情報と潜在意識 2006.3.2

 連日、花粉の話ばかりですが、昨日の夜、「鼻うがい」なるものを試してみて、こんなに気分がいいものかと衝撃でした。CMなどで鼻と口の間の管のネバネバを写していて、食事中の人はさぞやな気分だろうな~と思いながらも、私のもあんなにネバネバしているのかと思うと、恐ろしくなります。でも、「鼻うがい」でそのネバネバが流されたと思うととても爽快な気分になります。この春、「鼻うがい」を極めてみたいと思います。

 ところで、こういう環境になって久しいのですが、どういう環境かというと、「インターネットが日常」という環境です。ブログやミクシィ、スカイプなどを通して、時間や空間に左右されずにいろんな人と交流できています。毎朝の早朝コーチングなどは、現在レギュラーの9人中7人が顔を知らない方です。インターネットがなければ知り合うことは不可能でした。そしてなぜか「すごいペンダント」も多くの方にお求め頂き、たくさんのビックリ体験を報告してもらっているのですが、そのような方々にお譲りできているのもインターネットがあったからです。ミクシィなどでも、共通の価値観の人とすぐに共鳴できたりします。そういうことを考えると、「必然」という言葉を思い出してしまいます。これらの出会いは偶然ではなかったのです。

 人は「潜在意識」でつながっているといいます。世界中の人、誰一人そのつながりから外れることなくつながっています。イメージとしては氷山の一角のような意識(顕在意識)が出ていて、水面下の巨大な氷塊でつながっているのです。「予知夢」や「虫の知らせ」の類もこの潜在意識を通して、知らせてくれているのです。私も祖母が亡くなった日、アパートの隣部屋で飲んでいたのですが、ふと何かを取りに部屋に戻ると突然電話が鳴りました(当時は携帯はありません)。その瞬間、「おばあちゃん死んだな」とよぎり、電話を出ると本当にその知らせでした。なので驚きもなかったのです。ただ、私の場合、こういうケースは特殊で、大抵が起こった後、出会った後に、「それは必然だった」と思うようになるのです。その都度、その都度、「これはシンクロだ!」なんて思うと、疲れちゃいますしね(笑)。

 そこで「情報」の話になるのですが、インターネットに代表される「情報社会」ってのは、そのまま「潜在意識」の世界のようにも思えてきます。この私のブログを見つけ、何かに共鳴したり、メール交換をしたり、実際にお話することはまさしく「潜在意識」の力だと思います。「今日考えていたことが、ちょうど『宇宙となかよし』に書かれたあった」なんて報告は頻繁に聞きます。まさしく「潜在意識」の世界ですね。というより、「潜在意識」の世界を「情報」の力が進化させているようです。私のブログを見つけてブックマークするのもされるのも「潜在意識」の働きによる「必然」なんでしょうね。

 ところで、以前、ブログ上で以下のような記事を書きました(あえてリンクは貼りません)。



 「実は先週の土曜日、夜中にうなされたそうです。近くに寝ていたツレから驚いて起こされたのですが、これを解読してもらいました。起こされたときは「何かあったん?」と答えすぐに寝たそうですが、直前に見た夢は覚えています。侍から刀を向けられ切られる夢でした。
 解読者の話によると、これは「前世」が関係してるとこと。ある時期の前世で、今の茨城県において私は地主だったのですが、信じた人に裏切られ財産をとられ殺されたようなのです。その殺した人が刀を向けた侍です。その日、滝に打たれたせいか、精神が研ぎ澄まされ、前世の記憶が出たのだそうです。その日と翌日は原因不明の腰痛を感じたのですが、切られたときの体の記憶が蘇ったのだそうです。
 次の話が重要です。では、私を切った人は今転生しているのでしょうか。していません。しかし、その時の私の家族は今転生して、どこかにいるそうです。それも3人。近々、その3人と運命的な出会いをするそうです。3人は私の前世が殺されて非常な苦労をしたそうで、潜在意識として私に会いたがっており、それ以上に私も残った家族に会いたがっているようです。それはビジネスパートナーかなんかで、大切な人間関係を築くようです。」



 このうちの一人とは記事を書いた数日後にお会いでき、今でも交流は続いています。時々ですが会いに行くと、とても嬉しそうな顔をされます。初めて会ったときは泣き出されましたけど。そして3人のうちの二人目がついに判明しました。その方は私のブログをある時期から読んでいらして、毎日読まずにいられない中毒状態にあるそうなんです(笑)。今まではその方との直接的な面識はなく、私の知人の知人という関係でした。実は来週には共通の知人と一緒にリアルにお会いするようになっており、今日もメール交換などしていたのですが、確かに妙なシンクロニシティがあるのです。なぜそんなことがわかったのかと言うと、例によってこの方に聞いたのです。でもその前にも、二人目の方本人が共通の知人をに対して同じことを言っていたようです。共通の知人からその本人のことは聞いているので、警戒はしていませんが、お話しすることで何かが動きそうな予感です。

 残された三人のうち一人目は偶然(必然)の出会いで、二人目のその方はいずれは会うことになっていたのでしょうが、直接的にはこのブログがきっかけでした。そういう意味で、ブログ(インターネット)は潜在意識の世界を浮き彫りにするツールなんだと思っています。インターネットはスピリチュアルです。三人目は、、、まだお会いしていませんが、いずれ会うことになろうかと思います。ちなみに二人目の方とは、別の前世でも関わりがあり、特にインド~チベット方面で深かったそうです。

 前世で残された三人というのは一つのケースではあるのですが、実のところ、今関わっているほとんど全ての人は、前世でもなんらかの形で関わりがあったと考えるのが妥当なようです。過去未来世の中てそんなに広くもなく、この世で会っているということは、別の世でも会っており、逆に会わない人とはとことん会わないのです。まあ、狭い世界だと思っていいようですね。

クリックするのも潜在意識の働き・・・(ブログランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。 
by katamich | 2006-03-02 23:38 | ■精神世界 | Comments(0)