潜在意識と身体 2007.12.19

 今日は一日デレデレしていました。さすがに疲れていたようで、ちょいと体がだるかったですね。これから楽しいクリスマスに大晦日に正月が待っています。年中行事にウキウキするほどの歳でもないのですが、なぜか嬉しくはなりますね。昔はクリスマスとかヴァレンタインとか嫌いな時期もありましたが(^^;、今は、ま、何とも思ってない以上の好き加減でしょうか。少なくとも嫌いではないと言ったところ。これは私の持論の一つ。周囲の幸せを喜べない人は少なくない。でもそれで自分を責める必要もない。ただ、自分自身が幸せになることは考えて欲しい。そうすれば純粋に周囲の幸せも一緒に喜べるものだ、と。あと、逆もあるかもしれませんね。周囲の幸せを一緒に喜んであげると、そのうち、自分も幸せになる、と言う法則が。かつての不遇な時代の私はヴァレンタインと言うと「虫歯になるよ~」とか、クリスマスと言えば「腰痛になるよ~」とか言ってましたが、今では「歯磨けばいいじゃん」、「そんな無茶な体○しなければええやん」なんて発想に変わってまして、、、すいません(^^;

 ちなみに大晦日は毎年恒例の「北村英治カウントダウンコンサート」に行き、正月はツレの親戚の家行ったりした後、4日から2泊3日で釜山に行って来ま~す。ビートル&ホテル2泊付きで一人26,000円。安いでしょ。3日発だったら2万ちょっとだったのですが、気づいた時にはその日は空いてませんでした。でも久々の韓国に行ってきます。これで12年連続で海外旅行してることになりますね。ま、2008年はそれ以外にもインドとか、もしかしたらイギリスとかも行く予定があるので、ますます精力的に国外逃亡します。楽しみな2008年になります。このブログ読んでるレアな人たちも、ますます楽しい、充実した一年になりますね。

 ところで、先日のセミナーの冒頭でお話したことを少しシェアしたいと思います。これは私のかねてからの持論である「潜在意識=身体」という話です。今回のセミナーは一貫してこのテーマで進め、今後もこのテーマは貫かれることでしょう。そもそも、「潜在意識=現実」とはよく言われますよね。「潜在意識」にインプットされた内容がイコール「現実」であると。「潜在意識」とか何とかに興味がある人にとっては常識だと思います。ただ、一つ疑問がありました。多くの本に書いてあるのは「潜在意識=現実」ではなく、「潜在意識⇒現実」という方向であること。つまり「潜在意識」のプログラムを変えることで「現実」が変わるという発想です。ただ、実際には「潜在意識⇒現実」であると同時に「現実⇒潜在意識」でもあるのですね。この点がどうも欠落しているような印象を常々受けていました。

 例えば「お金持ち」になりたい人がいたとします。しかし現実は「貧乏」です。よくあるのは、「お金持ち」が「潜在意識」にインプットされていない、と考えるのですね。しかし、本当のところは「貧乏」が「潜在意識」にインプットされていることに他ならないのです。

 結婚したいけどなかなか相手が見つからない人がいたとします。「結婚」が「潜在意識」にインプットされていないと考える前に、現実は「独身」が「潜在意識」にインプットされているのです。実際の話、「結婚」が「潜在意識」にインプットされていて「独身」であることありえないわけです。少なくとも現時点では。

 しばしばありがちな自己啓発本では、「潜在意識」のプログラムを変えることが「現実」を変えると言う書き方がなされ、それは確かにそうなんですが、この書き方だと「潜在意識=原因・主体」、「現実=結果・客体」というように読めてしまうのです。ところが、実際、潜在意識と現実との間には因果関係も主客関係もないわけです。

 で、よくある自己啓発本には「潜在意識」のプログラムを変えるために、瞑想したり、CD聞いたり、何度も同じ本を読んだり、望ましいイメージを壁に貼ったりなどのノウハウを紹介しているのです。「引き寄せの法則」なんかそんな部分がありますよね。確かにそれは一つの方法だとは思うのですが、もう一つの側面、つまり「現実」から「潜在意識」を変える、さらに言うと、両方をいっぺんに変える、という視点が抜けてると思うわけです。

 ここで「潜在意識」の一つの性質を思い出す必要があります。それは「潜在意識は騙されやすい」という性質です。「潜在意識」ってのはいい意味で言えば、素直で純粋なんですが、悪く言えばアホなところがあるのです。最近の石井裕之さんの話の中で、面白いエピソードがありました。アメリカのナンセンスジョーク集を読んでたら、こんな話があったそうです。「ここに12色のクレヨンがあります。何色を食べたいですか?」というジョークです。たったこれだけなんですが、シュールなジョークとして、分かる人には分かります。いわゆる吉田戦車的なナンセンスギャグですね。まずクレヨンを食べるというシチュエーションに笑え、さらに何色を食べるか、なんてナンセンスな質問に笑えるわけです。ただ、意識の世界では「ギャグ」で済むのですが、潜在意識の世界はそういうわけにはいきません。そんなナンセンスな質問に対しても真面目に答えようとするのです。そしてクレヨンが夢にまで出てくるわけですね。

 もし仮に、このブログで同じ質問をしたとします。今から出す質問は潜在意識の奥底にアクセスします、なんて前ふりをして、「何色のクレヨンを食べたいですか?、、、解説は後日」、、なんて書き方をすれば、多くの人がわけわからんけど考えてしまい、クレヨンが頭から離れなくなるでしょう。要するに潜在意識ってのは純粋で素直でアホなんだけど、ものすごい力を持っているということです。

 で、潜在意識は騙されやすい、という話でしたね。つまりこの性質を利用するわけです。例え「貧乏」が「潜在意識」にインプットされていたとしても、「現実」の目に見える部分を「お金持ち」にしてしまえば、そのうち「潜在意識」が勘違いし始めて、本当に「お金持ち」になるという話ですね。そこで一番効果的なのが「お金持ち」の「身体」の使い方を真似する、ということです。つまり「お金持ち」のモデリングですね。セミナーでもお話したのですが、そこで重要なのか「~っぽい」という考え方です。うつ病の人の共通点は「うつっぽい」ことだという話をしたと思いますが、これと同じです。言っては申し訳ないけど、貧乏な人っていかにも貧乏くさいですよね。逆にお金持ちの人って、いかにも金持っぽいです。ラフな服着てても、襟裳とがパリッとしてたり、顔がテカッてたり、常に口角が上がってたり、笑い声が大きかったり、などなど。潜在意識のプログラムを変えたければ、まずはそういったモデリングをして、本当にお金持ちになるまで、徹底的に潜在意識を騙し続けることです。これが一番。

 以前、コーチングのクライアントさんで、恋愛及び結婚成就をした方がいました。これも実はこのアプローチです。自分はモテる、恋人がいないのは変だ、恋人とここに行こう、などと考え、その通りの行動や身体の使い方をするわけです。すると、忘れた頃に恋人ができたり結婚したりします。実に簡単。

 今回のセミナーではKAGATA式と称して、伝説的な営業マンのモデリングをみんなでロールプレイしました。とりわけ「人間関係構築」の部分について、言葉から表情、身振りまでなるべく忠実にモデリングして、それを披露すると共に、みんなでやってみたのです。これは盛り上がりました。ここで重要なのは「自分のスタイル」を捨てることです。自分のスタイルがあるのは否定しませんし、それ自体もとても大切であることは認めます。しかしもし、そのスタイルがなりたい自分のイメージと異なるのであれば、どこかで見直す必要はあるでしょう。しばしば「自己流は事故につながる」と言われますが、本当に「潜在意識」のプログラムを望み通りに変えたいのであれば、どこかで「自分のスタイル」を見直す必要があるでしょう。少なくともセミナーでの数分のワークの時は、ここぞとばかりになりきってみるのです。それから自分のスタイルに戻ってもいいです。わずか数分間、伝説の営業マンの身体の使い方を、実際に真似してみることで、本当のブロックが外れ、脳の配線が入れ替わります。セミナーの感想(その1その2)を読んでみても、ほとんどの方がKAGATA式によって変わってしまい、その後の生活にまで影響を及ぼすようになってしまったようです。私も始めて接した時はそうでしたから。

 それからセミナーの話で言うと、NLPの「タイムライン」を私なりにアレンジしたワークをしたのですが、これなどは「潜在意識は時間と空間の区別さえつかない」という潜在意識の騙されやすさを利用したワークです。また、今回は説明に留まり実践できませんでしたが、私の提唱する「5次元ワーク」は「潜在意識は5次元と3次元の区別がつかないのではないか?」という仮説を元に構築したものです。

 ようするに「なりたい自分」があるのであれば、「潜在意識」へのアプローチもいいのですが、「現実」を騙すことの方が手っ取り早いという話です。そのために重要なのは「身体の使い方」です。実はアンソニー・ロビンズなども言ってることなんですが、自己啓発本のほとんどはこの点が軽視されているように思います。うがった見方をすれば、自己啓発本市場を絶やさないためには、これを言い過ぎるとよくないのかもしれません。なぜなら本当に「身体の使い方」に長けてしまえば、自己啓発本が売れなくなるから、、、とも考えられます。いや、きっとそうでしょう。

 ということで、今後とも私は「潜在意識と身体」というアプローチで、目標達成、自己実現を果たすと共に、コーチとしてもそのスタンスを明確にしたいと思います。もちろんセミナーでもそうです。今回はKAGATA式を実践し、これからもそれは取り入れると思いますが、いろんな状況に応じた「身体の使い方」を研究し、それを自分のため、人のために役立てて行きたいと思います。ちなみにこんなこと言うと、「身体が不自由な人はどうすればいいのですか?」と言われちゃいそうですが、その時は「ミルトン・エリクソンを見ろ!」と言いたいです。彼は小児麻痺で目と口しか動かない状況であったのを、まさしく「潜在意識」の使い方で改善させた張本人ですから。

 てなわけでして、ここでまた一つアナウンスさせて頂きます。2008年、新春を迎えるにあたり、大阪、名古屋、福岡でのセミナーを開催することにしました。今回の東京・札幌のセミナーは年末版でしたが、年始にも使える内容です。2008年を最高の一年にするためのコンディショニングです。昨日、ミクシィでいち早くアナウンスさせて頂いたところ、早くもお申し込みが入ってきております。2008年を最高の一年にしたい方は、是非ともご参加ください。会場でお会いできるのを楽しみにしております。

1月19日(土):新春パワーアップライブセミナーin大阪
1月20日(日):新春パワーアップライブセミナーin名古屋
1月26日(土):新春パワーアップライブセミナーin福岡


 それからもう一つアナウンスです。2008年からコーチング料の改定をさせて頂きます。「3ヶ月コーチング」に関しては、これまで「新規」と「継続」を同料金としていましたが、2008年より「新規」の料金のみアップさせて頂きます。「継続」についてはこれまでの据え置です。また「お試し」についても据え置です。詳しくはこちらを。ただし、年内にお申し込みの方は、開始が年明けであっても、旧料金を適用させて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

 以上でございます。

ありがとうございました!
 ↓   ↓

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-12-19 23:34 | ■精神世界