宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

感動の二日間(その1) 2006.5.28

b0002156_23431034.jpg 怒涛の二日間を過ごしました。そしてそれは最高の二日間でした。

 場所は大阪。この二日間の核は27日夜のコンサートだったのですが、その周辺で様々な機会を得ることことがありました。まず27日の3時から「お話会」です。今回はどうなるかわからなかったので、ブログではアナウンスせず、たまたま縁のあった人が自然と集まってきました。私も当日まで誰が来るのか分かりませんでした。そして二日目は昼に「ランチ会」。これは27日に来た人らが、めいめいに声をかけて実現したものです。私は福岡から、他は関東から来られる人もいらっしゃいました。

 私はまず、26日の夜にフェリーで発ち、瀬戸内海を通って27日8時に大阪南港に到着しました。その夜のフェリーで私は泣いてしまいました。前々から読もうと思って買っていたオグマンディーノ「十二番目の天使」を読んでしまい、船の中で涙をこらえるのに必死でした。堪らなくなって、展望室の一番奥の人がいない場所に移動して、涙を流して心を浄化しました。一気に読んだので、どの場面で泣いたのか覚えていないのですが、涙で前が見えなくなりました。

 読み終えてから寝室に戻って寝ます。6時に起床して風呂に入ります。そして8時に到着し、9時の待ち合わせ場所に移動。「宇宙となかよし」の読者の方とお会いします。一月ほど前にメールをもらい、この日に大阪に行きますのでお会いしましょうということで、会いました。初対面とは思えないような打ち解けです。その間、面白いシンクロが起こりました。11時ごろジュネさんの話になり、「12時頃、この辺で待ち合わせしてますよ」と言っている瞬間にジュネさんから電話。11時なのにすでに来ているということで、1分ほどしたら喫茶店の外にいるではないですか。そのまま合流したのですが、びっくりしたのはその読者の方です。「じゃあ、ちょっと顔見てから帰ることにしましょうか(仕事なので)」とおっしゃっているまさにその時にジュネさんが現れ、12時まで濃い話をしてしまいました。そうしているうちに12時になり、私の携帯が鳴ります。バナナンさんです。外を見ると長身のキレイな女性がこちらを向いています。目が合ったので手招きして、中に入ってもらいました。バナナンさんとは初めてお会いします。なのに待ち合わせ場所でもない喫茶店の外から見ただけで「あれはQさんかも~」と分かったそうなのです。さすがです(何が?)。読者の方と入れ替わりにバナナンさんが合流して2時前まで濃い話をしてしまいました。
 
 3時前に「お話会」の会場であるホテルのロビーに座っていました。どういう方が来られるのか正確には把握してなかったのですが、次々と現れ「Qさんですよね?」と声をかけて頂きました。私はなぜか目印になりやすく、しかも「まんぎょうマン」を胸にさしていたのですぐに分かったそうなのです。ホテルのカフェには16名前後の方がいらっしゃいました。中にはかの人気ブログ「おなすのミラクル年収3000万円超え!」のおなすさんがいらっしゃいました。姿を現した瞬間、失礼ながら指差して笑ってしまいました。チラッとブログの写真でお見かけしたことはあるのですが、あまりにもイメージどおりでした(笑)。その他にも素晴らしいブロガーの方々がお集まり頂きました。

b0002156_23442710.jpg 5時にはカフェを出て、タクシーに乗り合って移動します。7時からヴァイオリンのコンサートです(実は「すごペン」説明会)。聴くものを不思議な世界に連れて行くとアメリカで話題のミュージシャンで、約90分の間、たっぷりとその不思議なヴァイオリンの音色を楽しみました。その後はさらに集団移動してお食事をとります。私は昼も飲んだのですが、ここでもビールを飲みました。お酒が入ると、いつもよりちょっとは口も滑らかになるものです。インドで般若心経を1000巻唱えて大泣きした、「ありがとうございます」と何万回唱えてこれまた大泣きしたとかの話もあったのですが、ブログでは書いていない話題などもいくつかお話しました。他人のプライバシーに関わる話などはブログには書かないようにしているのですが、そういうところに結構すごい話もあったりするのです。ただ、他人のことでなく自分のこととして書いていなかったこともあり、ついでですので、その話を簡単にしようかと思います。

 私が去年の6月からフリーになり、いわゆる勤めもせず、アルバイトもせずに生活してきた中には、当然紆余曲折もありました。6月にインドから帰ってきてしばらくは貯金をつぶしていきます。その内、貯金もなくなってきたと思うと、どういうわけか単発にいろんな収入が入ってきて2005年が終わりました。そしてご存知のように今年1月から「100日滝行」を始めます。実はこの「100日行」は私の「カケ」でもありました。このままいくと、2月頃に貯金(収入)が底を尽きます。そうなると「行」を中断して就職せねばなりません。早朝コーチングもしているので、コーチングしてから滝行に行き、それから会社に行くなんてのは不可能なので、貯金(収入)がなくなるイコール「断行(就職)」なのです。早朝コーチングは10名以上のクライアントがいるので、止めることは考えられません。止めるとしたら「100日行」にあるのです。そして2月です。順調に貯金が減っていきます。2月の半ばになり、実は、、、なななんと!!私の全財産が「3万円」になったのです。普通はここでうろたえます。これでは日々の生活はおろか家賃も払えないし、クレジットカードの支払いもあります。月末が迫ります。しかし私はどういうわけか「信頼」の意識が働き、ひたすら「滝行」に打ち込みました。就職活動などはもっての外です。するとどうでしょう。月末になりカードの決済日の直前、○○万円の収入が入り込み、それを弾みにあれよあれよと貯金残高が増え、カード、家賃、保険の支払い全て間に合ったのです。その月はたったの数日でサラリーマン時代の2倍の収入がありました。その後は順調に収入も増えていき、今に至るわけです。その具体的な収入源については私ひとりの話ではないので、機会があれば直接お尋ね頂きたいのですが、私がここで言いたいのは一つの目標設定に対して潜在意識に強くインプットすることで、いかなる外的環境におかれようと、様々な「助け」によって必ず達成できるということです。私の場合の目標設定は「満行」でした。「行」を始める際の決心の結果、紆余曲折がありながらも達成することができました。その間の「全財産3万円」というギャグ的とも言える状況は、いわば私に対する「試し」のような気がしています。今の私ならば就職することは簡単です。ただ、その簡単な方向に逃げずに自分自身をとことん「信頼」することで、いわゆる「試し」を乗り越え、月末ギリギリで具体的な形(収入)でそれを証明することができました。これは私にとっての大きな「自信」となります。就職はいつでもできます。でも今回の「行」に対する満行は一生できません。一番大切なことをまずはインプット。そしてとことん「信頼」することで、結果は後から具体的な形となって現れる、、、そんな話をさせて頂きました。

 閑話休題。そんなこんなで終電で実家に帰り、一日目が終了しました。寝ている間、バナナンさんとかおなすさんとかが夢に出てきて、感動の二日目に突入するのです。

取り合えず一日目です。感動の二日目のレポートはもうすぐ!(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
by katamich | 2006-05-28 23:36 | ■日一日
ブログトップ | ログイン