春を浴びる 2006.3.23

 春分の日が過ぎて、なんだか本当に季節が変わった気がします。いろんなものが、むくむくむくと目を出して「おはよう」してる感じですね。私は日本が大好きです。四つの季節をこんなに特徴的に楽しめる国って珍しいのだと思います。多くの国は2つか3つしか季節がなかったり、また、季節の日数が極端に違っていたり。北欧なんてそうですよね。でも、日本は四つの季節がほぼ均等に与えられていて、季節ごとの楽しみもあります。私は個人的には今の季節が一番好きです。ポカポカして、それでいて暑苦しくもなく空気が澄んでいて。そんな日本に生まれたことにとても感謝しています。

 今日は一日、人と会わずに家で仕事をしていました。早くしっかりと稼いで自分の事務所なんかを持ちたいものです。簡単なミーティングもできて、一日充実した時などは缶ビールをプシュッとできて。そして一日に感謝。先日、仕事仲間と話をしてる時もそんな話になりました。その方(♀)はアーティスティックな仕事などいろいろしてるのですが、早く稼いで自分の事務所(サロン)を持ちたいそうです。いろんな人が出入りして、楽しく語らって、なぜか「温熱ハーブ浴」も購入して、癒しの事務所(サロン)にしたいそうです。そんなことを語り合ってるのって本当に楽しいです。「夢」がいくらでも膨らみますし、現に私もその方も、そういう状況に向かって「今」を生きています。そしてそんなことが語り合える今の環境と自分にも感謝なのです。

 夕方、ちょっと外に出てみました。最近、運動不足だったのもありウォーキングとまでは行きませんが、簡単に散歩をしてみました。やはり気持ちがいいものです。今の季節というのもあるのでしょう。すれ違う人々、犬など明らかに心がにこにこしています。私もにこにこしてしまいます。そして久々に夕暮れのお日様を見ました。地球が生まれたのが46億年前で太陽はもっと昔。少なくとも46億年間はこうやって夕暮れと、そして日の出を繰り返してるんだな~。そしてインドでもアメリカでも南極でも世界中のどこでも同じお日様を見てるんだな~。ちょっと昔の縄文時代の人たちも、もしかしたらムーとかアトランティスの時代の人たちも同じお日様を見ていたんだな~とか思うと、なんだか胸がジーンときてしまいました。そうそう、お釈迦様も同じお日様を見てたんですよね。

 宇宙や太陽のことを考えると、私という存在はとても小さな存在だな~。そしていろんな存在の中で私という存在があり、逆にこの世に私という存在がなければ「私がいる今」という世の中もないだな~とか思ったりして。私などちっぽけな存在だ、なんて思う人もいるでしょうが、そのちっぽけな存在があるからこそ、「ちっぽけな存在を認めてくれる世の中」があるんだろうな~とか一人哲学してたりして。
 
 いろいろ難しく考えるのは楽しいから考えているのですが、一方で単純に春のエネルギーを全身に浴びて生かせてもらっていることに心の底から感謝できている自分がいます。そして毎朝毎朝滝に打たれて入れるこの幸せ。しつこいようですが感謝する以外に言葉がないんです。明日もまた感謝できる一日でありますように。ありがとうございます。

b0002156_7295927.jpg


春のクリックにご協力お願いしま~す(ブログランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。
Commented by みお~な at 2006-03-24 09:44 x
春うらら・・・な感じが伝わって来て、私まで心地良い風を感じさせていただきました。
ありがとうございます。

今、宇宙の摂理に沿った暦と言われるマヤの“13の月の暦”にハマっていますが、私もそのおかげで何を見ても“宇宙の中の私”を感じられるようになりました。

最近忘れられつつある感覚だと思いますが、日本人には古来より木や花や虫などの自然やお天道様など、すべての生命に神の存在を信じる意識が宿っていますよね。

私も日本人で良かったなぁ!!と思っています。

そしてこれからもそんな心を大事にしていきたいと思います。

Commented by katamich at 2006-03-24 17:37
■みお~なさん!
「13の月の暦」、なるほど!!
最近、妙にエネルギーが変わったと感じたのは、季節の変わり目だからと言うわけではないのですね。それにしても本当に日本は素晴らしいと思います。
最近、ブログの読者の方とお会いする機会が増えているので、今年はみお~なさんともお会いできそうですね。鹿児島なんてすぐ近くですしね。
by katamich | 2006-03-23 23:59 | ■日一日 | Comments(2)