宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

青い磁気の鷲 2008.1.23

 今日はなぜか興奮して、5時前に既に目が覚めてしまい、そのまま起きました。本読んだり、英語の勉強したり、ネットしたり、朝の時間は実に充実するものです。コーヒーが目を覚ましてくれます。間もなくミクシィでメッセージが来ます。今日はなんと私の誕生日でした。と言っても、本当の誕生日(グレゴリオ暦の)は2月27日なんですが、今日はなんと「銀河の誕生」なんだそうです。「ツォルキン・バースデイ」とも言います。まだまだ勉強不足でよくわからないのですが、「13日×20日=260日」を一つ周期とした、いわゆる「銀河の時間」に基づく考え方です。これを意識していると、宇宙と調和し、シンクロが生じやすくなるそうです。昨日は決して早く寝たわけではないのに、今日は自然と5時前に目が覚めて起きてしまったのも何かあるのかもしれません。ちなみに今日はツレが会社を休んで家に居ました。ツレの母親の誕生日(普通の)で、親孝行をするために、ツレ家族水入らずで映画を見に行ったりしたそうです。そして夜は私も加わってお食事をしました。なんだかやっぱり普通の日ではなかったようです。

 ちなみにこの260日周期で言うと、私は「青い磁気の鷲」というのになるそうです。ようやく覚えました。コズミックダイヤリー持ってる人から、「Qさんは何ですか?」と言われたら、即座に「青い磁気の鷲ですよ!」と答えられるようになりました。で、それはどういう意味かと言うと、公式ページによると、


☆13日周期の「銀河の音」

「磁気の」

・創造的な力の機能:目的(purpose)、一つにする(unity)
・行為:引きつける(attract)


○20日周期の「太陽の紋章」

「青い鷲」

・力:ヴィジョン(vision)
・行為:創り出す(creates)
・-:心(mind)



となります。なんだか自分の使命に合っているような気もします。目的やビジョンを持ち。様々なリソースを一つにまとめる。「Q引力」で引きつける。そして創造する。こんな感じでしょうか。ブログを書いたり、セミナーをしたりするのも、この流れなのかもしれません。そんなわけで、今日からまたスタートです。

 ところで、興奮していた理由はもう一つあります。それは何かはまだ明かせないのですが、めちゃくちゃ血が逆流しそうな話です。夜中にある方から電話がかかってきて、今年の秋口にあることが起こりそうだ、という話です。言いたくってたまらないのですが、まだ今の段階ではブログ上では支障のある話です。関係者にも迷惑がかかりそうなので、ブログで書くのは控えますが、私にとって2008年の秋ってのはものすごいことになりそうです。あ~!!!思い出した。「358」ってご存知の方も多いと思います。35歳8ヶ月のことです。これはお釈迦様が悟りを開かれた年数ですね。小林某氏の会でもこの数字を重要視しており、「0358」を暗証番号にすると、お金が貯まるとか言われているそうです。なので小林某氏の会の方はスリにはご注意ってとこですね。あ、こんなん書いちゃまずかったかな。。。ちなみに私は小林某氏の本は好きです。ただ、会には入りたくないし、グッズを集めようとも思いません。講演会には行ってみたいのですが、何回行ったとかを競いたくはありません。はい。

 それはともかく今年の10月に私は「358」を迎えます。なんだかそれに向かっていろんなことが動いているようです。今、ちょっと明かせない話として出したものは10月のことです。そして翌月には「Qさんと行くインドツアー」が控えています。つまりその10月のことと、11月のインドツアーのちょうど中ほどに、私の「358」がはまっているのです。何たるタイミング!何たるシンクロ!本当に悟りそうです!

 ちなみに今日、インドツアーに関して、ある旅行会社と電話でお話しました。参加予定の方がお世話してくださり、前もって見積もりとかも頂いてたのですが、私の方もとりあえず直接お話をと思って、電話をしました。非常に感じのいい対応でした。インドに強いエージェントらしく、話がすいすい通じるのが気持ちがいいです。料金的にも割とリーズナブル。国際線、インド国内線、インド列車、エコノミーホテル、送迎など入って、8泊で15万円は切りそうな感じ。私一人で行く場合は、国際線往復だけなので、6~7万(+tax)で行くところですが、今回は団体なので、いろいろ手配して行きます。それでも通常ツアーよりは安くしますし、何より濃い経験ができるのも魅力です。今日、旅行会社と話をしたところ、人数は多くても少なくても対応はできるとのこと。ただ、少ない分にはいいのですが、多くなると、今度は私の方が大変なので、多くても12名が限度だと考えています。参加条件としては、「自己責任」「仕事を休める(当たり前か)」「心身ともに健康」「協調性がある」、、、などに加えて、「ポジティブである」ことが絶対の条件となります。最後の「ポジティブ」ってのは、ものすごく重要です。インドに行くと、日本では考えられないようなことがいろいろ起こります。例えば電車が普通に遅れたり、タクシーに乗り込んでから値段が変わったり、平気で約束を破られたり、法外にふっかけられたり、恐ろしいほど飯がまずかったり、トイレットペーパーがなかったり(手で水を流します)、いろんなことがあります。その度に「なんでこうなるの・・・」みたいな心境になれば、周りにも迷惑がかかります。もちろん安全第一で行動するのですが、ちょっとしたことはすべて「This is India!」と笑って過ごすことが必要です。おかしなことがあっても、みんなでそれを笑い飛ばす。これです。人生もこれです。ちなみにミクシィのQインドコミュで、雰囲気を想像して、一日の動きを書いてみました。


~ブッダガヤー二日目~

9時 :前日の車内泊に疲れて、遅めに起床。各自朝食(バナナ、チャイ等)
11時:「仏陀の苦行の森」、「スジャータの丘」へ出発
14時:ホテルに戻り、皆で昼食(安飯屋)。後、各自休憩。
16時:アショカ(Q友人)の自宅へ訪問。家族達とふれあい。
18時:アショカ達と料理をして、夕食。
20時:ホテルに戻る。好き好きにお茶を飲んだり。
21時:集合。シェアリングタイム。
    シェアリングが終わり次第解散。各自、日記。
23時:就寝。

 ま、こんな感じの一日になるでしょう。移動のない日なので、比較的ゆっくりします。移動がある日はちょっと忙しいかも。「シェアリングタイム」というのは、その日、起こったこと、感じたことなどを、一人ひとり発表してもらう時間です。これは毎日やります。ビールを飲みながら、水を飲みながら、リラックスして、思い思いに語ってもらいます。単なる雑談ではなく、一人ひとり、きちんと発言してもらい、インドの感じを共有します。そして熱くなるのも自由、しんみりなるのも自由、泣くのも自由。ある意味「シェアリングタイム」こそが、本インドツアーの醍醐味かもしれません。



 こうやって未来ペーシングをしていると、本当にそうなるから不思議です。ちなみに9月頃には、ある用事でロンドンに行く可能性があります。まだまだ未定で、実際のところ、行く可能性は30%くらいなんですが、少なくとも0%ではありませんし、予定としては一応あるので、それを想定して今の動きがあります。実は私が英語の勉強に熱を上げているのは、それがあるからだったりします。もちろんまだわからないので、なんとも言えません。ただ、もし、本当に行くようになれば、「Qパワーアップセミナーinロンドン(orEU)」か「Qオフ会」をできればと考えています。ヨーロッパにもこのブログを愛読して頂いている方が少なくないようで、しばしばメールを頂くことがあります。もし、本当に行くことになれば、ロンドンかブリュッセル辺りで集まるのもええかな~と思います。私はロンドンには行ったことありませんが(北アイルランドのベルファストはあるけど)、オランダやベルギーには10年前に行きました。何だかんだ言って、ヨーロッパはめちゃくちゃ好きです。時間やお金の関係でアジアばかり行っており、アジアが似合うとよく言われるのですが、実際にはアメリカやヨーロッパがやっぱり好きだったりします。もちろんインドは別格ですが。何よりクラシックやジャズはやっぱり本場で聞くのが一番感動的です。

 話を戻しますが、「358」ですね。「358」はそこまで生きていれば、一生に一回は必ず訪れます。そんな貴重な瞬間に、、、○○やインドやヨーロッパがあると、やっぱり意味ありげではないでしょうか・・・(KAGATA式に)。それまでには著作の第一弾も出しますけどね。というわけで、ノリノリです。そう言えば、昨日配信した「音声セミナー」の「天使の話」ですが、かなり評判の声を頂いております。目から鱗、目が覚めた、笑った、生きる意味を見直した、などの声も頂きました。江原氏もいいのですが、やっぱり結局は自分ですよ。先日、実家に帰って母親と話をしてたのですが、非常にいいこと言ってました。

「あんなんな。過去をいちいちほじくり返さんでもええやん。そっとしといたりいや。」

と。つまり、前世だとか先祖だとかの話をむし返して、その人たちのせいにしたり、余計なこと頼んだりせんと、ちゃんと供養だけして、ほっといたりいや、ということです。ご先祖様にも迷惑な話です。それよりも地に足をつけて、今に感謝して、前を向いて歩いていくことの方が大切ではないでしょうか。江原氏をはじめとして、そういう目に見えない(確かめられない)話に自分の大切な部分を委ねて一喜一憂するのではなく、地に足ついた行動の中で、いつか必ず自分の「使命」なるものに出会えると思います。私もまだ発見したわけではありませんが、地道に行動している中で、少しずつ自分に出会えつつあるという実感はあります。今日は「銀河の誕生日」ですが、「青い磁気の鷲」という情報も、私から求めていたのではなく、むしろ自然と引き寄せられてきて、改めて「自分」というものを見つめさせてくれるきっかけにはなりました。

 話を戻しますが「天使の話」です。是非、聞いてみてください。最後の方に伝えたいメッセージがあります。この話は実際の話を元にしていますが、話に出てくる「天使の化身」が本物かどうかはわかりません。そもそも「天使」なるものが、実体として存在するかもわかりません。聞いて頂いた方はお分かりだと思いますが、実はこれは「天使の話」でも何でもありません。「天使」をメタファーとした、ある意味、当たり前の話かもしれません。そこから何を感じるかは、人それぞれです。「天使の話じゃないじゃん!」と言ってキレるのも自由です。

 そんなわけで、話があちこちなりましたが、改めて今日からスタートの意気込みで行動開始したいと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

心温かいクリックに感謝します
 ↓   ↓

人気blogランキング

2008年を最高の一年に!!(受付中です)
 ↓   ↓
1月26日(土):新春パワーアップライブセミナーin福岡

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちら
by katamich | 2008-01-23 23:02 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン