宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

ジュセリーノと5次元 2007.12.20

 実を言うと、本日、久々に「病院」に行ってまいりました。バリ島から帰って以来、咳が出て、体調が思わしくない日が続きましたが、完全に治ったと思ってたものの、昨日からまた体調が悪くなってしまいました。前と同じような症状です。もちろん生活には何の支障もないのですが、「たけしの医学」とかちょこっと見てたら、やっぱり病院に行ってしっかり診察してもらった方がいいと思い、行ってきました。喉から鼻にかけて炎症があるとのこと。しゃべりすぎ、飲みすぎがたたったのでしょうか。まだまだセルフコントロールに課題ありですね。

 ところで、夜、食事をとりながらテレビを見ていると、今話題の「ジュセリーノ」の番組がやっていました。見た人も多いことでしょう。かなりの精緻さで次々と未来を予測しているわけですが、何とも世界的な大惨事ばかり的中させて怖くなりますね。ただ、ウィキのジュセリーノを見ると、すべてが的中しているわけではなく、数的にはどちらかと言うと外したものの方が多いようです。にしても、地下鉄サリン、阪神大震災、9.11など世界的な大惨事については、見事に的中して、ジュセリーノ予言能力の確かさを裏付けるものとなっています。

 ただ、これから先は、というと、おそらく外れることがますます多くなるでしょう。2043年には環境問題で人々の多くが壊滅状態になるという予測をしていますが、特に楽観的に考えるわけではないのですが、おそらく外れるでしょう。私なりの根拠を示しますと、それは今、ジュセリーノが登場したこと自体に理由があります。単なる楽観主義に聞こえるかもしれませんが、私の考えを聞いてください。

 まず、ジュセリーノの予言能力は本物でしょう。まさしく「神」から授かったものに他なりません。そして今になってようやくジュセリーノが登場してきたことが重要なのです。これまでの数々の予言的中を世の中に知らしめるタイミングが今だったと言うわけです。本当ならば、もっと早くに登場してきてもよかったのでしょうが、もし20年前に登場して「環境問題」のことを声高に言ったとしても、おそらく世論はほとんど耳を貸さないでしょう。なぜなら、当時は「環境問題」が表明化してないばかりか、開発こそが国家の使命という理念があったからです。日本が典型ですね。しかし今ではどうでしょう。実際に地球温暖化が進み、シミュレーション上も非常に悲観的な結果が導き出されます。

 つまり「予言的中」という数々の実績を引っさげて、ようやく登場したジュセリーノだからこそ、普通の人が言うよりも説得力があるわけです。それによって、人々の意識がより本格的に環境問題に向くようになり、これから先の地球の悲惨な姿を回避できるのです。もちろんすべてがすべて外れるわけではなく、小さなことは当たったり、大惨事にならない程度の的中はあるでしょう。例えば10月25日に日本列島を大きな台風が襲う、と予言されており、実際、突然、台風は発生したものの、日本列島を襲うことはありませんでした。ちなみに翌日は我々の結婚式だったので、特に気にしていたのですが、関東地方は大雨だったのに対して、私のいる九州地方は見事な秋晴れでした。晴れ晴れ夫婦だからそれたなどと言ってましたが、それは冗談にしてもあながち大げさな話ではありません。

 おそらくジュセリーノの予言は確かに予定調和的にプログラミングされていたのかもしれません。ただ、実際に「○年○月に惨事が起こる」と予め予言が発表された時点で、それを聞いた人々の集合意識が、その予言をストップさせるのです。自然災害などは、まさしく集合意識(潜在意識)のなせることですが、「環境問題」などは、集合意識以前に、一人ひとりの意識改革により、いくらでも防ぐことは可能です。簡単に言うとこう言うことです。

1.無名のジュセリーノは数々の予言的中の実績を作ってきた
2.今になってジュセリーノが世に知られることになった
3.そんなジュセリーノが「環境問題」について発言することで、人々の意識がそれに向く
4.集合意識及び一人ひとりの意識改革により、ジュセリーノ悲観的予言は外れる
5.とりあえずめでたし、めでたし

となります。このことを裏付けるような出来事が来年の1月25日に起こります。ジュセリーノの予言によると、大阪で50万人規模の大地震が起こるとされていますが、おそらく外れるでしょう。比較的小規模な地震が発生するか、また、大阪でない海の上などで起こり、被害は大きくはならないと思います。こればかりは「2008年1月25日」になればはっきりします。私の予言(?)では、大阪に50万規模の大地震は起こりません。これを聞いた人々の集合意識がそうはさせないのです。
 
 しかしながら、予言される程の大惨劇にはならないにせよ、今よりは環境破壊は進むかもしれません。一年ほど前、私も30年後の福岡市を見に行ってみたのですが、ゴーストタウンまではいかずとも、かなり寂れた状態にありました。そのこと自体はもしかしたらいいことなのかもしれません。え??怪しいですって?実は予知能力なんてのは多かれ少なかれ、誰でにでも備わっています。脳波の問題であり、ある程度のトランス状態に入れば、それなりに未来を見ることは可能です。というか、私の好きな「5次元」にアクセスすることになるのです。

 ジュセリーノの予言と言うのは、5次元を媒介とした、一種のパラレルワールドに過ぎません。ただ、彼の場合は、その「可能性」が単に高いだけなのです。彼の予言は「夢」の中に詳細に出るらしいのですが、彼だけでなく、多くの人が、予知夢くらいは見たことあるでしょう。予知夢ではなく、まったく反対のことを見た人もいるでしょう。例えば知人が死ぬ夢なんて、多くの場合、長生きの証だったりします。全然、現実的でない「夢」を見るのも、単に「可能性」の低いパラレルワールドにアクセスしたに過ぎません。そしてその「可能性」自体は、日々、変化しています。今仮に「大惨事」という可能性をジュセリーノが出したとすれば、それを聞いた多くの人による「集合意識」によって、別の可能性へと移っていくわけです。それを予言が外れた、と言うのでしょうが、外れたと言うよりも、集合意識によって別の3次元(パラレルワールド)への可能性が高まったと言うに過ぎません。

 ちなみにトランスに入るなんてさほど難しくありません。先日は私のセミナーでも、多くの人が多かれ少なかれトランスに入り、タイムラインという未来予想図のワークの中で、ほとんどの方が一年後の未来をありありとした臨場感をともなって見ているのです。言い換えると、トランスに入ることによって、知らず知らずのうちに5次元にアクセスし、自分にとって望ましい3次元からリソースを取ってきたことに他なりません。そしてそこで見た一年後はかなり高い可能性で現実化するのです。ある意味「臨場感」さえつかめれば、それで実現したも同然です。実に簡単。一月のセミナーでもやりますので、よかったら参加してご確認ください。

 そんなわけでして、ジュセリーノに関しては、今、かなり話題になっていますが、私の見解としては以上です。当たる外れるの世界ではありません。ようは人々の集合意識がどのような世界を望んでいるかなのです。

ありがとうございました!
 ↓   ↓

人気blogランキング

1月19日(土):新春パワーアップライブセミナーin大阪
1月20日(日):新春パワーアップライブセミナーin名古屋
1月26日(土):新春パワーアップライブセミナーin福岡


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-12-20 22:10 | ■時事問題
ブログトップ | ログイン