新年度で~す!! 2006.4.1

 今日から新年度ですね。100日行を通して一つの一番厳しい季節を経験し、今、本格的な春の到来に猛烈にワクワクしています。私のような生活だと、新年度もあまり関係ないのですが、周囲との付き合いの中でどうしても関係してしまいます。なので新年がスタートしたことで、私自身も心新たにスタートです。

 思えば、去年の今頃は間もなく会社を辞める一ヶ月前の時期でした。退職後はインド、そしてフリーランスという未知の世界に期待と不安で胸いっぱいだったと思います。それから一年間。サラリーマンに戻らず、またアルバイトもせずに生きてこれたのが不思議と言えば不思議なんですが、当然と言えば当然でもあります。もっとも何もせずに生きているのではなく、質の高い仕事をしていった結果でもあります。この一年は本当に勉強しました。出会った人、得たものも非常に多い一年でした。ライフワークとなっている滝行も夏に21日行(般若心経21巻あげる)、そして今の100日行も残り20日となってしまいました。20日後には本格的にスーパーな人間が誕生することでしょう。今もエネルギーがマグマのようにぐつぐつ煮えたぎっているのがわかります。満行が本当に楽しみです。おそらく100日間毎日滝に打たれて、肉、酒、性を断って日常生活を送っている人間なんて、日本全国1億3千万人の中に何人くらいいるでしょうか。1000人もいないのではないかと思います。もちろん「修行」と言うことになると、もっと厳しいことをしている人もいるでしょうが、一般の社会生活と両立している人はずっと少ないでしょう。そんな少ない中の一人であることに、改めて感謝できるのです。ちなみに100日目には「24時間行」を敢行しようと思っています。24時間行とは、、、


・4月20日午前0時に不入道で一回目の滝に打たれる
・その後、お堂にこもり、般若心経をあげ続ける
・約三時間に一回、滝に入り、24時間で合計7回入る
・滝の水だけ飲んで、後は飲まず食わず眠らず(もちろん横にもならず)
・ロウソクの炎、線香は絶やさず、お堂では般若心経をあげ続ける(1000巻を目標)
・4月21日の午前0時をもって24時間行終了
・4月21日は休息を取り、4月22日朝の畑観音で滝に打たれて、晴れて100日行満行
(実際に終わるのは102日目の朝になります)


 まるで即身成仏ですが、私の導師はかつて1000日行をやった時、最後の10日間でこんなのをやったそうなのです。そして最後の3日は本当に不眠不臥不食不飲で「死」を意識する程だったそうです。そうなるといつも眠っている細胞(潜在能力)が動き出し、2キロ先の歩いている人の枯葉を踏む音でどんな人か分かるほどになったそうです。私もそうなりたいわけではないのですが、「24時間」だけでもやってみて、どういうものかの感覚をつかんでみたいとは思います。だから何?・・・と言われるかもしれませんが、「経験した」という事実を得るだけでも私の中では価値があるのです。24時間の間にどんな神秘体験をするかもわかりませんが、何も考えずに最後の行を楽しんでみたいと思います。一見、とても危険な行為のように思うかもしれませんが、不入道は人の出入りも多いので、何かあっても大事にはならないと思います。それに私は守護霊さんから「守られている」ので心配はないでしょう。ただ、その日だけ急激にすると身体に負荷がかかりますので、3日前から半断食状態にしてのぞむ必要があるでしょう。これも経験、経験です。

 てなわけで、100日行も残り「21日行」分となり、いよいよカウントダウンです。本当に、本当に新たな自分へと脱皮していきますので、このブログを読んで頂いている方々、そして日頃からお世話になっている仲間の皆さんも、最後まで見守って頂き、満行後の私の姿を楽しみにしてみて下さいね。一緒に100日行をやっている皆さんも最後まで気を抜かずに頑張りましょう!!

ありがとうございます(ブログランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
by katamich | 2006-04-01 23:59 | ■日一日