宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

宝満山に登る 2007.3.1

 6時起床。昨日は2時に寝たので、4時間睡眠ですね。でも6時前にはきちんと目が覚めました。私の目覚ましのメロディはジョン・コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」なんですが、これを聞くと飛び起きちゃいます。激しいのです。なのでできればこれがなる前に起きたいものです。ちなみにツレが来た時は、この目覚ましをめちゃくちゃ嫌がります。そのせいか、原曲を聞いても嫌がります。でも確実に起きれるメロディです。

 で、今日は滝の仲間と3人で宝満山に登りました。九州では英彦山と並ぶ修験の山です。英彦山には何度か行ったことがあるのですが、宝満山は初めてです。標高は800mと決して高くはないのですが、登るのがきつい山だとして知られています。竈神社に集合して、そこから登り始めます。麓のお宮で大祓いの祝詞をあげます。そこからゆっくり登って約2時間。山頂に着きます。噂に聞いていたとおり、結構きつかったです。何の変化もない石段が延々と続くのです。英彦山はもっと高いのですが、道にバリエーションがあって楽しめるのですが、変化がないとやはりきついものです。また、石段が高く傾斜が急なのもきつさの理由でしょう。

 でもまあ、無事に登頂して、降りてくることができましたので、とってもいい経験でした。山頂ではもちろん大祓いをあげます。今日はものすごくいい天気だったので、山頂も気持ちがよかったです。実は写真を撮ってきたのですが、操作を間違えて先ほど消してしまいました。ま、いいか。花粉症も思ったよりもダメージがありませんでした。花粉は全然悪くないんですよね。悪いのはそれに順応しない私の方です。だから、今日はとことん仲良くなるつもりもありました。結局、病院には行ってませんが。

 この宝満山ですが、福岡にある明太子のふくやの先代社長さんは、この山にもう2000回近く登っているのではないでしょうか。33歳の時に登り始めて、月に5~6回を30年間続けてきたそうです。ふくやの社長さんともなると忙しいはずなんですが、これを続けてきたってのはすごいです。こちらにその詳しい記事があります。素晴らしいですね。私も真似したくなりました。「また!」って声が聞こえてきそうです。ツレとその友達からの。でも私はすぐにインスパイアされてしまうのです。私の家から竈神社までは、朝のすいてる時間ならば30分以内で行けます。となると、行けそうじゃないですか。月に5~6回とは言わずとも、まずは3回を目標にして行くのもいいかもしれません。ふくやの会長の話だと、4時間あれば往復できるみたいですし。ならば6時から登り始めて午前中には家に帰って来れます。うん、いいかも。

 宝満山は確かにきついです。でも、何度も登っているときつさにも慣れ、体力もついてくることでしょう。そしてダイエットもできそうです。何よりひたすら歩き続ける、登り続けるってのは「考える」のに非常にいいです。かつて私がまだ学生で、修士論文を書くとき、家から大学まで40分かけて歩いて通学していました。するといろんなアイデアが出るのです。なのでメモ帳は必携でした。まじでやろうかな。宝満山登頂1000回を目指して。となると、今日はその記念すべき第一回だったのか!

 あ、ブログに書いちゃった。という事はやらないといけないということかも。もし1000回登るとなると、月に3回登るとして、、、約30年かかるじゃないですか。となると私は60歳を超えてしまいます。う~ん、いい感じですね。突如として目標が出来てきました。100回は3年後。100回ごとにお祝いするのも素敵やな~。今、結構、やる気満々。テンション上がってきた。ほんとにやろうかな。うん、やろう。100回とか1000回なんて考えたら気が遠くなるから、とりあえず10日に一回と考えて。忙しい時は行かなくてもいいわけですし。天気はいいにこしたことないけど、悪天候でも身に危険のない限りは、行ってみてもいいかも。山や自然のいろんな顔を見ることができるわけですし。

 なんかワクワクしてきた。上と下できちんと大祓いもあげて。てなわけで、これから月に3回を目安として宝満山に登ることとします。今日はそのスタートの日だったのです。ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。


※これ、書きながら思いついてしまいました。私に対するメッセージなのかも。



応援のクリック頂ければ嬉しいです♪
  ↓    ↓ 


○メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです
ミクシィにも「マイミク限定日記」を書いてますので、読者の皆さんのマイミク、大歓迎です♪
○夢実現パワーアップコーチングはこちらまで
○魅力的な商品満載の「web shop かたみち本舗」はこちらです
b0002156_2483573.jpg

by katamich | 2007-03-01 01:31 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン