「のだめカンタービレ」一気読み 2005.12.6

 4時50分起床。早朝コーチングを2件です。2件目の方は今日が初めてでした。妙に盛り上がってしまって、いいのかな、と思いました(笑)。私の早朝コーチングも一ヶ月を過ぎましたが、小さいながらも「実現」の報告を頂いております。効果的な質問が出来れば、クライアントの方の潜在意識にまで届くようで、それが実現へと結びつくのでしょうか。コーチングで大切なのは、「聞く」「承認する」そして「質問する」の流れです。それぞれに奥深いスキルがあるのですが、何よりも「質問する」ことでコーチの資質が問われてくるような気がします。いかにして潜在意識に届く質問が出来るかが、私の一番の関心事です。

 ところで今日はさしたる用事もなかったので、先日、知人から借りていた「のだめカンタービレ(現在13巻)」を一気に読みました。音楽(クラシック)好きにはたまらないお話です。話として音楽大学を舞台として、千秋という指揮者を目指す完璧青年(♂)と「のだめ」という腐女子風の天才ピアニストを取り巻くコミカルなストーリーです。どちらかというとギャグ漫画に近い気もしますが、音楽好きのツボをつくような描写が満載で、とても楽しめました。特に、ラフマニノフのピアノ協奏曲、ベートーベンの交響曲、モーツァルトのオーボエ協奏曲、ガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルーなどなど、知ってる曲が次々と登場し、その描写力にはドキドキ、ワクワクしてしまいます。

 メインの登場人物としては、ヒーローの千秋は指揮者を目指しながら、ピアノからヴァイオリンから完璧にこなし、その上お金持ちで男前という非の打ち所のない青年ですが、ヒロインの「のだめ」はムラはあるものの、ピアノを弾かせたら天才的な腕前を発揮するく少女(?)です。ただ、のだめに関しては、ピアノ以外は何もできないいわゆる「腐女子」で、衛生観念なし、情緒不安定と今風に言うとADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ女です。ただし、作品上はとても可愛く描かれており、そんな「のだめ」に親近感を抱く人も多いのではないでしょうか。確かに可愛くて才能があれば、腐女子でも絶対的に許せるものです。不細工で才能のない腐女子はどうしようもないですが(前の会社にいたな~、そんな人)。。。ただ、、千秋のファンの女性にしてみれば、千秋と半同棲状態の「のだめ」に妙な嫉妬心を持つかもれませんね。個人的には、お友達になりたいタイプですけどね。

 とにかくまあ、久しぶりに新しい漫画を読んだのですが、とても面白かったです。13巻まで読んだのですが、まだ続きがあるようですので、出たらまた借りたいと思います(笑)。よろしくね~。

寒くなりましたね~、クリックをお願いします(ブログランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。

(腐女子の生態)
b0002156_1143749.jpg

(まだ許せる??けどびみょ~)
b0002156_1151741.jpg

by katamich | 2005-12-06 23:30 | ■読書・書評