宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

スケジューリングの話とか 2006.6.15

b0002156_10245395.jpg 仕切り直しをした「人気ブログランキング」もいつの間にか上位に返り咲いていました。とりあえず今週中にはベスト3内には入りそうです。皆様のクリックのおかげです。ありがとうございます。ところで、今日もいろいろ人と話をしていたのですが、「精神世界についての考え方」について、、、私の立場は世の中に精神世界的な要素があったとすると、それをいかに人生の豊かさに役立てるかが重要ということなんですよね。時々メールなどで、「○○をすれば経済的に豊かになりますか?」と聞かれることがあります。私に聞かれても困るのですが、そんな時ははっきりと「なりません」と答えることにしています。結局は本人の行動と心構えでしか自分自身の生活を変えることはできないのですから。さも安易そうな精神世界的な方法論によって願望を実現させようとするスタンスには反対しています。クレクレ乞食みたいに。例えば先日「666」の日に弥勒菩薩のご真言を唱えるとよい未来になるという話をしたと思いますが、それをしたからと言って誰もがよい未来になるとは限りません。逆に唱えなかったから不安な未来なんてこともありえません。ただ、「6年6月6日」という千年の一度のささやかなアニバーサリーを楽しむ意味で、「おん まいたれいあ そわか」と唱えて、「唱えました、ありがとう!」とか「これで私の未来も安泰ね、うんうん」とか「唱えたらチャクラに響いた気がするよ、感謝、感謝!」とか言って楽しめばそれでOKなんです。誕生日やクリスマスと同じこと。弥勒菩薩という実体が目の前に現れて「これでオマエの未来は安泰じゃ」と言われるなんて誰も思ってないですし(笑)。そして唱えた翌日にはいつものように満員電車に乗られたり、車で営業に出かけたり、子どもにご飯を食べさせたりという日常があるわけです。私は滝行やったりそういうスピリチュアルな世界が好きなだけであって、人の人生や未来にあれこれ指南するつもりもないのですよね。でもスピリチュアルな世界に接していると、それなりにいろんな気づきがあって、良いことならば実生活にも活かしたいし人にも言ってみたくなるだけなんです。何にでもありがとうございますと言ってみたり、ばか笑いしてみたり、トイレ掃除してみたり。これらは誰にも迷惑かけない上に、自分自身がとっても心豊かになるものです。心豊かにならないのであればしなければいいだけの話で、やりもせずに「トイレ掃除して心が豊かになるんだったら、みんなやってるよ~」など批判するのもどうかと思うわけです。

 その辺り分からずにいちいち批判しているようでは、ちょっと「理解」が足りないのかな~と思うわけですが、一方で精神世界にはまり込んでしまって、自分自身を不幸にしている人がいるのも事実かもしれません。旦那に食わせてもらいながら家でオカルトグッズで遊んで、何かあるとすぐに鬱になってみたり。また、弥勒菩薩の例で言うと(笑)、真言を唱えるのが遅かったことに執着して、勝手に未来を案じてみたり。でもそういうのはほんの一部であって、少なくとも私が知る多くの人はスピリチュアルな世界に興味を持ちながらも、目の前のことを一つ一つ片付けていってるわけです。会社に行くとやなことあるけど、気づきをもらってると思って笑顔でがんばろ~なんて前向きに頑張っているわけです。そういうのってスピリチュアルな世界に接していて初めてそう思える部分もあるわけで、もしも接していなければ周囲に不満を撒き散らしてお互いやなムードで終わりと言うわけです。日常ほったらかしでクレクレ乞食したり、勝手にブルーになってるスピリチュアリストなんて、ほんの一部であろうし(少なくとも私の周辺では)、そんなレベルの人間に対して「ここが変だよ~」なんて斜に構えて喜んでいる暇あったら、もっと人に喜ばれるような情報を提供しなさい、人を感動させるような話をしなさい、と言いたいわけです。それがアナタの「目の前の」仕事でしょう、と言いたいわけです。もし仮に私と違ってそういうクレクレ族が周りにたくさんいるようであれば、それはお気の毒と同情したくはなるわけです。もっともこれは特定の個人や団体に対して言ってるわけではないので(笑)、あまり気にしないで下さいね。まあ、人気ブログランキングでもポチッと押してもらえば、素晴らしいブログに巡り合えるわけでして、応援しています!

 う~ん、こういう低エネルギーモードで文章書くのって疲れますね。ということで、この手の話題はこれでファイナルしたいと思います。こういう時は五日市剛さん風に、

キャンセル、キャンセル

で気分を変えて次の話題にいきたいと思います。っ言いながらも次の話題って何だっけ。そうそう、最近、仕事でミーティングを開いたりするのですが、スケジューリングに対して思うことを書きたいと思っていたのです。スティーブン・コビー氏の「7つの習慣」の中で人生の豊かさを決めるのは「緊急でないけど重要なこと」をどれくらい優先できるかにあると言っています。そして私が「今度、ホームミーティングを開きたいのですが、いつがいいですか?」と聞くと、「すぐには答えられない」とか「ギリギリにならないと予定が立たない」とか言う人が少なからずいるわけです。理由を聞いてみると、「親が病気で様態がどうなるかわからないから」とか「仕事のトラブルが生じたら駆けつけないといけないから」とか言うのです。親が病気とか仕事のトラブルとかは「緊急かつ重要なこと」ですね。確かに。ただ、こういう理由で前の予定が立てられないのであれば、本当に親が病院に担ぎ込まれたり、仕事のトラブルが生じたりしますよ、と。車に事故防止のお守りをたくさんつけている車ほど、事故にあっているという統計的事実(?)を聞いた事があります(ソース不明)。これなどは先のスケジューリングの話と同じで、事故を想定している、心が事故を前提としているからこそ、お守りをたくさんつけるわけなんですよね。要するに「ネガティブな事柄」を前提に今の行動を決めるのは危険だということです。私は保険にしても最小限でいいという考えを持っています。3大成人病やらあれやこれやとメニューを勧められますが、これも不安を煽りまくって加入点数を増やそうとしているように感じています。そして実際にそういう事態が生じた時に「保険に入っててよかった~」とはなるのですが、最初からそういう事態にならないに越したことはありませんよね。もちろん自己責任で保険のメニューを決めるべきなのですが、私個人は最小限でいいと思っています。でも海外旅行保険は毎回入っており、一度も使ったことはありません(笑)。

 話がそれましたが、「緊急かつ重要」と「緊急でないけど重要」の2つの予定がある場合、まだ起こっていないネガティブな「緊急かつ重要」を想定してスケジューリングをするのは人生の損失だな~と思っているのです。私が設定するビジネスミーティングは多くは「緊急でないけど重要」なことになるのでしょうが、出席すると必ず得した気分になります(笑)。ネガティブな緊急事項を想定してスケジュールを組んだところで、そのネガティブな事項がなければ、マイナスにはなりませんが、私からの「お得な情報」を得られずに人生が過ぎ去ることになるのです(言い過ぎかな・・)。私のスケジューリングのコツは、「ワクワクすること」を前提に予定を入れることです。それが一ヶ月先であろうと、三ヶ月先であろうと、楽しいことは先に先にとカレンダーに○をつけてしまうのです。そうすると不思議とその日には別の用事は入りませんし、かつ、それまで間楽しく過ごせてしまうわけなんです。

 そうやってカレンダーを楽しいことだらけにすると、人生まで楽しいことだらけになると思うのです。ネガティブな「緊急かつ重要」という魔物に惑わされることなく、ワクワクすることでカレンダーを埋め尽くしましょう!!と言うのが、今日のテーマであり、ビジネス仲間にも力を込めて言いたいことなんです。人間の「想い」は現実化してしまうことを、肝に銘じて、今日から新たにワクワク人生を歩んじゃいましょう。

今日も読んで頂きありがとうございます(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
by katamich | 2006-06-15 23:23 | ■ビジネス・事業
ブログトップ | ログイン