宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

ストイックな旅 2006.4.6

 100日行も残り2週間を切ってしまいました。2週間なんてあっという間なんですが、その2週間後、つまり100日目にはなんと24時間行に入っているんですよね。2週間後の今頃はヘロヘロでしょう。木曜と金曜にコーチングを受けておられる方は、すいませんが2週間後はお休みさせてください。木曜日の朝は滝場にいるでしょうし、金曜日の朝はヘロヘロになっていると思われますので。それにしてもまあ、よくぞそんなストイックなことしようとするな~と思われるかもしれませんが、私って実はそういうの「好き」なのかもしれません。およそ10年前に放浪の旅に出ていたのですが、それだってわざわざ苦しいことやって快感を感じていた節があります。別にM(エム)ではないのですが、なんとなく「根性」とか「重厚長大」とかいわゆる60年代後半的な価値観が合うのかもしれないですね。私が20年早く生まれていたら、絶対、学生運動やって警察に捕まっていたでしょうし。

 そうそう、その時の旅の話なんですけど、私のメインサイト「かたみち切符」でしっかりと読めます。「かたみち切符」ですよ。もともと私は旅とか音楽とかの話をしたくてサイトを立ち上げ、10年前の旅行記とかジャズのレビューなどをちょこちょこ書き溜めていたのですが、「日記」もあった方がいいな、ということで始めたのがこのブログ。それが今となっては、ブログがメインで本家の「かたみち切符」はすっかりマイナーになってしまいました。もっとも更新もしてないのですけど。ちなみにブログ「宇宙となかよし」が一日500人くらい見てもらっているのですが、「かたみち切符」はページビューで50前後なのでユニークアクセスはもっと少ないのでしょう。

 そうそう、そのストイックな旅の話なんですが、今読むとめっちゃ面白い旅してます。例えば「8ヶ月間世界一周」の「ニューヨーク編」では、



 ニューヨークは物価が高い。俺は貧乏なバックパッカーなので、抑えられるところは極力抑えて、旅を楽しむ。「楽しむ」ために何を抑えるか。俺の論理では「衣食住」となる。「衣」は着の身着のまま、洗濯はセントラルパークの噴水で。「食」はレストランなどには入らず、フルーツかホットドッグで済ます。しかし「住」はなかなか抑えることが難しい。何と言っても夜は危険なニューヨーク。野宿する気にはなれないし、ユースホステルも15ドル以上。



なんて事書いています。「楽しむ」ために「衣食住」を抑えてるんだって。。。また、「オランダ編」も傑作です。



 俺の旅は正直金がない。当初の所持金は80万円程で、アメリカで既に10万円近く使っている。ヨーロッパをある程度長く旅行する人(大学生など)は通常ユーレイルパスという定期券を購入することが多いようだ。これだと、一定期間は加盟国(西ヨーロッパのほとんど)の列車に乗り放題になる。当初はこれを買うつもりだったが、一ヶ月10万円以上 もする。もちろん宿や食費は別だし、夜行に乗るのも上乗せ料金が必要になる。今の俺にそれを買う勇気はない。そこで思いついたのが自転車だ。これだと、自分のペースで移動できるし、何より安くつきそうだ。深く考える前に「蚤の市」に行くと、20,000円程度でしっかりしたマウンテンバイクが売っていた。購入する。



 金がないから移動が「自転車」だって。今考えなくても「あほ」って感じです。蚤の市でチャリ買ってどこまで行くつもりだったのでしょうか。その後、すぐに盗まれて、駅に野宿した後、歩き回って日が暮れてかろうじて民家の倉庫に寝さしてもらったりして。その後、なんとかオーストリアまで自転車で行って、途中で壊れた時など、急にヒッチハイクですよ。



 今日はリンツに入った。モーツアルトの交響曲第36番のリンツ。ブルックナーの銅像を見つけた。音楽縁の街だ。天気がさえない。おまけにまたも後輪にがガタガタ鳴り始めた。いつものようにスパナで直しにかかったが、今度はよけいに事態を悪化させてしまった。このまま修理に出しても、すぐにおかしくなるだろう。自力で直しにかかればかかるほど、事態は悪化の道をたどった。10分ほど悩んだが、答えははっきりと出た。「ここでさよならだ」。

 愛車とはちょうど一ヶ月の付き合い。オランダからオーストリアまでよく運んでくれた。ありがとう。そう思うと少し悲しくなった。別れは辛いものだ。愛車の汚れを草でぬぐいとって最後のお別れをした。

 今日の寝床探し。東に向かってひたすら歩いたが、キャンプ場までは大分距離がある。後ろを振り返り親指をあげると、いとも簡単に車がつかまった。キャンプ場まで運んでもらい、テントを張り終えるやいなや雨が降り出した。狭いテントの中で夕食のビールとポテトチップスを食べていると雨音が激しくなってきた。




 自転車が壊れて、次はヒッチハイク。若かったと言えど、よくやるな~って感じです。結局、ブダペストまでヒッチで行ったようです。その後もエジプトでピラミッドに登って警察に捕まったり、トルコでヒッチして金せびられて逆ギレしたりと、結構、無茶なことしてます。インドでは「はっぱ漬け」になってる時もあるしね。そんなことで、ストイックと言う話しようと思ったのですが、つい、昔の旅の話になってしまいました。「宇宙となかよし」の読者の方々に対して、実はメインサイトは「かたみち切符」で、その発端は「8ヶ月間世界一周」であることをちょっとお知らせしたくなったりして。もし、「え、こんなのあったの?」と思われたり、写ってる写真が誰だかわからなくて読んでない人は、アレも実に私に相違ありませんので、お暇な時にでも是非お読み頂ければ嬉しいです。

でも「宇宙となかよし」も好きよ、、、って思って頂ける方はクリックをお願いします(ブログランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。

(高校時代の俺-左からやすゆき、とくりん、俺)
b0002156_13468.jpg

(10年前の俺-ベルギーで自転車を降りてクラリネットを吹く)
b0002156_164530.jpg

(今の俺・・・?)
b0002156_18313.jpg

by katamich | 2006-04-06 23:59 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン