放送事故 2008.7.30

 実は今日は非常に過酷な一日でした。朝9時から一番のアポ。普通に獲得して次に行きます。しかし次の場所がめちゃ遠い。普通は郵便番号順に周っていくので、そんなに遠くなることはないのですが、直接、別の場所を指定されて、その辺の事情がわかるのは私だけ。断るわけにも行かないので行きましたよ。自転車で片道30分。往復一時間。で、行ってみたものの、担当者かアポインターの勘違いか、担当不在。「え!今日でしたか?」って電話口で言われるのですが、「知りません」とも言えないので、そのまま素直に退散するのであります。その後も自転車で数件周るのですが、今日はことごとく外ればかり。外れって言うのは、物理的に取れないところ。既にそのサービス又は類似のサービスを利用している方。普通のお客さんはそんなに詳しく認識してないので、アポの段階では分からず、行って初めて分かることも多いです。そう言う意味では、物理的に取れるところに関しては、ほぼ100パーなんですが、まだまだ実りが少ないです。ただ、今はまだ「周辺部」で、来週辺りから「中心部」を周ることになるため、いい成果が期待できそうです。
 
 ところで、そんな結果の一日ではあったのですが、実は私が訪問すると、半分くらいの人が冷たいお茶を出してくれます。成約しようがしまいが。暑い中周ってて気を遣ってくれるのもあるでしょうが、もし、自分自身を評価できるのであれば、「礼儀正しさ」と「熱心さ」が功を奏してるのかも。「熱心さ」については、まずは「声」です。勢いよく張りのある声でご挨拶。「礼儀正しさ」については、いろいろあると思うのですが、私がやっているのはただ一つ。それは「お辞儀」です。普通のビジネスマナーでは「お辞儀は45度」とか書かれてるでしょうが、そんな「常識」は「一期一会」の世界ではあまり関係ありません。私のお時儀は「90度」です。しかもちょっと膝を曲げ気味にして、頭が下がったところで2~3秒静止します。これだけ。

 一説によると、これは「天皇陛下」に対するお辞儀だそうです。なのであまり無闇に多用するものでもない、と書かれています。これが常識。しかし、何度も何度も会うお客さんでなし、ほとんどが一回きりの訪問になります。そうであれば、相手を最大限に敬意を表して、文字通り「天皇陛下」を前にするかごとく接してもいいわけです。それによって私の自尊心が下がるわけでもありません。要するに「効果」の問題。一つの目的を達する上で、いかに効果的なやり方を採用するかが重要なのです。

 ですので、私のこの2~3週間の経験上、相手が出てきて目があった瞬間、その「お辞儀」をすれば、ほとんどの人はビビります。本当の話。だって普通の営業マンはしませんから。そんでしないからこそ価値があるんです。そしてビビらしたら、すぐにセオリー通りのアプローチをして、椅子に座ります。毎回ここまではほぼ完璧です。しかしその後、内容を確認すると、「これはNGじゃん・・・」ってのが、今日は多かった、と言うかほとんどだったのです。思わずアポ責任者に電話でちょっと文句言ってしまいました。仕方ないことは仕方ないんですがね。

 そんなわけで、今日は朝9時から、最後は7時前まだかかり、すごい時間と距離をかけた割には実りは少なかったのですが、ま、これは貯金ということで。出したエネルギーってのは、時間差で利子付けて返ってくるものです。それを知っているので、そんなに腹も立ちません。ま、こういう日もあるさ、、、と言うことで。

 それはそうと、ボクシングですよ!!内藤大助選手の3度目の防衛線がゴールデンタイムにありました。挑戦者は清水選手というイケメンの日本人。ま、正直言って内藤選手も年齢いってるし、そろそろ引退でもよさそう。相手は亀田でも外国人でもなく、次世代を担う若手。仮に内藤が負けても、それはそれでよし、みたいな感じで冷静に見ていました。でも、一応、内藤を応援していました。4Rごとに採点が発表されるのですが、なんと8Rまで内藤の劣性。このまま12Rまで残ってれば、判定を聞かずとも内藤の負けがほぼ決定します。しかしボクシングは「一発」がある競技なので、清水も油断はできませんし、内藤にも十分に勝機は残っています。そして10R、、、見事な逆転KO勝ちでしたね。文句無し。

b0002156_9405928.jpg しかし文句が出るのはその後。内藤選手のインタビューの最中、放送事故勃発。見たことある顔が。。。亀田やん。ちょっと驚き。でも笑った。TBSのやらせのような気もしたのですが、それはともかく、いきなり出てきて、視聴者だけでなく内藤選手もビックリしていた感じでした。ミクシィの内藤大助コミュでは、その直後に「亀田、何様!」というトピがたっていました。

 私はあれは放送事故だと思います。公共の電波で流してはいかんです。と言いながらも、実際、見てて面白いのは「放送事故」の場面だったりしますよね。危ないのは嫌ですが、NGワードとか露出(例えば鶴瓶)とか、生の放送事故に直面すると、なんか得した気分。そんな意味で、9時からのコーチングの直前に亀田の放送事故に出会えたのはラッキーでした。ありがとう、亀田。

ありがとう、クリック♪
  ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-30 23:02 | ■時事問題