宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

電話三昧 2005.12.22

 今朝は先方の都合でコーチングが中止になったので、割と夜更かししてしまい、起きるのもその分遅くなってしまいました。起きると道路が凍っています。でも今日は滝行に行ってきました。しかし滝場も完全に凍っています。雪も溶けていません。そんな中で行をするのははっきり言ってクレイジーですよね。そのクレイジーですが、、、すいません、今日はちょっと挫けました。作法を済ませて「えい!」と入って行ったのですが、周囲が凍っているだけに、水がとんでもなく冷たいのです。滝の中で「六根清浄、六根清浄・・・」と何度も繰り返したのですが、「息」が出来なくなってきたのです。一度、滝から出ました。再び入り、「六根清浄、六根清浄・・・」と繰り返して、体制を整えてお経に入るのですが、またも、「息」が出来なくなったのです。息苦しさではなく、呼吸ができないという苦しさです。リアルに水の中か、宇宙空間にいるような苦しさです。ですので今日は、導師もいないし、周囲の人もいないし、身の危険があってはいけないということで、いつもよりもメニューを大幅に削って出てしまいました。それでは出た後は、体が真っ赤です。ちょっと悔しいので明日も滝行に行ってみたいと思います。

 そう言えば、今日は一日中、「電話」をしていたような日でした。思い出す限りでどんな電話だったかと言うと、細々したのを除いたとして、、、

【ツレ】
 朝、8時にいきなりの電話です。飼っていた「インコ」が死んだという報告です。天命を全うしました。近頃、苦しそうだったので心配だったらしいのですが、今朝はいよいよ苦しそうで、手のひらに乗せて撫でてあげたら、間もなく、カクンとなって死んだそうなのです。生き物すべてに寿命があるので、これだけは抗えない運命です。ただ、愛する飼い主の手のひらで死ねたのは、本望だったのでは、と思います。飼われている生き物って、それ自体が不幸と言う人もいますけど、自然の中でひっそりと死ぬよりも、飼い主による「愛の波動」を受けながら死ぬ方が幸せと思うこともあります。少なくとも自然のまま死ぬよりも、飼い主という人間に「無限の愛」を授けたという点で、よい行いをしているはずです。生まれ変わりのレベルで言うと、とてもよい「徳」を積んで死んでいったのではないでしょうか。それにしても、飼い主に見届けられるまで必死で頑張って生きていたと考えると、なんとも健気なインコではありませんか。をんあぼきゃべいろしゃのうまかぼたらまにはんどばじんばらはらばりたやうん、、、なんて光明真言をあげ始めると、ツレから「しゃ~しい!!」と言われるのですけどね。。。


【ブログの読者1】
 ペンダントについての問い合わせでした。他にもいろいろとお話もさせて頂きました。


【ブログの読者2】
 加賀田晃さんのDVDに関するお問い合わせでした。営業とか、コミュニケーションとかいろいろなお話もさせて頂きました。近頃、メールだけでなく、電話もブログの読者の方とお話することが多くなってきました。
 

【ビジネス友達】
 私よりもずっと若いビジネス友達なんですが、いろいろとハードルにあたっているようで、お話をさせて頂きました。途中、簡単なコーチングをしたりもしましたが、最終的な私の提案はいつもの通り。なんにでも「感謝」して過ごすこと。不満の波動を出さないこと。親、その親、その親・・・と先祖5代くらいまではきちんと感謝して生活すること。そんなことを真顔で言ってしまいました。。。後は、掃除、笑い、感謝の「そわかの法則」です。素直に受けれてもらえたようです。大丈夫。


【おかん】
 久々に電話です。別にたいした話ではありません。日記読んでるけど、コーチングって何?とか。自分で調べろと言ってやりました。ペンダントって何や、つけてたら金貯まるんか?って貯まるわけないやろ!何考えてんねん!って言ってやりました。満月に年末ジャンボかざしたから、一億円当たったらすこし分けたるさかいに、ってアホか!って言ってやりました。他にもどうでもいいことばかりでしたので、忘れました。


【昔の塾の生徒】
 私が塾の講師(国語)をしている時の生徒です。当時中三で今は大学生。名前はヨーイチ。辛いことがあったから聞いてくれという内容でした。どうやら自分の好きな女の子が風俗で働いており、しかも風俗雑誌で発見てしまったのだとか。ずっとずっと好きだった女の子だったようで、一緒に旅行に行ったりもする仲でありながら、プラトニックを貫いていたそうです。ヨーイチは前にも付き合っていた女の子が援助交際していたり、歳いった人妻と無理やり不倫させられたり、はっきり言って世間一般的な「女運」は乏しいようです。それにしても今回はものすごく好きだっただけに、ショックも大きかったようです。ショックすぎて笑いが止まらないと言っていました。「お前がそういう波動を出しているからや!」と言い、「どっかでお祓いしてもらえ!」とアドバイスしてあげました。でも、とっさにいいアドバイスが浮かびました。「『あいのり』に出ろ!」ということです。「お前には『あいのり』しか救われる道はない!」と断言しました。すると、今から応募用紙に記入すると言っていました。「一週間後に電話したとき、応募してなかったら、一生縁を切るからな!」と優しいアドバイスをしてあげました。これもコーチングです(?)。ちなみにそいつは作曲のコンクールで優勝するなど、音楽の才能もあり、そもそも、キャラがものすごく濃いので完全に「あいのり」向けです。「女運」が悪いので「真実の愛」を探しに来たという目的ですね。もしかしたら数ヵ月後には「ピアニカ」を持ったキャラの濃い20歳の男が登場するかもしれません。その時は今日のブログを思い出してくださいね。

 そういうところです。ありがとうございました。

ランキング一位になりました。ありがとうございます(ブログランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。

(かわいい)
b0002156_7154314.jpg

by katamich | 2005-12-22 23:03 | ■日一日
ブログトップ | ログイン