流行語大賞ノミネート 2004.11.13

流行語大賞60語をノミネート・・「民度」が無いぞ (>_<)

 「現代用語の基礎知識」が毎年12月に発表しているその年の「流行語大賞ノミネート」が発表されました。私のブログでも8月に候補語を考えてみました。流行語だけあってある程度は重なって当然なんですが、私のが望んだ「窪塚洋介」は入ってませんでしたね。「細木数子」も思ったより伸びがなかったようです。

 イラク関連はどうかな、と思ったんですが、「自己責任」は入ってしまいました。これが賞を取れば誰が授賞式に行くのでしょうか。高遠さんだったら笑いますけど。

 しかし、今年は激戦ですね。去年大賞をとった「なんでだろ~」など、今年だったらトップ10にも入らないでしょうね。私の望みでは、とにかく「日頃使っている言葉」を選んで欲しいものです。頼むから「ブッチホン」とか、「雑草魂」とか使えない言葉は勘弁してもらいたいです。

 しかし、60もあると、「何これ?」というのも当然ありますよね。そこで、私個人的に60の言葉を振り分けてみたいと思います。

○当然でしょう、納得!!
「ハッスル!ハッスル!」
「セカチュー(世界の中心で○○○)」
「韓流」
「○○斬り!」
「って言うじゃない」
「さぁー!」
「電車男」
「冬ソナ」
「サプライズ」
「ライブドア」
「残念!!」
「ヨン様/ジウ姫」

しかし、「ジウ姫」は初めて聞いたかも。波田陽区が3つも入っているのがすごい。
この中からさらに独断で3つを選ぶと、
・って言うじゃない
・韓流
・サプライズ
が当確。冬ソナ関係はまず間違いないし、政治系も一つは入れとかないと。波田陽区は正直「贔屓にしている」面が強くて入れちゃいました。本当は、「ハッスル、ハッスル」とかオリンピック関連とかプロ野球関連とか強いのは他にあるんだけど。

それにしても今年は本当に激戦ですよね。「だっちゅーの」とか「タマちゃん」とかが懐かしい。

○わかるんだけど、あまり入って欲しくない
「あと20年かけて金だね」
「田村亮子でも金、谷亮子でも金」
「チョー気持ちいい」
「私の人生の中では、金メダル以上のメダル」
「フルタ!(古田コール)」
「気合いだー!」
「オレ流」
「新規参入」
「新庄節」
「長嶋ジャパン」
「なでしこジャパン」
 
よ~するにスポーツ関係。別に自分がスポーツに関心がないからと言うわけじゃないけど、どうもスポーツ関係って「狙っている感」が見えて、素直になれないんですよね。「チョー気持ちいい」なんてその典型で、絶対「最初から決めていた」言葉ですよ。そう言う意味で愛ちゃんの「さぁー!」はわざとじゃない分、かなり好感持てます。

○あったね~
「アキバ系」
「あらすじ本」
「豚丼」
「骨なし魚」
「黒酢」
「鳥インフルエンザ」
「連続真夏日記録」
「総額表示」
「暴君ハバネロ」
「空弁」

うん、うん、あった、あった。思うのが主に食品系。「にがり」が入ってないのが意外。「空弁」、なるほどな~。「あらすじ本」、あったね~。

○これちょっとやばくない?
「産業再生機構入り」
「自己責任」
「未納3兄弟」
「人生いろいろ」
「人格の否定 」
「たかが選手」

スポーツ、政治、社会系はともかく、イラク系はマズいっしょ。「イラク人が嫌いになれません」とか「くびちょんぱ」とか「クリフホテル」とか、、、、やめとこ。

○あ、そんなんも入るのね
「栄光への架け橋」
「ダメ出し」
「萌え」
「ニート(NEET) 」
「よーく考えよーお金は大事だよー」
「セレブ」

「ニート」って社会に浸透してるのか。ことしの6月頃には周りに知っている人いなかったけど。「萌え」も2chやってないとわからんよね。そう考えると、2chもだいぶ社会に浸透してきたっていうこと。でも、2ch語はたくさんありすぎて、まともに扱うと大変そう。
 

○びみょ~
「マツケンサンバ」
「蹴りたい○○○」
「負け犬/負け犬の遠吠え」
「ニンニン」

言われてみれば、ってとこ。「マツケンサンバ」なんて最近知った。正直、ど~でもいい。

○知らないって!!
「アカゴジラ」
「ハルウララ」
「栄養費」
「駅ナカ」
「OK牧場」
「真逆(マギャク)」
「改革の本丸・疑惑の本丸」
「マグロ一筋」
「中2階」
「中年の星」
「メイド・コスプレ」

こん中から大賞が選ばれたらどうしよう。私の社会度のなさがバレバレ??
そもそも「アカゴジラ」ってなんだよ。どうやって使うのだ?
「真逆」あたりは時々使うけど、誰が流行らしてるんや?
「中年の星」ってだれ?パパイヤ鈴木か?

とまあ、個人的な分類ですが、12月が楽しみ。
ツイてる!」は来年あたり流行るかな?
私の周りでは大流行だけどね。

(写真は、正直に気になる人)

b0002156_158074.jpg

by katamich | 2004-11-13 23:29 | ■時事問題 | Comments(0)