宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

亀の話 2006.8.30

 近頃、生活のリズム(睡眠のリズム)が崩れつつあるような気がします。私の理想としては、11時に眠くなって自然に寝て、朝5時に目を覚まし活動を始めるのですが、今の現実は1時頃に就寝するも、眠れずにすぐに起きてしまい(実際には寝ているのかもしれませんが)、4~5時までいろいろしちゃってるときがあります。そして早朝コーチングをして、しばらくすると猛烈に眠くなって10時頃まで寝てしまっています。これはよくありません。開運のリズムから外れています。ブログを書く時間を早朝と決めてしまうといいかもしれませんが、それはそれで気になってしまいます。10時頃から書き始めるのがいいかもしれませんが、その時間はまだまだ活動真っ只中です(いろんな人とのコミュニケーションの時間です)。9月を境にもう一度、リズムを取り戻したいと思います。

 それにしても9月が楽しみです。ビジネス的には大きく飛躍する時期が来ますし、人間関係もどんどん広がっていきそうです。10月からはスキルアップもします。21日行もします。一方で捨てないといけないものも出てくるかもしれません。何かを始めるには、何かを辞めないといけません。中にはブログを書くのを辞める人もいるようですが、私は一時的には辞めたとしても、2~3日するとまた書きたくなるでしょうから、それはありません。書くなら毎日書きますので。一番捨てたいものは何かというと、やっぱり煩わしい人間関係かなあ、と思います。私でも多少はありますので。そんなことも含めて、9月からは次のステージに進みたいと思います。もちろん次元昇華です。あ、一番捨てたいもの分かった。ぶよぶよの腹ですね。9月からは引き締まりたいものです。

 今日の夜、滝の導師と話をしていました。面白い話ばかりしていました。書いちゃっていいのか分かりませんが、差し障りない程度に書きます。導師の知り合いで老人ホームに勤めている人がいるのですが、どういうわけか、近頃、入居者が次々と亡くなっているそうなのです。導師いわく、場のエネルギーの低下が問題だとか。そこでアドバイスしたのが、「亀」を飼うこと。「亀万年、鶴千年」というように、「亀」には文字通り、長寿のエネルギーがあるそうなのです。そこで買ってきた亀が冬を越せば、その老人ホームにも長寿のエネルギーが行き渡って、入居者が次々亡くなることも和らぐそうです。ほんとかよ~、と思いますが、まあ、本当のことなんでしょうね。しかし、元々場のエネルギーが弱いので、買ってきた亀までもすぐに死ぬ可能性が高いです。でも亀はペットショップに行けば代わりがいくらでもいます。そうやって長寿のエネルギーを蓄えていけるわけです。しかし、そこであの導師にもお叱りの声が聞こえたそうなんです。つまり「御神さん」からのお叱りの声です。

 「老人は死んだらいかんけど、亀は死んでもいいとはどういうことか。命はどれも同じだろうが!」、というお叱りです。その時期、導師も21日行に入ったのですが、入ったとたんに亀のような「出来物」が背中にできてしまったそうなのです。ただ、行中は血を流すのは不浄なので、病院にも行けずに、21日間痛い思いをしながら育てたそうです。ずっとうつ伏せで寝て。そして晴れて行も明けたので、病院に行ったそうです。特に悪性のものでもないらしいので、メスで切って終わりです。ただ、その「亀のような出来物」って、お医者さんが見ても原因不明なのだとか。医学辞典を見ても載ってないとか。さすが導師です。出来物も普通じゃありません。御神さんからのお仕置きとしか思えないですね(笑)。それ聞いて爆笑しちゃいました。

 こういう話を聞いていると、実はおとぎ話って真実のような気がします。「祟り」なんてのもあるのでしょうから、無闇に殺生したらダメということですよね。生き物を粗末にするのもダメ。私が思うに、ブラックバスのキャッチ&リリースってものすごく残酷だと思うのです。だって釣り針で引っ掛けられてから、墨塗られて、紙に押し付けられたりして、さんざん弄ばれた挙句に、「動物愛護精神」とかで湖に返されてしまうなんて、自分がやられたらどう思うねん、ってとこです。あんなのはブラックバスの出来物ができてしかるべきです。魚は釣ったら食べる。これが原則です。ブラックバスを逃がすのは、まずいからに決まっています。ウナギを釣っても逃がすのでしょうか。鮎や山女でも逃がすのでしょうか。フナは逃がすと思いますが。ブラックバスほど人間にカルマ(業)を与える生き物もいないのではないかと思いますが、どうでしょう。因縁を背負いますよ~。

 話脱線しますが、ブラックバスって最初は食用で入ってきたそうですよね。食糧難の時代に繁殖力がいいということで。他はアメリカザリガニとかジャンボタニシとかもそうですよね。今の日本は食糧に溢れていますので、わざわざブラバスとザリガニを食べる必要もないのでしょうが、調理次第では割りにいける食材のようですね。ブラックバス料理で検索すると、こんなページが出てきましたが、結構旨そうです。単にこの人が料理上手なだけかもしれませんが、全体的にはかなり食えそうです。「バス刺し」なんてのもあるようですが、こればっかりは寄生虫が怖いですよね。見た目は旨そうなんですが。
b0002156_449411.jpg

 何の話してたんかな。。。そうそう、亀の話でしたよね。導師と話をしていると、こういう不思議な話が頻出します。導師は初対面であまり顔を覚えないそうなんです。普通の人は顔をまずはインプットしますよね。でも導師は背中をインプットするそうなのです。正確に言うと、背中に背負っている「霊など」をインプットするそうなんです。これは嫌ですよね。よく滝場に新しい人が来ると、「お~、たくさん背負ってるな~」とか言われます。これは嫌ですよね。もちろん本人には言いませんし、プライバシーに関わることも言いませんが、導師が見たものに対しては、本人はたいてい心当たりあるようなんです。私が滝の中で女体を思い浮かべても、すぐに出てくるそうなんです。これも嫌ですよね。でも、自分ではどうしても分からないような不可解な出来事も、導師が見たら察しがつく場合もあるので、そういう時は非常に助かりますよね。世の中にはすべて「原因と結果」がありますので、原因がどうしても分からない場合は、そういう目に見えない世界に起因する場合も多いみたいです。こういう話を聞くのは面白いですよね。「亀の出来物」の原因もきっとそういうことなんでしょうね。

 先日、アナウンスしたように9月9日~10日には篠栗町で「滝オフ会」をします。10日の朝に滝に打たれるのですが、そこでは導師にご指導を頂くことになっています。滝の後は、食事をしながら導師の話を聞く時間を作っていますので、参加者はいろんな質問をすることができます。何だか最近、いろんな人を紹介する機会が多くなってきたように思います。特に今年になってからは「人と人の間」に入ることがやたらと多いです。私を媒体として人が知り合ったりするのも日常です。これは私の宿命なのかもしれませんね。てなわけで、今度の参加者たちが導師と会ってどんな反応をするのか、見るのが楽しみです。楽しみが多いのは素晴らしいことですね。わくわく(笑)。

よろしければ、ポチッとご協力いただければ亀も喜びます(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
by katamich | 2006-08-30 23:10 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン