか。講師が答えます。「物事には全てプラスとマイナスがある」、と。

 要するにどんな物件でもプラスとマイナスがあるので、お客さんには常にプラスの面だけと生活してもらえばいいのだと。そして、そう思わせることがセールスの重要な点なのだそうです。確かにそうですよね。

 今働いている会社、乗っている車、住んでいる家、使っているパソコン、恋人・配偶者など、自分ではいいと思っていても悪いところもあります。それが普通なのです。しかし、自分に関する人や物である以上、良い側面とだけ付き合っていると、全くストレスも不満も感じないはずです。悪いところを見つけるから不満に思うだけです。万物にはプラスとマイナスがある、しかし、プラスの面だけを見てそれを愛することが大切なのだと力説します。そしてそれをセールスするお客さんにも思っていただくことが、本当のお客さんのためなのだと。辺鄙な場所であっても田舎好きにはたまらないし、いいところもたくさんあるのです。これはよく聞く「陽転思考」というやつですが、この講師の表現方法は独特のテンションで、きっちりと脳に刷り込まれていくようです。

 私の文章では言い尽くせないのが口惜しいのですが、一枚目で早くもノックダウンされた気分です。それがあと3枚もあるなんて、とてもワクワクしますよね。ちなみにこのDVDを入手した経緯がとても面白いのです。私が取り扱っている物件を、顔も見ずにメールだけでセールスした方から、貸していただいているのです。初めてメールを出した時は、この方は東京にいましたが、夏に福岡に起業のために引越し来たので、最近はちょくちょく会うようになっています。人の「縁」というのは面白いものですね。

 このDVDを全て見終わった頃には、さらにパワーアップした私になっているかもしれません。ワクワクします。

眠い。。。2位に向かってクリックのご協力お願いいたします。
by katamich | 2005-09-25 23:47 | ■営業の神様
ブログトップ | ログイン