「国民の期待」を流行語に! 2007.10.16

 この3日ほど、早起きをサボっておりました。。。連日のセミナー懇親会で遅くなったのと、何かと身体と気を遣うこともあって、身体が素直に休むことを欲していたのでしょう。と、いいながらも、ホテルでは7時には起きていたりします。名古屋セミナー翌日はホテルでコーチングをしてたりもして。で、今日は一度5時半には目が覚めて起きたのですが、漫画(こち亀)を読んでいたら、また寝てしまい、今度は7時半。親がテレビを付けていたのですが、「内藤・・亀田・・」などの言葉が聞こえるやいなや飛び起きます。大毅は「一年間の出場停止」、興毅は「厳重注意?」、史郎トレーナーは「セコンドライセンスの無期限停止」の処分を受けました。何が腹立つかって、、、みのもんたの対応です。試合前はあれだけ「亀田くん、亀田くん・・」と言って、ヘラヘラしてたのが、一夜明けると「内藤さん、内藤さん・・」」に変わって、亀田に対してはへの字口。ま、これがプロのテレビマンの姿勢なんでしょう。和田あき子なんかも、芸能界のご意見番などと言われながらも、世論に沿った意見しか言いませんものね。そういう意味では「高橋ジョージ」は偉いかも。これだけ内藤に追い風、亀田に向かい風が吹いてる中、テレビの中で堂々と内藤にボクシングのダメ出しをした男ですから。確かにダメ出しの仕方が分かってない感あるものの、ダメ出ししたこと自体は認めてもいいかも。ただ、高橋ジョージは元々亀田一家との付き合いも深く、さらに試合前に国家を歌ったりもしました。さらに亀田一家がちゃんと聞いてるのに、内藤陣営は私語してて、さらに内藤からは「試合前の発声練習が耳障りだった」と言われて、ちょっとは感情的になっていたのかもですね。と、言いながらも、やっぱり高橋ジョージはどう見てもヘタレでした。今回の騒動の中、一番感心したのが「やくみつる」ですね。昨年、史郎トレーナーとテレビ上でガチンコの舌戦を繰り広げ、アンチ亀田の最前線とみなされていまして、試合後のコメントは「溜飲が下りた」とまずは素直な発言。その後は終始冷静に発言をし、最後は亀田一家の復活を予見、と言うか、願うような発言まで出てきました。この騒動がおさまり、一年後に本当に亀田が復活した頃には、世論は亀田に向くだろうとのことで、あまりアンチに走るのは得策でないと判断したとか。言いたいことはしっかりと言った上で、最後はしたたかに。バランスの取れたプロを感じさせますね。

 てなわけで、毎日、毎日、ボクシングの話ばかりですいません。一度はまると同じ話を何度も続ける習性がございまして、、、と言うか、今年の流行語大賞は、「大賞」とまではいかなくても、ノミネートくらいには「国民の期待」を入れて欲しいものです。今のところ流行語大賞として優勢なのが「どんだけ~」「別に・・」ですが、続いて是非「国民の期待」をお願いします。今や内藤大助選手にはいろんな意味で「国民の期待」がかかっています。バラエティ番組からCMのオファーが殺到してるそうですが、ある意味、「クリーンな日本」を推進するための期待がかかっていると言っても過言ではありません。キャッチフレーズとしては、、


・いじめられっ子でも、頑張れば、いじめっ子に勝てるんだ!

・いがみ合った相手にこそ「ありがとう」を忘れずに。

・ボクはいじめられっ子かもしれない。でもボクは強いいじめられっ子なんだよ。

・ゴキブリでもいいじゃん、ボクはボクなんだから。ボクを応援してくれる人もいるのだから。

・今ではいじめっ子に「ありがとう」と言いたい。ボクをここまで強くしてくれたのだから。

・いじめっ子ってね、、、本当は寂しいんですよ。強くなれなくって。

・月収12万でも夢がある限り、ボクは頑張れる。家族のためにも。

・まずは3回はチャレンジしようよ。それまでは、絶対、負けたって言っちゃダメだよ。

・相手が強いからチャレンジできるのです。

・反則は許さない。でも、人に罪はない。反則した人だからこそ、ボクは握手を求めたいんだよね。

・ボクはとっくの昔に腹を切ってるよ。一人で故郷を離れてグローブ着けた時点でね。ボクはそれを「覚悟」って言ってるけど。

・お辞儀が90度になってから勝利が運ばれるもんですよ。

・目がたれてるって??笑うと誰だってたれるでしょ!

・ああやって、こうやって、いろいろやって、いつかはいいパンチが当たることもある。でもパンチが当たらないと勝てないんだよな~。

・今のボクを一番応援してくれるのは、実は昔のいじめっ子なんだよ。

・お袋に褒められたことなかったな~。でも褒められるのも、それはそれで寂しいかもね。

・ボクの月収は12万円。チャンピオンベルトは20万円。辛い思い、痛い思いして、まだ8万円も足りないなんて。みんながいなかったらとっくの昔にやめてるよ。

・家族愛っていいな~って思う。

・ボクはゴキブリでよかった。芋虫って言われたら、もしかしたら負けてるかもね。

・ボクのロマンティックはいつまでも止まらない。



 てな感じでね。いいな~内藤大助さん。内藤さんのこと思うと、いろんな気づきがありますよ。それにしても、個人的には亀田もよく頑張ったと思います。パンチ出さずにひたすらガードしてるだけだから、12R倒れなくても当然、という思いはありますが、それ以前に18歳で世界の舞台に立つ重圧に耐えるだけでもすごいと思います。実は、、、今日、ちょっとだけ内藤と亀田の記事を読んで、彼ら二人に「移入」してみました。試合前の舌戦から、リングに立つまでをじっくりと移入してみました。するととてもじゃないけど、私には耐えられないことがわかります。2秒も移入するとドキドキしてしまいます。セミナーで前に立つことなど、本当に何でもないことです。そして試合が終わった後、、内藤は勝った満足感はあるものの、決して後味がいいものではないでしょう。亀田は、、真顔で意気消沈してるようです。こんな気持ちを18歳で味わっているのか。私が大学受験に失敗したショックの比じゃないですね。亀田家が強くなるのはこれからだと思います。つけるケジメだけはきちんとつけて、私は再出発を応援したい気持ちです。大毅が宮田ジムに入門する、、なんてのは美談になると思うのですが(笑)

 そう言えば、宮田ジムの宮田会長もなかなかいいキャラしてますよね。ジムが近くにあったら入門してるのに~。シェイプアップと単なる遊び要員として。猫がたくさんいて楽しそうだし。って言うか、今、宮田ジムの入門者続出だろうな~。男も女も、老いも若きも。私もどっかジムに通おうかな~って思ったりして。昔から思ってはいるけど、一歩が踏み出せないでいたりして。。今、申し込むとミーハーと思われるので、もう少しほとぼりが冷めてから考えよう。すいません、ボクシングの話ばかりして。明日はどんな日記になるかわかりませんが、そろそろフェイドアウトしなきゃね(^^)。自分の意思ではどうしようもないんですけど、これがまた。てなところで今日はこの辺で。


ありがとうございます、感謝します
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「パワーアップ・コーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-10-16 14:49 | ■時事問題