宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

電車男2 2004.10.14

電車2

 「電車男」で検索すると、同じような人がいましたのでトラバってみました。
 
 今朝、同僚3106がちょっと遅れ気味に会社に来て、「電車男はまっちまった」と、腫れた瞼をこすりながらやってきました。昨日の記事を読んで罠にはまってしまったようです。

 おかげで、昨日の午後に引き続き、今日の午前中は会社に楽しい人ばかりなのをいい事に、思いっきり電車男トークを繰り広げてしまいました。女性軍の席に無理矢理行って、「電車男」と検索してもらい、無理矢理ブックマークまでしちゃいました。昼休みも飯食いながらその話して熱くなっていました。午後、仕事を再開したのに、女性軍の手は止まりディスプレイを食い入るように見つめていました。

 ふふふ。見てる見てる。そう思いながら、私は車に乗って客先に出発しました。

 そんでもって、今も「電車男」を読み直して余韻に浸っているところです。

 この私も30年生きてきましたので、多少の恋愛経験もあり、「電車男」のような劇的な始まり方はないにしても、あのような「恋愛始めのドキドキ感」は多かれ少なかれ味わったことはあります。

 ここで過去の恋愛話を公開するのはこっぱずかしいし、今付き合っているのに気が引けるのでしませんが、「電車男」のようなドキドキ感は誰もが味わったことのある、人生における最も楽しいエポックなんでしょう。JAZZの曲的に言うと「プレリュード・トゥ・ア・キス」って感じでしょうか。

 10代、20代なら何度も恋愛して、浮かれ傷つきというのも大切でしょうが、人間30になると一応大人の顔になりますので、あまり何度も何度もというわけにはいかなくななります。本能ではそれを欲していても、社会が許さない、と言うより20代とは違った恋愛のあり方を楽しむようになるのでしょうか。

 昨日、今日と「電車男」に頭を支配されながら、最終的に思ったこと。

 「やっぱり人間って素晴らしい。これからも人を大切にして生きよう。」ということです。まずは身近な人から、そして世界の人に向けて。

 「2ちゃんねる」のネタごときで何を熱くなってるんだ、と言われそうですが、「2ちゃんねる」って人間の本心、それも汚い部分が最も出やすくなる場。それでもこんなに美しい心と言葉が現れるのですよ。人間って、やっぱりもともといい奴らなんです。

 明日からまた人のいいところを見つけて、それをできるだけ言葉にして生きていきたいな~、なんて思ってりして。

 .\     電車男エルメスGETSキタ―――――ッッッッッ       /
   \.                                    /
      (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚)
     (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)
    (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)
   (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚)
 ( ゚∀゚)( ゚∀゚)( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )(゚∀゚ )(゚∀゚ )
.( ゚∀゚)( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ ) ( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )(゚∀゚ )
( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ ) ( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )( ゚∀゚ )
────────────────────────────────


         *  .※  ※  ※.  *
       *  ※ ☆ ☆ ☆ ☆ ※  *
      *  ※ ☆   ※ ※   ☆ ※  *
     *  ※ ☆  ※   ※   ※  ☆ ※  *
    * ※ ☆ ※   ※ ☆ ※  ※ ☆ ※ *      
   * ※ ☆ ※  ※ ☆  .☆ ※  ※ ☆ ※ *
  * ※ ☆ ※ ※☆     ☆※ ※ ☆ ※ *
  * ※キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!※ *    
  * ※ ☆ ※ ※☆     ☆※ ※ ☆ ※ *
   * ※ ☆ ※  ※☆  .☆※  ※ ☆ ※ *   
    * ※ ☆ ※   ※ ☆ ※  ※ ☆ ※ *   
     *  ※ ☆  ※   ※   ※  ☆ ※  *
      *  ※ ☆   ※ ※   ☆ ※  *
       *  ※ ☆ ☆ ☆ ☆ ※  *
         *  .※  ※  ※.  *
            *   *   

キタ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━!!!
││
                   ζ
 \\           / ̄ ̄ ̄ ̄\
              /         \   ⊃    //
   ⊂         /|||  ⌒   ⌒  ||||  ⊃    
              |||||  (・)  (・)  |||||  
        ⊂    6|----◯⌒○----|9    ⊃   
       ,r----、__|/ _|||||||_\|     
      /′       \  \_/ /       
      (   ,/¬--v   \____/⌒\     
     /⌒ (    ]  |丶 ̄ ̄  /丿  丿      ─
    (_  _丿    ,ノ--v_\ ハ  ノ   ノ       ─
       ̄      ノ    リ--─ー^   八      
            〔          _,ノ′ヽ      
          ,ノ'' ー--ー┘ ̄ ̄ ̄\  │     
          /    /  ̄\/\/ \  |    
         ノ   /]     |\    |\|       \\
         |  /  .|    |  )   ノ    
         |/′   |    .|  |---く       
               |    |  \  ]         
   //        |    |  └-┘     
              |     |        
              |     |        
              \    |         
              ノ ̄ ̄ ̄\               
              \___丿  

。 ◇◎。o.:O☆οo.
       。:゜ ◎::O☆∧_∧☆。∂:o゜
       /。○。 ∂(´∀`)O◇。☆
     /  ◎| ̄ ̄∪ ̄∪ ̄ ̄ ̄|:◎:
    /    ☆。|   おめでとう   |☆
  ▼       。○..io.。◇.☆____.| 。.:
∠▲―――――☆ :∂io☆ ゜◎∂:.
by katamich | 2004-10-14 23:53 | ■読書・書評
ブログトップ | ログイン