21日滝行が始まりました 2006.9.16

 5時起床。スッキリ目が覚めました。5時半に家を出て、車で北九州の「畑観音」に向かいます。「畑観音」は私が初めて入った滝で、「行」を始める時も、ここから始めます。初日は絶対に導師に見てもらわなければならないからです。私より一週間早く始めた、こないだご紹介したtorutさんも来ていました。久々にお会いしました。これまで、一日の4分の1は「酒」に費やしており、さすがにやばいと思ったのもあり、「行」に入ったようです。急激に酒と煙草を断たれたため、地獄のような一週間を過ごしていたそうです。私は煙草を吸いませんし、酒もたまにしか飲みませんので、その苦しさが分かりません。でも当事者的には本当に辛いことのようです。話を聞いている限りでは「笑い」しかありえないのが皮肉なところでありますが。。。

 九州には台風が接近しており、車での移動中はすごい大雨でした。行の初日を祝福してくれているようです。滝行中は雨が止んでいましたが、めちゃくちゃ気持ち良い滝でした。導師に今回の滝のメニューを尋ねたところ、今までどおりで良いとのことでした。御神さん的には「今回は趣味・・・」とのことですので、あまり深刻な意味はないのでしょうね。でも途中から何かメッセージが来る可能性はあります。それにしても「行」というのはすごいです。毎日酒と煙草を手放せない人でも、一瞬のうちに辞めることができます。本当に不思議です。私は酒も煙草も肉もなくてもOKなんですが、「性欲」関係は成人男子として、一筋縄ではいかないものがあります。20~30歳代の男性なら分かることでしょう。正常な男子であれば、一週間くらいが限度かもしれません。20代前半ならば毎日でも決しておかしくありません。それを私は100日間せずに過ごすことができたのですから、こればっかりは「行」の力としか言いようがありません。酒や煙草を止めたければ「行」です。しかし、「行」をするにはそれをするための段階があるので、誰もがすぐに出来るわけではありません。「行」をしてもいいかどうかは導師が決めることです。私の場合は、滝に行き始めて4ヶ月で「行」に入る事ができたので早い方ですが、人によっては1年経っても「行」に入らせてもらえない場合があります。導師が決めると言うより、御神さんが決めることらしいのですが。

 ところで最近、「覚醒」が流行っており、至るところで「チャネリング」やら「天使交信」などが行われているようです。導師が御神さんの声を聞くことも、一種のチャネリングなんでしょうが、私自身はそういう感覚をつかむことが出来ていません。シンクロニシティを感じた時など逆らわずに従っていると、結果として正しい事が多いので、後付として一種のメッセージだったと解釈することはできますが、私自身が別の次元と交信するようなことはありません。しかし多くの人が経験するチャネリングや天使交信を否定するわけではないものの、ちょっとした危険性を感じているのもまた事実です。私はそのようなサイキックな現象は大まかに3つに分類されると思っています。一つは「本当にチャネリングしている」、二つ目は「思いこみ」、三つ目は「偽者とチャネリングしている」ケースです。二つ目の「思い込み」はよくある話ですので、特に問題はないのですが、危険なのは一つ目と三つ目の区別が付かないケースです。自分自身は「本物」とチャネリングしているつもりでも、実際には「偽者」である可能性もあるわけです。「偽者」は決して「偽者」の顔をして現れるではありません。本人に対しては「本物」として現れてくれるので、具合が悪いのです。では、現象として「本物」と「偽者」を区別するにはどうすればいいのでしょうか。

 これは以前に書いたことがある「キツネ」の話で説明できます。以下は導師から聞いた話です。低級な霊はしばしば「キツネ」のように人を化かして現れることがあるようです。そういった低級な霊は何を食べて生きている(?)かと言うと、「有頂天」から「奈落の底」に落とされた、その落差をエネルギーにしているのです。さんざん持ち上げて、ズドンと落とすのです。天使や御神さんの姿で、あれこれをアドバイスをしてくれ、その通りに従うと、最初は成功するそうなんです。しかし、まさしく「有頂天」に達したところで、一気に「奈落の底」に落として、それでドロンです。ホリエモンなどはその典型でしょうし、導師の知り合いでも「観音様が出てきた」と喜んで、一時は成功しまくっていたのが、今では良くない輩に追われてひどい目にあっている人がいます。導師は最初から「キツネ」だと言っていたのを私も聞いていました。それから、、、私の知人の話ですが、天使的存在から素晴らしい未来像を提示されて、その通りに従っていると、不本意な結果に陥ってしまい、奈落の底に突き落とされてしまったのを知っています(願っていれば生まれてこないと信じ、不倫相手に避妊をせずにいた結果、妊娠してしまったケースです)。

 とまあ、このように世の中には超越的な存在たる「偽者」が「本物」の顔して出てきて、人を化かしてドロンする例がいくらでもあるようです。ではどういう人が化かされるのでしょうか。私の勝手な考えかもしれませんが、第一に「情緒不安定な人」が槍玉に挙げられるのだと思われます。いい事があればハイテンションで喜びまくって、ちょっとでも悪い事があれば、ウツのように落ち込んでしまう人です。そういう人はしばしばわけわからん行動に出たりします。そういう落差の激しい人は格好の餌食です。キツネが喜んでやってきます。そんな人が周りにもいませんか?

 一方、「本物」が宿る人だっているわけです。そういう人には「キツネ」は寄ってきません。いい事があっても、悪い事があっても、情緒を一定に保てる人です。落差がないのでキツネにとっておいしくないのです。じゃあ、どういう人がそうなのかというと、何があってもコツコツ努力する人だと思います。スポーツ選手、芸術家、学者、ビジネスマンなど、「本物」と言われる人は「神がかり」を経験することが多いと聞きます。いつもの例ですがイチローや松井は、雨の日も風の日も、もちろん天気の日も、コツコツと素振りを繰り返してきたのです。その結果、「神がかり」を経験して、ホームランが打てるようになったのです。学者や研究員でもそうです。エジソンのように何千回と失敗を繰り返しても、それにめげることなく研究を続けた結果、「神がかり」によって偉大な発明を残すことができたのです。ケンタッキーのカーネルサンダースはホームレス状態でありながら、決して諦めることなく1000件以上もの営業を続けた結果、「神がかり」によって誰もが認める成功をおさめたのです。稲盛和男さんの本などでも、時折、「神がかり」を読む事があります。どんなに厳しい条件であっても、決して諦めないで研究を続けた結果、世界に先駆ける開発に成功し、企業としても今のような成功をおさめることができたのです。私の好きなジャズマンでもそうです。チャーリーパーカーは山篭りまでして練習し、モダンジャズを築いたわけです。ジョンコルトレーンもまさしく練習の鬼であり、晩年は本当に神がかってしまいました。歴史に名を残す偉人は誰もがそうです。血のにじむような努力をした結果、「本物」が宿ったのです。努力せずして「本物」が宿ることはありません。努力が嫌いな情緒不安定な人には「本物」の顔をした「偽者」が尻尾を振ってやってきて、何かをささやいてはドロンと化かします。

 私はチャネリングや天使交信が決してウソだとは思いません。素晴らしいメッセージを受け取って、多くの人に光を与えている人だっているわけです。ただ、古い考えかもしれませんが、そういう人は本気になって一途に努力を続けた結果として、何某かのメッセージを頂けるようになったのでしょう。生まれつき選ばれた人なんていません。努力なしで「本物」が宿る人なんてどこにもいません。例えば、、、私の周りで見ると導師などは血のにじむような修行をして得た結果、導師となったのです。私の友人のジュネさんなども、今は多くの人にメッセージを伝えていますが、若い頃からいろんな経験をされています(機会あれば、本人から聞かれるといいでしょう)。今ではとっても仲良しのきとりかさんなども、やっぱり違うな(もちろん良い意味で)、、、と思わせられる事がたくさんあります(こちらも機会あれば、本人から聞かれるといいでしょう)。私はすべてを見たわけではないのですが、その人たちが情緒不安定になる姿があまり想像できません。着実に地に足を着けて(グランディング)、コツコツ、コツコツとされています。

 じゃあ、私はどうなのか、、、と言うと、自分ではよくわかりません。もしかしたら、キツネがつきやすい可能性もあるのでしょうが、とにかくコツコツ、コツコツ、、、だけを大切に生きて行きたいと思います。いい事があった時は自己を戒め、悪いことがあったときは逆に感謝して、コツコツと努力していきたいという気持ちです。私の天職が何か、完全に見つかったわけではないのですが、今、一番考えら得ることは、「コミュニケーション」を生かすことだと思っています。コミュニケーションによって人の心を癒し、活力を与え、そして多くの人の夢を実現に導いていきたい。そう考えています。滝に打たれることで、出来る限りの「想い」を捨てつつ情緒を安定させ、100人コーチング等によって多くの人生に触れることで、多くの学びを得て、そして10月からは、なけなしの時間とお金をつかって、さらなるスキルアップを目指します。うん、まだ間違ってない気がします。軸はぶれてないかな。自分では分かりませんが、とにかく、コツコツ、コツコツと地歩を踏み固めて行きたいと思います。

 今日は「21日行」の初日にして、ちょっと濃い話と新たな決意表明をさせて頂いたようです。もしかしたら、読む人によっては気に障る内容があるかもしれませんが、もしも間違っていたら、素直に訂正したいと思います。とにかく、コツコツ、コツコツ、そしてこれからの21日間を淡々と過ごして行きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ポチッと応援、よろしくお願いいたします♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。

100人コーチング」-ただいま 36人/100人 です。



【21日滝行日誌 1日目】

初日。畑観音。滝行後、観音茶屋で朝食。昼はスーパーでマグロの解体を見て、試食、刺身購入。夜は秋刀魚と味噌汁。デザートに生プルーン。行に入ったという実感はまだない。
by katamich | 2006-09-16 00:19 | ■精神世界