21日行満行!! 2007.7.4

 無事に「21日行」が満行しました。昨日は予定通り、1時に家を出て、25キロ離れた篠栗町一の滝まで歩きました。歩きのお供に「石井裕之」と「ブライアン・トレーシー」の録音を聴きます。途中から土砂降りになり、靴の中がぐちょぐちょになって気持ち悪くなりましたが、構わず歩き通します。一の滝に着いたのは6時半。5時間ちょいかかったことになり、私の計算通りでした。滝場に着くやいなや、濡れたシャツとぐちょぐちょの靴を脱ぎ、滝着と雪駄にチェンジします。気持ちいい~。ちなみに靴はかなり履き古しているのでその場で捨てました。ありがとうございました。まだ誰も滝には来てなかったので、一人で仏様に線香をあげていると、ちらほら仲間も登場しました。そしてみんなで本堂でお参りしていると、棒立ちの足がだんだんとつりそうになってきました。さすがに5時間歩き通したのが堪えているようです。

 今日は連日の雨のおかげで滝の水量も非常に多かったです。私は「女滝」に入りましたが、入るとき一瞬滑ってしまいました。そしてかなりの水圧で滝着がはだけそうになりました。そして無事に「21日行」の全工程が終了しました。帰りは電車とバス。バスの中では瞬間的に熟睡しそうになりました(ワープした気がした)。家に着くと、シャワーも浴びずに横になってしまい、そのまま寝てしまいます。とても幸せなひと時でした。夜は久々に焼肉を食べに行きます。肉ってのは、そんなにたくさん食べたいとも思いませんが、時々、食べると美味しいものです。心の栄養ですね。私的には外でするバーベキューが大好きなのですが、季節がら、バーベキューの機会も多くなりそうです。

 てなわけで、今年3回目の「行」も無事満行となりました。これまでの「行」としては、「21日行」が6回、「100日行」が1回ですので、「行」としては220回、滝に入ったことになります(「21日」は「20日」でカウントします)。もちろん滝に入った回数はその倍はあるのでしょうが、私の中では「行」としての回数をカウントしていきます。その方が忘れないので。そして、例によってこれも「1000回」を目指しています。今年は後2回、「21日行」をするので、今年で4分の1が終了することになります。単純に3年で4分の1ですので、1000回を数えるにはあと9年必要です。実際にもっと早まりそうですが。

 宝満山への登山も「1000回」を目指していますが、それは30年後。60歳を超えてようやく1000回を数えることになりますが。千日回峰行の行者の話によると、「700回」からが一つの分岐点になるそうです。つまり、700回までは「自分のため」、700回以降は「他人のため、世の中のため」となるのだとか。私などはまだまだ「他人のため・世の中のため」という実感どころか、考えすらないのですが、続けることで、どこかでそんな気になることもあるのでしょうか。とにかく、まあ、続けることです。何事も続けないと分かるものも分かりませんから。

 今回の行の話に戻りますが、今回、新たに取り入れたことが「滝場まで歩いていく」ことでした。家から滝場(不入道)まで約10キロあるので、往復すると20キロです。ほぼハーフマラソンです。なので毎朝4時前後に起きて、歩いて滝まで行き、滝を頂いてから歩いて帰るという工程です。道の途中にセブンイレブンがあるのですが、帰りはそこで野菜ジュースとパン(又はおにぎり)を買って朝食にしていました。大体同じ時間に現れるので、店員にもすっかり覚えられたようです。

 最初は週に4回ほど歩くだけでいいと思っていましたが、そうなると、いつ歩いていつ歩かないかが不明確になるので、思い切って毎日歩くことにして、篠栗に行く水曜日だけは、歩かない代わりに宝満山に登ることにしました。結果として、一日も休むことなく歩き通せたことは、大きな自信にもつながりました。どんな小さなことでも「やり遂げる」ということが重要だと思います。それこそ石井裕之の「心のDNA」ではありませんが、夢や目標の大きい小さいはともかく、「やり遂げる」とうことそのものが、潜在意識に対して情報としてインプットされるのです。その情報を持つ潜在意識は、次の目標に対してもきちんと達成へと導いてくれるものです。

 このコンセプトは石井さんの本などでも言われていますが、私のコーチングでも非常に重要な概念としています。つまり「何をする」ということ以前に、どんなことでも「やり遂げる」ということ自体が、潜在意識にいい情報としてコンディショニングしてくれるのです。ですので、最初は簡単な目標から。そして期限を決めてきちんとやり遂げます。その期限もまずは「3日」、次に「7日」、「21日」、「30日」、「100日」と増やしていきます。それをクリアするごとに、潜在意識にも「クリアできる」という情報がインプットされることになります。

 私は12回のコーチングの際、希望者に対してフィードバック用のシートを提供しているのですが、それに記入してメールなりファックスなりで返信してもらいます。それを12回するだけでも、素晴らしい情報が潜在意識にインプットされます。また、他には「3行日記」やブログを書くことをおススメすることもあります。ブログに関してはまずは100日続けて書くこと。その間にいろんな気づきもありますが、何より、100日を「やり遂げた」ことだけで、その情報がインプットされて、それ以前とは考えられないくらいの状況になるのです。これは事実として見てきました。ちなみに最近、コーチングが終了したある方のブログですが、2ヶ月目くらいからブログを書き始めたのですが、このようなことが書かれてありました(60日目)。


終わってしまった。Qさんのコーチング。あっという間の3ヶ月だったなぁ。今、メモ帳を見ている。コーチングで教わったコミュニケーションスキルがたくさん書かれている。1つ1つためしてみてすぐに効果がでるので楽しかったなあ!メモ帳の最初の方に達成したい目標がいっぱい書いてある。書いたことすらわすれてた。そのなかに彼女にするならこんな子がいいと理想を20個くらい書いていた。○○さんにほとんどあてはまるのでなんか笑える。身長までぴったり!


 何となく私的な感じもするので、ブログのURLを貼るのは遠慮しておきますが(でも、見つけようと思えばすぐ見つかる)、この方の場合、コミュニケーションに対するブロックを除去したいというテーマから始まり、私なりに簡単に実践できるテクニックを適宜紹介していきました。それを忠実に実行していくだけで、今ではものすごい状況になっています。この方が素晴らしいのは、簡単なテクニックであろうと、馬鹿にせずきちんと実践し続けた、、、ということです。ある時、「以前、教えてもらっていた○○というスキルですが、最近、するのを忘れていました」と言われましたが、それこそが素晴らしいのです。覚えているうちは身に付いてないということです。そして何かの障害を感じたときにだけ、それを思い出して、再び意識的に実践すればますます身に付くわけです。ちなみに、最終セッションでは私が思う範囲でのコミュニケーション(ラポール形成)の極意をお伝えさせて頂きました。。。そのうち、コミュニケーションに特化したセミナーを開催したいとも考えています。

 話がまた大幅にそれてしまいましたが、「続ける」「やり遂げる」ことは実は目標達成において、最も重要なことなのです。そして生活の中で適宜達成可能な目標を設定して、それを確実にやり遂げること、、、それだけで本当に叶えたい夢が限りなく現実に近くなります。

 今回の21日行では、新月、夏至、満月(ブルームーン)に重なるなど、パワーのある月間でした。東京出張から帰った2日後に入り、明日から3日間大阪に帰ります。ちなみに大阪では私の大好きなスゴイ人と身近でお会いすることになります。これだけで、「ああ、あの人か・・」と思われるでしょうが、今回はかなり接近で、タクシーで迎えに行ったりもします。その話はまた来週したいと思いますが。

 てなわけで、ますます上昇傾向の私ですが、気分を新たにテンションあげて楽しくいきたいと思います。次回の21日行は8月末~9月頭を予定しています。ありがとうございました。


応援のクリックよろしくお願いします♪
  ↓    ↓ 

人気blogランキング

○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪ 
 フォトアルバム(全体に公開)もあります。
○夢を叶える「わらしべコーチング」はこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
by katamich | 2007-07-04 05:44 | ■滝行