宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

塩原祭り 2004.7.24

今日は南区の塩原小学校で地域のお祭がありました。
出店が出て、太鼓や盆踊りなど、昔からある地域のお祭りです。
そこに、私の所属する吹奏楽団の選抜メンバーで結成された「ノアールBB」が出演することになりました。

出演は夕方なのですが、昼から小学校の音楽室で練習です。私はこのバンドではテナーサックスを吹いています。
うだるような暑さの中、練習をしました。しかし、途中から雲が出始め、暑さが徐々にやわらいできました。ツイてます。なんだか夕立がきそうで、皆で心配していたのですが、結局雨は降りませんでした。これもツイてます。

演奏が5時から始まります。即席のメンバーだけに、細かいところはいろいろあったでしょうが、お祭りなので楽しく演奏できました。緊張の糸が張り詰めた中でする演奏もいいのですが、こんなのもいいですね。楽団のメンバーが拍手や掛け声で盛上げてくれてとても嬉しかったです。

その後は、楽器を片付けて、しばし祭りの一員として楽しみました。ラムネを飲み、カレーや牛丼やカキ氷を食べ、久々に祭りの醍醐味を味わいました。

その後はメンバーで打上げです。小さなステージでも、このような場があるのが、音楽をやっている良さですね。余談ですが、ピアニストの山下洋輔さん言っていたのですが、プロとアマチュアの違いは「打上げの翌日に演奏があるかないか」だと。それだけステージと打上げとは一体なのですね。そう言えば、全国をツアーしているジャズの人たち(辛島文雄さんとか)は、毎日移動して、夜演奏して、その後は地方地方で必ず打ち上げがあり、打上げ中でもピアノを弾いたりしています。私も何度かライブ後の打上げに参加したことがありますが、ミュージシャンはものすごいバイタリティですね。楽しんでいるとは言え、ずっと仕事しているようなものです。

そう考えると、「本物のプロ」と「偽者のプロ(アマチュア)」の違いは、やっぱり「楽しんで延々と仕事ができるか否か」にあるのでしょうね。私も今本業において仕事してお金をもらっているので、一応は「プロ」のはずです。しかし、「本物」にはまだなっていないと思います。「本物」になるにはやはり「楽しい」を基準にするしかないようです。頑張ります!!

それから、実は今日も演奏した吹奏楽団ですが、諸々の事情により、8月の演奏会を区切りに半年~一年間のスパンで「休団」することになりました。しばらくは寂しくなりますが、必ず復活しますので、どうぞよろしくお願いします。
by katamich | 2004-07-24 02:48 | ■音楽
ブログトップ | ログイン