旅と交渉術 2007.9.20

 何だかんだと21日行も満行まで一週間を切ってしまいました。今回の行は前回よりも歩きの回数が減っているのもあり、身体的にとても楽です。それでも週に4~5回は歩いているので、それなりに身体を使ってはいるのですが、気持ちの上で楽なのかもしれません。前回、全工程徒歩+最終日篠栗まで25キロ踏破をしたので、どこかで自信もついたのかもしれません。今回はいろいろあって車を使うこともあるのですが、次回以降、また新たなハードルを設定する必要があるかもしれません。ただ、次回は11月末~12月の予定ですので、今よりも「寒さ」というハードルが加わることになりますが。寒さ+歩きは未体験なので、どんな感じがか楽しみです。宝満山も3月から登ったので、一応、春、夏、秋は経験したことになるのでしょうが、「冬」は未体験です。雪が降ったりもするでしょうし、どんな山登りになるのか、これから一回一回が楽しみです。

 で、今日の動きとしては、ハネムーンの予約確定。そして夜は結婚式の打ち合わせがありました。ハネムーンの予約については、いろいろありましたが、とりあえず確定となりました。合同ハネムーンで4人でバリ島に行く、という話は7月頃に始まり、それから私単独でいろいろ調べ始めました。ただ、お盆を過ぎるまでは11月の料金等が出てこないので、実質的に動き始めたのは、この一週間です。バリ島旅行に関して言えば、わかったこととして、、

・航空券だけよりもホテル送迎付きツアーの方がずっと安い
・成田、関空便が安くて便利(地方よりも都心の方が条件がいい)
・福岡発だとキャセイ、エバーが安いけど当日乗継不可
・旅行会社によって値段が随分違う

ってことですね。以下はどうでもいい話ですが、興味ある人は参考までにお読みください。

 そもそも、我々の希望するプランは、

・5泊7日(6日目機内泊のため)
・初日と最終日(5泊目)のみホテル送迎付き


と、ただこれだけです。そして最初は「福岡発」のツアーを検索しました。するとHISを始めとして、いろいろ出てきます。最初は乗継と到着時刻がいいシンガポール航空を希望したのですが、安い日程は修学旅行などで「福岡-シンガポール間」がすべて満席。なのでJALをあたるのですが、関空経由で乗継はいいものの、当日の到着が夜中の12時前になります。でも、他にないのでこれにします。次は料金。ホームページ上、一番安かったHISは、、

ツアー代金 65,800円(3泊5日)
関空使用料 2,650円
燃料タックス 19,800円
延泊代2泊 6,000円
最終日ホテル 1,500円
計 95,750円


と、なりました。思っていたより高いです。そこで今度は「関西発」を検索。「トラベルコちゃん」という総合検索サイトを発見。いろんな旅行会社が出てきたので、とりあえず安いところに電話します。A社の見積が、、

ツアー代金ホテル2泊送迎付 50,500円
関空使用料 2,650円
燃料タックス 19,800円
福岡関空往復 12,000円
計 84,950円


と、HISをはるかに下回る値段で出ます。最初から福岡発で調べるのではなく、関空発を基本に福岡-関空間の往復を訪ねます。幸いJALなので、国内線の割引がききます。ガルーダインドネシアもよかったのですが、国内線の割引がないので却下です。とりあえず、これで行こうと、他のメンバーにも連絡します。

で、翌日、まだ他にもないかと、いろいろ電話したところ、B社の見積が出てきます。

ツアー代金ホテル2泊送迎付 45,800円
関空使用料 2,650円
燃料タックス 19,800円
福岡関空往復 13,000円
計 83,250円


 お、少し安くなった。ツアー代金が安くなり、国内線が1,000円高くなりました。で、この時はもうこれで決定と思いましたが、とりあえず「トラベルコちゃん」の掲載会社に一通り電話します。するとC社が出てきました。

ツアー代金ホテル2泊送迎付 46,800円
関空使用料 2,650円
燃料タックス 19,800円
福岡関空往復 1,000円
計 70,250円


 なんと国内線が1,000円。耳を疑いましたが、旅行会社によってどの分野に強い弱いがあるそうです。ここは国内線の割引になぜか強かったのでしょうか。ツアーそのものもまあまあ安いのですが、国内線の安さは破格です。で、これに決定。これ以上はないと思います。減らせるとすれば、ツアー代金ですが、現実的にはこのラインが限度でしょう。関空使用料と燃料タックスはデフォルトなので変えられません。国内線もこれ以上はないでしょう。

 つまりはいろいろ調べるといろいろ出てくるという当たり前のことを言いたかっただけです。上記は内容はすべて同じです。HISは比較的安い部類なんですが、これらの中では最も高く、しかも融通がききません。JTBなんて14~5万しますから論外です。

 そして行き方もいろいろ調べてみることです。抜け穴は必ずあります。そして無理と思わないことです。ちょっとだけ質問のスキルを紹介しますと、無理を言う時の質問は、、

「A:~できませんか?」

ではなく、

「B:~するにはどうすればいいですか?」

が原則です。

 人は質問されると、論理的な答えを出そうとします。Aだと「できるできない」のイエスノーの質問ですので、「できない」という答えは論理的に許されます。これは「クローズドクエスチョン」と言います。一方のBは「~どうすればいい?」という質問なので、「イエスノー」の答えは論理的でないので、無意識的にそれを避けるようになります。これを「オープンクエスチョン」と言います。今回のケースで言えば、、

Q:ホテルを初日と最終日だけにするには、どうすればいいですか?

と聞いたのです。するとHISは「離団扱いになりますので、離団料がかかり、最終日は別にホテルを取ることになります」と返事がきました。もしも、

Q:ホテルを初日と最終日だけにすることはできますか?

だと、おそらく「できない」と答えられて終了でしょう。もちろんできない理由はそえると思いますが。ただ、HISの今回の返答は私の望む提案ではなかったので、別の会社に同じ質問をしたのです。

 するとそれぞれの会社が「3泊を2泊にして、ホテル抜きの単純延長ができますよ」と提案してきたのです。これが私の求めていた答えです。最初は3泊のうち1泊を捨てるつもりでしたが、その1泊を申し込みの段階で差し引くことができたのです。で、ツアーの内容自体が無駄がなくなり、値段も安くなりました。そして次の質問。今度はクローズドクエスチョンが自然なので、、

Q:福岡から関空までの往復割引はありますか?

とききました。これは「ある」ことを知ってたので、それを確認してから値段を尋ねるのです。そしていくつか聞いたところ、13,000円から1,000円までバラバラでした。結果、一番安いところで、トータル70,250円となりました。この値段がいかに安いものか、ちょっと調べればわかることでしょう。ただし、関西、関東のお住まいの方はもうちょっと安くなるかもしれませんが、これより高いプランもたくさんあります。もちろん、これより安くする方法はあるかもしれません。コネ、マイル、株主優待等がある場合は有利です。ただ、とりあえず、便利な条件を最初から持ってない前提ではこれが一番安いはずです。可能性としてはもう1,000~2,000円はディスカウントできるかもしれませんが、探す時間や満席になるリスクを考えたら、ここで手を打って正解でしょう。

 しつこいリサーチはやっぱり重要です。その際、質問の仕方で条件がいろいろ変わってくることも知っておいた方がいいかもしれません。来年はインドに行きますが、ここでも交渉とリサーチ術を駆使して、驚きの安値で行こうと思っています。ただし、面白くするために、多少はバックパッカーテイストが入るかもしれませんが。予定では来年の9月~11月で6~7泊で北インドを満喫します。全工程の合計10万円を目指します。これはかなり強気ですが、燃料費別の計算で、もしかしたら可能かもしれません。成田-デリー間をエアインディア又はビーマンバングラディッシュで飛び、航空券だけで概算6万円。それにホテル一泊平均2千円で一万円。これはインドのグレードとしてはいい方です。私など100~300円で泊ってましたから。そして夜行列車、国内線飛行機片道合わせて一万円。ガイド等その他経費で2万円。これで計10万円です。食事は含まれませんが、なまじ含んでいると逆に高くつきますので、食事はすべて現地調達です。ただ、朝昼を質素に夜を豪華にしたとしても、一日1,000円平均で充分過ぎるでしょう。他はタージマハルなど入場料、その他諸々合わせても15万円あれば夢の「Qさんと行く奇跡のインドツアー」が可能になります。普通のパック旅行では味わえないディープな旅になること必至ですね。昨日、話をしていたのですが、私ってこういうプロデュースは割と好きだし上手かもしれません。私には「旅」というリソースがあるので、今後は、何らかの形で味のある旅をプロデュースしていくことも仕事、またはライフワークになるかもしれません。

 てなわけで、夢の合同ハネムーンも普通に現実化してきました。4人とも休みはOK。ツアー代金の7万円以外に必要な費用としては、2,3,4泊目のホテル代。食費。現地ツアー代。タクシー等交通費。お土産代。以上です。ざっと概算しますと、、、2泊目はレンボガン島のロスメンにて1,000円。3・4泊目はウブドのリゾートホテルで1~2万円。食費は軽くで200円、リッチで1,000円、一日2,000円で充分。現地ツアー代は一人2,000円、シュノーケルをすれば500円。タクシーは4人で割れるので全工程一人3,000円もあれば充分。レンボガン島までの往復船代が一人2,000円。お土産代はそれぞれですが一万円もあれば充分でしょう。ということは、ツアー代金以外に5万円もあれば完璧です。あ、他にビザ代が1,200円と帰りの空港使用料が1,400円、旅行保険が3,000円(任意)、必要です。ということは、当初、考えていた15万円を下回りますね。帰国は関空経由なので、帰りの飛行機を捨てて、実家で一泊して帰るのもありです。新幹線2枚切符で二人25,000円程ですので、その手がいいですね。こう考えると、シンガポール航空で福岡から行くよりも、関空経由のJALの方がよかったのです。ついでに実家に寄れますから。

 それにしてもバリ島(インドネシア)はまだまだ物価が安いですね。オマケにバリ島は海、山、文化、食べ物、リゾートなど何でも揃っています。合同ハネムーンを計画する際、バリ島以外にも、ハワイ、グアム、サイパン、ランカウイ島、ボルネオ島などいろいろ候補を出したのですが、何だかんだと言って、最終的にはバリ島になってしまうんですね。お隣のロンボク島ではなく、バリ島に人が集まるのはやっぱりそれなりの理由があるわけです。ツアー代が思ったよりも安くなりましたし、私の好みでバックパッカーテイストを味わうため、その分はさらに安くなりますので、それ以外のところは豪快にリッチに行くのもありですね。当初は15万円と考えていましたが、場合にはよってはそれを上回ってもいいかな(上限20万円)と思っています。知り合いに、最近、タヒチにハネムーンに行った夫婦がいるのですが、ツアー代金だけで2人で120万円かかったと言ってました。その他、ヨーロッパやアメリカに行ったとしても、一人40万円以上は余裕でするでしょう。それ考えると、なんもかんも含んで一人20万円だったらめちゃくちゃ安いのかも、と思います。一生に一回ですので、豪快に思い出に残る旅にしたいと思います。

 ですが、これはもしかしたら予行演習なのかも(笑)。私のライフワークとして「Qさんと行くツアー」が今後企画されますので、ハワイ(ホノルル以外)、インド、ネパール、屋久島、Q州、セドナ、アイルランド、エジプト、ペルーなど、いろいろとコーディネートすることになります。こういうことを考えるのは、めちゃくちゃ楽しいですね。てなわけで、結婚式まであと5週間、ハネムーンまで7週間となりました。その前に大阪、名古屋のセミナーまであと3週間です(^^)。席は半分くらい埋まりましたので、取りえずはセミナーとしては格好つく人数になりました。でも、まだまだ残席ありますので、ご参加お待ちしてます~♪ 

ワクワク、ワクワク、ワクワク♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

10月13日(土):秋祭りパワーアップライブセミナーin大阪
10月14日(日):秋祭りパワーアップライブセミナーin名古屋


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちら、「噂のペンダント」はこちらです
by katamich | 2007-09-20 23:34 | ■旅・ツアー