私と韓国 2007.1.3

 今日も結局、韓国ドラマばかり見ている一日でした。韓国ドラマと言うと、まともに最初から最後まで見たのは「冬のソナタ」だけだったのですが、実家の母親が送ってきた「ガラスの靴」というドラマも、今日、ようやく40話すべて見終わりました。もしかしたら、これから見ようと思っている人とか、今見ている人とかもいるかもしれませんが、正直言って、「なんでやね~ん!」というのが正直な感想です。私は勧善懲悪が大好きです。途中、どんなに主人公が苦しめられても、最後にはハッピーエンドってのがドラマの王道ではないでしょうか。それが、この「ガラスの靴」は40話も引っ張って、ある登場人物に感情移入させまくって、そして最後は可愛そうな結末になります。ま、考えようによっては、前向きな終わり方でもあるのですが、終盤、ものすごく感情移入させられる登場人物が悲惨な姿になってしまうなど、男として納得できません。あんな中途半端な結末ってのが韓国ドラマの醍醐味なんでしょうか。そう言えば「冬のソナタ」も最後はようわかりませんでした。ヨン様が盲目になって登場するあたり。悪者は最後にとことん懲らしめられ、善人はとことんハッピーエンドってのが私は好きなのです。韓国ドラマはこれからは見ないどこうと思います。そもそも40話もあるのがけしからんです。ずっとテレビの前にいて身体が鈍りそうです。日本のドラマのように12~3話でコンパクトにまとめてもらえればありがたいのですが。そんなわけでして、この三箇日は韓国ドラマ漬けでした。

 して明日から三日間、韓国(釜山)に遊びに行ってきます。ということは、年末年始は、どういう因果か「韓国漬け」になってるではありませんか。前に韓国に行ったのが、確か2001年だったと思います。あの時は会社員で有給休暇をとって、インドネシアに行く途中でした。大韓航空で福岡からジャカルタまでのチケットで、ソウルで一泊しなければならないものでした。その時は、福岡-ソウル-ジャカルタと進み、ジャカルタでジョグジャカルタまでの国内線を空港で購入しました。ジョグジャカルタでは世界遺産を見て、そこからまた国内線でバリ島。バリ島からジャカルタまではビジネスクラスに乗って帰り、再びジャカルタからソウルで一泊して福岡に戻りました。あ、そうそう、その一週間後は社員旅行で釜山でした。よく考えると、韓国は結構行ってるかもしれません。

 初めての海外旅行も韓国でした。釜山大学の日本語学科の学生との交流がメインで行きました。河合塾という予備校のOBOGで作ったサークルの関係で。初めての韓国旅行、、、折角なので、交流会より早めに韓国に入って、ソウルをぶらつくつもりでいました。下関からの夜行フェリーで朝方釜山に到着します。そこからセマウル号でソウルに行くのですが、初めての海外で、しかもたった一人で、室内履きのスリッパと小さなカバンでよく行ったものだと、我ながら感心します。どうやって切符を勝ったのでしょうか。窓口で「ソウル、ソウル!」と叫んだだけのように覚えています。

 そして緊張の面持ちで指定の席に座って「地球の歩き方」を開きます。すると突然、隣の女性から日本語で話しかけられます。歳にして20代後半でしょうか。日本語は平仮名しかわからないけど、しゃべるのは完璧でした。何の仕事か最後まで教えてくれませんでしたが、推測するに日本人相手の水商売のようにその時も思いました。それから色々と話しかけられて、ちょうどソウルの友達のところに行くので、一緒に行かないかと誘われたのです。で、結局、ノコノコと付いて行きました。コミュニケーションは日本語でOKなので疲れませんでしたが、今考えても、わけがわかりません。その女性が言うには、「弟のようで可愛いから」とのこと。よく私も着いて行ったものです。変な人だったらどうしよう、とか考えなかったのでしょうか。そして友達のマンションに一緒に行き、焼肉を奢ってもらいます。なぜかその友達(女性)からも気に入られ、翌日、一緒に「ロッテワールド」に行こうと誘われます。しかし翌日は釜山に帰らなければならなったので、残念ながら断ります。結局、その日はわけわからんままに、友達のマンションのソファで寝て、翌朝、朝食までいただきます。確かその友達は画家だったと思います。私をエスコートしてくれた女性が友達の描いた絵をもらって、お昼前、友達がシャワーを浴びている隙に、マンションを出ます。エスコートの女性が何やら韓国語で言って一緒に出て行くのですが、シャワー中の友達もなにやら叫んでいます。個人的には「こんなんでええんかよ~」とか思いながら、付いて行きました。そして一緒にセマウル号で釜山に戻ります。釜山に到着すると、その女性のボーイフレンドという男性が現れ、またも一緒に焼肉を食べます。その時は私も支払いしたように記憶しています。そのボーイフレンドはカタコトの日本語がしゃべれて、釜山でカラオケ店を経営しているとのこと。あんまり品がよさそうには見えませんでしたが。そして私もどこかに宿を取らないといけないので、安い宿をその女性に紹介してもらいます。で、3人で安宿に行き、私はチェックイン。なぜか2人は別の部屋にチェックインします。そこでいったん別れます。どういうことだろう、、、と怪訝に思っていたら、2~3時間後に再びその女性が私の部屋のドア口に現れ、サヨナラをします。ボーイフレンドはどっか行ったそうです。そこで本当にその女性とお別れして、それ以来、会うことはありませんでした。後日、お手紙も書いたのですが、住所不定で戻ってきました。

 今考えると、とても不思議です。最後の最後にボーイフレンドが現れて、そこで私から金品を巻き上げるというパターンが、ま、海外ではそんなに珍しくありません。いわゆる「美人局」というやつですね。もしかしたら、最初、私に声をかけてきたのは、そんな魂胆があったのかもしれません。そして2日間、連れまわして、何もかも奢ってもらって、最後の最後にボーイフレンドを使って回収、、、という段取りだったのではと、今思うと、充分想定できます。しかし、貧乏な学生相手に何もできないことをボーイフレンドは悟って、とりあえず彼女と私の支払で飯を食って、安宿で私とは別の部屋で2~3時間の戯れだけして帰って行ったようにも考えられます。私のいないところで、「あんな男、捕まえてくるなよ、時間の無駄だろ!」、みたいな話がなされてたのかもしれません。

 ま、これは私の悪い推測であり、もしかしたら、本当に純粋に、一緒に連れ回したかっただけなのかもしれません。今となっては確かめようもないのですが、恐らく今なら、警戒心から、最初にその女性には着いていかないと思います。何も知らないと言うのは、恐ろしくも頼もしいものです。そんな不思議な海外旅行初体験でした。その翌日は予定通り、釜山大学の学生と交流します。そして盛大に飲み会も開かれ、友好意識を強く持ち、韓国大好き、海外大好きになって帰国するのでした。

 その後、河合塾福岡校で浪人生・現役生相手に、その交流会の報告会が催されました。その場で私は10分ばかりお話をしました。当時、私はなぜかスキンヘッドにバンダナを巻き、黒い革ジャンをまとっているという不気味な井出達でありました。しかし、なぜか私の話が大うけで、インパクト大だったようです。報告会の後、なぜか私の前の列ができました。私と話をしたいという河合塾生たちです。女子高生もいました。何をしゃべったのか覚えてないのですが、当時、それだけ情熱的だったということでしょう。

 その翌年、再び釜山大学の学生との交流イベントに参加します。私は余興の司会をしました。飲み会の時、ある福岡からの参加者から声をかけられます。「去年、河合塾福岡校での報告会に参加したのですが、その時にスキンヘッドの人がいたと思うのですが、今回は参加されてないのでしょうか?」、と。それは私のことです。その時はスキンヘッドでもなければ、革ジャンでもなかったのですが。「あ、それボクじゃないかな」と言うと、一メートルくらい下がって、驚きの声を出されました。私に会うことも、参加の目的の一つだったそうです。そんなにインパクトあったのでしょうか。何をしゃべったのか覚えてないのが残念です。その交流会の後、私はそこで知り合った日本人4人でインドに行ったのであります。

 ちなみに後日談があり、その学生だか誰かが、ある放送局の就職試験会場で私の大学の後輩と会ったそうです。その時は後輩とは付き合いがありましたが、韓国で出会ったその学生とは付き合いがなくなっていました。たまたま、試験会場で後輩と知り合い、大学の名前を行った直後、「もしかしたら石田さんって知ってますか?」と言われたのだそうです。その学生は、その時の交流会がきっかけとなり、韓国にはまりまくって、韓国語も完璧にマスターして、それを生かして放送局の就職試験にのぞんだのだとか。なんだか妙なところで影響が及んでるな~と感じたものです。

 そんな感じで、初めての韓国旅行、つまり初めての海外旅行では、見知らぬ若い女性から連れまわされ、2回目の韓国旅行では、その足でインドに行き、とてつもないカルチャーショックを受けるのです。3回目は大学の卒業旅行で。ちなみに卒業旅行は2回行き、一回目はゼミ仲間と中国へ、その2回目は任意に呼びかけて韓国に行きました。その2回目の卒業旅行では私が幹事を務め、チラシまで作ったものです。その名も「パワーアップエナジー釜山ツアー」というテーマで。今思うと、「パワーアップ」も「エナジー」も近頃よく使う言葉です。昔からボキャブラリーがあまり変化していないのか、当時から今の片鱗をうかがわせていたのか。そう言えば、わざわざチラシ作って旅行に行くというスタイルは、先日の合同ハネムーンでもそうでしたし、その前のQ州ツアーでもそうでした(作成は私ではありませんが)。となると、今年の11月に予定しているインドツアーもそうなるでしょうから、私って、基本的に昔からあまり変わってないことになりますね。
 
 で、4回目の韓国は先ほど言ったインドネシア行きのトランジットで。5回目は会社の社員旅行でした。となると、今回は6回目になります。何の準備もしていませんが、ま、買い物するのでもなく、何となくブラブラしに行くだけです。とりあえず、パスポートだけ確認して、2日分の下着類をバッグに詰めて準備完了です。明日は6時に起きて準備。7時45分までに博多国際ターミナルに行き、8時45分に船が出ます。で、12時前には釜山港に到着して、すぐにホテルにチェックインです。今回は私のバックパック一つで行きますので、ツレはほとんど手ぶらです。海外ながら気楽な旅ですね。

 年始から韓国ドラマにどっぷり浸かり、それが終わったと思うと、なぜかすぐに韓国に行ってしまいます。今年はまさしく韓国で幕開けですね。昔から近くて遠い国、、、と言われて来ましたが、少なくともこの数年は韓流ブームもあり、かなり近しい存在になってきたのでは、と思います。私が韓国旅行してた当時は、韓国の文化はほとんど日本に入ってなく、その逆に日本の文化芸能は違法ながらも韓国にたくさん流れていってたようです。今では、その面ではほとんど対等な気がします。私の母親でもかなり韓国に詳しくなっていますし。そんなわけで、久々の韓国ですが、気楽に楽しんでこようと思います。それでは。

今年もよろしくお願いいたします!
 ↓   ↓

人気blogランキング

2008年を最高の一年に!!
 ↓   ↓
1月19日(土):新春パワーアップライブセミナーin大阪
1月20日(日):新春パワーアップライブセミナーin名古屋
1月26日(土):新春パワーアップライブセミナーin福岡


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちらです
Commented at 2008-01-04 08:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 幸せまん at 2008-01-06 18:42 x
感国をいっぱ~愛、感じてきてくださいね♪
Commented by katamich at 2008-01-07 18:24
■非公開コメントさん!
ソウルに行く時は是非ご連絡させて頂きます!

■幸せまんさん!
行ってきました~!
by katamich | 2008-01-03 22:36 | ■旅・ツアー | Comments(3)