ニューオリンズとともにジャズコンサート 2006.1.24

 今日の夜は久々にジャズを聞きに行ってきました。と言っても、いつものようなライブハウスではなく、クラシックなどが中心に催される「アクロス福岡」でのコンサートライブでした。個人的にはジャズはライブハウスで狭苦しく聴くものだと思っているのですが、今日はなんと言ってもメンバーが凄いので行ってきました。コンサートのスケジュールは以下です。

・九州大学ワンナイトオーケストラ
・田口悌治カルテット
・内田浩誠トリオwith本田しのぶ&西村和真
・辛島文雄グループ
・山下洋輔ソロ
・トリプル・ピアノ(辛島文雄、内田浩誠、岩崎大輔)
・とびうめオールスターズwith伊藤君子
・日野皓正スペシャルバンド


 どうです。この顔ぶれ。本当に早々たる顔ぶれです。ジャズを知る人はよだれモノでしょう。これがなんと4,000~5,000円で聴けてしまったのです。普通、山下洋輔だけでもこれ位は取るのでしょうが、6時半から10時半近くまで4時間ぶっ通しでこんだけの値段。顔ぶれが凄すぎて大味の食傷気味になることも予想できたのですが、結果、超大満足の4時間でした。そしてあのアクロスが満席になってしまって、私は3階席の一番遠くに座ることになったのですが、それでも大満足でした。時間かかりそうですが、一グループごとにレビューをしてみたいと思います。


・九州大学ワンナイトオーケストラ

 字のごとく九州大学のジャズ部の選抜メンバーなんでしょうか。ガーシュインの「バンドよはりきれ!(変な邦題)」の元気いっぱいの演奏でした。ソロをとっていたテナーは上手でした。学生も上手いですね。


・田口悌治カルテット:田口悌治(G)、工藤隆(P)、丹羽肇(B)、菅原高志(D)

 福岡が誇る実力派のカルテットです。何度かライブにも接しましたが、地方にこんな実力のあるバンドがいるなんて不思議な位です。今日はカルテットの新しいアルバムから田口さんのオリジナルとスタンダードを演奏しましたが、素晴らしいプレイでした。どちらかと言うと玄人向けの演奏だと思いますが、レベルはめちゃくちゃ高いですよ。田口さんのギターは何度も聞いたことがありますが、スイングからフリーっぽいのまで何でも弾きます。なにをやっても素晴らしいです。
b0002156_0502851.jpg


・内田浩誠トリオwith本田しのぶ&西村和真:内田浩誠(P)、小車洋行(B)、藤山英一郎(D)、本田しのぶ(V)、西村和真(V)

 これも福岡ではお馴染みの内田さんのトリオに2人のボーカルが入りました。内田さんも何度も聴いていますが、いつもはリラックスした雰囲気で楽しく弾いているのですが、さすがに今日は本気モードでした。そして本気モードの内田さんは本当に凄い。突然、ニューヨークの雰囲気になりました。多分、カーネギーホールなんかでジャズを聴くとこんな感じなのかな~と思いました。どちらかと言うと重厚だけど粒のはっきりした音がホールになり響きました。藤山さんも今や東京で大活躍中。ボーカルも素晴らしかったです。


・辛島文雄グループ:辛島文雄(P)、山村隆一(B)、原田迅明(D)

 早くも出ました。これ聴いて帰っても元は取れます。ちょうど昨日、辛島さんの新譜を買ったばかりで、そこから2曲。ホールで聴いても辛島さんは辛島さんだな~。オーラがびしばし伝わってきます。力が完全に抜け切ったような姿勢で弾く辛島さんのスタイルから、とんでもない音が飛び出して来ます。力学的に効率的っぽい。先が読めなくてハラハラするアドリブ構成。レコードで聴いても素晴らしいのですが、とにかくライブです。山村さんも九州から東京で大活躍中。ドラムの迅明さんは本職お医者さんで、いつもは共演者を選ばないのですが、格下の相手だとちょっとうるさく感じるのが、辛島さんクラスだと最高にプッシュします。世界に出ても通用する腕前なのに医者してるなんてもったいない。もう大満足。この後、15分間の休憩。
b0002156_0504212.jpg


・山下洋輔ソロ

 実は福岡に馴染み深い、お馴染み山下洋輔です。かつてはフリージャズの山下が、近頃はマルチなミュージシャンとして活躍中、なんて言ったら陳腐ですかね。一曲目に「ラウンド・ミッドナイト」。この時間が永遠に続けと思いました。二曲目はニューオリンズにちなんでマーチ風のオリジナル。え!!こんな演奏が聴けるなんて、と思いました。詳しくは山下さんの新譜を聴けばわかるでしょうが、トラディショナルなイデオムを中心にジャズの歴史を再現するような演奏でした。こんなのができるのって、やっぱり山下さんしかいないのかな~。3曲目は十八番となっているラベルのボレロ。大歓声でした。実は私は学生時代に山下さんと2度も競演したことがあり(オーケストラで)、さらに山下さんのエッセイに私のことが書かれているそうなんです。読んではいないのですが、前にライブハウスで偶然お会いした時に、そう言われました。私っていい経験してるな~(自慢)。


・トリプル・ピアノ:辛島文雄、内田浩誠、岩崎大輔

 すげ~面子。中央に辛島さん、左に内田さん、右に岩崎さんの並びで、当然、辛島さんがメインっぽいのですが、曲のきっかけは内田さんが出していたようです。この3方、同じ楽器なのに様子がまったく違います。文章では表現しにくいのですが、目を瞑っても誰が弾いているのかわります。鋭角的なのが辛島さん、黒っぽいのが内田さん、光ってるのが岩崎さん。こんな表現しかできなくてすいません。2曲目に「枯葉」をやったのですが、お馴染みの曲だけに3人のスタイルの違いがよくわかりました。内田さんのソロの時は、岩崎さんがブロックコードでコンピング、そして辛島さんは左手でベースライン。面白い。次に岩崎さんがソロを取るとまた世界が変わってしまい(フレーズがそのまま歌)、そして辛島さんのソロ。緊張感が漲り、内田さんはしばし手を止めて様子を伺っている一方で岩崎さんは相変わらずブロックコード。辛島さんがゆっくりとアドリブを展開し始め、徐々に他の2人も絡みついてきます。ゾクゾクしました。トリプル・ピアノだと盛り上がるとめちゃくちゃになりそうな雰囲気なんですが、そこは辛島さんがいるからなのか、3人が「オレオレ」にならずしっかりしたアンサンブルでした。もう一度聴きたいところです。


・とびうめオールスターズwith伊藤君子:岩崎大輔(P)、田部俊彦(Sax)、井島正雄(B)、ヤス岡山(D)、伊藤君子(V)

 北九州のメンバーが中心。田部さんは10年以上前から知ってるのですが、私が最初聞いた頃はパーカースタイルからテナーに持ち替えて、デクスター・ゴードンを研究中のようなハードバッパーだったのが、今ではフリーキーなイデオムも消化しているスケールの大きなミュージシャンになっていました。一緒に狂えるサックスは最高です。伊藤君子さんは歌もトークも最高。


・日野皓正スペシャルバンド:日野皓正(Tp)、内田浩誠(P)、山村隆一(B)、田口悌治(G)、田部俊彦(Sax)、藤山英一郎(D)、原田迅明(D)

 プログラムには記されていない迅明さんがツインドラムで登場。多分、日野さんから命令されたのだろう(笑)。いきなり、藤山‐原田のドラムバトル。こうやって聴くと迅明さんがいかに凄いドラマーなのかわかります。うねうねうね~な感じの藤山さんのドラムに、鋭くプッシュをかけていて、東京の第一線のドラマーにむしろ胸を貸しているような場面もありました。長いけど決して飽きさせないドラムバトルに突然、鋭い光線が。ステージ脇から日野さんがトランペットを吹きながら登場します。フリーキーに鳴り響かせ超アップテンポの「オールブルース」に移行します。田部さんのソロからですが、モーダル、そしてフリーで一気に駆け抜けます。田口さんのソロの後、内田さんのピアノソロ。え!!内田さんってこんなにモードできるの?!と失礼ながら思ってしまいました。マッコイ・タイナーばりじゃんって。山村さんの空間を生かしたソロもすげえって。日野皓正はソロしてない時はタップを踏んでいました。2曲目は打って変わってスローテンポなナンバー(曲名忘れた)。スローなのにがちがちの緊張感。息をする暇さえありませんでした。超豪華なプレイが終わった時は、終了予定の10時を過ぎていました。
b0002156_0505623.jpg

 アンコールをかける暇もなく、ステージ上に出演者が全員あがって、曲は「聖者の行進」。学生バンドが伴奏し、それぞれがソロを回します。伊藤君子に対しては日野皓正のスキャットで対抗。エラ&サッチモか。ピアノは当然一台しかステージにないので、入れ替わりで順番にソロをとります。岩崎さん、内田さん、、、しばらくして辛島文雄が登場。辛島さんのソロの時、不覚にも泣いてしまいました。そしてまたしばらくすると、岩崎さんに引きつられるように山下洋輔の登場。そしてまた不覚にも泣いてしまいました。日野さんのトランペットがアクロスいっぱいに鳴り響き場内大盛り上がり。

 ものすごいコンサートでした。満員電車を降りるように会場から出るのですが、知り合いのジャズファンに会ったり、会社員時代に世話になった先生に会ったりで余韻に浸る暇さえありませんでした。いよいよ外に出ると、出演者が募金箱を持って送り出してくれています。今回のコンサートはニューオリンズへのチャリティでもあるのです。強面の辛島さんが募金箱を持っている姿にちょっと笑えました。思わず募金箱に1,000円も入れちゃいました。

 素晴らしい夜でした。

(中央の光っているのが辛島文雄、右隣が伊藤君子、その右が岩崎大輔)
b0002156_0501059.jpg


チャリティクリックをお願いします(ブログランキング)
Commented by jinmeiproject at 2006-01-26 10:33 x
jinmeiです。すごいレポートありがとうございます。3階からはああいう風に見えていたんですね。なかなかいいですね。本当にいいコンサートでした。音楽やっててよかった。ニューオリンズの人たち、がんばって!!
Commented by おっぺ at 2006-01-26 11:04 x
すごい!
2ドラム、3ピアノというのもすごい!
Commented by katamich at 2006-01-26 12:57
>jinmeiさん
おお!
コメントありがとうございます!
ほんとはもっと近くで見たかったのですが、チケットを買うのが遅れてしまって。でも、あれはあれでとても良かったです。またライブに寄せてもらいますね。ではでは。

>おっぺさん
本当に凄かったですよ~
特に3ピアノなんてなかなか聴く機会なですから。
by katamich | 2006-01-24 23:59 | ■音楽 | Comments(3)