トラウマになるのう・・ 2007.8.13

 今日は何ともバタバタした一日でした。引越しが一週間後に迫って、何かといろんな手続きがあるのです。私にとって特に重要なのが、インターネット環境の継続です。今はKDDIのメタルプラスというサービスを使っているのですが、これは電話とADSLがセットになったサービスで、電話回線はNTTでなくKDDIを使うことになります。お安いプランなので、一年ほど前に変更しました。で、当然、新しい住居でもそれを使おうと思って、電話で手続きをしようとしたのですが、生憎、回線が空いてないとの返事。いったん、NTTに戻さなければなりません。その分、またいろんな手続きが煩雑になるのですが、感じたことが一つ。新たに入りなおすためのNTTのオペレーターは非常に感じがよく、一度、解消するKDDIのオペレーターが感じが悪かったということです。もちろん人にもよるのでしょうが、一般的には入ってくる客には丁寧に、離れていく客には適当にって傾向があるようです。KDDIの方からは「3~4週間ネットが使えませんよ」と言われたのに対し、NTTからは「工事後すぐに使えますので、なるべくお客様の都合に沿う形で工事を入れたいと思います」と、全然、言い様が違います。結局、NTTの光の回線を使う方が早くネットの復活ができますので、そっちにしようと思うのですが、そうなると、今使っているdionのプロバイダが割高になります(むしろdionとyahooBB以外が割安)。NTTから見ればdionはライバル会社ですからね。ですので、この際、プロバイダも変えることにしました。と言っても、メールは継続したいので、月額260円でそれだけdionを使うことにします。そんな感じで、今日はずっと電話してたような気がします。他にもガス、水道、電気、などなどの手続き。そして夕方から冷蔵庫などを見に行きました。夜は結婚式の準備。そんなわけで、とても疲れた一日でした。

 と、そのように忙しそうにしていながら、時間を見つけては「はだしのゲン」の漫画を読んでいました。テレビドラマに感化され、漫画も買ってきたのですが、何度読んでも味わい深いです。そのストーリーはもちろん、絵柄、台詞にまで、何度もかみ締めて読んでしまいます。私が「はだしのゲン」を読んだのは、実は今回が初めてなんですが、多くの方は小学校の図書館で読んでいたようですね。しかし、もし私が小学生で読んでいたら、きっとトラウマになるであろうと思われる絵がいくつも見受けられますね。笑えるコマも多いのですが、これはヤバイだろう~と思われるコマも少なくありません。てなところで、今日は「トラウマになりそうなはだしのゲン」ってとこで、私の思う「トラウマシーン」をご紹介したいと思います。「あ、これ、これ、自分もトラウマなった~!」と共感して頂ければ幸いです。私って、少しでも面白いとはまると、一時期、その話ばかりする習性がありますね。B型傾向とも言われるのですが、私の場合は度が過ぎているとも言われます。今一番、ホットな話題は「はだしのゲン」です。例によってツレからは「もうその話飽きた!」と言われています。なので、ブログでその話をします。まずこのシーン。何がトラウマかって「白目」ですよね。おそらく「非国民」という意味を知らない小学生が、このコマを見ただけで「非国民=怖い」っていう図式が定着したでしょうね。トラウマ度☆。(☆~☆☆☆☆☆)
b0002156_19471417.jpg

 ゲンは怒ると相手にすぐ噛み付くのですが、町内会長の親子に対しては、指を食いちぎるほどに噛み付きます。これは息子に噛み付いたのですが、口の中にちぎった指が残ってるなんて、R15指定ものですよね、普通。こんなのがよく小学校の図書館に置かれているものです。私は今でもこのシーン見て、「いたたた!!」ってなりましたよ。トラウマ度☆☆。
b0002156_19475387.jpg

 これはマジでヤバイ。子どもが見たら絶対トラウマです。都市伝説にありますよね、よく。どっかの外国の試着室に入ると、そのまま中の扉からどっかに連れて行かれて、見世物小屋で発見されたとか。その時の姿が目を潰され、両手足のない「ダルマ」のような姿になってるとか。この話、昔どっかで聞いて夜眠れなくなりました。そして私が塾講師の時、小学生が「怖い話して~」って言うので、「とっておきのしてやろか、あ、やっぱやめた、みんな夜眠れなくなるから・・」と断ると、「してして~!!」と頼むのでしてやりました。今の話を。そしたら、聞いて後悔したようで、涙目になって「今のウソやろ!ウソって言って!」と真剣になっていました。子どもにとっては本当にトラウマになるのです。ダルマの話は。ちなみに一度に両手足を切断すると、出血多量で死んでしまうので、本当にダルマを作るには、ゆっくりと一本一本切断して、止血縫合をしながらでないとできないそうです。なのでコストがかなりかかってしまうため、見世物小屋にするには採算が合わないので、すべてフィクションだと説明されます。論理的にありえないから、と言うと少しはトラウマも軽減されるのです。そんで、このコマは私的にはかなりヤバイと思ったのでトラウマ度は☆☆☆☆☆です。
b0002156_1950254.jpg

 これは漫画読みながら叫びそうになりました。早く出せ!水をかけろ!とか。あ~やりきれない。。トラウマ度☆☆☆。
b0002156_19595170.jpg

 これは不気味じゃ。腹の中のガスがたまって破裂してるんだそうです。楳図かずおの「漂流教室」みたいですね。漫画ではともかく、実際にこれ見たらトラウマじゃすみそうもないですね。トラウマ度☆☆☆☆。
b0002156_202833.jpg

 で、これ。身体からウジが出るなんて、エゲツナイです。また、このウジがエゲツナイ。よくこんなのか書けるな~と感心しちゃいます。トラウマ度☆☆。
b0002156_205131.jpg

 きりがないのでトラウマシリーズはいったん終わりますが、このシーンを見てください。「さよなら三角 またきて四角 四角は豆腐 豆腐は白い・・」という歌が、「はだしのゲン」の中に何度も登場します。当時の広島の子どもたちの間で流行ってたんでしょうね。で、最後は「バナナはむげる むげるはチ○ポ」で終わるようですが、「はだしのゲン」では「チ○ポ」が「むげる(むける)」という表現が、これまた何度も登場します。そして「チ○ポ」がむげてしまうのは、とっても恐怖にように描かれています。他には「チ○ポさかむけ」とか「むげちんにしたる」とかの表現が出てきます。実際にはむげない方が恐怖なんでしょうが、子ども時代は逆という好例だと思います。ちなみに小学校高学年あたりで「チ○毛」が生えるのは、とっても恥ずかしいことで、人によってはひた隠しにしたり、カミソリで剃ったりしてた人もいるようです。しかし、中学になると逆に生えてない方が恥ずかしくなります。これも子どもと大人の境目なんでしょうね。すいません、下品な話ばかりしちゃって。。。でもこれは一種の人類学ですので、そこんとこご理解よろしくです。
b0002156_20155577.jpg

 最後にこれ。「アメリカのアメ」と「ビャーッ」が個人的に入りました。
b0002156_20174743.jpg

 「はだしのゲン」は探せばまだまだ面白いコマがたくさんあります。いや、探さなくてもありますね。とにかく今、私の中でブームです。しばらく続くでしょう。以上。

ビャーッとクリックお願いします
  ↓    ↓ 

人気blogランキング
Commented by しの at 2007-08-14 21:48 x
Qさん。わたしは蛆のシーンでお弁当箱みたいなのに入れるシーンと皮膚がデローンって溶けてるシーンがトラウマです。
Qさん、小学生みたいでかわいいですね。
Commented by to sea☆彡 at 2007-08-15 04:32 x
僕も小学生の時に図書室にあった「はだしのゲン」を読んで、あまりにも衝撃的でトラウマになった一人です♪
今回のドラマと、ブログで当時の事がフラッシュバックしちゃいました~。
当時、何度も悪夢を見ましたが、お蔭で戦争の悲惨さや、平和の尊さも小学生ながらに強く感じる事が出来ました。
「はだしのゲン」からもモデリングしちゃうQさんって凄すぎです!
Commented by katamich at 2007-08-16 13:52
■しのさん!
はい、精神年齢は完全に小学生ですから!!
Commented by katamich at 2007-08-16 13:53
■to sea☆彡さん!
誰もがトラウマになるそうですね、あれは。
でも、実はギャグマンガでもあると思っています。
そんなゲンをモデリングですね♪
by katamich | 2007-08-13 12:36 | ■読書・書評 | Comments(4)