パキスタン地震に関して 2005.10.13

 私の周りには面白いことを言う人がたくさんいるのですが、今回のパキスタンの地震に関しても、「地震兵器」の可能性があると言ってきました。あまり詳細を語ると、問題がありそうなので簡単に言うと、ここ数年の地震や台風などの大惨事はユダヤ人の「人減らし政策」の一環だという説があるようです。彼らの「選民思想」では、もはや地球上の人口キャパは超えており、彼らの種族のため(人類のため)には人口を抑制する他ないとの話です。エイズなどもその一環であり、まずは黒人や有色人種から減らしていくのだそうです。アメリカ南部のハリケーンをまさしく黒人の地域であり、スマトラ地震やパキスタン地震も同じように有色人種の削減なのだとか。

 ただ、地震や台風を起こすには条件があり、いわゆる「遺跡」などの古代史跡がない場所に限っているのだとか。確かにエジプト(ピラミッド)、南米(ナスカ、マチュピチュ)、などは今までも災害とは無縁であったように思います。そういう意味では日本も全体としては守られているらしいのですが、新潟や神戸など古い史跡のない場所は、それでも優先的にやられちゃうのだとか。逆に京都や奈良、また、吉野ヶ里がある佐賀などは比較的守られているそうです。

 まあ、眉に唾をつけて聞くほうが、無難と言えば無難なんですが、そういう話は私は嫌いではありませんし、部分的に信じることもあります。次はもしかして、中国の内陸部、蒙古、中央アジアあたりが危ないかな、、、と言って本当にそうなったら怖いですよね。。。チベットは大丈夫そうですが。

 それにしても被害の大きな、ラワールピンディ、イスラマバードは訪れたことがあるだけに、胸が痛みます。。。

 今日は新しく人と会ったり、飲みに行ったりしたのですが、今日のところはこの辺で。。。

今日は短いですが、酒飲んだ、眠いということでこの辺で。ぷちっとクリックをしてお休みなさいませ(←お休みは私だけか。。。)

b0002156_0512248.jpg

by katamich | 2005-10-13 23:34 | ■時事問題