沖縄旅行(三日目)~座間味島~阿嘉島

 クーラーをつけっぱなしにして寝ていたようです。途中寒くなったのですが、おかげで暑い沖縄でも快適に眠る事ができました。起きて8時から朝食です。テラスでコンチネンタル風の朝食。沖縄は日差しを避けると風が気持ちいいので、思わず黄昏てしまいます。
b0002156_18453575.jpg

 今日は座間味島からお隣の阿嘉島に移動します。12時前の船なので、午前中はレンタカーを借りて座間味島を一周します。展望台などがあってそれなりに見所もありそうです。 
b0002156_18493338.jpg

 展望台への小道を歩くオレです。
b0002156_18502050.jpg

 ちょっと立ち寄った海岸なんですが、どこもとても綺麗です。
b0002156_1850537.jpg

 サトウキビ畑に入って「ざわわ」をするオレです。
b0002156_18512120.jpg

 港から離れた集落は、さらに沖縄色が増します。冷やかしで入った集落なのに、住んでるおばあちゃんからきちんと挨拶してもらいました。
b0002156_18514163.jpg

 普通にバナナがなってるなんて、南国だな~って感じです。
b0002156_18535152.jpg

 張り切って歩くツレです。胸のポケットに入っているのは・・・(^^)
b0002156_18543430.jpg

 小型のボートで阿嘉島に向かいます。10分程度で到着します。
b0002156_18553728.jpg

 阿嘉島は座間味島よりもさらに田舎度が増すようです。食堂なども港に近い一箇所くらいしかないようです。宿に荷物を置いてから、ここのパーラーで昼食です。タコライスとソーキそばです。
b0002156_185685.jpg

 パーラーからの眺めです。
b0002156_1912167.jpg

 海岸には青い熱帯魚がたくさんいます。他にも熱帯魚屋でしか見たことがないような魚が普通にいるのです。
b0002156_1913883.jpg
 
 宿で自転車を借りて島を周ります。日差しは暑いのですが、風と景色は最高です。
b0002156_1922850.jpg

b0002156_1925827.jpg

 午後はニシバマビーチでシュノーケリングを楽しみます。古座間味ビーチよりもさらに綺麗で、色とりどりの魚がたくさんです。ニモもいました。私は一人で沖の方まで泳いで行きます。楽しくって別世界ですね。
b0002156_1933399.jpg

 帰りには天然記念物の「ケラマシカ(慶良間鹿)」に出会います。ツイてます。
b0002156_195257.jpg

 パイナップルかと思ったら、全然違うようです。食用でもありませんが、この辺りにしか育っていないようです。周囲にヤドカリがたくさんいます。
b0002156_196226.jpg

 夕食までの時間、自転車を借りて島を散策します。
b0002156_1972833.jpg

 展望台からの眺めです。最高。
b0002156_1981674.jpg

 夕食は宿のおばあちゃんが作ってくれます。島でとれたぐるくんのから揚げ、子鰹とタコの刺身、牛肉とサラダにご飯と魚の味噌汁が付きます。美味しくってかなりお腹いっぱいになります。ちなみに泊った宿は「民宿金城」という地元の人が経営している宿です。とっても居心地がよく、かなりおススメです。
b0002156_19234814.jpg

 夕食後は宿のおっちゃんが「星空&鹿ツアー」に連れて行ってくれました。明かりのないヘリポートまで車で行くと、頭上に降り注ぐような星空が現れます。運よく闇夜(新月)だったので、かなりの星空でした。なんと「天の川」まで見えるとは。。。「天の川」なんて去年のインド旅行以来です。海の向こうがほのかに明るいのですが、なんと那覇の光なんだそうです。フェリーで2時間の場所なのに、こんなにも光が届いているとは。とにかく綺麗な星空で、宇宙の中の私という存在をジンワリと感じさせてもらいました。あ~感謝だな~。星空の後は車で鹿を見に行くのですが、隣のげるま島や飛行場まで橋を渡って見に行きました。げるま島なんてたった数件の集落で、本当に私の住む場所とは別世界でした。そして寝ます。クーラーを入れなくても、風が充分に涼しく、また、波の音を聞きながらいつの間にか寝てしまっていました。夜中はミミズクの鳴き声がうるさかったようですが、これもまた風情ですよね。
b0002156_19231557.jpg


一日、ワンクリック頂ければとても嬉しいです♪(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
by katamich | 2006-06-24 23:43 | ■旅・ツアー