宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

浄化、浄化、浄化!!(9.10オフ会) 2006.9.10

 さてさて、2日目です。何だか寝つきが悪かったのですが、とりあえず眠ってはいました。目覚まし前に目が覚めたので、6時10分前には起きて、顔を洗いました。そして6時から勤行です。本当は7時からのようですが、滝の時間に合わせて6時からに早めてもらいました。本堂で住職のお経と説法です。ご本尊は千手観音菩薩。勤行参加者は我々6人とお遍路さん2名。我々が滝行に行く事が伝わっていたようで、説法では滝行の心得などを頂きました。その住職も仏門に入ったのは37歳で、聞くところとっても厳しい修行をなさっていたようです。滝の中ではとにかく無になれ空になれ、というお話で、私の導師がいつも言っている「想いを捨てる」という話と同じでありました。無になり空になったところに、仏様(仏心)が宿るのであり、やっぱり執着だとか、欲望があるうちは、いつまでたっても仏様が宿ることはないのでしょうね。では仏様が宿るとはどういうことなのか、、、実際にそうなってみないと分からないのでしょうが、宿るようにと想うのもまた執着なんでしょう。とにかく無になれ空になれ。。。
b0002156_1335115.jpg

 7時に宿を出て、車でいつもの一の滝に行きます。すでに導師は来られていました。みんなそれぞれ仏様にお線香をあげてからお参りをします。一斉に滝着に着替えます。女滝を中心にあつまり、最初は古参の女性行者が滝に入ります。その後は我がメンバーが次々と入っていきます。初めてなので、先達の女性行者にお世話を頂きます。写真は待っている状況で、黒い人が導師です。
b0002156_1355725.jpg

 先陣を切ったのはきとりかさんです。本人もブログで書くでしょうが、きとりかさんは前日まで点滴を打っており、体調は万全でない状況で参加されました。とりあえず導師に聞いてから、ということにしたのですが、ここまで来ているということは当然「OK」です。一番体調が悪いのに先陣を切るなんてさすが、、、です。(滝に入って手を合わせているのがきとりかさん、手前が現在100日行に入っている若き女性行者29歳です)
b0002156_137235.jpg

 その後も次々と入っていきます。出てきた後は、みんな爽快感に包まれていました。今日は雨上がりもあり、決して温かい気温でなく、水も冷たいのですが、出た後はとっても気持ちが良かったようです。きとりかさんが私服に着替えて出てきたときに導師が面白いことを言っていました。「あなたは、キリスト教かなんか信仰してるのですか?」、と。本人には自覚がありません。どうやらきとりかさんが滝に入っている間、白いケープを被って経典のようなものを広げている横顔のきれいな女性が降りてきていたそうなんです。この話は本人に直接ブログで語ってもらいましょう(→こちら)。

 そんな感じで、それぞれが初の滝行を経験されたわけです。ついに、、、って感じですよね。私は皆さんが入った後、最後に入らせてもらいました。皆さんが入った後なので、とっても温かい滝でした。いつものように祝詞と般若心経、真言などを唱えた後、観法に入るのですが、皆さんの残したエネルギーを浴びているのを実感し、とても気持ちが良かったです。今回は5名の初参加者があったのですが、それぞれが「今、滝に入る」必然性を感じているようでした。それぞれが仕事や人生での節目であったり、今ならではの大きな問題を抱えている状況で、あたかも「滝」に招かれるように参加した感じでした。大きな必然性を感じさせます。言いだしっぺのバナナンさんは、今回は滝に招かれない結果となりましたが、「言い出した」ことで5名もの人に滝行参加の機会を与えたことで、大きな功徳を得ていると思います。今は滝行の時期ではなかったのでしょうが、この数週間で非常に大きな「浄化」を経験しているようでした。その辺りも近いうちに本人のブログで語られることでしょう。次回に参加するときは、滝からニコニコしながら招き入れることでしょうね。

 滝行が終わった後は宿に戻って朝食です。導師とその他の滝仲間も一緒です。約2時間ほどゆっくりと導師のお話を聞きながら、朝食を頂きます。導師は2歳で一度死亡しています。医者からご臨終ですといわれた瞬間に雷によって蘇生された経験を持っており、ほとんどあの世とこの世を行ったりきたりしている状況で過ごされてきたようです。そんなことも含めて、私があることないこと、導師のことをいろいろ知らせていたので、最初は恐ろしがっていたのですが、思っていたよりも優しい雰囲気なんだそうです。今回の初参加者のことを導師に聞いてみると、、、「皆さんがどういう集まりなのか知りませんが、非常にきれいな滝をされていましたよ」、とのこと。確かにそれは私から見てもそう思いました。滝に打たれている姿は皆さん初心者とは思えない、とっても美しい姿をされていました。やっぱりな、ってとこです。滝からも好かれているような印象を得ました(滝は誰が好き、誰が嫌いは言わないでしょうが、なんとなくそんな風に感じました)。そして昼前に解散。車で博多駅まで行き、そこで私は仕事で抜けます。そこでハッピーさんとはさよならです。でもハッピーさんが新幹線に乗るまでの間、残った人たちで昼食を取り、かなり濃い話をされていたようです。それもまた今回の滝の思い出になったことでしょう。

 仕事自体は3時に終わり、いったん家まで車を置きに帰り、自転車で再び天神に出てきます。5時に集合です。参加者はQ、nonokaさん、きとりかさん、Tさんです。またしても女性に囲まれます。きとりかさんは福岡が初めてだったので、なんとなくキャナルシティまで歩いていきます。前日に点滴を打っていたきとりかさんがここまで着いて来れるとは驚きだったのですが、滝行後はまったくもって顔色が良くなっていました。キャナルシティをなんとなく歩いていると、クレープの香りがしたので、香りに流されるままに、クレープを食べます。これ、おいしい。
b0002156_2145950.jpg

 クレープのあとは、中洲名物の屋台に行きます。博多川のほとりの屋台で、おでんと焼き鳥を食べます。近頃はめったに屋台に行くこともないので、とっても楽しい瞬間でした。ネオンに照らされる川を眺めながら、美しい女性に囲まれて、、、さすがは教祖です(爆)。どうでもいいことですが、焼き鳥屋に豚バラがあるのは九州だけだと初めて知りました(追記:室蘭にもあります)。あと、醤油は甘いそうですね。
b0002156_2184819.jpg

 その後はちょいとばかし中洲散策。日曜日だったこともあり、人通りも少なく、休みのお店も多かったです。味のある小道などに入ってみると、普段、女性だけでは絶対に入らないような場所だけに、かなり新鮮だったようです。こんなのでも喜んでくれて、なによりです。
b0002156_221972.jpg

 そして私の大好きなバー、「ニッカバー七島」に入ります。いつもは満員なんですが、日曜日で客も少なく、運よく奥の個室に入る事ができました。このバーは福岡で、というより日本で一番美味いカクテルを出すバーだと思っています。オーセンティックで値段も良心的なので、ちょっと飲むのによく利用していました。奥の狭い個室に4人。私はカクテルのおいしさに、ドライマティーニ、ビューティフル(ラムベース)、ブラッディメアリーを注文。トークも弾みました。みんながみんな、次から次へと濃いトークを繰り広げます。普段は絶対に話さないような内容も、滝行による浄化とカクテルの美味しさに酔ってか、どんどんと話が深まっていきます。話すこと自体が「浄化」なのかもしれません。2時間以上はいたと思います。バーを出た後は、それまで以上にスッキリしていました。
b0002156_2321861.jpg

 ほとんど時間を忘れながら過ごしていたのですが、次はきとりかさんのリクエストもあってラーメンを食べます。通りかかった「長浜ラーメン」です。小汚い店が情緒を深めています。思ったよりもあっさり気味で、きとりかさんも美味しいと満足されていたようです。でもまあ、いつかは究極のこってりラーメン「はっちゃんラーメン」も一度は味わって欲しいものです。次回はあえて「はっちゃんラーメン」で、九州の「食」を骨の髄までしみこませるのもいいかも。これ以上の濃いラーメンはないはずです(私は酒飲んでないと食べられません)。でもまあ、今回のラーメンは美味しかったです。
b0002156_244994.jpg

b0002156_2442756.jpg

 ラーメンを食べた後、運動がてら歩きます。いつの間にか12時を過ぎようとしていました。今日の中洲は大人しかったのですが、あいかわらず美しいと思いました。ある意味とってもアジアです。
b0002156_2455896.jpg

 それにしても濃い2日間でした。2日間と言うより、48時間の長い一日だったようです。タイトルでもあるように、今回のオフ会は「浄化」がテーマだった気がします。滝行自体が「浄化」の効果もあるのですが、なにより今回のメンバーはそれぞれが人生のある種の節目を迎えているようでした。本人に自覚がなくとも、どこかで「生まれ変わり」の時期に来ているようでした。もちろん私もです。とにかく最初から最後まで、何かが一枚一枚はがれていくような感じを受けていました。これは参加者全員が感じていたことだと思います。私も今年になって何度かオフ会に参加しましたが、私だけでなく、参加者誰もが「オフ会に参加すると、その後の展開がすごい」と言います。その理由として、一つにはいろんな人と会って、新鮮なエネルギーをどんどん吸収するということ。そして(私を含めて)たいがい変な人も参加しているので、そういう人に会うと、何となく既成概念がとれてしまうこと。でも何よりも「参加した」という行動自体が、新しい流れを呼び起こすのです。とにかく「一歩」なんです。行動なんです。頭であれこれ考えるよりも、とにかく一歩を踏み出す事が大切なんです。それだけで確実に「何か」が変わるのです。とりわけ今回の「滝行オフ」は、泊りもあり、滝行というラディカルな経験もありで、参加者はとてつもない経験を持って帰ったことと思います。明日からどんどん変わっていくことでしょう。

 それから予告です。オフ会は来月も再来月も開催します。10月は東京に行きます。20日前後になると思いますが、詳細はもうすぐ出ます。今回の希望は「秋葉原」でのアキバ系オフを希望しています。是非、みんなでメイドカフェに行きたいと思っています。東京には会いたい人がたくさんいるので、とっても楽しみです。そうそう、その前に名古屋にも行く予定です。おそらく10月の16日に大阪を出て、ゆっくりと東に向かっていき、途中、名古屋にも寄ります。そこには弟もいますし(会わんと思うけど)、高校時代の同級生もいます。それからバナナンさんをはじめ、会いたい人がたくさんいます。この名古屋オフは決定ですので、詳細が決まればアナウンスしますね。静岡もいいかも~。そして11月は地元大阪でやろうと思っています。こちらは11月11日~17日辺りになる予定です。そんなこんなでこれからもどんどん出没していきますので、良かったら遊んで下さいね。

 最後に。今回言われたのですが、私のハンドルネームの「Q」というのは「キューピット」のQであり、「キューピー」のQなんじゃないかと。「キューピット」とは人と人とをつなげる存在です。確かにこれまで私はいろんな人の出会いの媒体となってきました。そのことに私自身が快感を覚える性質でもあります。そしてすぐにいろんな「会」を開きたがるのも、人と人との出会いを演出することにある種の喜びを感じているからなんだと思います。私が参加するのも楽しいのですが、それを機に、それまで知らなかった人同士が知り合いになれるなんて、ものすご素敵だと思っています。近頃はそんな「キューピット」としての使命を感じるようになっています。そして「キューピー」のQですが、単に私が「キューピー」っぽいからなんだそうです。見た目が。大きなお世話ですが、まあ、それもよろしいかな。てなところで、今回の濃い~オフ会のレポートとさせて頂きます。またお会いしましょう♪

今日も応援のクリック、よろしくお願いします~(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。

100人コーチング」-ただいま 31人/100人 です。
by katamich | 2006-09-10 23:11 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン