宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

カテゴリ:■営業の神様( 30 )

 今日は加賀田研修7日目です。3年間、あれほど、会いたい!会いたい!と思い続けてきた「加賀田晃」先生から、こうやって8日間に渡って研修を受けられるとは、、、私はなんて幸せなんでしょう。

 そして今日はロールプレイ大会でした。「アプローチ」から「人間関係」、「必要性」、「商品説明」、「クロージング」までを加賀田先生に続いて、何度も何度も練習します。そしてトークや話し方を覚えて、隣同士で何度も何度も練習し、身体に叩き込みます。やっているうちに、トランスに近い感じになり、無意識で台詞が出てくるようになってきました。今日の加賀田先生の教訓は、、、

ガムシャラに!!

です。とにかくガムシャラにしゃべってたら、台詞など出てくるし、忘れても何とかなるもの。素晴らしいなあ。人生、ガムシャラ!!何事もガムシャラにやりたいと誓います。

 そんなこんなでとにかく何度も何度も練習します。加賀田先生のトークは毎回毎回微妙に違います、ポイントは決して外しません。しかも加賀田先生は商品のことをほとんど知らずに、次から次へとトークを生み出します。完全に即興で。なぜこんな芸当ができるのか。それは二つの要素からだと考えます。それは、、

・骨格が身体に入っている
・必要なフレーズをたくさんストックしている

 つまり、営業トークで重要な流れ(骨格)がまず完全に身体に入っています。「アプローチ」は一つだけですが、「人間関係」「必要性」「商品説明」については、トークの内容は違えども、その展開(起承転結)は常に同じ。その展開、つまり骨格に枝葉をつけているだけなのです。そしてその「枝葉」がフレーズです。とにかくボキャブラリーが豊富なんですが、こればかりは経験の差もあるでしょう。しかし、使えるフレーズは限られているので、今、重要なフレーズをいくつかロールプレイで叩き込んでもらい、実践で使えるようにします。なんだかジャズに似ています。

 ジャズもまずは骨格(コード進行、理論)を理解して、そこにいろんなフレーズを当てはめてアドリブします。いわゆる「バークリーメソッド(ジャズで有名なバークリー音楽大学のやり方)」というのがこれ。理論を叩き込んだ上で、多くのフレーズを12調性で練習するのです。そして本番(ライブ)では、ほとんど無意識のうちにアドリブができるまで、何度も何度も何度も反復練習するのです。加賀田先生は「営業は科学」と言いますが、まさにそう。科学なんです。ですので、必要なことを学び、反復練習するだけで、誰もが営業のプロになり、その結果、「経済」と「人間関係」において、完全に「自由」になれるのです。一言で言えば、ものすごいリッチマンになれるのです。加賀田先生はもちろんものすごいリッチマンです。半端じゃないです。

 で、結局、、、加賀田式って何だろう、、、ということですが、一言で言って「愛」ですが、別の言い方をすれば、これを身に着けるだけで、あらゆる不安から開放され、思いのままの人生を実現する「魔法」だと言えます。しかもその「魔法」を身につけるには、才能は関係ありません。まずは「理解」して、ひたすら「反復練習」するだけで、その「魔法」を身につけることができるのです。身に着けるまでの期間は一ヶ月。そして私は、、、その「魔法」を今まさに自分のものにしようとしています。

 そしてさらにその「魔法」を伝えることが、私のミッションだとも考えています。加賀田先生より直接伝授してもらったこの「魔法」、、、次に披露するのが6月7日・8日のセミナーとなります。どうぞお楽しみに!!

クリックして「魔法」を身につけましょう♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

・6月7日(土):初夏のパワーアップライブセミナーin大阪
・6月8日(日):初夏のパワーアップライブセミナーin金沢

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-05-19 23:18 | ■営業の神様
 今日は休日。昨日の研修の後、会社の人たちと久々に「焼肉」を食べに行きました。佐賀牛を炭火で焼くのですが、これがまた、めちゃくちゃ美味しかったです。ただ、私の場合、お肉をたくさん食べた翌日は、たいてい顔にブツブツができてしまい、やっぱり今日も出ていました。ただ、2日後には消えるので問題ないのですが、とっても敏感な体質になったものだな~ということです。で、今日は一日、マンガ読んだり、昼寝したり、ネットしたり、教材を読んだりして過ごしました。

 それでもやはり加賀田晃先生の余韻はまだ消えそうになりません。研修が二日間延びたので、明日明後日もあるのですが、木金と参加された東京組のブログやミクシィを呼んでみても、私と同様、まだまだ興奮が冷め止まぬ感じでした。加賀田晃先生、、、出会えたことに本当に感謝しています。で、私や東京組のブログなんかを見た人たちの中では、今、にわかに加賀田ブームが巻き起こっているようです。加賀田先生から「キミは大げさ」と言われたのですが、実際にお会いしてみると、私の言うことが「大げさ」でないことは、実際にお会いした東京メンバーなどがよく実感していると思います。正直、私は海賊版で出回っているDVDで人生が変わりましたし、実際に会って、さらに人生が変わっているのを実感しています。そしてたった1~2日間の研修を受けただけなのに、東京メンバーの方たちも人生の変化を体感しているようです。もし可能であれば、近々、東京で加賀田先生の講演会を企画したいと思っています。まさしく「加賀田祭り」ですね。

 で、「祭り」と言えば、一つ、アナウンスさせて頂きます。来週5月22日(木)ですが、鳥居祐一さんが主催するインターネットTVに出演することになりました。その名も、

インターネットTV『鳥居祐一と愉快な仲間たち<賢者の交遊録>』

です。この番組は4月からスタートし、基本的に毎週木曜日の夜8時から生中継されています。内容としては、毎回、メインのゲストが鳥居祐一さんとリラックスした雰囲気で対談しながら、人生や成功に関する「いい話」をお届けするといった感じです。これまでのメインゲストは本を出版しているなど、それぞれに成功されている早々たる顔ぶれであり、その中で、突如、彗星のように登場するのが、、、私です。中継ではメインゲストだけでなく、いろんな人が参加されており、料理やワインを楽しみながら和気藹々とおしゃべりする感じです。

 で、今回は「Qさん祭り♪」というテーマのようですので、私がフューチャーされることになるのですが、生中継。さて、どうなることやら。鳥居さんが上手にリードしてくれるとは思いますが、生中継だけに、何を言い出すか、何が登場するか、自分でもわかりません。ただ、私的には生中継の方がリラックスしそうです。生中継の利点は「失敗がない」ということ。とにかく出てしまえば、それが「成功」なんです。録画だと録り直しとかあるでしょうが、生中継はそれができない分、スタートすれば自動的に終わります。で、出てしまったものは、どう転んでも「成功」なのです。なので、失敗のない中継。とても楽しみです。皆さん、見てくださいね~。

 ついでに言うと、来週のスケジュールは月火と加賀田研修。水曜日は雑務。木曜日に東京に移動して、打ち合わせとTV出演。金曜日はお昼に出版社と打ち合わせ。夜は11月のインドメンバーとインド料理店で勉強会。というより、単なるお食事会。インドに行かない方も参加されますが、それはそれで良しかな(ただし、定員はマックスです)。とにかくその勉強会(食事会)には加賀田研修を受けた人が私を含めて4人もいます。となると、その場は必然的に加賀田!加賀田!加賀田!となるでしょう。楽しみだな~。

 ところで今回の加賀田研修を受けてみて、改めて思ったことがあります。それは「人はどうすれば本当に幸せになれるか」ということ。言い換えると、「永遠にHappyであり続ける方法」についてです。加賀田研修のテーマは「営業」なので、それこそ営業とは何ぞや?に始まり、その技術や練習方法などについて、実演を交えながら、非常に細かく教えて頂けます。その中で、人生を本当に幸せに送るための、秘訣や教訓などが、時として力強く語られます。

 6日目に営業の「極意」として3つのことを学びました。それは、、

「愛対意識」
「当然意識」
「不諦意識」


です。簡単に言えば、「愛対意識」とは相手を愛すること。「当然意識」とは売れて当然と思うこと。「不諦意識」とは絶対に諦めないこと。そのうち「愛対意識」とは、実際、これこそが宇宙の普遍の法則と思われるものでした。加賀田流で言う「愛」とはまず、「相手をHappyにすること」ですが、相手に対してその「愛」を向けると言うことは、まさしく「相手をHappyにすること」です。しかし、多くの人は、まずは自分自身がHappyになることを重視します。これが本音だし、これが人間です。

 しかし、本当に、本当に、本当に、自分が幸せになりたいのであれば、それは「宇宙の法則」のごとく方法があります。それが「愛対意識」であり、つまりはまず自分から相手をHappyにすることなのです。人から嫌われるためにはまず人を嫌うこと。人から殴られたければ人を殴ること。人から騙されたければ自分から騙すこと。逆に人から好かれたければ、まず自分から相手のことを「好~き~」と思うことです。そして自分が幸せになりたければ、まず自分から相手を幸せにすること。

 実はちょっと考えてみると、、、私の周囲で幸せな人。。。誰がどう見ても、人を幸せにする人ばかりです。もちろん皆がみんなを幸せにしているとは限りませんが、少なくとも身近な人から一人でも多くの人を幸せにしている人ばかりです。こんなことを言っては支障があるかもしれませんが、あえて言います。私はセミナーをこれまで何度もやって、そして毎回懇親会もしているのですが、ようく観察してみると、懇親会以外でも何かと誘われたり、楽しそうにされたりしている人は、例外なく「自分から相手を喜ばせる習慣」があるように思います。例えば会うとすぐに外見や持ち物、表情をほめたり、笑顔で話しかけたりされています。で、自然とそういう人の周りには人が集まってきます。しかし一方で、単に集まっていくだけで、自分からは何も言わない、しない人もいます。そういう人はどうかと言えば、その時は幸せな気分でいても、実際にそれが続くわけではありません。

 例えば自分で言うのもなんですが、私の周りには多くの人が集まってきます。加賀田先生の周りにも集まっています。それはなぜか。おそらく自分から相手に話しかけたり、誉めたりする習慣があるからだと思います。私に近づくと何か話しかけられるし、何か気分のいいことを言ってもらえる。だからでしょう。で、私の周りにいるといくらかいい気分になるのでしょうが、私自身は実はその中でも「好きな人」と「そうでもない人」の区別はあります。ではどういう人が「好き」なのか。言うまでもありませんが、話しかけてくれる人、関心を持ってくれる人、誉めてくれる人が好きなのです。

 例えば会って開口一番、「うわ~女子大生みたいだね~!」と私が驚いたように言うと、「またまた~、Qさんもお顔がつるんつるんじゃ~ん!」と言ってくれる人が好きです。別に「つるんつるん」と言われることが無上に好きというわけではありませんが、やっぱり何か反応して嬉しいことを言い返してくれる人が好きです。また、私のことを「好き」と言ってくれる人が好きだし、私も躊躇いなく「好き」と言ってしまいます。女性であれ男性であれ。しかし、何か言ってくれるのを待ってるだけの人も世の中にはたくさんいます。そういう人は何か言ってくれる人に近づけばHappyな気分になれるかもしれませんが、いつもHappyでいられるとは限りません。しかし、自分から相手をhappyにする習慣のある人は、いついかなる時でもHappyでいられます。
 
 幸せになりたければ、まず自分から相手を幸せにすること。人から好かれたければ、まず自分から相手を好きになることです。で、こんなこと言うと、誤解する人もいるかもしれません。例えばある男性がある女性のことを「好き」だとします。で、実際に好きだと言ったり、プレゼントなども贈ったりして、好意を示そうとします。しかし、だからと言って、必ずしも好かれるとは限りません。場合によってはストーカーみたいになって嫌われることもあります。すると、自分から好きになっているのに、どうして相手は自分のことを好きにならないのか。Qの言うことは間違ってるではないか、と言われるかもしれません。が、別に間違ってはいないのです。

 相手のことを好きと言おうが、プレゼントを贈ろうが、結果として相手をHappyにしていないのであれば、好かれるはずがありません。「好き」と言えばすぐに誰からも好かれる、そんな単純ものではないでしょう。そもそも相手をHappy にしない人間から「好き」と言われても、それは迷惑なだけです。例えば普段から人の悪口ばかり言ったり、自分ことを卑下してばかりいる人から「好き」と言われても、私はとても迷惑です。しかし、普段から愛に溢れ、つまり人をHappyにすることが習慣となっている人から「好き」と言われたら、純粋に嬉しいです。女性であれ、男性であれ。

 重要なことは、まずは「自分から」なのです。加賀田先生を見ていると、つくづくそう思います。先日、朝、エレベーターにたまたま乗り合わせた際、何かのユニフォームを着た40代くらいの女性が乗っておられました。全然知らない方です。そこで加賀田先生はエレベーターに入るや否や、「なんだか生き生きとしてますね~、スポーツのインストラクターですか?」と笑顔で質問しているのです。質問された女性は嬉しそうに顔を赤らめて「ウエイトレスの服なんです、これは・・笑」と返事しておられました。これ、、、加賀田先生の「習慣」なんですね。

 ですので、加賀田先生の周りにはいつも人がいますし、実際、営業をすれば、何を扱っても「売れる」のです。まさしく習慣。そういう習慣がなく、普段から人の悪口ばかり言っている人が、いくら「好き」と異性に言っても、好かれるはずがありません。もし好かれたければ、普段からいろんな人のことを好きでいることです。

 まずは自分から。自分から話かけ、自分から好きになり、自分から相手をHappyにするのです。そういう「習慣」がある人は、永遠にHappy であり続けるでしょう。しかももう戻れません。努力しないと不幸になれないのです。ただし、今、幸せでない人は、どうか人を幸せにする「習慣」付けを意識してもらいたいものです。私もこの一年、セミナーなどを通して、いろんな人と出会ってきましたが、本当に心を許して付き合える、インドやハワイなど旅行とかにも行きたいな~と思う人ってのは、相手をHappyにする習慣のある人なんです。そんな気づきがありました。私ももっともっとHappyになりたいので、これからももっともっと人をHappyにしていきたいですね。

Happyなクリックお願いしま~す♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

・6月7日(土):初夏のパワーアップライブセミナーin大阪
・6月8日(日):初夏のパワーアップライブセミナーin金沢

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-05-18 23:56 | ■営業の神様
 昨日は終電近くまで盛り上がりました。とにかく加賀田晃研修の余韻をみんなでシェアしたくって。ビールも美味しく、仲間達も素晴らしい。最高のアフターでした。

 そして今日もいい目覚め。6日間の研修の6日目ですが、実際は8日に延びました。今日はいつもよりも広い会場になり、人数も多かったです。私の東京セミナーに参加された方々も、昨日に引き続き。今日のテーマは営業実践に先立っての「スタンバイ」、そして営業の「極意編」でした。まず、、スタンバイから。いつものように「前置き」が入ります。加賀田氏は現場での営業でも研修でも「前置き」をとても重視します。「前置き」で引き付けて、引き付けて、そして引っ張って引っ張って、、、最後に本題でドカン!という感じ。

 加賀田氏は39歳から現場から身を引き、企業研修業を開始しました。企業の「顧問」なども引き受けます。ただ、それと同時に「売ってください」という依頼もよくあります。多くは「売れ残りの不動産」。額が額だけに売れ残ったらエライことです。それを実際に売ってくれ、、、と言われるのですが、そのすべて、、、期待以上の仕事をします。

 余談ですが、加賀田氏いわく、、、世の中で一番「簡単」な営業は、、、不動産であると。例えばアンケートをとったとしましょう。今、一番欲しいものは何ですか?と。するとその多くが「一戸建て」とか「マイホーム」と答えます。その次が車とか趣味のものになるのでしょうか。いずれにせよ、多くの人が欲しいと思っているものが「マイホーム」なのです。決して浄水器や英会話教材ではありません。多くの人が一番欲しいと思っているもの。しかもそれをオープンハウスなどお客さんの方からやってくるのです。買う気のない人に飛び込むのではありません。買う気がある人が向こうからやってくるのです。しかも一千万円の物件には一千万円払える人が、一億円の物件には一億円払える人が来るのです。頼みもしないのに。そこまで条件がそろっていながら、なぜ売れないのか。加賀田氏は「不思議だ」と言います。普通に売れば売れるもの。多くの人は普通に売ってないだと言います。そして言うまでもなく不動産は額が半端ではありません。物件が売れたときの営業マンに支払われるフィーは最大6%と決まっています。となると一千万円の物件なら60万円。四千万円の物件なら240万円。一億円の物件なら600万円。それが「口一つ」で手に入るのです。闘志だって出てきます。でも売れない。しかし、、、加賀田式ならほぼ売れる。それも気持ちよく。

 余談の余談ですが、昨日今日と東京メンバーが来ていつもよりいっそう盛り上がりました。おかげさまで研修も盛り上がりました。その東京メンバー、、、実は只者ではありません。今日は4名でしたが、どの方も、、ちょっと凄い方ばかり。そんな方々が私のセミナーにいつも来ていただけるのですが、本当に光栄だと思っています。今日のお昼は東京メンバーが加賀田氏をランチに誘いました。昨日からその話はしてたのですが、午前中の研修が終わって私がトイレから出ると、加賀田氏とエレベーターに乗っていました。そして私もついて行きます。ランチは加賀田氏を囲んでとても楽しく頂いたのですが、その東京メンバーたち、、、加賀田氏から「お墨付き」をもらっていました。「必ず成功する」、と。今まで営業経験のないKちゃんなんかは、「キミ、100パー売れるよ。一億であろうが二億であろうが、か~んたん!」と言われ、「その時は彼(私のこと)を助手で雇ったらいいよ。もしキミ(Kちゃん)と彼(私)がヨーイドン!で家売り始めたら、たぶんキミが勝つよ!」とまで。本当にそんな気がします。たぶん宝石なんかも簡単でしょう。また主婦として参加されたMさんは、自己紹介のとき、「主婦の方が、、、何しに来たの(笑)」と言われたのですが、夢を持ち具体的なプランもあるスーパー主婦です。ただ、何かもう一歩が必要だと考えていた矢先、加賀田氏から手相まで見てもらって「キミもやったら必ず!成功するよ!」と言われて、その一歩へのブロックが外れたことでしょう。その他の方も「只者ではない」と「お墨付き」を頂いていました。ただ、それもそのはずです。平日に東京から安くない交通費使って、時間かけて来る人たちです。つまりチャンスは絶対に逃さない人。チャンスをチャンスと察知できる人。そんな人たちが「成功」しないはずありません。

 鳥居祐一さんが「富のシンジケーション」と言うように、そういう人たちとはまさしく「富」を共有し、交換し合えるのでしょう。来年はみんなで「ハワイ」に行く計画があるのですが、安くないコンドミニアムを借りて、海を見ながらゆっくり過ごすのです。爆笑しながら。幸せを噛み締めながら。俗っぽい言い方に聞こえるかもしれませんが、やっぱり物質的な豊かさも大事です。いや、物質的な豊かさこそが大事です。それが満たされている人の方が、はるかに精神的にも満たされやすいのが事実です。もっと正確に言うと、本当に豊かな人は物質的にも精神的にも満たされています。どちらか一方は満たされているけど、一方はそうでない、、、なんてのは「世の矛盾」です。満たされている人は物心両面において満たされています。そしてそういう人はそういう人同士で付き合います。

 で、何が言いたいのかというと、今日来た東京メンバーなんかとは、これから先、生涯の付き合いができるでしょう。とりあえず「営業」ができるので、「お金」の心配は一切ありません。もちろん「人間関係」の心配もありません。「お金」と「人間関係」、、、年間3万人と言われる「自殺」の原因のトップ2です。その原因とは無縁の仲間達。まさしく「気分がいいね~」です。そうそう、加賀田氏は研修の間、何かにつけて「気分がいいね~」「気分がいいよ~」と言います。ですので、私もすぐに「気分がいいよ~」と言ってしまっています。それも加賀田口調で。左胸に両手を当てながら。なので今では「口癖」になってしまいました。口癖になる、、、佐藤富雄さんではありませんが、口癖こそが「現実」を作るとすれば、私は常に「気分がいい」という現実ができているのです。

 話を戻します。加賀田氏は研修業を始めてから、「顧問」や社員の指導をしながら、現場に出て「売る」ことがしょっちゅう。ある国際的な展開をする不動産会社の顧問になったときの話。詳細は省きますが、ある県で未完成の物件を5件、、、売らなければならなくなりました。その社長は非常にワンマンで泣きが入る社員がたくさん。ある土日、5件の物件を即日契約すれば報奨金を出す、、、と社員に通達されました。しかし「即日契約」はかなり無謀です。単に申し込みをして手付金を置くだけではありません。数百万円の契約金をその日にもらい、その日にすべての契約を完了するのです。加賀田氏は社員の顔を見て、、、「ここは俺の出番だ・・」と「顧問」から「営業マン」として戦闘態勢に入るのです。

 その結果、、、、様々なドラマがあったのですが、加賀田氏は「売り切り」ました。。。しびれる~! で、この話のテーマは「スタンバイ」、つまり「日常」から「営業マン」へと「変身」すること。「変身」さえできれば、何でも、、、売れる。その「変身」のノウハウを一緒になってロールプレイしながら学びました。チャンネル入りました~。で、午後は営業の「極意」について。これもしびれた~!

 明日は私にとって初の「企業研修」です。私が講師です。その企業は、、、まさしくここ。加賀田研修を受けている会社です。連日、加賀田先生の研修を受けている社員相手に何を研修するのか、、、まさしく「戦闘態勢」です。ふふふ。楽しみ。

クリックして成功者へと変身しましょう♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

・6月7日(土):初夏のパワーアップライブセミナーin大阪
・6月8日(日):初夏のパワーアップライブセミナーin金沢

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-05-16 23:08 | ■営業の神様
 今日は加賀田研修5日目。

 今日は一体何が起こったのか。

 とてもじゃないけど、言葉では伝えることはできない。

 むしろ言葉にすればするほど、読者と私の間の距離が離れていくだろう。

 それだけ凄い瞬間だった。

 この世に生を受けて35年。

 およそここまで影響を与える、ここまで凄まじい人間にあったことがあっただろうか。

 なぜ加賀田晃が「営業の神様」と呼ばれるのか。

 また少しわかった気がする。

 いや、本当は全然わかってないのかもしれない。

 今日の研修は私の東京セミナーに参加された方も数名。

 初日の私のように、「神」を前にして当然興奮状態。

 午前は必要性からクロージングまで。

 そして本当の「神」は午後に降臨。

 世にも恐ろしい「原野商法」の話。

 今日の本題ではない。

 しかし、、、この話に加賀田晃が「神」である理由が。

 私のある発言によって口火が切られる。

 現役営業マンとして17社を経験中、そのすべてにおいてナンバーワンの成績を残す。

 そして一社を除いて、16社すべて初日からトップ営業マン。

 しかしその一社には、、、加賀田晃、人生で唯一「すごい」と認める男がいた。

 それが「原野商法」のダイリュウ株式会社。

 唯一。

 加賀田晃が、、、この男は、、、すごいと思った人間が。

 そのダイリュウ株式会社において、、、加賀田晃の初日は屈辱的なゼロ。

 肩を落として集合場所である神社に加賀田晃が向かった。

 そこにその男がいた。
 
 「今から見込み客のもとに行くので、よかったら着いてこないか」

 その男が加賀田晃に言う。

 断る理由なし。

 見込み客はご主人と奥さん。

 その男は重度の歩行困難者。

 オマケに重度の吃音症。

 そして世にも醜い容姿。

 歩行困難につき、加賀田晃が「カバンを持ちましょうか」と言う。

 するとその男。

 「俺が重いカバンはお前が持っても重い」

 と一言、歩き続ける。

 そして見込み客の元へ。

 そこで青年加賀田晃は、、、世にも、、、

 その男。

 「原野商法」のダイリュウ株式会社のスーパー営業マン。

 歩行困難、吃音症、醜い容姿。

 その営業は。

 加賀田晃、、、絶句。

 しかし翌日から加賀田晃は数字を上げる。

 結果として、その男は加賀田晃が原因で会社を追われることになる。

 会社を辞めた即日、、、加賀田晃は、その男から呼び出される。

 そこであることを告げられる。

 私は、、、泣いた。

 私の仲間の東京組も泣いた。

 加賀田晃。

 ダイリュウ株式会社、、、出社二日目の話。

 この話も、、、泣いた。

 これがDVDに残るのは奇跡だと言える。

 この話を聞いた人間は、、、生まれ変わる。

 研修終了後。

 私たちはこの気持ちを、、、どうにかしたく、、大阪城を歩く。

 夕焼け。

 青春。

 そしてビールを流し込む。

 終電まで。

 今日は数名の人生が変わった日になった。

黙ってクリックするしかない♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

・6月7日(土):初夏のパワーアップライブセミナーin大阪
・6月8日(日):初夏のパワーアップライブセミナーin金沢

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちら
by katamich | 2008-05-15 23:36 | ■営業の神様
 今日は休日。大阪の実家ですが、何だかすっかり慣れた感じです。そして楽。実は加賀田研修が延長することがほとんど決まった感じなので、6日間が8日間になりそうです。DVDの収録もあるので、取りこぼしのないようにゆとりをもってやっていたら、結局、盛り沢山になり過ぎて、延長することに。。。まだ決定ではありませんが、ほぼそうなるだろう、、とのこと。加賀田先生も大変だろうに。しかしこんなに贅沢なことはありません。今年は本当に凄いことになってるな~。

 で、延長が決まったら、そのついでではないですが、週末にあることを頼まれてしまいました。私にとっては願望実現の一つです。何だか近頃思ったことが次々と実現しているな~。そんで月火と延長分の加賀田研修で木曜日から東京です。となると、福岡に帰る暇がありません。予定としては、22日木曜日、、、あるメディアに登場します。これについては近々正式にアナウンスしますので見てくださいね~。そんでその前後、打ち合わせなどがあり、金曜の夜はインドの勉強会です。11月のインドツアーのメンバーと。と言っても、インド料理屋で食べて飲むだけと思いますが。そしてようやく24日に福岡に帰ります。と言うことは、8日から24日まで。何と5月は半分以上も家にいないことになります。こんなことってインド旅行以来初めてだし、もちろん結婚後初めてです。実家が大阪なのが幸い、朝晩の食事に駅からの送迎付きホテルみたいなものです。もちろんタダですが。福岡、大阪、東京の流れを作る、、、これも思った通りになっています。ちなみに6月も前半は大阪で後半は東京に行きます。今年は一体どうなっているのでしょうか。思っていたことが次々と実現しちゃっています。。。

 そう言えば昨日の占いの話じゃありませんが、神田昌典監修の「春夏秋冬理論」でも「春3年目」で最も上昇幅の大きく、ほっといてもうまくいく「夏」の直前です。だからこそ今、いろんなことにチャレンジして芽を出しておく必要があるということ。また、2年ほど前、占いをする知人から「占星術」と「手相」を見てもらったのですが、その時、「Qさんは35歳から爆発しますね」みたいなことを言われました。その方はアマチュアですが、占い暦は長いようで、それだけ腕も確かです。今、35歳じゃん。ますます、占い、信じるようになっています。

 ちなみに昨日は帰りに「人相」と「手相」の本を買ってしまいました。今までは「手相」とか興味なかったのに、加賀田先生に言われると、途端に興味が沸くものです。ちなみに「ホ・ジュン」という韓国ドラマも加賀田先生おススメらしく、同じく韓国ドラマ狂いの母親に聞いたら、途中まで家にあるということで、ちょっとだけ見ました。韓国ドラマの欠点は2つあります。それはやたら長いこと。もう一つは最初の方、あまり面白くないこと。つまり、3話くらいまで見て初めて面白いさがわかり、そこからはかえってハマってしまうわけです。なので「ホ・ジュン」はまだ面白くなっていません。でも見ると思います。加賀田先生のおススメなので。

 てなわけで、今はもう、しつこいくらいに加賀田、加賀田ですが、許してやってください。今、加賀田晃の話をしなければいつするのでしょうか。と言っても、いつもしてますけどね。3年前にDVDで私の人生を変えてしまい、そして今、生加賀田でさらに人生が変わってしまっています。正直言って、今、世の中に対する「不安」がほとんどないですね。あるとすれば「メタボ」くらい。でもこれは必ず落とします。必ず落とします。

 そう言えば、今月はまだ「宝満山」に行ってません。福岡に帰るのは24日です。と言うことは、最後の週に3回登らなければなりません。月曜日に登るとすれば、一日置きには登らないと。これで少しはメタボ燃えるかな。しかも滝にも行ってません。再来週の「Q州ツアー」もあるし、それまでには滝にも行っておきたいところ。もしかして最近・・・忙し過ぎ??

 ただ、人は暇よりも忙しい方がいいのです。加賀田先生が言う「幸せ」とは・・・ズバリ、「熱中」のこと。加賀田先生の人生を変えた一冊、、、それはサマセット・モームの「月と六ペンス」という実話をもとにした小説。モデルとなったのは画家のポール・ゴーギャン。私も読んだことはありますが、正直、人生を変えるとは言いがたいというか、よくわからない小説でした。それだけ青年加賀田晃の心は純粋だったのでしょうか。主人公のストリックランド(モデルはゴーギャン)は、絵を描くためだけに、安定した生活を捨て、妻子を捨て、タヒチに渡るのです。間もなく画商たちがストリックランドの絵を買いに来ます。「いくらですか?」と聞くと、「持っていけ!描いた絵に興味はない!」と言い放ちます。その台詞に、、、青年加賀田晃は何時間も考え込んだそうです。そもそもこの小説のテーマは「不可解」です。その不可解な小説の台詞の一つ一つにひっかかり、何時間も、何日も考え込んだそうです。その結果、、、ストリックランドは幸せである、と。なぜなら安定した生活やお金や家族よりも、自分のしたいことに「熱中」できるから。言い換えると、「熱中」できるものを持っているからだと。

 すいません、、伝わりませんよね。やっぱり文章の限界のようです。今、私が「熱中」しているものは、、、なんだろう。強いて言えば、、、加賀田晃。とりあえず今は。明日は5日目です。ではまた。

クリックに熱中してください♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

・6月7日(土):初夏のパワーアップライブセミナーin大阪
・6月8日(日):初夏のパワーアップライブセミナーin金沢

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちら
by katamich | 2008-05-14 21:57 | ■営業の神様
 5時起床。スッキリ目が覚めます。それからブログの更新、コーチング、朝食を済ませ家を出ます。今日は加賀田研修4日目です。今回はDVD収録もあるので、通常4日間で済ませるところを6日間(以上?)続きます。で、今日のテーマは「禁断の術」でした。正確に言うと、人間関係を瞬時にバチ~!と築く禁断の術。悪用禁止。
 
 研修が始まると最初に一人ひとり今のご気分を尋ねられます。5秒ないし10秒で。ただ、ほとんどの人が30秒から一分以上しゃべります。ちょっと余談ですが、、、これ、とても重要なんです。何が重要かというと、「5秒なし10秒で」と言われたら、それをきちんと守ること。加賀田先生は何も言いませんが、、、きちんとチェックしています。「5秒ないし10秒で」と言って、その通りにしゃべる人とそうでない人を。私はもちろん聞き逃さないので、きちんと10秒以内でおさめていますが。

 言うまでもないと思いますが、時間が短ければ短いほど、物事を伝えるのは難しくなります。長くしゃべることが凄いのではありません。いかに短い時間で、的確に表現するかが一番難しいのです。ニクソン元米大統領の言葉ですが、

「5分間のスピーチには、一週間の準備期間がほしい。10分なら、一日考えさせてくれ。 一時間のスピーチ? 今すぐにやってあげよう。」

というのがあります。まさにその通り。私も一時間のスピーチならば、その場でできると思いますが、3分でと言われたら悩みます。ましてや「10秒」と言われたら、、、挑戦するしかありません。加賀田先生の前というのもありますが、いつも私の番に近づくと緊張します。10秒で何を言おうかと。多くは反応に乏しいので、上手にしゃべれた試しはありません。しかし、今回の参加者の中に、その達人がいます。時間を制限されずとも、必ず5秒程度で凄いことを言う人が。それも毎回。狙ったわけではなく、自然に言えるのです。いつもその人の発言の前になると、意識がその方に集中します。私はもちろんですが、加賀田先生も、その人の発言に注目します。そして、、毎回、凄いことを言います。5秒で。加賀田先生、、、「君、席替わらない?君の方が私よりもずっと雄弁だよ」、と。その言葉はあながちジョークではないほど、その方の発言には「内容」があります。その発言を文章にしてもおそらく伝わらないでしょう。その方の言い方、声、間、表情、、、すべてがあって初めて伝わるもの。私もとても勉強させてもらっています。おそらく近々発売される「公式加賀田DVD」にも収録されていると思うので、興味のある方はどうぞご入手ください。私も登場していますが。。。

 話を元に戻します。朝一番、一人ひとり話をしていく中で、ある方が突然前に呼ばれました。「手を見せて」、と加賀田先生。その方の手を見て、ほくそ笑みながら、ピシャッと手を叩きます。そして言います。「明言しよう。君は将来、必ず成功する!」、と。そのような手相なんだそうです。前も言いましたが、加賀田先生は手相人相を見る達人でもあります。40年以上、人の手相や人相を見てきて、その結果、「占いは当たる」という結論を導きました。その方はまだ20代なのですが、その加賀田先生から「必ず成功する!」と言われて、とても励みになってでしょう。そしてそこから「インスタント手相講座」になりました。テーマは「金運」。その人が「金運」があるかどうかを一発で見る方法について。ドキドキ。

 私の「金運」は、、、「ある」、そしてさらにその途上にあることがわかりました。ただ、それと同時に「貧乏」になる可能性もあるようです。すべてはこれから生き方次第。ただ、少なくとも「金持ち」にしかならない、「貧乏」にしかならない、というわけではなく、生き方次第でどちらの可能性もあるし、今現在の方向性で見ると「金持ち」になる方が強いようですので、このまま進めばいいということ。

 ちなみに「手相」「人相」は変わるそうです。豊臣秀吉のように手刀で手相を作っていた人もいますが、まさしく「生き方」次第で手相は変わるとのこと。そういえば、私は小学生の頃「運命線」がありませんでした。確か「ドラえもん占い」みたいな本で見たと思うのですが、当時、「僕、運命線がない」とか言ってたのを覚えています。しかし今はきちんとあります。そもそも子どもは「運命線」が出にくいそうなんですが、おそらく「運命」がさほどハッキリと決まってないからだと解釈できます。大人になるにつれて、生活習慣や考え方、人間関係などによって、次第に「運命」なるものが確定していくのでしょう。ちなみに私の「運命線」は小指側(月丘)から中央に向かって曲がって伸びています。これは「他人(身内ではなく)から援助を受けて成功する相」なんだそうです。当たってる(当たる)かも。。。
 
 で、朝一番に簡単な「手相講座」があり、最後の30分で「人相講座」が開催されました。見たところ加賀田先生は大まかにしか内容を決めておらず、細かいことをその場その場の流れのように見受けられます。その意味で、今日の「手相人相講座」も突然開催されたのですが、結果として今日のテーマである「人間関係」にとても関係があることがわかりました。

 そんなわけで、午前は占いの話が長く続き、「人間関係」を瞬時に構築するための「理屈」について講義されます。午前中の後半。もう、泣きました。いよいよ始まるのです。私のセミナーでも取り入れている「加賀田式人間関係構築法」が。加賀田先生は営業マンです。そしてご自宅は豪邸です。いろんな営業マンがひっきりなしに飛び込んでくるそうですが、同じ営業マンとして無碍にはせずとも、やんわりと断ることがほとんどです。それでも、ごく稀に、、、断らないこともあるそうです。それが生命保険であろうとなんであろうと。また加賀田家の豪邸にはお庭があります。それも非常に特徴的な。そこにはBOSEのスピーカーが数台取り付けられてあるのですが、何とそれを取り付けるに至るには、、、加賀田氏は営業マンに会わずして契約してしまったとか。それはなぜか。そんな話を面白おかしくしてくれるのです。もう笑いが止まりません。

 午後がスタートします。

「皆さんの中で彼女がいない人はいますか?」

という問いかけでスタートします。若い社員が多いこともあり、およそ半分近くが手を挙げます。そして加賀田氏一流の「自慢」が少々。つまり自分はモテルという話。詳細は生々しいので割愛しますが、62歳の今でも、、、若い女性を含めてめちゃくちゃにモテルのだそうです。ぶっちゃけ言って、見た目は普通の「おっちゃん」です。決して田村正和とか岩城滉一 とか加藤剛のようなルックスではありません。おまけに頭髪は、、大滝秀治です。と言うか、見た感じが既に大滝秀治。それでもモテル。なぜか。人間関係を瞬時に築く達人だからです。しかもそれは意識してそうではなく、普段の習慣がそうさせるのです。今まで何度、女性のいない世界に行きたいと思ったことか、、、などと言われます。

 もしも、「彼女(彼氏)」が欲しければ、、、か~んたん、早くて即日。そんな話をしながら、いよいよ「人間関係」の実践に入ります。ですが、その前に。「悪用禁止」と念を押します。

 さてどんな秘伝が伝授されたでしょうか。こればかりは実際に受講するか、DVDを見るしかないでしょう。もしくは私のセミナーでもこの辺は割りとメインに実践します。しかし、、、非常に肝心なことが抜けていたことに気づきました。やっぱりDVDよりも生で受けるとその情報量は違います。それにしても笑った、笑った、笑った。そして泣いた、泣いた、泣いた。憧れの「あれ」を本物から伝授されたのですから。私のセミナーでは「加賀田式」と称して実演することがあります。それなりの効果はあります。しかし本物から伝授されると、、、やっぱりまだまだ不十分だったことがわかります。裏を返すと、、、これからの私のセミナーももっとパワーアップするということ。本物にあって私になかった要素とは。。。それは「○○(漢字二文字)」です。私もこれから○○を実践してきます。

 そんなわけで今日は本当に悪用禁止の秘伝中の秘伝を伝授してもらいました。DVDで何度も何度も見て反復練習した「加賀田式人間関係構築法」、、、ついに生で受けてしも~た。これは営業に限らず、恋愛、仕事、友達などすべての「人間関係」を劇的に向上させる秘伝です。単純に「ところで社長!」とやるのではありません。本当の重要なのはそのベースとなる「○○○(漢字三文字)」を知ること、そしてその後の「○○」なのです。すいませんが、またまたパワーアップしてしまいました。。。私はなんてラッキーなのでしょう。ツイてる。ツイてる。ツイてる。

ツイてる人だけクリックお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

・6月7日(土):初夏のパワーアップライブセミナーin大阪
・6月8日(日):初夏のパワーアップライブセミナーin金沢

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちら
by katamich | 2008-05-13 23:08 | ■営業の神様
 今日は加賀田研修3日目。土日の休日をこんなに長く感じたのも久しぶり。本当に楽しくて楽しくて仕方ない加賀田研修なのです。今日もこの場にいられることの幸せを噛み締めながら受講させて頂きました。

 今日のお題は「アプローチ」。加賀田先生いわく、「アプローチ」が完璧であれば、その人は

プロ

なのだそうです。なぜ「プロ」を太文字にしたかと言うと、受講している人しかわからないと思うのですが、加賀田先生の「プロ」の言い方がとても特徴あるからです。人はほとんどの場合、第一印象で判断してしまいます。その時間は僅か数秒です。その数秒で、この人から買いたいか買いたくないかが決まってしまいます。その数秒を決定付ける「アプローチ」の要素は4つあります。それは、

「清潔で」
「明るく」
「元気で」
「礼儀正しい」


です。これさえ完璧であれば、まずアプローチで失敗することはないし、その時点でその人は営業の

プゥゥ~~ロ

なのです。加賀田先生の研修は「えぐい」です。正直、容赦ありません。まず、自分で「清潔」だと思っている人に手を挙げさせます。何と13名もの人が手を挙げました。およそ半分。そしてその人たちを立たせます。そして一人ひとり呼びつけられます。DVDの収録があるにも関わらず、さらし者にされます。細かくは言いませんが、自己申告で「清潔」と言っている人がいかに「不潔」であるかをその場でわからせます。社員さんだけでなく、オブザーバーにも容赦なくさらし者にされます。しかしさらし者にされた人は、これで一生忘れないでしょう。羨ましいです。

 で、その加賀田先生ですが、、、言うだけのことはあります。歳既に62歳。誰よりも年配です。しかし、誰よりも清潔感があります。実際、加賀田先生が営業をすると、ほとんどの人はなんの抵抗もせず、モノを買っていくそうですが、勝負は確かに最初の印象で決まっているのでしょう。そして「笑顔」。。。これは一番ヤバイです。舞台とかの役者さんが凄いな~と思うのは、シーンに入ったら、誰がいようとも役を演じきることができること。笑いの役であろうが、泣きの役であろうがお構いなし。しかし、一般の人は、「笑え」と言われても、すぐには笑えません。無理に笑ってもわざとらしくなります。しかし、加賀田先生はいざ営業のモードに入ると、本当に天真爛漫な親しみやすい「笑顔」を瞬時に作ることができるのです。しかもその「笑顔」がヤバイのです。あの笑顔を見せられると、抵抗感が一気になくなり、モノが何であろうと買ってしまいたくなるでしょう。

 昔、インドを旅行している時、乞食の子どもに取り囲まれたことがあります。その乞食たちは観光客を見つけると、誰構わずに手を差し出してきます。同じ乞食です。しかし、圧倒的に恵んでもらう確率の高い乞食もいます。それは物欲しそうな乞食、哀れそうな乞食、、ではありません。「笑顔」の乞食なんです。その「笑顔」を見ると、、、思わず恵んでしまいそうになります。おそらくそれはその乞食なりの「学習」の成果なんだと思います。心で何を思っていようとも、「笑顔」でいる方がモノを恵んでもらいやすくなる。

 加賀田先生と乞食の子どもを比べるのは、非常に失礼な気がしますが、要するにエッセンスはここ。人は「笑顔」に弱いということです。「笑顔」を見せれば、普通の人は心を許すし、自分も釣られて笑顔になります。自分を笑顔にしてくれる人。そんな人を嫌いになるはずがありません。結果として人間関係も良好になりますし、それが営業において凄い武器になるんです。私もセミナーや公演をしている時、やっぱり笑顔で聞いてくれる人の方ばかり向いてしまうし、その人のことを好きになってしまいます。これ。

 で、こんな風に清潔で、明るく、元気よく。そして礼儀正しく、、ですが、これはまさに圧巻。言葉遣い、お辞儀の仕方、名刺の渡し方にいたるまで、多くの人がほとんどできていないことがわかります。普通、お辞儀というと45度の角度くらいが一般的でしょうが、加賀田式のお辞儀は90度です。もちろんいつもいつもではありませんが、ここぞという場合のお辞儀は90度です。「90度」と言葉にすると不自然な気はしますが、その「効果」を考えると一目瞭然。45度と90度とでは、その「迫力」が違います。実際、加賀田先生が営業するとき、お客さんの前で90度でお辞儀した際、きちんとした人ならば、そこで急いで座りなおす、背筋を正すそうです。その加賀田式お辞儀、、、生で見てしもた。。。。素晴らしい。

 他に重要なのは「手」です。「手」がきれいかどうかも営業に重要です。お客さんの前でお話しするとき、ずっと直立しているわけにはいかないでしょう。多くの人は片手で手刀を作りながら、ジェスチャーを交えてお話するでしょう。また、資料を指差すことも多いでしょう。その際、手や指が曲がっているようでは、相手に美しい印象を与えません。手は真っ直ぐ。これだけで印象がまったく異なります。名刺の渡し方の練習もしたのですが、私は両手で名刺を持つ時、指が曲がっていてさらし者にされました。そして「手」の練習。「とんでもございません!」「社長!」「おお~きな!」など、加賀田先生特有のオーバーアクションに続いて、それを真似して身体で覚えるのです。この瞬間、、、泣きました。やっぱり本物は凄い。感動です。神です。すべてが素晴らしい。

 それ以外にもアプローチの練習など、加賀田先生に続いて、何度も何度も練習します。このアプローチもまさに「芸術」。扉の開け閉めから違います。そして「失礼致します」の挨拶。「まことに失礼ですが、田中社長様でございますか?」の表情と身のこなし。社長だと分かると、「昨日はお電話で失礼致しました」と笑顔で言ってお辞儀をするのですが、その際、半歩後ろに下がるのです。なぜ下がるのか。その方が相手を敬うことになるから。そして実際目で見てその効果を実感します。とにかく、その表情、言葉遣い、手の形、身のこなし、、、微に入り細に入り、その一つ一つが「芸術」なのです。これを見るだけでも人生観が変わりそうです。

 とにかく今、すごい現場に立ち会っていることだけは確かです。。。続きはまた明日。

芸術的なクリックをお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

・6月7日(土):初夏のパワーアップライブセミナーin大阪
・6月8日(日):初夏のパワーアップライブセミナーin金沢

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちら
by katamich | 2008-05-12 05:38 | ■営業の神様
 今日は休日。夜はよく眠れます。研修中、張り詰めた空気の中で、一瞬たりとも気を抜く隙もない。研修後、帰宅するとその糸が一気にほぐれ、バタンと寝入ってしまいます。昨日も帰りの電車の中で何度も眠りそうになり、危うく乗り過ごすところでした。そして駅まで親に迎えに来てもらい、家に着くや否や、風呂にも入らずに布団の上に横たわってしまい、そのまま朝を迎えました。

 今日もまだ頭はぐるぐるしています。初日、帰宅した私のあまりの口数の少なさに、親も「何か嫌なことがあったのでは・・」なんて思ったそうですが、実際はその逆で、あまりにもドラマティックな展開と研修の凄さに私の心と身体が着いて行ってない感じだったのです。そして寝てても加賀田氏の語り口が何度もリフレインします。

 今日は頭を休めるべく、ずっとテレビ見たり、マンガ読んだりして過ごしていました。活字を読む気も起こりません。とにかく、今、起こっていることを整理することで精一杯なのです。ただ、この土日に2日間のことを私なりにまとめてみようかと思っています。これが今後、何らかの形で世に出るかもしれませんので、鉄は熱いうちに打てです。2日間もの休日があることに感謝します。

 ところで、夜、テレビを見ていたら、突然、大好きな(だった)漫才コンビ、「やすしきよし」が出ていました。お!なんの番組だろう!と見ていたら、「オーラの泉」でした。久々に見ましたが、以前に見たときよりは、胡散臭さもちょっとは緩和され、西川きよしとヘレンのドキュメントみたいな感じで進行していました。しかし、後半、、、はやり出てきました。非常に「危険」な言説が。。。

江原:言ってもいいでしょうか?
美輪:どうぞ
江原:やすしさん、今もきよしさんのそばにいます


 これです。いつも不思議なんですが、何でこんな話が公共の電波、しかも休日のゴールデンタイムに流れるのでしょうか。ま、私も滝行の時におばあちゃんが見ていると言われて、それはそれで受け止めることはありますが、だからと言って、別にどうってことはありません。少なくとも私の生活にはなんの影響もありませんし、もし仮に、そのことで何らかの支障をきたすようだったら、それを否定するだけの判断力はあります。

 ただ、人によっては「そばに亡くなったお母さんがいて、とても苦しんでいる。この仏壇を買いなさい」なんて言われて、それを真に受けて散財してしまう人も、世の中には少なくありません。やっさんがいる、亡くなったおばあさん、お母さんがいる、、、そう思うのは勝手ですが、そもそも何の「根拠・証拠」もないことは、きちんと押えておくべきでしょう。「根拠・証拠」がないことを知った上で、それを信じる信じないは「自由」です。しかし、江原さんや美輪さんが言うから、誰それが言うから、そうだ、その通りにする、なんてのは「自由」ではありません。親が言うから、先生が言うから、偉い人が言うから、マスコミが言うから、それは正しいと思うのは、真の「自由」とは言いません。本当の「自由」とは自分の内にしかないものです。そこにしっかりと杭を打った上で「オーラの泉」を娯楽として楽しむのはいいでしょう。

 しかしそのような判断基準がしっかりしていない多くの視聴者、とりわけ社会経験に乏しく、リテラシーの発達していない青少年が見て真に受けてしまうことには、ちょっとばかし危険性を感じずにはいられません。ま、この話はちょっとしつこくなるので、この辺で止めておきます。実際、「オーラの泉」を見て人生が前向きになった人もいるでしょうし、そもそも単に私の好みに合わないだけかもしれませんから。それでも「やすしさんは、そばにいますよ」という言葉を聞いて、とたんに拒否反応を起こしてしまったことは事実ですし、身元を明かした上ならば自由発言の許されるブログですので、その辺は書いてもいいかな、と思って書いただけです。

 ですが、やっぱり「根拠・証拠」は「自由」を守る上で、必要だとは思っています。ただ、それが「江原さんが言うから」では「根拠・証拠」とは言いません。やはり誰もが認める客観性のある「根拠・証拠」を求める姿勢は、リテラシーを高める上でも必要でしょう。

 加賀田晃研修の初日。こんな問いかけからスタートしました。

「みなさんは、占いは当たると思いますか?」

 私は「当たらない」に手を挙げました。これには私なりの根拠があります。一つは「当たらない占い」をたくさん見てきたから。もう一つは、たとえ当たったと思っても、実は思わせられていることが多いこと。「今月は変化の月です」という占いの結果があったとしても、実は「変化」のない人などこの世にいないのです。ですが、信じやすい人は「変化」という抽象的な言葉を勝手に具体化して(恋人ができた・別れた、結婚・離婚した、就職・転職したなど)、当たったと思わせられるのです。

 こんなわけで、私は「占いは当たらない」に手を挙げました。しかし加賀田氏の結論は「占いは当たる」でした。なぜか。そこに「根拠・証拠」があるからだと。実は加賀田氏は占いの達人でもあるそうです。特に人相や手相に関しては、かなりの精度で当てることが出来るとか。例えば「人の過去」なども、手相でかなり正確に当てることができるようです。それは加賀田氏ご本人が確かめた結果、「根拠・証拠」を確信できたからだと言います。「姓名判断」もそう。ある時、あるきっかけから新聞に出ている名前をすべて姓名判断して調べた結果、ただ一人を除いてすべて当たっていたとか。その例外の一人は、とある自治体の首長でした。姓名判断によるとその人は犯罪者になるはずなんです。ただ、その首長は間もなく、、収賄により逮捕されました。従って、「姓名判断」もかなりの精度で当たることを確認し、そこに「根拠・証拠」ができたと言うのです。

 そもそも占いの本質は統計学です。もちろん例外はあるでしょうが、統計学を突き詰めると、かなりの精度で予測が出来るのが科学です。風水もそう。つまり「占いは当たるか?」という質問に対しては根拠がある以上「当たる」が正解であり、当たらない占いはニセモノの占いと言うことができるのでしょう。なので論点は「この占いは本物か偽者か」にあるのであり、「占い」それ自体は「当たる」という結論になるのでしょう。私もこれで納得しました。

 ちなみにこの話の続きは、「皆さんは神はいると思いますか?」と問いに進み、私の答えは「いる」。そして加賀田氏の見解でも「いる」となります。ここにもきちんとした「根拠・証拠」があるのです。そして本題、「営業には公式があると思いますか?」。。。

 これは言うまでもなく「ある」であり、その公式を体得することが今回の研修の目的となります。なぜ「公式」があると言えるのか。そこにも「根拠・証拠」があるからであり、実際、その「公式」を体得した人は、とんでもないスーパー営業マンになるのです。世の中には純粋な飛び込み営業で成約できるのは数%と言われます。もしも1割から2割の割合で成約できれば、その人はその時点でプロであり、そのまま営業コンサルタントとして独立できます。しかし、それでは「公式」と言えません。加賀田氏の凄いところは、1割、2割ではありません。何度も言いますが、限りなく10割に近く、僅かに成約できないほうが例外となるのです。

 その「営業の公式」を学んだ人は、、、その後一ヶ月の「反復練習」により成約率が6割になる人もいます。飛び込みの成約率が6割。これはこの業界ではものすごい数字ですが、加賀田式の世界ではABCのCランク。Aランクは加賀田氏と同様、限りなく100%の成約を築くことができるのです。商品が何であれ。

 「オーラの泉」の話からそれましたが、「営業」における普遍的な「公式」がある。実はほとんど知られていない、加賀田氏の会社の屋号は「ユニヴァーサル・セールス・スクール」でした。直訳すると「普遍的な営業の学校」。まさしく文字通りです。そして私はこれを、今、学んでいるのです。おそらく今後、これまで「秘伝」とされていた「普遍的な営業の公式」が何らかの形で一般の世界にも登場することになるでしょう。そしてその遺伝子を受け継ぐことが私のミッションの一つであるとも思っています。今を含めて、この10日間ほどの記事は、まさしく加賀田氏の遺伝子が受け継がれる、リアルタイムなドキュメントとなることでしょう。どうぞお楽しみに。

クリックもリアルタイムにお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

・6月7日(土):初夏のパワーアップライブセミナーin大阪
・6月8日(日):初夏のパワーアップライブセミナーin金沢

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちら
by katamich | 2008-05-10 23:34 | ■営業の神様
 昨日は家に着いた時はフラフラでした。風呂の中で寝そうになり、ご飯もそこそこ、9時半には布団に入りました。それもそのはず。夜行バスで一睡もしていない上に、9時半から5時半までの間、一瞬たりとも気を抜く暇もなかったので、正直に身体が疲れていたのでしょう。その分、朝は熟睡して目が覚めたのは5時。それからブログ更新したりして、7時からコーチング。終了後、家を出て今日の研修に向かいます。スーツを着て電車に乗る。これって生まれて初めての経験でした。福岡でサラリーマンしてた時は、チャリ通だったし、大阪ではそもそも社会人してませんので。久々にサラリーマンの気持ちを味わったものです。

 9時頃には会場付近に到着して、歩いていると後ろから「Qさん!」と声をかける人がいます。以前私のセミナーにも来て頂いた、学習塾を経営されている方です。一緒に会場に入ります。そして2日目。結論。今日も泣いた。

 今回の研修は大阪の某社における新人研修に参加させてもらうのですが、同時に加賀田氏の遺伝子を残すべく、DVDの収録も行われています。これまでの加賀田氏の研修は4日で1セットだったのですが、今回は収録もあるので、取り残しのないよう、6日間に伸ばしてたっぷり受けることができます。そういう意味では最初で最後。金輪際6日間はおろか4日間をすることもないでしょう。ただ、状況に応じて2日間の圧縮したセミナーをする予定はあるそうですが、実際、話を聞いていると、それも不確かな状況のようです。極端な話をすれば、生の加賀田氏の研修を受けることが出来るのは、今回が限りなく最後のような気がします。とにかく、いつも、いつも、全力投球。体調が悪くても、のどが痛くても、まったく手を抜くことなく全力投球なのです。もしかしたら私は、、、今、凄い現場に立ち会っているのではないか、、と身震いさえします。

 今日の内容は「哲学編」の続き。DVDは当然編集するので短くなります。しかしこう言っては何ですが、もしかすると、、、編集でカットされる部分にこそ、加賀田晃の真骨頂があるのでは、と思う瞬間が何度もあります。とにかく加賀田氏のモットーは建前、抽象論、なんのその。すべて「本音」で貫きます。それだけに「実名」もしょっちゅう登場するし、キワドイ話も少なくありません。しかしここは、、、大人の事情で編集で「カット」されることはやむを得ないでしょう。もったいない話ですが、、、その部分にこそ、、、何か本質があるように思えてなりません。

 今日シェアしたい話は2つ。もちろん他にもいろいろあるのですが、あえて2つ。一つ目は、ややキワドイ話の部類になるのですが、差し支えない範囲と判断して、少しだけシェアします。加賀田氏の長い営業生活の中で僅かに寄り道した時期がありました。それは「○ー○○○」と「高級クラブ」です。どういういきさつで「高級クラブ」と関わりを持ったのか知りませんが、とにかく僅かな時間、某所の超高級クラブの関係者(?)として席を置いたことがあったそうです。そのクラブは連夜のごとく芸能人なんかが訪れ、当時は知らぬ人はいないほどの有名店だったそうです。その時の話も凄まじかったのですが、ここは編集でカットされるでしょう(加賀田を中洲の川に浮かべろ・・・など)。ともかく、その話の肝ですが、ナンバーワンとナンバーツーのホステスについて。仮にA子とB子とします。

 ホステスの世界にもランクがあり、最高は彼女らナンバーワンやナンバーツー。最低はヘルパーと呼ばれ、指名の女性の横にいるだけか、雑用みたいなことしかできない役。その人たちが指名されることは少なく、たいていはヘルパーで甘んじるか、控え室で席を暖めているだけだとか。そして一方のA子とB子ですが、、、歳はオバチャン、、顔は犬みたい、、、スタイルは三段腹、、、つまりおよそ高級クラブのホステスとは思えないようなルックスだったのです。一方、ヘルパーや控え室で待っているだけのホステスは、、歳は若い、、、顔は女優並み、、、スタイルはモデル並み、、、つまり誰が見ても美しく、いかにも売れっ子のルックスなのです。しかし実際は逆。ここにこそ人間の本質、、、そして営業のエッセンスが凝縮されているのです。私はこの話を聞いて鳥肌が立ちました。この話を聞くだけでも、人生が変わるかもしれません。。。

 もう一つシェアします。これはちょっと文章では伝わりにくいと思いますが、研修中、何度かロールプレイ(実演)があります。今日は文字通り、、、営業実践。教材、土地などの実演の後、、、客役として私が名乗り出ます。材料はマンション。加賀田氏は現役セールスマン時代17社を経験し、そのいずれもトップだったのですが、そのうち16社が飛び込み、残り一社がキャッチセールスでした。つまり現役時代のセールスは過酷の中の過酷な営業を一貫して経験してきたのです。ですが、その過酷な飛び込み営業でさえも、契約率は99%。「神」と呼ばれる所以です。

 その17社の後、今のようなセールス教育の分野に入ったのですが、同じくして実際に売ってくれとの依頼も絶えませんでした。その中で一番多かったのがマンションなど不動産。これらは当然「高額」であるし、多くの場合「一生の買物」です。そう簡単には売れないでしょう。さらに加賀田氏が依頼されるのは、中でも「売れ残り」のみ。何年もの間、何人もの営業マンが手を尽くしても売れない物件。初めて売ったのはセールス教育を始めて間もない頃。福岡県のある物件を売ってくれと頼まれます。10棟。その10棟は専門の販売会社が手を尽くして手を尽くして、それでも売れなかった物件です。

 さあ、オープンハウス。見学者が冷やかしを含めて見に来ます。10人の見学者が来ました。物件は10棟。さて、加賀田氏はその10人に対して、何棟売ることができたでしょうか。答えを言います。冷やかしを含めて、暇つぶしに見に来ている人も含めて、、、10人の見学者に10棟売り切ったのです。売れ残りも売れ残り。それをたった一人で、10人の見学者に対して、10棟売り切ったのです。その話はもちろんウソではないでしょう。福岡の私の家の近所なので、帰ったらさっそく見に行こうと思っています。もう完全に「神」の領域です。ですが、加賀田氏に言わせると、「そんなのは簡単」だとのこと。なぜなら加賀田氏が現役時代に経験した営業は、すべてが飛び込みで、つまり何の興味もないような人に対して、その日に会った瞬間にほぼ100%の割合で売ってきた人です。それに比べてマンションは、、、たとえ冷やかしと言えども、客の方かやってきたのです。売るものは違えど、そのレベルはまったく違います。飛び込みはまったくの「無」を「有」にする営業。マンションのオープンハウスは、見学に来る時点で「無」ではありません。

 理屈ではそうかもしれませんが、実際に「常識」として可能でしょうか。実演に入ります。私も客役として頑張ります。オープンハウスではアンケート書かされます。そこからがスタート。目の前に「神」がいます。ガチンコです。私も頑張りました。断るぞ、断るぞ。いくつかのパターンで断ります。親と同居。社宅住まい。頭金がない。見に来ただけ。頑張ります。

 しかし、、、気づいたときは、、、完全に加賀田セールスマンの手のひらに乗っていました。こう言ってはなんですが、私は「加賀田式セールス」について、文章上は読んでいますし、それなりに理解はしているつもりです。つまり手の内はわかるはずなんです。しかし、、、実際に「神」を前にすると、、、抵抗できません。あの声、あの身振り、あのトーク、そしてあの笑顔。。。チビリそうです。正直、この瞬間をどれだけ喜んだことか。あの加賀田晃氏が目の前で、ロールプレイとは言え、私にセールスの実演をしているのです。マイルス・デイヴィスが耳元でトランペットを吹くようなものです。まったく抵抗できず、、、どんどん「誘導」されている自分がいるのです。

 ああ~この時間が永遠であれば。。。もう泣きそうでした。後から他の受講生に聞いてみると、私はかなり頑張っていたそうです。以前、別の会社で加賀田研修を受けたことのある方に言わせると、「石田さんの客役はかなり手ごわい感じだったので、ものすごく勉強になったと」、と。おそらくこのロールプレイは公式DVDでも登場するでしょう。つまり私が客役としてDVDで頑張っている姿が登場することになるかもしれません。とにかく「神」ということです。

 今日の最後に神、加賀田晃の人となりについて。凄腕営業マンと聞くと、いかにも強面で強引な印象を受けるでしょう。しかしそれはニセモノ。神は違います。神の営業は、モノがなんであれば、お客さんを心からハッピーにさせるのです。ですのでキャンセルやクレームも来ません。そんな人ですので、加賀田氏自身は、、、本当に「愛」に溢れた人です。こればかりは文章で伝わらないでしょう。実際に生の研修を受けたことがある人間だけが享受できる特権かもしれません。例えば、、、加賀田氏の自宅は中途半端なものではありません。「営業の神様」と言われるだけに、当然、お金もありますし、そのお金を自由に使うこともできます。ですので自宅には、、、詳細は避けますが、いろんなものがあるようです。そして、その自宅には、、、連日、近所の子ども達、その友達が20人以上訪れ遊んで帰ります。子ども達の作文にも登場するので、父兄や先生達の間でも有名だそうです。そして例えば加賀田氏が自宅にいるとします。趣味の木工などに興じていると、当然、物音がします。すると子ども達は、、「おじちゃんがおる!遊んでもらおう!」と言って取り囲まれるんだとか。「あの子らは、わしを友達と思っとるんやろな~」、と。ここにその本質があるように思いました。「営業の神様」の本質が。

 この話は研修後、社長の方から改めて私を紹介頂いたときに聞いた話です。実はこのとき、、、何と「握手」をして頂きました。それも加賀田先生の方から「ヨロシクね」ということで。オマケに社長に対して、「いい人と知り合えたね~、パワーがあるし、人柄もいいみたいだし」、と言って頂けました。こんな嬉しい言葉はありませんです。はい。

 3年間探し続けてきた加賀田晃氏との邂逅。たまたま手に入ったDVDを、それこそ出汁が出なくなるまでしゃぶりつくして生かして、さらに私のセミナーでもそのエッセンスを用いるようになっています。人間の本質は「愛」。加賀田氏の言葉です。「愛」を表現する手段として「営業」があるだけで、加賀田氏の研修の根底には「愛」があることを、ほんの少し実感できた気分です。もう一度言いますが、「加賀田式」とは「愛」なんです。だからこそすべての人間の「いとなみ」に通じるものであるし、その「愛」を伝えることが、今後の私のミッションであるような気づきを得ることができました。実際の「神」にお会いすることで、、、今後、私の人生はさらに変化し、もちろんパワーアップしていくでしょう。

 終了後は社長とミーティングがてら飲みに行きます。ここではちょっとビジネスの話なんかも。また、面白い展開がありそうです。3日目は月曜日です。ではでは。

「愛」のあるクリックをお願いします♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

・6月7日(土):初夏のパワーアップライブセミナーin大阪
・6月8日(日):初夏のパワーアップライブセミナーin金沢

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちら
by katamich | 2008-05-09 23:39 | ■営業の神様
 昨日は22時に夜行バスに乗り込み、しかも、一番安いのしか残っていなくて、それも私が見たときは3席。横に4列のトイレなしというバスでした。ただ、夜行バスは先日、東京福岡間を経験しているので、大阪までなら楽な気がします。そして案の定、何度もトイレ休憩されたり、ちょっと窮屈なのとで、ほとんど眠れませんでした。そんなコンディションで朝の7時に大阪梅田に到着します。気分が高まっているので、不思議と眠さも疲れもありません。

 本当ならサウナにでも行きたかったのですが、とりあえず会場に直行することにします。で、会場に着いたのは7時30分。場所を確かめたので、ここからサウナにでも行ってさっぱりしたかったのですが、あいにく近くにはありません。仕方ないので、会場の一階のトイレで顔を洗い、歯を磨き、スーツに着替えます。時間つぶしに歩き回ったり、コンビニで立ち読みしたりします。

 スタートは9時30分なので、9時前には会場のラウンジに入ると、既に社員さんが入ってきました。そして間もなく私の知り合いの社員さんも到着。おお~!と挨拶したのですが、先輩社員さんの前なので、ちょっと遠慮。なんとなく張り詰めた雰囲気があります。私もラウンジのソファに座り、黙祷して精神統一。これから始まる奇跡の時間に備えます。

 時間が迫るにつれ、会議室が賑やかになっていたので見に行きます。

ガーン!(加賀田風)

 一瞬、息が止まりました。あの頭は、、、まさしくこの3年間、夢にまで見た、、、加賀田晃氏ではないですか。あまりの神々しさにそれ以上直視できず、再びラウンジに戻ります。徹夜明けの眠さや疲れなど一気に吹き飛びます。研修会場は20数名のキャパがあります。今日はすべて男性。半分以上は社員さんですが、一般の方もいらっしゃいます。私経由の方も数名。社員さんは全員紺のスーツに紺のネクタイ。これが加賀田氏の言う「最大公約数的にみて一番好感を持たれる営業マンの姿」なのです。さすがに実践されています。私は紺のスーツに紅色のネクタイ。ま、いいか、私は。

 一つだけ申し上げておきます。私経由で加賀田研修の見学にお申し込みされた方は、ちょっと見学なんて軽い気持ちは捨てること。服装もフォーマルで。ラフだったり派手だったりするものは絶対避けること。でないと、会場の雰囲気から疎外され、居心地悪い時間を過ごすことになるでしょう。そして単なるオブザーバーとして扱われず、皆と同等に意見を求められたり発言させられたりします。もしも「軽い気持ち」であるのなら辞退した方が無難ですし、そもそも加賀田先生や他の社員さんに対して失礼です。本来ならば、私を含めて、決して得られない機会なんです。

 実は最後の方に言われたのですが、加賀田先生を探している人は日本国中、非常にたくさんいらっしゃいます。しかし、おいそれとは見つかりません。これは私が3年間探し続けたのでよくわかります。冗談抜きで、一般の前に姿を現す人ではないのです。オープンセミナーも長年やっていませんし、企業研修も基本的に紹介中心で、それも何年先前まで詰まっている方です。その加賀田先生がついに私の前に姿を現したのです。この感動。

 話を元に戻しますが、いったんラウンジに待機して、そして間もなく会場に再び向かいます。受付を済ませ、席に着きます。神々しいまでの加賀田氏が前にいらっしゃいます。一瞬、目が合いました。ドキッ。9時30分ちょうどに研修が始まるのですが、あらかじめトイレに行っておくこと、そして携帯電話は電源を切る(マナーモードではなく)よう通達されます。いっそうの緊張が走ります。

 定刻通りに研修がスタート。前説として社員さんと社長さんのお話が10分ほど。そして、そして、そして、おもむろに加賀田氏が立ち上がり、一声を発します。その瞬間、、、チビリそうになりました。そしてあのハリのある声、充分に間を取ったしゃべりのテンポ、極度に抑揚のある話し方、、、DVDでみた加賀田晃そのものです。そして顔、表情、身振り、、、まさしくDVDでしか見たこのない「神」が目の前にいるのです。正直言います。泣きました。

 かつてCDでしか聞いたことのない、憧れのジャズミュージシャンを生でみた時と同じか、いやそれ以上の感動が走っているのです。ハンカチを用意しててよかったです。最初に受講生全員の自己紹介です。それは加賀田先生に対する自己紹介です。社員さんだけでなく、オブザーバーも全員自己紹介をします。これから「見学」で参加しようと思う方は、自己紹介ができないようでしたら、参加を辞退した方がいいです。単なる「見学」では済まされません。あの会場に入った時点で、すべて同じ扱い、先生に対する「生徒」の立場になります。一人ひとり自己紹介をしていき、私の番になります。正直、何を言えばいいのかわからず、何か言ったと思いますが、珍しくカミカミになりました。普段、人前でしゃべる時は比較的流ちょうなんですが、緊張のあまりコンディションを整える(アンカリング)のも忘れていました。ただ、やたらとテンションだけは高かったようです。

 研修がスタートします。この内容を、、、もうここでは書ききれません。いや、書いてはならぬでしょう。あまりに凄い話のオンパレード。「皆さんは占いを信じますか・・・?」という不思議な問いかけで始まります。なぜこのような前ふりが必要なのかは後でわかるのですが、おそらく先生にとっては「余談」である、「占い」の話し自体が私にとっては衝撃の一こま一こまでした。午前、そして午後の前半にかけて、加賀田先生自身の生い立ちやいろんなエピソードの紹介で埋まり、本題に入ったのが本日の研修の終盤に差し掛かったところからです。今日のテーマは「哲学編」。加賀田先生いわく、「営業は科学」である、と。「科学」の条件は「再現性」「客観性」が担保されていること。つまり営業はその「公式」さえ知っていれば、才能やルックス、上手下手に限らず誰でも出来るし、誰でもスーパースターになれるのです。そして現実に多くのスーパースターが加賀田氏の元から輩出されています。中には、今、加賀田氏以上に有名な方も大勢いらっしゃいます。

 で、その「公式」をこの6日間で伝授してもらうのですが、それは「加賀田6法」というものに集約されています。今日はその一章、「哲学編」でした。つまり「考え方」。考え方とはベース。それがしっかりしていなければ、その後の「営業の公式」という巨大な建造物が建てられないという話でしょう。ですので、この6日間で一番重要なのは「今日」なのです。私は徹夜明けということもあり、ほとんどトランス状態で受講しました。。。

 もう一つだけ、受講中に起こった話を。休憩時間、、、加賀田先生が私の名前を尋ねます。途中で席を代わったからだと思いますが、これをチャンスとばかりに口火を切ります。「先生は福岡にお住まいとお聞きしたのですが・・・実は私もそうなんです」、と。もちろん「福岡のどこ?」と聞かれるのですが、何と同じ町内でした。詳しい場所は教えて頂けませんでしたが、本当のご近所だとのこと。プライベートの話なので、ここではかけませんでしたが、ご自宅の特徴をいろいろお話頂き、正直言って、ここまで聞けば場所を探すのは簡単です。。。もちろんご迷惑になるかもしれないので、それは最低限、控えたいと思いますが、こんなにご近所だとは、正直驚きです。何かのご縁を感じずに入られませんでした。その後は、私の仕事などを聞かれて、、、「同業者?」と言われ、同業者立入禁止などとも言われたのですが、ま、これは先生流のジョークと受け止めて、6日間図太く受講するつもりです。

 そんな一日でした。。。終わってみると、自分の身体がどれだけ疲れていたのか、すぐにやってきました。。。実家に到着すると、寝ることしか考えられません。。。明日もまた。

クリックしてみませんか~♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

・6月7日(土):初夏のパワーアップライブセミナーin大阪
・6月8日(日):初夏のパワーアップライブセミナーin金沢

○「天使企画第一弾 100日ブログ」はこちらです
○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちら
by katamich | 2008-05-08 23:11 | ■営業の神様
ブログトップ | ログイン