た~は~ら~と~し~ひ~こ~ 2006.5.19

 5時起床で早朝コーチング。今日のコーチングはちょっとばかし仕切り直しで、改めて質問をやり直してみました。それはいいのですが、最後の方、なぜか「ファミコン」の話になってしまいました。同年代の男性なので、この手の話はなぜか盛り上がります。朝から何話してんねん、って感じですが(笑)。あと、少年ジャンプの話も盛り上がりますよね。個人的には「キン肉マン」「北斗の拳」「魁!男塾」の話には強いです。その「ファミコン」の話なんですが、いわゆる「クソゲー」ってご存知でしょうか。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、、、

クソゲーとは、「クソゲーム」の短縮形で、ユーザーやゲーム評論筋がコンピューターゲームを酷評する際に用いる形容詞である。また、その評価が与えられた個々のゲーム作品に対しても用いる。ただし酷評とはいっても、必ずしも全否定されていない良作・怪作も散見される。


b0002156_3593012.jpgということのようです。巷には定番となったクソゲーがあるようですが(代表例が「スペランカー」)、私的に最も偉大なクソゲーはなんと言っても「バンゲリングベイ」でした。ハドソンから「チャンピオンシップロードランナー」と共にリリースされたのですが、発売前のメディアの煽りはすさまじかったです。100画面分の巨大マップ、コントローラーⅡに「ハドソン!」と叫ぶと敵機が現れるなど話題騒然でした。私も発売日とほぼ同時に買いに走りましたが、、、なんか変なんです。兄弟3人で楽しむのですが、、、なんか変なんです。正直言って「面白くない」のです。純粋に面白くないだけなのか、時代を先取りしすぎだったのかはわかりませんが、どうも面白くないのです。過剰な期待があったせいもあるでしょうが。兄弟3人で「うお~!」とかリアクションを取るのですが、どうも白々しさが漂い、要するに「面白くない」ことを認めたくないがの如しリアクションだったのです。しかし間もなく、兄貴が「ゼビウス」にカセットを切り替えてしまいました。いわく、「あまりしすぎるともったいない」とのことでしたが、「ゼビウス」こそあまりにもし過ぎていたにも関わらず。しかし今は、男3人集まり「ナツゲー(懐かしいゲーム)」の話になると、必ずと言っていいほど「バンゲ」の話が出てくるのです。当時の小学生を裏切ったインパクトはあまりに強かったのでしょうね。その他、買ってしまったクソゲーとしては「エグゼドエグゼス」「エクセリオン」が双璧でした。ここでも兄貴は「もったいない」と言って、「ゼビウス」にカセットを切り替えたのでした。分かりやす過ぎるっちゅ~ねん。


 話変わりますが、今、利用している「エキサイトブログ(エキブロ)」にもついに「アクセス解析」が付きました。おなすさんバナナンさんもエキブロです。どうでもいいのですが、先日、彼らとメールのやり取りしている中で、私が「みんな、なんだか野菜っぽいですね~」と言い、

・おなす→茄子
・バナナン→バナナ
・Q→きゅうり

などと書くと、すぐにおなすさんから「大発見!」という返信が来ました。頭文字をとると「オバQ」ではないですか~!ということです。さすがはおなすさんだな~と思いました(笑)。とまあ、それはともかくエキブロのアクセス解析です。ネームカードに登録するなど、意味のない面倒くささはあるのですが、今まではユニークアクセスしか表示されなかったのが、ページビュー、リンク元URL、検索ワードが出るようになりました。あと、アマゾンアフィリエイトでもできれば申し分ないところです。「宇宙となかよし」に来るリンク元URLに関しては、「おなすさんのブログ」がダントツ一位で、「ブログランキング」、「グーグル」が次いでいました。そして面白いの検索ワード。5月20日現在の検索ワードトップ10を書き出しますと、こうなります。

1位 かたみち切符
2位 宇宙となかよし
3位 五日市剛
4位 田原俊彦
5位 川口喜三郎
6位 なかよし
7位 サーヤの法則
8位 素手でトイレ掃除
9位 五日市剛 講演会
10位 潜在意識 

 1位、2位はそのままなんですが、ブックマークせずに検索してくる人が意外と多いということなんですね。あとは「五日市剛」は定番。いつの間にか「川口喜三郎」も検索上位に表示されるようになっています。他、「素手でトイレ掃除」「潜在意識」「サーヤの法則」などがあがるのですが、不可解なのが4位の「田原俊彦」。ええ~!!どうして??

 先ほどグーグルで検索したのですが、全然上位には表示されません。なのになぜ「田原俊彦」で「宇宙となかよし」に来るのでしょうか。確かに私、田原俊彦好きですよ。「びんびんシリーズ」などは本当に大好きで、学生時代も夕方にやってた再放送を欠かさず見てたものです。私は田原俊彦を「ビッグ」だとは思っていませんが、まぎれもなく「スター」であると思っていましたし、今もそう思っています。ビッグなのは額だけだと言うチャチャはさておき、歳をとっても十分「スター」としてのオーラは備えていると思っています。正直言います。「田原俊彦」が4位でとても嬉しいです。「五日市剛」と「川口喜三郎」といういかにも「宇宙となかよし」的な人たちに挟まった「田原俊彦」です。正直言って嬉しいです。そして「田原俊彦」と言うとお約束のようにこの写真を貼ってしまう自分がいるのです。
b0002156_3503386.jpg

 この画像は私の格納庫の中には入ってませんでしたので、グーグルのイメージ検索で探しました。そしてそのURLをクリックすると、、、なんとそこは「宇宙となかよし」ではありませんか!!

 一瞬のうちに謎が解けました。そうだったのか。4位の理由はそこにあったのか。言っておきますがこの画像は私が作ったのではありません。ネット上にばら撒かれているのを、拾ってきただけです。でもグーグルイメージで上位表示されるって、、、、やばいかな、俺。アイコラは警察に捕まるようですが、これはどうでしょうか。名誉毀損には違いないのですが、最初につくった人が問われるのあれば私はセーフです。ま、あまり気にしないことにしましょう(笑)。でもやっぱりトシちゃん、カッコイイですよ。一応フォロー。抱かれたいとは思わないけどね。ふう、かっこい~。生え際はともかく。
b0002156_411461.jpg

今日もありがとうございました。ビッグなクリックお願いしま~す(人気blogランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
Commented by トマトん at 2006-05-20 14:23 x
以前友人に「ファミコンやる?」って聞かれて「う~ん、、将来的には、やりたいのよね」と答えると友人は?って顔。私はファミコンをファミリーコンサートと思っていたのです(^^ゞ
Commented by katamich at 2006-05-22 23:59
■トマトんさん!
ファミコン→ファミリーコンサートとは!!
なかなかナイスなぼけ方ですね(笑)
by katamich | 2006-05-19 03:04 | ■精神世界 | Comments(2)