宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

菅生の滝(すがおのたき) 2005.10.8

 5時起床。自転車で天神まで行き、そこで車に乗り合って北九州に行きました。土曜日恒例の滝行なのですが、今日は、「菅生の滝」という巨大な滝に打たれに行きました。駐車場から少し歩いて、「薬師如来」、「弘法大使」、「○○神社」、「不動明王」にそれぞれお参りして、いよいよ着替えます。まず、お不動さんにご挨拶。
b0002156_22383724.jpg

 これが「菅生の滝」です。どうです、この巨大さ。観光名所にもなっているのですが、ここを昔から知る人は、「菅生の滝には近寄ってはいけない」と語られています。それだけ、圧巻の滝であり、また、滝壺に落ちて死ぬ人も少なくなかったそうです。
b0002156_2238489.jpg

 ちょっと近寄ってみました。下の方の「Yの字」の部分で滝に打たれます。最初に女性が入ります。入っているの見えますか~?
b0002156_2239833.jpg

 本邦初公開(?)、私が「九字を切る」です。結構足元がやばいです。ちょっとバランスを崩すと、滝壺まで真っ逆さまなんですよ。
b0002156_22391625.jpg

 私です。入ってみると実はものすごく優しい滝であることが分かります。全身を優しく抱擁してくれているようで、水の勢いも決して弱くはありませんが、痛いほどに強くもありません。本当に抱かれている気分です。しかし、打たれていると確実に体力が奪われていき、滝から出るのに往生することもあります。私の前に打たれていた人は危うく滑りそうになり、フォローする人がいなかったらやばい状況であったかもしれません。私は無事に出ることができましたが、いつの間にか雨が降っていました。
b0002156_22392458.jpg

 滝場を離れ、みんなでうどんを食べてから帰るのですが、さすがにグッタリとなり、車の中で寝て、家に帰ってからも勉強しながら、いつの間にか寝ていました。。。導師曰く、「菅生一回、畑7回」なのだそうで、菅生の滝に一回入るのは、いつもの畑観音の滝に7回入るくらいの価値があるのだそうです。確かに命がけなところがあるのです。。。

 そう言えば、私が滝行を初めて一年以上になるのですが、去年の8月に初めて入り、9月はお休み、毎週行くようになったのは10月からなので、実質的には今日あたりが一周年なのかもしれません。今日の菅生の滝は一見恐ろしいのですが、本当に素晴らしい滝です。導師はここで1000日(約3年間)の行を行いました。雨の日も風の日も、もちろん台風の日もです。1000日の行が終え、いろいろな人をこの滝に入れることがあるのだそうですが、いわゆる「不良少年」なども、依頼されて連れて行ったことがあるそうです。格好は突っ張っていても、いざ、滝の前に立つと岩にしがみついて「入れません!」と泣き叫ぶこともあるそうです。「不良少年」というのはその実、内面は非常に脆いものなのでしょうね。

 とは言うものの、私にしても何度も滝に入っているようですが、毎回毎回、滝の前に立つと逃げたくなる気持ちになります。夏でも冬でもです。滝に入るのに考えては入れません。考えれば考えるほど入れなくなってしまいます。入るその一瞬は、「感情」を捨てるのが最も大切です。もちろん滝の中でもですが、入ってしまえばいわゆる恐怖はなくなります。後は冷たいとか痛いという「感情」を捨てればいいだけです。しかし、人間にとって最も厄介な「感情」こそが「恐怖」の感情なのだと思います。ですので、「入る一瞬」にこそ滝行の醍醐味があると言っても過言ではないでしょう。

 これは人生についても同じことだと思います。人間生きていると様々な「恐怖」が立ちはだかります。挫折の恐怖、失恋の恐怖、裏切られる恐怖、貧乏の恐怖、、、、様々な恐怖が立ちはだかります。しかし、その恐怖とて、本質は「感情」の一形態に過ぎません。恐怖という感情を捨てることが、人生をより豊かに楽しく過ごしていく秘訣なのだと思います。

 滝行。これは毎回、恐怖との戦いです。しかしこれは、人生全般における「恐怖」との戦いへの予行演習と言えるかもしれません。私も今、いろいろなことのチャレンジしていますが、小さな恐怖に直面することはあっても、なんだかんだ言って打ち勝てる自信がありますし、現にそうなっています。そう思えるようになったのは、この一年間、毎週、毎週、滝に入っていたこともあるのかも知れません。

 仏教(密教)は成功法則、と言った人がいますが、今まさにそれを実感します。人生において成功するためには、一つ一つの「恐怖」を払拭していくことが重要で、「行」も成功に向けた一つのトレーニングなのだと言えるでしょうか。そんなことも含めて、私は必要なものがベストのタイミングでやってくるので、昨日も言いましたが、「感謝」する以外に感情がないのが正直なところです。ありがとうございます。

ランキング一位を目指しています。ご協力お願いします。ほんのさんもきちんと押してください(笑)
by katamich | 2005-10-08 22:33 | ■滝行
ブログトップ | ログイン