笑顔の綺麗な人 2008.11.23

本日は素敵な日記をご紹介させて頂きたいと思います。ですので、今日だけは私の日記はお休みです。今回のインドメンバーの一人であったハンドルネーム「ももまんじゅう」さんのミクシィ日記です。本人の了承を得て掲載させて頂いております。写真などもそのまま掲載させて頂きます。



笑顔の綺麗な人


「僕、奴隷だったんです。」

そう言って、彼は優しく笑いながら
静かに話しはじめました。

b0002156_1114014.jpg


今から18年ほど前
彼がまだ11歳の少年だった頃
お母さんが亡くなりました。
貧しいから何もできませんでした。

そしてある日
少年たち子供5人を置いて
お父さんは、居なくなりました。

b0002156_112877.jpg
                         
4人の小さな弟、妹たちを抱えて
少年は無我夢中に働きました。
毛布一枚持って駅で寝起きし
食べるためになんでもやりました。

カースト最下層の少年にできる仕事と言えば
不浄とされる仕事や、過酷な肉体労働
昼夜問わず、生きるためになんでもやりました。

b0002156_1132072.jpg

   
b0002156_1134654.jpg

                               
小さな弟、妹たちのために毎日必死に働きました。
それでもほんの僅かな収入です。
弟、妹たちをなんとか食べさせるのに精一杯。
育ち盛りの少年は、黒砂糖をかじって空腹をしのいでいました。
今日一日生きのびるのにギリギリの毎日。

お腹がすいてすいて、どうにもならない時は

「(腰布を)ギューッて思いっきりお腹のところで縛るの。
 そしたら、ググッとお腹がしまるでしょ。
 100Kgの荷物もグンッと持ち上げられるの。」

そう言って、懐かしい思い出話しのように
優しいまなざしで、彼は語ります。

b0002156_1142764.jpg
                  
「今、僕が生きていられるのは、みんなのおかげ。
 みんなの愛に支えられて、生きてこれたの。」

b0002156_1145779.jpg


容赦なく照りつける太陽の下
毎日、毎日、重労働の畑堀りの仕事をしていた時

雇い主の、隣の家のおばあちゃんが
『ご飯は食べたのかい。』
と、声をかけてくれました。

「うん。ちょっと、ね。」と答える少年に

b0002156_1152570.jpg


『それじゃあ、もうちょっとだけ、食べな。』

と、その隣の家のおばあちゃんが
昼ご飯を少しわけてくれました。

久しぶりに口にした食事。
少年にとって、どれだけ嬉しかった事か。
そして、どれほどありがたかった事か。

そのおばあちゃんの思いやりに
涙しました。

それは、辛くて辛くて毎夜ひとり
駅の片隅で、小さくうずくまりながら
流す涙とは違いました。

b0002156_1155464.jpg
                           
暖かいものが何か、胸の中に流れるのを感じました。

b0002156_1162047.jpg
   
       
b0002156_1164091.jpg

                  
b0002156_117314.jpg


それからも少年は、死に物狂いに働きました。
そんな暮らしがどのくらい続いたのでしょう。

b0002156_1173543.jpg

          
生きるのに必死だった少年も大人になり              
耳の聞こえない弟を大学に行かせ
妹たちもみな育てあげ、幸せな家庭に嫁がせました。




いつしか彼には、大きな夢ができました。

    
        


「学校をつくろう。」


自分と同じ境遇の貧しい子供たちのために
彼らの先祖、誰ひとりとして
今まで「教育」を受けたことのない
カースト最下層の子供たちに
人生に「希望」というものがあることを教えよう。



       


2007年1月
インド ブッダガヤに、その学校 「ミネハハ・ヘルピング・フリー・エデュケイション・センター」は設立されました。

b0002156_1182395.jpg


これは、設立者ダルさんのお話しです。


「色んな経験してきたでしょ、そのおかげで強くなれたの。
 よかった。僕は、運がいい。」


そう言って笑うダルさんの笑顔は
本当に、とても綺麗です。


*上記写真すべて撮影:sukasippeさん

   ★お知らせ★

ミネハハヘルピングスクール設立者ダルさんをゲストにお迎えして
インドで天命を悟った石田久二氏が緊急チャリティートークライブを行います!

⇒ 詳細はこちら

インドでさらにパワーアップしたQさんと
笑顔の綺麗なダルさんに、ぜひとも皆さん会いにきてください!


≪「宇宙となかよし」チャリティトークライブin東京 のお申込みはこちら≫




b0002156_271813.jpg 以上のダルさんの話はすべて私も聞いていました。実話です。12月13日のチャリティトークライブでは、そのダルさんも来られます。そして語って頂きます。私も語ります。語ります。そして言うまでもございませんが「伝説」が生まれます。さらに、、、その後の「忘年会」も伝説になります。。。てな話はさておき、、、今年の東京はこのトークライブで締めくくります。私も全身全霊を込めて、皆さまに「今一番大切なこと」をお話できればと思っています。

 ちなみに右写真はダルさんと私ですが、この10分後にトークライブの構想が降りてきました。そしてその直後に帰国便の空港行きのバスに乗り込みました。

 ありがとうございました。

生きる感動をクリックにお伝えください!
   ↓   ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-11-23 23:14 | ■インド | Comments(0)