星に聞く 2006.6.5

b0002156_11554233.jpg 今日も早起きしたのですが、あっという間に一日が過ぎてしまいました。ちょっとしたあき時間には本屋三昧。図書カードがあったので、衝動買いもしてしまいました。そろそろ本を売るなどして、整理が必要となってきました。エネルギーの流れをよくして、いい情報を新たに導き入れたいものですし。そして今日、東京行きのチケットをゲットしました。6日前に注文して、なんと福岡東京の往復で27,000円です。片道13,500円なので、福岡大阪の新幹線よりも安いです。いつの間にか飛行機代って安くなっていたのですね。

 ところで、今日の夜、唐突ですが「占星術」を観てもらっていました。半年ほど前、mixiで知り合った「ミクラさん」とある酒場で出会い、そこで手相やらを見てもらいました。その手相ではなんと、インドの占い師に言われたのと同じようなことを言われ驚いたのですが、ミクラさんは「占星術」の方もかなり達者なようで、事前に私の生年月日等を知らせて、占ってもらいました。占星術というのは、平たく言えば「星占い」。星の動きと人生のバイオリズムとの相関関係から導き出す、一種の統計学と言えるのかもしれません。もちろん、我々が知る「○○座は何」というものよりも、複雑で高度なものです。そして今日、スターバックスでコーヒーを飲みながら、その鑑定の結果を知らせてくれたのですが、まず最初に「Qさんのは非常に面白い!」と言われちゃいました。ちょっと変わっているようで、とてもワクワクしてきました。

 私の生年月日等から導き出された、羅針盤(チャート図?)のようなものを見せてもらい、専門的にいろんな説明をしてもらいます。まず私の鑑定結果の特徴的なのは「風」の要素が強いということ。この世の四元素として「火」「地」「風」「水」があり、それぞれ「直感」「感覚」「思考」「感情」が対応しているそうです。そして私の比重はそれぞれ「火(1)」「地(2)」「風(5)」「水(2)」となっており、実は「5」という数字が出ることは稀なんだそうです(大きくても「4」どまり)。つまり私の場合「思考」に関する比重が高く、その「思考」とはとりわけ「コミュニケーションの力」を表わすそうです。もっと具体的に鑑定書の通りに記しますと、、、

強烈な風の力(風=5天体):コミュニケーションの力
極めて頭がよく、言語・表現能力が巧み。ふたご、てんびん、みずがめの風の三サインそれぞれに天体がバランスよく配置されているため、知性を表わす風の力が最大発揮される。しかし、その分、火と土のパワーが手薄になるので、このポイントは他者の力を借りるか訓練が大切。
火:自分に降りてくるインスピレーションを見極めるトレーニング。聖も邪もカオスとなって降りてくるので、自己の直感を磨く必要がある。
土:現実的な社会ルールの上に、自己のビジョンを植えつけて育てていく土壌作り。




だそうです。話が前後しますが、最初に私のこれまでの生い立ちを占星術的に説明してもらいました。箇条書き的にこうなります。

①大人な精神、成熟した自我感覚(月)
②運命的な流れを乗りこなす知性、直感(水星)
③誰に配慮することなく、羽ばたける精神の自由(金星)
④無意識の領域にためらうことなく飛び込み、探求する姿勢(太陽)



 実は私は幼少時は実年齢よりも大人びていたと同時に、なにか分からないけど運命的な避けられない出来事に巻き込まれていたそうです。確かに「大人びている」は正しいかもしれません。小さい頃からやんちゃしながらも、妙に冷静沈着だったりしますし(対する兄貴は普段真面目でもすぐに激高するタイプ)、趣味がモーツァルトでそれに関する本(音楽、歴史等)をよく読んでいました。運命的な避けられない出来事とは具体的によくわからないのですが、宗教的な環境に育っていたり、寮生活をしていたなどなんでしょうか。うっとうしいと思ってはいましたが、それなりにうまくやっていたような気はします。

 ただ、青春期になると、そんなうっとうしさもキズも次第に克服していき、自分の好きな人生を歩むようになるのです。これはまさしくそうです。就職活動をやめて、世界放浪にでるなど、自分の好きなことを何にも配慮しないでやっていることに他なりません。そこで「第一の解放」があったそうなのですが、これから「第二の解放」が訪れるのだそうです。それは何かと言うと、「無意識への領域」なんだそうです。今関心を持っている「潜在意識の探求」など、まさにそれなのかもしれません。そしてそれをうまくコントロールするようになるのだとか・・・

 ただし、今後はある種の試練も待ち受けることになっています。どういう試練かというと、「社会的な成功のイメージ」と「精神世界における自己イメージ」とのギャップをどのようにして統合するかということです。つまり私は最終的には「精神世界(無意識・潜在意識)の領域」で自己の確立を目指すことになるのですが、その前に「社会的な成功(現世的な利益)」への誘惑が頭をもたげてくるのだそうです。時として二者択一のジレンマに悩まされたりなど。しかし、ミクラさんは私に「統合化のヒント」を授けてくれました。記述をそのまま掲載しますと、、、

統合化へのヒント→
現世的な実利、戦略、競争原理(社会の中での個人の能力の追求)が、自分のビジョンを達成するためには避けて通れない道であると、心に納得させることができるかどうかが重要。そうすることで、その先に社会貢献があるのであれば、一時的な現世的な事柄も必要なプロセスであると認識できるようになる。




こういうことです。つまり「精神世界の自己」と「現実世界の自己」とが矛盾するのではなく、目指すべき自己の確立の上で、必要なプロセスであると納得できれば、「いい」ということになのです。ミクラさんにも話したのですが、これについては既に了解済みです。私はとりわけ今年に入ってから「現実世界のための精神世界」、「精神世界のための現実世界」をテーマに過ごしてきました。どちらかに偏るのではなく、それぞれをバランスよく調和させるべきであると主張してきました。なので精神的な成長も必要であれば、健康や金儲けも不可欠という立場をとってきたのです。お釈迦様は35歳で覚る(仏陀になる)まで、特権階級時代に欲の限りを尽くしたかと思えば、その後の苦行によって世の苦しみを一挙に味わいつくし、つまりは現実世界的な経験を極限まで追い求めたのです。それが35歳を期に「宇宙の真理」を45年間に渡って広め、つまりは精神的な指導者となっていったのです。私ごときがお釈迦様を引き合いに出すのはおこがましいかもしれませんが、私自身も「35歳」を一つの区切りとして、それまでにはいわゆる現世的な成功をおさめたいと思っています。その一方で、修行や旅などを経験し、できるだけ多くの世界を知ろうを努力しています。それらがすべてクリアできたら、私が目指す「自分のことをまったく顧みないでよい状況」を作り出し、真に精神的な意味での活躍をしていきたいと思っています。インドの占い師の話ではそうなるのは「40歳まで」ということですが、いずれにせよ「35歳」というのは一つのターニングポイントとなる自覚があります。

 そんなプロセスにおいて、私が持つ「強烈な風の力:コミュニケーションの力」、そして「キングメーカー:コミュニティの中心」となる力が威力を発揮するのだと考えられます。私は「ユニークで個性的で明るく楽しい知性(木星)」を持ち、「世界に伝達する人間関係の力(冥王星)」とが、互いに発展的に補強しあうような位置関係にあるようで、ミクラさんいわく、そのような「木星&冥王星のコンビネーション」は、一部の占星術師がキングメーカーと呼ぶような強いものなんだそうです。私の場合、知や情報を扱う分野では、能力を最大限に発揮でき、それが楽しいものであれば、より成功をつかみやすいとのこと。

 ただ一方で、そのようなコミュニケーション能力によって友人関係はどんどん広がっていくものの、本当にすべてをさらけ出せる人間関係は少数になるとのことで、よく言えば、人間関係の距離感をうまくコントロールする才能があるのだとか。ただ、特定の目的を追求するためには少数先鋭の部隊を組むことになるとのこと。


 このように非常に詳しく観てもらいました(しかも無料、今は有料だそうですがクライアントは限定しているようです)。もう一度、ここで私なりの言葉で整理するとこうなります。

1.幼少期は運命に流される
2.青春期から自らの自由への解放される
3.「精神世界」へと自己確立を目指すが、「現実世界(現世での成功)」との統合が必要となる
4.「知性」「情報」「コミュニケーション」によって能力を最大化し、大きなネットワークを形成すると同時に、特定目的のための少数先鋭グループを持つ
5.それらが「35歳」を期に加速する



 この「35歳」という数字も占星術で出ており、35歳以降は今の100倍以上の能力を身に付け、発揮していくのだそうです。また、「コミュニケーション」「ネットワークの形成」は今では最大の関心事として取り組んでいます。これは占星術的にも今の私が肯定されているようで、非常に勇気を与えられるものです。ただ、「特定目的のための少数先鋭グループ」はこれまで意識してなかったことなので、新たな可能性に気づかされました。もしかしたら、今、全国各地でいろんな人とお会いしているのは、ネットワークを精力的に拡大すると同時に、将来的な「少数先鋭グループ」のメンバーを探しているのかもしれません。今の私はまさしく運命が急展開するように、場所を選ばず次々といろんな人と会っています。その手段としてブログを利用しているのですが、それは私の「コミュニケーション」の一つの形です。というかそのものです。そして私はブログだけでなく、リアルなコミュニケーション力もますます強化しているところです。

 いや~、とっても嬉しい鑑定でありました(^^)。ミクラさんとは前に一回会っただけですので、当然、私に関する先入観もなく、純粋に「占星術」として観て頂きました。それが、今の私とこんなにもシンクロするなんて、とっても勇気付けられました。とにかく今やってることをそのまま続けていけばいいのです。今やっている楽しいことをずっと続けていっていいのです。こんな嬉しい言葉はありません。ミクラさん、ありがとうございました。

 そうそう、今日の別れ際、近い将来、ジョイントでセミナーでも開こうとお約束(?)しました。ミクラさんのテーマは占星術を人生の成功においてどう生かすかであり、私のテーマは、、、いろいろありますので、その都度、決めちゃいます(笑)。トークはできますので何でもOKです。そう言えば、昨日も友人の臨床心理士と「近いうちにジョイントセミナー開きましょう」という話をしていたところです。もしかしたら近い将来の私のミッションとして、いろんな能力を持つ人とジョイントしながら多くの人に様々な情報をシェアすることが与えられるのかもしれません。それがスピリチュアル関係でもいいし、経営コンサルタントでも、カウンセラーでも、アーティストでも、いろんな分野の人とジョイントしながら、全国にセミナー行脚をしていきたいと考えています。幸い私は人前でトークをすることは苦手でないし、いろんな分野に関心だけはあります。う~ん、いろんなビジョンやミッションが出てくるな~。ここに書くということは、「そうなる」ことを意味しますので、またまた忙しくなりそうだと、ものすごくワクワクしてきました。

 とりあえず、8日からの東京遠征が楽しみです。どんな人とお会いできるのか、そしてどんなお話ができるのか。胸がはちきれそう、マツザカキミコ並のボインになるほどワクワクしてきました(^^)。という訳で、東京、横浜ではどうぞよろしくです~。

今日もありがとうございました。楽しくクリックして頂ければ嬉しく思います(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
Commented by トマトん at 2006-06-06 14:56 x
そお~ですか。なんだかすごいパワーを感じます!
いきおいにのって、いつの日かスピリチュアルジョイントコンサートというのはいかがでしょうか!!
Commented by katamich at 2006-06-07 12:31
■トマトんさん!
スピリチュアルジョイントコンサート!!
いいですね~。私もその時までにはトークだけでなく、「ホーミー」の腕前を上げて披露できればですね。そんときはどうぞよろしくお願いします♪
by katamich | 2006-06-05 23:56 | ■精神世界 | Comments(2)