宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

最近精神世界の話ばかり 2005.9.21

 今日は水曜日恒例の一の滝での滝行の後、昼は人と会い、夕方からNPOの事務所に行ってまいりました。いつもの会議の後、NPOの会員が「生の地鶏」を持ってこられたので、皆で頂きました。「生の地鶏」ですよ、生の。皮は少し炙っていますが、それ以外の身から内臓から全て生(刺身)です。新鮮でないと無理な食べ方ですが、いただいた地鶏は極上の魚の刺身のようで、とても美味しかったです。いい経験をさせてもらいました。

 今日は事務所には滝の導師や福岡大学の学生もおり、下の写真がそのワンシーンです。福大の学生が横並びに導師の話を聞いています。多分、怪しいと思ったでしょうが(笑)。
b0002156_11141055.jpg

 ところで、最近、私の周辺でいろいろな現象がつながってきています。そんな話をしていました。一つは、私はどうやら「水の神様」になんらか導かれているのではないか、と言うことです。「水の神様」とは具体的には「弁天様(弁財天・弁才天)」のことであり、インドではスラスバティといいます。以下が弁天様です。
b0002156_11145690.jpg

 この神様はインドでは河神とも呼ばれ、水は大地に豊穣をもたらすことから、日本では財産の神様、また、美しい河の音から音楽・芸能の神様となっています。ちなみに「蛇」は弁天様のお遣いであると言われています。

 その弁天様ですが、実は滝の導師は弁天様を守護神としているらしく、さらに、5月に会ったインドの占い師もどうやら弁天様と関係が深いようなのです。以下がインドの占い師(左)と私です。
b0002156_11325068.jpg

 そして思えば、2003年にスリランカに行ったのですが、昨年、津波で壊滅したと言われているゴールという町である日本人とお会いしました。その方は心理療法の専門家であり、55歳で自主的に定年し、今ではインドとバリ島を行ったり来たりして、スピリチュアルな生き方をされています。完全にベジタリアンで、毎朝、日の出前にストゥーパ(仏塔)に行き、瞑想しながら宇宙と交信されるという、いかにも怪しい人でした(笑)。ただ、浮世離れした単なる変人かと思いきや、心理学の国家資格も持ち、また、きちんと旦那も娘もおり、年に数回はバリ島などに招待するなど家族仲もいいようです。そして着実に資産運用していますので、悠々自適となっているのです。その時は、インドビザ更新のためにスリランカを訪れついでにのんびりしていたとのことです。

 私はその方と宿も一緒で2~3日お話したりして過ごしたのですが、最後に別れる時、変なことを言われました。

「あなたはもしかたらそういう世界(スピリチュアルな世界)にとっても縁があるかもしれないわよ。一目見たときからそういう波動を感じていたの。」、と。

 波動って何~?って感じですが、当時は「そういう世界」はいかにも怪しく、無縁だと思っていました。今のように滝に打たれたり、密教に関心を持ったり、ましてや肉や酒を断って修行をしたりなどは考えられませんでした。しかし、その直後から、「そういう世界の人」と頻繁に会うようになり、今ではご覧の有様です。そして、スリランカで会ったその方の名前は「スラスバティ・キミコ」さんと言います。以下が空港で一緒に撮った写真です(右がキミコさん、左が私→うお~、上のインドの写真と同じ服着ている!爆笑)。今でもインドやバリ島にいると思います。再会する日は来るでしょうか。。。いずれにせよ、私は水の神様からの導きを受けているようです。
b0002156_11452069.jpg


 ところで、先日、「お天使様とお会いする」という話を書きましたが、この「お天子様」と我々の一行を取り巻き、近日中にすごいことが起こりそうなのです。お天子様は九州のとある神社で毎年、「舞い」を披露しており、今年もそこの神主さんから来るようにお願いされていたのですが、今年はどういうわけかお断りしていたそうです。ところが、今年中のある一日に我々一行とその神社に行くことになり、我々のために「舞い」を披露してくれるようになりました。先日も書いたように、お天子様は「異次元の人」であり、3次元の感覚では理解不能な経験を数多くしているようです。

 さて、その「舞い」が実現した時、本当に「神様」が降りてくるでしょうか。ちなみに、前回、滝の一行が同じ神社に行った時は(私は欠席)、天気予報で晴れマークなのに、移動中はずっと雨、しかし、神社に着いた瞬間に雨がやみ、一同整列して「たかまがはらに・・・」と祝詞をあげ始めた瞬間、ぐらぐらぐらぐら。そうです、例の福岡沖地震の瞬間でした。そこにいた一行は誰もが「竜神様」の存在を疑わなかったそうです。

 とにかく、その一日は何かが起こりそうな予感がします、と言うか何か起こらずには終わらないでしょう。ちなみに、そのお天子様の先日の滝の写真を見ると、、、頭に「天使の輪」が乗っているというのです。私には判断できませんが、参考までに掲載しておきます。いずれにせよ、その「舞い」の日のことはきちんとレポートしますのでお楽しみに(12月のある日曜日です)。
b0002156_12245794.jpg


ランキングは現在3位です。2位の壁は高いな~。よろしくお願いします(ブログランキング)
by katamich | 2005-09-21 23:59 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン