とにかくシンクロ 2005.11.30

 4時50分起床。昨日、寝坊してしまってできなかった方へのコーチングです。今日は何だか私の話を聞いてもらったり、どっちがコーチだか分からないようなのが前半。後半はとても面白い話をされていました。「守秘義務」があるので公にはできないことなんですが、ちょっと神秘的な話で、話を聞きながら背筋がゾクッとしました。妙に温かいゾクッでしたが。ちょっとだけ言うと、その方ミーシャの「Everything」を聴いているときの神秘体験だったそうです。実はその時には言わなかったのですが、ちょうどコーチングの数時間前(寝る前)には同じ曲を聴いていたのです。パソコンに入っている数少ない音源だったもので。そんなこともあって、一人でゾクゾクしてました。どんなコーチングじゃ、って感じですけどね(笑)。

 そしてその後はすぐに滝行に出かけました。先週よりも寒くなっていました。今年初めてダウンを着て出かけました。いよいよ、本格的な滝行やな~って感じです。でも、実は今日はさほど苦しさを感じませんでした。先週の滝行があまりにも苦しかったため、今日はちょっとした工夫をしてみました。それは「呼吸」です。滝に入ると皮膚が収縮するので、おそらく皮膚呼吸に支障がきたされ、最初は冷たさと息苦しさでズキンときます。変な言い方ですが、股間から臍の下(丹田)にかけて、ぶるぶるっときます。でも今日は滝の中でもゆっくりと呼吸を取ることを意識してお経をあげました。する逆に温かさを感じ、なんともありませんでした。むしろ気持ちよかったです。ちょっとはコツをつかんだかな。次回が楽しみです。

 ところで先週の同じ篠栗での滝行のとき、こういう写真を取りましたよね。
b0002156_193472.jpg

 この写真をみた導師が、「頭に頭巾(ときん)をつけている」と言うのです。頭巾(ときん)って言うのは修験や山伏が頭につけるこんなやつです。
b0002156_1121771.jpg

 確かに額には黒くて丸いのが付いており、光のような白いひもが見えます。単純に髪の毛と光だと思ったのですが、導師はこの写真を見て「英彦山の行者」を霊視したそうです。すぐに写真の主に聞いてみたところ、その方の曽祖父のお墓がまさしく英彦山にあるのだそうです。ただ、ごちゃごちゃになってどこにあるのか分からないのだと言っていました。そしてその数日前は私が英彦山に言ったばかりでした。この世の中に偶然はないとすると、ちょっと辻褄が合います。私が英彦山に行ったこと、私が撮った写真に対して導師が英彦山の行者を霊視したこと、写真の方の亡き曽祖父の墓が英彦山にあって行方知れずとなっていること。おそらく私をメッセンジャーとして、写真の方にその曽祖父が「墓参りに来い」と告げたのかもしれません。そう考えると、写真の頭巾(ときん)はただの髪の毛と光ではないのかもしれませんね。

 そんなことで朝っぱらからいろんなシンクロがあったり、神秘的な話があったり、私の周りには不思議がいっぱいです。そうそう、先日、最近知り合った女の子が私の知人から「前世」を見てもらった話をしましたが(ここ)、その後、私個人的にその女の子との前世での関係を聞いてみたところ、確かに会っていたそうです。それも私は人間だったのですが、その人は「妖精」かなんかで。思えば知り合ったきっかけは、その人がミクシィという巨大サイトで私を見つけたのが始まりでした。ピンときてメールをしたそうなのですが、今思えば「妖精」の勘だったのかもしれません。そして私の方も、「貴女は人間じゃない」と思ったり、実際に本人に向かって口にも出したりしていました。そんなことを前世を見た友人は知りません。

 あと、最近よく会っているこの人とも前世とのつながりがあったそうです。中世ヨーロッパで私が貴族のお金持ち、この方はそこに出入りする宮廷音楽家だったそうです。この人との出会いも私から出した一本のメールが始まりでした。「ブライアン・トレーシー」という成功哲学のブログをたまたま見つけて、興味を持ってメールしたところ、その頃は東京にいたのが、すでに福岡に来ることが決まっていました。で、今では大切な仲間です。

 考えてみると、世界に何億と人口があるのに、数少ない偶然(必然)でこうやって出会っているのは、きっと今世に始まったことではないんでしょうね。それは親兄弟、恋人、夫婦、友人、師弟、、、出会っている人の全てにおいてどこかの時代のどこかの場所で関わりがあったのでしょう。それがムーやアトランティスの時代でもあり、また、宇宙でもあり、また人間以外の存在であったり。。。

 そうやっていろいろなシンクロを日々経験しながら、生きています。そして明日から12月です。怒涛の2005年最後の月です。何だか感慨深いのですが、最後の最後まで何かが起こりそうな予感がします。きっと起こると思います。まだまだ目が放せない自分がいます。

結構面白いブログがたくさんありますよ(ブログランキング)

メルマガ「週刊!!『宇宙となかよし』」の登録・解除はこちらです。

(個人的には許す)
b0002156_29751.jpg

(微妙やけどかろうじて許す)
b0002156_293059.jpg

(絶対に許さん)
b0002156_210288.jpg

Commented by みっさん at 2005-12-01 01:25 x
Qさんって神々しい人なんですね。
でも、俗っぽさがミスマッチしてていい感じです。

雲は消えるとどこにいくんですか?
消えるとは「消滅」?
それとも「雲隠れ」って言葉のように隠れるんですか?
Commented by みっさん at 2005-12-01 06:30 x
しまった・・・
またみちゃった(-_-;)
Commented by katamich at 2005-12-01 06:47
またやっちゃった。。。(笑)
Commented by みっさん at 2005-12-01 09:17 x
定期演奏会でも意表をついたことしてくださいね。
大きく期待してます
Commented by katamich at 2005-12-01 18:36
定期演奏会か、、、どうしようかな。
って言うか私が登場するだけである意味目立ちますよ(笑)。
楽しみにしていてくださいね。

そうそう、雲消しですが。
消えた雲は大気中に散らばっていくのでしょう。
もともとは「水」ですので。
Commented by みっさん at 2005-12-01 18:56 x
そうなんですか?
ちょっと楽しみです(^^)のぼり作って行きますね。

そっか蒸発すんですね。
「雲隠れ」「蒸発」
人間だったら悲惨だけど、なぜか清々しいっすね
by katamich | 2005-11-30 23:48 | ■精神世界 | Comments(6)