高野山とか 2006.5.30

 まだ実家にいます。ちょいとまだ余韻が抜けきっていないのですが、、、そろそろ日常に戻らなければ、、、なんて思っています。と言いながらも、今日は両親と高野山に行ってきました。両親は定年退職したばかりで悠々自適の生活。時間もあろうかと、高野山まで3人でドライブしました。高野山は滝行を始めてからず~~~っと行きたかったのですが、正月などは混みまくりなので、ちょっと機会を避けていたような。でも今回は平日だしということで、行ってきました。例によって写真中心のレポートになると思いますので、福岡に戻り次第、その辺はアップしたいと思います。


 ところで、、、この激動の二日間を挟んで、私自身、いろいろと考えることがありました。考えると言っても別に深い意味ではなく、自分自身のこれからのスタンスと言うか哲学と言うか、そんなことをつらつらと考えていました。とりわけ行きのフェリーでは、ちょっと日常から離れたところで、一人っきりで考えることができました。考えてばかりいても埒が明かないので、持ってきた本を読みます。それはちょっと前に紹介したように、オグマンディーノの「十二番目の天使」です。読んでる側から何度も何度も泣きました。そして心が浄化されました。読み終わった後、なぜか一つの言葉に私のスタンスが整理されたようになりました。その言葉とは、、、陳腐かも知れませんが、、、「感動」です。私は常々考えていたことがあります。人が動く本当の原動力とはなにか。モチベーションとも言えるかもしれませんが、ここでは「原動力」と言っておきたいと思います。例えば一般的にはインセンティブとしてのお金やリストラなどの脅し(アメとムチ)などが使われますが、「原動力」という言葉を使う以上、そのような外部から与えられるものではなく、内面から湧き出てくるもの。それが「感動」なんだと思います。理性ではなく「感」という、どうにも正体のつかめないものが、自然と「動」く。これが「感動」なんでしょう。そして土日の二日間は文字通り感動の二日間でありました。多くの人から感動の源を頂いたパワフルな二日間でありました。

 この数日間は私にとっていろんな意味で意義ある日々であったと思われます。心の浄化と精神の躍動を得るにふさわしい、ある種の内的ターニングポイントになったと思われます。福岡に戻るのが楽しみです。まだまだこらからどんなことが起こってくるのかわかりません。それだけにとてつもなくワクワクしてしまいます。31日には福岡に戻ります。そして6月という新しい月間を迎えて、ますますパワーアップしていきたいと思います。今、やりたいことがたくさんありすぎて、本当にワクワクしています。それもこれもこの土日にお会いした方々のお陰、そしてオグマンディーノ、そして弘法大師のお陰だと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。

写真などは福岡に戻ってからアップします。さしあたりクリックのご協力をお願いしま~す(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
b0002156_0133673.jpg

b0002156_0134670.jpg

b0002156_0135768.jpg

b0002156_014757.jpg

b0002156_0142872.jpg

b0002156_0143739.jpg

by katamich | 2006-05-30 23:08 | ■日一日