今日もボクシングの話 2006.8.3

 今日はまた、亀田一色でしたよね。朝の早くからテレビでは「疑惑の判定」の話題で持ちきりです。疑惑と言われようと亀田の勝利には違いなく、彼は列記とした世界チャンピオンではあるのですが、多くのボクシングファンやそうでない人も含めて、「納得」が欲しいのでしょうね。亀田選手のお蔭で久々にボクシングが盛り上がってはいるのですが、観衆は別に「日本対ベネズエラ」の試合が見たいのではなく、「亀田の試合」に興味があるのですね。その中には当然、アンチもフェアもいるわけで、全体を「納得」させるような試合や結果が必要なのでしょう。そのためには「再戦」が相応しいと思うのですが、恐らく亀田は逃げそうな雰囲気です。今後の展開が楽しみではあります。

 それにしても日本人ってのは「お涙ちょうだい劇」が好きですよね。私も含めて。やっぱり感動して泣きたいんですよね。私も含めて。そん中、男手一つで3人の息子をボクサーに育て、家族の力、親子の力でチャンピオンになる劇は、シチュエーションとしてオイシイのも事実です。ただ、昨日リンクした勝谷氏の発言にもあるのですが、同じボクシングでもその裏で亀田に決して劣らない素晴らしいエピソードがあるのですよね。

 一つが名島信夫選手の話です。彼は先日、WBA世界スーパーフライ級チャンピオンになったばかりなのですが、日本タイトルマッチで相手選手を死なせてしまったことがあるのです。リングの中での事故はもちろん罪には問われません。名島選手は大きなショックを受け、自宅に引きこもるようになり、本気で引退を考えたこともあるそうです。そんな折、死なせてしまった相手選手の母親から「息子のためにも世界チャンピオンになって」と言われ、奮起した結果、本当にチャンピオンになったのが先月のことです。名島選手はその母親に対して、涙ながらに報告し、恐らくその母親も涙して喜んだことでしょう。

 それから越本隆志選手の話です。彼は福岡出身で福岡では割りに有名な選手です。今年、念願のフライ級世界チャンピオンに輝いたのですが、これもつい先日、防衛戦で辛くも敗戦を喫したのです。彼も亀田と同じく、元プロボクサーである父親から男手一つで育てられ、苦労を重ねた末に35歳という高齢で念願のチャンピオンとなったのです。その世界戦に挑戦するためにジムの資金をすべて放出して挑んだのですが、その半年後には王座を奪われるのです。そして父親に「もう、やめてええか?」と尋ね、父親は「もう十分や」と答え、引退を決意したのが、こないだの話です。この敗戦の試合は私もちょっとだけ見てました。

 また、古くは白井義男選手です。彼は戦前戦中からボクサーとしていい成績を残していたのですが、招集されて海軍へ行った後、体を壊し、ボクシングをやめようとしていました。そこにとあるGHQ職員に見出され、彼の元で再びボクサーとして復帰したのです。そして1952年、ダド・マリノ(アメリカ)との世界タイトルマッチに勝利し王座を獲得したのですが、敗戦に打ちひしがれていた日本国民にどれだけの勇気を与えたことでしょう。彼の試合、彼の存在こそが日本復興のエートス(精神的原動力)であると言う人もいます。

 それから私の記憶にも新しいのが坂本博之選手の話です。これについては、非常にまとまった文章がありますので、そちらを紹介させて頂きます。坂本博之選手と、一度引退表明をした畑山隆則選手のマッチは今でも心に焼きついています。。。


第三章:最強の男は二人いらない

坂本博之(角海老宝石ジム)。幼い頃に両親が離婚、貧しい少年時代には1日の食事が学校の給食だけという日々もあった。その後養護施設で育ちプロボクサーとなる。ライト級でデビューし、日本タイトル、東洋太平洋タイトルを次々に奪取。しかし世界タイトルには3度挑むがいずれも惜敗(2000年10月時点)。寡黙で努力型、「平成のKOキング」の異名を持ち、一撃必倒のハードパンチは常に対戦相手を震え上がらせてきた。

その坂本と常に比較されてきた畑山隆則(横浜光ジム)は、一度引退表明をした後、2000年に入り再起を決意。階級を坂本と同じライト級に上げ、再起第1戦がいきなり世界タイトルマッチという大舞台で2階級制覇を達成。その試合直後、彼はリング上で「次は坂本選手とやる」と宣言。坂本こそライト級国内最強との声が根強い故、ならばどちらが真に強いかを直接対決で証明してやる、最強の男は二人いらない、との表明であった。

むろん坂本は受けて立った。彼にとっておそらくは最後のチャンスになるであろう今回のタイトルマッチで、今度こそ世界チャンピオンとなり、自分が育った故郷の養護施設で暮らしている子供達に、生きる希望を与えたいという使命にも似た悲願が、彼を畑山との直接対決に挑ませた。

「今世紀最後の日本人対決」と謳われた両者の激突、WBA世界ライト級タイトルマッチは、2000年10月11日、横浜アリーナにおいてと決まった。

試合は壮絶な打ち合いとなった。両者とも一歩も引かない打撃戦が続き、第8ラウンドが終了する頃には、試合の趨勢は畑山に傾きだした。

第9ラウンド。畑山のチーフセコンドを務めていたルディ・エルナンデスは、坂本の消耗度を冷静に分析し「奴は、もう終わりだ。倒せ。俺達の仕事を終わらせようぜ。」との指示を出した。だがこのラウンド、坂本は目と耳の両方からの出血にも耐え抜き、やはり倒れなかった。倒れるどころか必死に前に出て、渾身のパンチを繰り出してくる坂本の形相を間近で見た私は全身が震えた。この男は死ぬまで戦う気ではないかと心底思えた。「何故倒れないのか」という驚嘆とも悲鳴ともつかない観客の絶叫が、リング脇に控えていた私達の耳にも届いた。

何故坂本は倒れないのか。それは彼が背負っている重荷の大きさ故であったろう。養護施設の子供達は全員祈るような思いでテレビの中継を見ながら彼を応援しており、勝利を祝うくす玉も準備しているという。子供達のために、彼は負けることはもちろん倒れることすら許されなかった。彼がリング上で倒れている姿を子供達が見たら、どれほど打ちひしがれることか。だからこそ彼はそれまで全試合を通じて、1度たりともKO負けを喫したことはなかった。いかなる試合でも試合終了のゴングがなった時、彼はしっかりと自分の足で立っていた。

第9ラウンドを耐えた坂本に対し、畑山が「大丈夫なのか?」という仕草で坂本の胸のあたりを叩いた。坂本は平衡感覚を失い、自分のコーナーに真っ直ぐ戻ることもできない程のダメージを受けていた。そして第10ラウンド開始。畑山は緻密に射程距離を計りながらフィニッシュブローのチャンスを狙っていた。その刹那、畑山の痛烈な左フック、右ストレートが坂本の顔面を直撃した。鈍い音とともに、坂本は私のわずか数メートル前でスローモーションのようにゆっくりと仰向けに倒れ込んだ。レフェリーがカウントを開始するが坂本陣営からタオルが投げ込まれた。「ギブアップ」の宣言である。畑山のKO勝ちが決まり、横浜アリーナに大歓声がとどろいた。

私はWBAから手渡されたチャンピオンベルトを高々と掲げながらリングに駆け上がった。その時の高揚感は例えようがない。場内の興奮は最高潮に達し、強烈なテレビ用ライトに照らされたチャンピオンベルトは眩しく輝いていた。しかし、そのベルトを渡そうと畑山に近づいた瞬間、私は胸が締めつけられるような思いにかられた。私の足元には、全てを賭け、戦い、力尽き、大の字に倒れている坂本の姿があった。

勝者は何かを得て、敗者は何かを失う。しかしボクシングという、対戦相手をリングに這わせることでしか栄光を獲得してゆけない世界においては、勝者も何かを失うのではないか。痛切な思いが胸をよぎる中で、私は両脇を支えられながら、控室へと去ってゆく坂本博之の姿を、リング上から見つめ続けていた。

(以上)


 本当に美しい話です。このような話こそが、我々に勇気を与えてくれるのです。仕事は違うけど、俺もがんばろうとなるのです。亀田選手の今回の試合では確かに11R~12Rで彼の底力、生き様を見せてくれて感動したものです。ボクシングやスポーツと言うのは、「興行」の名の元で資本の中に埋没してしまっているところもありますが、本来の「美しい姿」を再び呼び起こして、我々に勇気を与え続けて欲しいものです。亀田選手やその一行のあり方には、必ずしも賛成できない部分もあるのですが、ボクシングという美しいスポーツに再び目を向けさせた功績は事実ですので、これからは本来の姿に立ち戻って、我々に力を与えて欲しいものです。個人的には亀田親父が悪の根源だと思うので、彼が涙ながらに3人を手放すことが、ボクシング再起の道だと思うのですが、いかがでしょうか?

独立・起業部門に参加しています。よろしければクリックお願いします。(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。

(写真はまんぎょうマン3兄弟)
b0002156_129545.jpg

Commented by ■サラリーマン、辞めたら人生輝 at 2006-08-04 16:05 x
katamichさま、こんにちは、自由田と申しましす。
ボクシングの選手というと、発展途上国の選手に比べて、
自分の腕一本で人生を逆転してやる...というような、
ハングリーな精神は失われ、スポーツの一つと化したのではないか
という先入観があったのですが、今回の記事を読んで、それが勘違いであることがわかりました。ボクシングには、ドラマがあるのですね。

応援♪...ポチっと!
Commented by katamich at 2006-08-09 09:07
■自由田さん!
そうなんです。亀田で騒がれている後で、ボクシングには本当にドラマがあるのですよね。
そこに目を付けずにマスコミは何をしてるのか、、、と思います。
応援、ありがとうございました♪
by katamich | 2006-08-03 23:51 | ■時事問題 | Comments(2)