凄いこと知ってしまった・・ 2008.7.13

 今日は「願望実現セミナー5か月コース」の4日目です。結論から言うと、、、すごい経験をしました。そもそもこのセミナーは、深すぎて言葉で表現できないところが多いのですが、それでも「経験」と言うレベルで、ちょっとした経験をしたように思います。今日のテーマは「お金」。人は幸せになるために生きているのだとすれば、通常はどうしても避けることのできないテーマが、このお金です。現在、日本には3万人の自殺者が出ているようですが、その原因の大半は「お金」です。その次は「人間関係」だったり「健康」だったりしますが、正直、「お金」が原因なのはダントツだと思います。例えば宝くじで3億円当たると、周囲から嫉まれたり、狙われたりすることもあるでしょうが、人間関係が良好だ、健康だ、、などの理由で不幸になる人はあまりいないでしょう。そう、お金は人を幸せにしますが、その反面、不幸にすることもある、それくらい特殊で大きな存在だと思うのです。

 考えてみれば、人はなぜ「嫌なこと」をするのでしょうか。例えば「仕事」の面で。嫌で嫌でたまらないと言いながら、なぜに毎日その仕事をしに会社に通うのでしょうか。答えは一つ。お金のためです。「人間関係」でもそうです。会社、社宅、地域社会、親戚縁者、知りあい、、などの中に嫌な人がいて、それでもどうしても顔を合わせなければならないこともあるでしょう。できれば付き合いたくないもの。それでもなぜか、毎日のように顔を合わせてしまう。もちろん「人間関係」については、その個人の学びのレベルなども関係してくるのでしょうが、実は「お金」があれば、解決することも多いです。会社に嫌な奴がいたとすれば辞めればいい話。でも会社からお金をもらっているから辞められず毎日顔を合わせてしまっているなど。大なり小なり「お金」ってのはいろんなところで関わってくるわけです。

 そして現実として、世の中にはたくさんのお金を持っている人と、そうでない人が存在します。その違いはなにか。能力、環境、行動力、、、いろいろあるでしょうし、そのどれもが正しいとは思います。しかし、それらをすべて支配している、影響し、そしてこれこそが「お金」の質量を決定している要素が一つだけあります。それは何か。このブログでも何度も言っているように「思い込み」です。これまた何度も言っていると思いますが、私は会社を辞めて3ヶ月後、、、最初の経済的ピンチに直面しました。そのピンチとは「貯金がなくなる」つまり「生活できなくなる」というレベルのピンチです。企業年金の積み立てを崩し、各種公的費用の支払ストップをかけたりしました。やっぱり自分にはフリーで生活することは無理なのか、、、と本気で思い始めた時、、、ある「DVD」が突然手元にやってきた話。これは何度もしていますね。私のメンターの一人である加賀田晃先生の研修DVDです。私はこのDVDを見て、「経済的な不安から永遠に解放されることは可能だ」という「思い込み」を手にすることができたのです。そして現在、とりあえずは「不安からの解放」という状況にはあるので、この「思い込み」の通りの人生になっています。

 ただ、ここで言っておくべきことがあります。私がブログでこのようなことを書くと誤解する人が出てくるからです。どんな誤解かと言うと、そのDVDを見たらすべての人が経済的な不安から解放されるわけではない、と言うことです。実際あったのです。前々からそのDVDの影響に関する話をブログで書いていたら、自分も多少はお金に困らなくなると錯覚し、ヤフオクかなんかでDVDを落として見たはいいものの、ガッカリした、、、なんてメールをもらったことが。つい先日も書きましたが、自分にとって本当に必要な情報は自分が出したアンテナにしかかからないものです。半ば習慣的にこの「宇宙となかよし」を読んでいて、そこで紹介される情報(本、セミナー、教材、その他)を片っ端から試してみるような人も少なからずいると聞いていますが、その柔軟性は凄いと思うものの、正直言ってその人に本当の効果があるかどうかは保証できません。もちろん参考にされるのはいいと思いますが、私の「すごい」という言葉を真に受けて、そのままに試すことはお止め頂ければと正直に思います。あくまでアンテナは自分自身、思考軸も自分自身です。自らのアンテナにかかったものに正直に従う。むしろその「あり方」そのものを参考にして頂ける方が私としてはありがたいです。

 話がそれましたが、私自身は加賀田先生のDVDによって「思い込み」が生じ、そしてその通りの生活に現在はなっているのですが、何度も言うようにその「思い込み」の本質は「不安からの解放」でした。言い換えると必要なものは過不足なく手に入るし、やりたいこともまあまあできている状態が現在です。しかしながら私が「意識」で思い描いている世界とは若干異なります。具体的に言えば、海外旅行する時はエコノミーではなくファーストクラスで行きたいし、出張時も安いチケットを探したりせず、空港でバスに乗るかのように普通に買って入りたいですし、ましてやカプセルホテルや夜行バスなどには正直乗りたいとは思っていません。車ももっといいのが欲しいし、夢を描くと「意識」の上ではまだまだ達成されていない部分もあります。かと言って、不満や不安があるかと言えば、そう言うわけでもないです。こう言う言い方はよくないかもしれませんが、少なからずの人から羨ましがられるような生活をしているとは思います。自分の好きなことして生活しているという面で。

 で、今日のセミナーで取り扱ったのがまさしく「お金」の「思い込み(ビリーフ)」でした。なぜ私は「意識」で思い描いている世界に生きていないのか。象徴的なことを取り出せば、なぜ私はファーストクラスに乗って旅行ができないのか。ちなみにファーストクラスってのは世界が違います。値段もエコノミーの10倍くらいは違います。10万円で行けるところを、100万円出すのがファーストクラスの世界です。しかしそれだけの価値はあると思っています。私はかつて、ビジネスクラスだけは乗ったことがあります。ただしそれはインドネシアの国内線で、エコノミーがフルであった上に、日本円に換算するとそんなに高くなかったので乗ったに過ぎません。やっぱりファースト(ビジネス)クラスとエコノミークラスとでは「住む世界」が違うのです。
 
 ですのでもしも私が具体的な目標設定をするとすれば、「飛行機はすべてファーストクラスに乗る」となりますが、現状はそうなっていません。いわゆる「お金もち」とそうでない人。正直言って能力レベルまではそんなに変わらないように思います。「能力レベル」ってのはNLPで言う「ニューロロジカルレベル」から言ってるのですが、簡単にそれを説明しますと、人間の状態や変化のレベルを6つの段階で体系化したモデルのことになります。下から「環境」「行動」「能力」「信念・信条」「アイデンティティ」「スピリチュアル」となるのですが、細かいとこは今日は割愛しますが、この特徴は上位概念は下位概念に対して絶対的な影響を与えますが、その逆(下位→上位)はその限りではない、と言うことです。具体的に言えば、「私はピアニストだ」という「アイデンティティ」を持っている人は、自分はピアニストとしての自覚があり(信念・信条)、ピアノが弾け(能力)、ピアノを弾いており(行動)、ピアノを弾く環境にある(環境)のですが、逆に部屋にピアノがある(環境)からと言って、その人がピアニスト(アイデンティティ)とは限りません。そう言う話です。

b0002156_1439593.gif ここで「お金」に関する状態をニューロロジカルレベル的に説明すると、

・私はお金持ちである(アイデンティティ)
・私はお金持ちであると自覚している(信念・信条)
・私はお金持ちのなり方を知っている(能力)
・私はお金持ちになる行動をしている(行動)
・私はお金持ちの環境にいる(環境)

となります。やや抽象的に書き方をしていますが、図で見てもらえばわかるとおり、実際は下位(環境)に行くほど、裾野が広がり、その要素も多くなります。例えば「お金もちの環境」とは、ブランドものを持っていたり、風水を知ってたり、本で得た知識でお金持ちの真似をしたりする状態です。こう言っては申し訳ございませんが、開運とか金運に関する本やブログのほとんどは、この「環境」のレベルか、高くて「能力」のレベルにとどまっています。実際は「能力」まで進まないでしょう。ついでですので書きましょう。開運ブログなどで時々見かけるのが「月」の話。「新月には願い事」、「満月には通帳ふりふり」なんてのが広められていますが、それを実行したところで、本当にお金持ちになるとは限りません。それは「行動」のレベルですが、例えば「黄色い財布」を持つといいと言われ、そのようにしたとしても、本当にお金持ちになるとは限りません。これは「環境」のレベルですので、実際の「状態」への影響が小さいのです。

 ですので「お金もち」になるために一番重要なのは、上位概念、つまり「アイデンティティ」や「信念・信条」のレベルで「お金もち」であることが必要なのです。その「上位概念」を決定するのが、ここで言う「思い込み(ビリーフ)」となります。本当に自分がお金持ちであるという「思い込み」がないのに、黄色い財布を持とうが、月に通帳を振ろうが、お金を磨こうが、お金に話し掛けようが、アファメーションしようが、、、無駄と言うわけです。もとい。下位概念が上位概念に影響することもあるので、「無駄」とは結論できませんが、実際の話では、いくら「環境」や「行動」を頑張っても本当のお金持ちになるとは限らないのです。

 では上位概念で「お金もち」になるにはどうすればいいのか。一言で言えば、本当にそのように思いこむことです。ですが、これまた何度も言っているように、「思い」ってのが一番自由にならないものです。セミナーやCDを聞いたりして、「自分は成功者」と意気揚揚とした状態でいても、その状態を維持するのは正直難しいです。周囲の人が必ず反対しますので。「自分は成功者だ!」といきなり奥さんに言ったところで、「え?なに?」って言われるのがオチですから。私でも言うかもしれません。全然女にもてたことのない人間が、「実は僕、もてるんです」なんてセルフイメージを突然押し付けられても、「ほんまかよ~?」と言うのが正直なところ。もちろんコーチとしてそのような発言をすることはよほどのことがない限りありませんが、一般的には突然の「セルフイメージ」の押し付けには反発するのが現実です。

 ですので私はこれまたよく言うように、「思い(込み)」を強化するには、「能力」を高め、「行動」をし、「環境」を整えるのなどのサポートが必要であると説きます。具体的に言えば、「自分はミュージシャンだ!」という「アイデンティティ、信念・信条」つまり「思い込み」を持っていたとしても、楽器ができなければ(能力)、練習しなければ(行動)、楽器を持ってなければ(環境)、現実はそうはなりません。もしも「ミュージシャン」というアイデンティティを持ち、現実にそうなりたいのであれば、まずは楽器を買うこと(環境)、そして練習しライブをすること(行動)、そして楽器がうまくなること(能力)です。「環境」「行動」「能力」がかなりのレベルに達すれば「思い込み」もかなり強化されるでしょう。これが現実的な話であり、基本前提。

 ここまでは誰もがご理解頂けるでしょうし、正直言って、山崎セミナーで確認するような内容ではありません。このレベルの話にとどまっているのであれば、私が高いお金払って参加するものでもありません。何度も言いますが、「状態」のレベルとして下位概念から「環境」「行動」「能力」「信念・信条」「アイデンティティ」となりますが、上位概念(アイデンティティ)はそれ以下のすべての「状態」を決定しますが、下位概念が上位概念を決定することは全くないとは言わないもでも、そんなにない、ということです。先ほど「思い込み(これは上位概念)」を強化するには「下位概念(環境・行動・能力)」のサポートが必要であると言いましたが、確かに「下位概念」を強化すれば「思い込み」が強くなることはありますが、実際のところ、どんなにが頑張ってもそもそも「思い込み」が弱ければ、現実は思い通りにはなりません。これを「無駄な努力」と言います。

 つまりセルフイメージ(思い込みなど上位概念)が低いままで、どんなに努力(環境・行動・能力など下位概念)をしても、効果が薄いというわけです。それでは一発で!「思い込み」を強化する方法はあるのか!と言う話ですが、結論を言うと「ある」のです。ただしこれは「条件付き」で「ある」としておきます。その方法をセミナーでは「ビリーフチェンジ」のワークとして実践しました。ただ、申し訳ないのですが、このワークについての詳細をここで書くわけにはいきません。山崎さんから「書くな」と言われたわけではありませんが、書いたところできちんと伝わる自信がないからです。私の書く能力が不足しているからではありません。ものすごく重要なことを、ブログという限られた範囲で書くことは不可能だからです。実際、このワークに入るためには、それまでの「理解」が必要となります。時間にして30時間かかりました。その30時間の内容をこの数文字程度のブログで書くことは不可能なことはご理解頂けると思います。

 ただ、その導入部分を私なりにちょっとだけシェアすると、「思い込み」には大きく二通りあるということ。一つは「意識」的な「思い込み」であり、もう一つは「無意識」的な「思い込み」です。そして本当に重要なのは「無意識」的な「思い込み」となります。例えば、、「食べたら太る」と言うのは、「意識」的な思い込みです。「お金は人を幸せ(不幸)にする」と言うのも「意識」的な思い込みです。実際、こう言っては何ですが、私の「意識」の上での「思い込み」は立派なものですよ~。いろいろ勉強しているだけに。ネガティブな発言もめったにしませんし、絶えずセルフイメージを高めるように努めてますから。しかしそれでも私は、、、ファーストクラスには乗れないのです(←これも「思い込み」ではありますが)。実はその原因であろうことが「意識」ではなく、「無意識」に潜んでいたことが、、、実は今日なんとなくわかったのです。

 ある2人1組でするワークがありました。潜在意識と対話するワークですが、私がクライアント役の時、全然トランスに入らず時間ばかりかかっていたので、そこに山崎さんが来て、ガイド役をやって頂くことになりました。そして山崎さんのガイドに従って潜在意識との対話を始めると、、、ある根深い事実に行き当たったのです。それは私の生まれるずっと以前の話です。実はその話、、、昔、小さい頃、祖母から聞いていたことを思い出しました。結論から言うと、私の無意識の「思い込み」、つまりファーストクラスに乗れなくしている「思い込み」は100年前あたりにできたことが思い出されたのです。ただ、この話はあまりにプライベートな話なので、このブログでは書きません。

 この「無意識」にある「思い込み」を発見した後、その「思い込み」をチェンジするワークに移るのですが、デモンストレーションを私がしてもらうことになりました。つまりここでもガイドは山崎さんです。時間にして15分~20分。タイムラインを応用したワークですが、途中、メンターの助けも得ながら、その無意識の「思い込み」がチェンジされた感触を得ました。ブログの言葉としてたんたんとしか書けませんが、実際は凄い経験だったのです。

 考えてみると、、、本当に重要な「思い込み」は「無意識」に潜んでいるわけです。なぜお金もちになれないのか、なぜダイエットできないのか、なぜ結婚できないのか、なぜ恋人ができないのか、なぜ仕事が続かないのか、、、いろんなレベルでの「なぜ」が人にはいくつもあると思いますが、その「なぜ」の答えは、「無意識(潜在意識)」はすでに知っていることになります。そしてその答えは、「問い」を続けることで、必ず得られることも知りました。今日のセミナーは濃かったです。真顔で。私も人前で講演したりセミナー・研修したりする機会がこれからも増えるでしょうが、それ以前に私自身の問題として、今日のセミナーは非常に有意義でした。多くの人をハッピーにする、、、このミッションを全うする上でも、このセミナー全体が私にとって必要なリソース、別の言い方をすれば、ご先祖様や守護霊レベルでの引き寄せだったのかもしれません。

 最後にもう一度このことを言います。おそらく私のこのブログを読んで、山崎さんのセミナーに興味を持たれる人も少なくないと思います。そして全国各地で行われている各種セミナーに参加してみることも、私はおススメできます。しかし大切にして頂きたいのは、あくまで判断の基準は私のこのブログではないこと。自らが立てたアンテナであるべきことをしっかりと肝に銘じて頂ければと思います。

 と言いながら、蛇足になりますが、今日のセミナーの内容、、、本などのメディアで納得できるように伝えるのは至難の業だと思うのですが。。。そうそう、私のセミナーはしばらく封印していますが、今月末に山梨県の山奥でのクローズドセミナーだけが残されています。一応、これで今年または年末までは封印しますが、月末のセミナーは最後のつもりで渾身の話ができればと思っています。一応録音するので、何かの機会に日の目を見ることもあるかもしれません。それではこの辺で。

ありがとうございました♪
 ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
by katamich | 2008-07-13 23:37 | ■精神世界