「仕掛ける側」と「仕掛けられる側」 2005.10.6

 昨日の日記は自分でもわけがわかりませんでした。時々シュールになりたくなるのです。ちょっと解説しますが、「たまご」とは昨日の朝、滝行に行ったとき、一緒に行をしている女性軍から「石田さん、つるんとして卵みたいね~」と言われたのを受けたのです。別に頭部をさして「つるん」ではなく、顔全体に艶があり、「つるん」としているのだそうです。ちなみに昔↓に似ていると言われたことがあります。
b0002156_0202757.jpg

 それにしてもレイザーラモンHGの「腰痛」は大爆笑でしたね。ヤフーニュースでは約半日にわたってトップニュースになっていました。誰がトップニュースをチョイスするのかわかりませんが、とても茶目っ気のあるチョイスだと思います。ところで、
b0002156_0224560.jpg

は一体誰なのかという問い合わせを受けました。文脈的にHGに素顔なのか、と言う人もいました。これも何の脈絡もなく、「泉邦宏」というサックス奏者のサイトから取ってきた画像なのです。こちらから勝手に抜き出しています。この泉邦宏というサックス奏者は日本を代表する前衛ジャズ集団「渋さ知らズ」の元アルトサックス奏者であり、私も福岡で何度か聴いたことがあります。プロのジャズ屋、しかもアルト奏者の癖にバップフレーズをまったく吹かず(吹けず?)、はちゃめちゃのフリージャズをかますのですが、そんなことはともかく「音」そして「歌声」が素晴らしいので、密かに大好きな奏者なのです。そんな彼は、早稲田の一文を出た彼は今でもバイトをしながら、演奏活動を続けていると言うのですから、世の中面白すぎなのです。好きだな~、こういう人。笑顔も素敵だし。

 それから「新田純一」が何で「まっち」なのかというと、「似てるから」が正解。何故これが出てきたのか私にも謎(脈絡などまったくない)。以上、昨日の振り返り。

 ところで、今日も初対面の方2名(男性)とお話をしてきました。ビジネスの話なんですが、今日お会いした2名はとても素晴らしい方でした。近頃、一日に2名平均で新しい人とお話をしているのですが、正直、「合わない人」にも出会います。そんな時は時間の無駄を感じるのですが、それでも8割の方は素晴らしい人で、いろいろな学び・気づきがあります。このネットワークビジネスと言うのは、それを始める動機として大きく2つあります。一つは「楽して大金を稼ぎたい」、そしてもう一つは「自己成長しながら収入を得て、将来、起業するための資金にしたい」というものです。今日お会いした人はいずれも後者の人でした。ただし、全体的に見ると前者の人の方が圧倒的に多く、しかしながら「成功」する人はそこからは絶対に現れることはありません。

 実は20年以上変わってないデータなんですが、ネットワークビジネスをしている人の7割が「一人も紹介者を出していない」という事実があり、そして一人当たりの紹介者の平均はなんと1.2~1.7人程度と言われています。つまり、仕事としては、全然、おいしくなのです。でもなぜか、「おいしい」と感じる人が多いのですよね。最近、よく聞くビジネスに○○というのがあります。会員全員にストックオプションの権利を与え、月々、1~7万円払い続けて、会社が上場すれば破格(億単位)の収入が手に入るという一種のマネーゲームです。このビジネスにおいては、とても力のある人が孤軍奮闘しており着実に会員数を増やしているそうです。しかし、会員になっている人の多くは、「あんたこのビジネスやめた方がいいよ」と思われるような人ばかりです(孤軍奮闘している人は別ですが)。聞いた話では、その孤軍奮闘の人が手当たり次第に人を誘いまくっているのですが、その勧誘文句が「あなたは何もしないでお金さえ払っていれば、僕が代わりに組織作ってあげるからね」というものです。それを真に受けて会員になる人が多いのですが、このビジネスは20日間のクーリングオフが義務付けられています。せっかく勧誘できてもクーリングオフされては元の木阿弥です。なのでその20日以内にある程度、ドカンと組織を作ってあげるのです。そうなると、今までダウンライン(組織)を持ったことがない人は舞い上がって過大な期待を寄せてしまいます。もちろんクーリングオフなどしません。しかし、それで終わりです。後は組織が出来ずに毎月の出費だけが重なっていく仕組みです。

 正直言って「あまい考え」の人はこのビジネスはやめた方がいいのですが、そういう人がいるからこそ儲かる人がいるのも事実です。って言うか、これは何のビジネスにでも当てはまり、「仕掛けられる人」がいるからこそ「仕掛ける人」が儲かる仕組みになっているのです。世の中。しかし、万年仕掛けられる人の側に限って、「仕掛け」が分かるとすぐに腹を立てるのですが、そこでストップして何度も仕掛けられ続けるのですね。こないだちょっと書いたと思いますが、ロバート・キヨサキという人の「金持ち父さん、貧乏父さん」という本は、別にお金に対するインテリジェンスを高めたり、投資のやり方を指南するための本ではないのです。実際には「金持ち父さん」は架空の人物であり、そういうでっち上げによって物語を面白くして、最終的には1セット200ドル以上する「キャッシュフローゲーム」を買わせるのです。そう、あの本は「キャッシュフローゲーム」の宣伝媒体に過ぎないのです。なのであの本を読んで「キャッシュフローゲーム」を買った人は、見事にロバート・キヨサキの策略にはまったしまったのですよね。ちなみにロバート・キヨサキの専門は「投資」ではなく「マーケティング」であることを多くの人は知らないようです。全て河本隆行氏に聞いた情報です。

 話がそれましたが、「仕掛ける側」と「仕掛けられる側」の図式は、今のところは世の中のシステムとして、絶対的に存在しますよね。しかし、どちら側に回りたいか、、、というとほとんどが「仕掛ける側」と答えるでしょうが、多くの人は「仕掛けられる側」のまま一生を終わるのですよね。「仕掛けられたっていいじゃん、幸せならば」、、、まったくその通りです。仕掛ける側でも不幸なら何の意味もありません。でもまあ、幸せかどうかは別として、どちらが面白いかと言えば「仕掛ける側」ですよね。少なくとも私は。そうなるためには、「自分で食っていける」というのが絶対の条件だと思います。つまり「自分」というのが一つの価値ある商品となるのです。

 私などはまだまだ「仕掛けられる側」なんでしょうが、そう言いながらも近頃は、だんだんと自分の持ち味が出てきたようにも思います。かつて「私」という人物の「良さ」を知るには、長く付き合っていないと分からないと言われたことがあります。初対面やあまり知らない人にとって、「私」と言う人間はいかにも「とっつきにくい人」と思われていたそうです。しかし、ここ最近の私は「勉強」したことにより、短期間で相手に理解してもらえるようになってきたと思います。初対面の人でも「2時間」きちんと話をすれば、8割の人には評価してもらえ、そのまま付き合いも続いていくという構図になります。

 ちょっとこっ恥ずかしいのですが、最近よく「すごい人」と言われることがあります。今日なども先日お会いした女性が、その知り合いに「すごい人に会った」と伝え私が紹介されるという形を取りました。何が「すごい」のか自分では分からないのですが、総じて聞くところでは「話し方」「声」「話の内容」がすごいのだそうです。今日はおまけに「オーラ」とまで言われました(笑)。

 何だかんだ言って自分も成長しているのだな、と最近実感するようになっています。もう少しなのか、まだまだなのかわかりませんが、まあ確実に自分のキャラを確立し、「仕掛ける側」に近づいているのかなとも思います。私の夢として「40歳までに大手出版社から本を出す」というのがありましたが、近頃の加速度では「35歳」まで縮めてもいいのかな、と思ったりします。まあ、なんにせよ目標、期限を決めて「夢」に向かって努力するのは決して悪いことではないでしょう。明日もまたいろんな人と会う予定です。日々是成長ですよね。まったく(^^)

ランキング一位を目指しています。ご協力お願いします。
Commented by bananan1994 at 2005-10-08 00:36
katamichさんこんばんは(^-^)
過去の記事読んでいてビックリしたことがありました。。。
チョォ意外な所で共通点があったので。
 ↑(すんませんハイテンションなので)

katamichさんは本日福岡ミ行かれたのでしょうか?
バナナンは明日(もう今日?)新生銀行へ行って来ます~(^0^)
早起きなのに、楽しみすぎて眠れません。。。
ヤバッヤバッ(笑

意味不明な一人ごとで申し訳ないですm(__)m
Commented by katamich at 2005-10-08 01:33
なるほど、なるほど、なるほど!!!
よ~くわかります。行ってきましたよ~。
テリーにマークにディックにマック。。。
鍵を見失ったのもその帰りです(10/7参照)
どこかでお会いできそうですね。これからもよろしくお願いします。
Commented by bananan1994 at 2005-10-08 23:08
やはり行かれてましたか!
ミーハーな私は愛するエンジェル氏とツーショットしてきました。いいニホヒがしました(笑

どこかでお会いでき+ます♪←注釈)できるといいですね+できるように頑張ります=できます です(笑
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Commented by katamich at 2005-10-10 21:05
エンジェル氏って、ホームレスからミリオネアの方でしたっけ。。。違っていたかな。
福岡にも来られていたようです。
ほんと、近いうちにお会いしたいですね。きっとできますよね。ここの中枢として(笑)
では。
by katamich | 2005-10-06 23:56 | ■ビジネス・事業 | Comments(4)