9.11はもうすぐ 2005.9.5

 9月11日の選挙戦も佳境に入ってきたようですね。今回の選挙は実は水面下ではものすごい意味を持つようです。とにかく戦後民主主義においては自由民主党のほぼ一党体制で資本主義経済を推進してきたのが(実質的には社会主義的ですが)、今後、「さらなる資本主義推進」と「現状維持」をより分ける選挙になりそうです。前者が勝てばそれだけアメリカ型経済に近づき、弱肉強食や貧富の差の拡大につながる思います。後者が勝てば当面は何も変わらない、否、ゆっくりと悪化していくのではと思います。これは国民の選択です。私としては、とにかく「変化第一」だと思っていますので、前者を支持すると思います。郵政民営化や特殊法人解体などは表面的な事象で、本質はまさしく「資本主義の今後」にあるのでは、と思っています。

 政府の役割は国民の最小限の「生活」と「財産」の保障にあるのであって、それ以上のことは地域やNPOに委譲するべきでしょう。ましてや「既得権」なんてのを政府が保障しなければならない理屈はどこにもありません。そんなのは日本国憲法には記されていません。

 今の平和ボケした日本国民にカツを入れる上でも、更なる資本主義化は望まれることです。ただし、早晩、資本主義は解体すると思いますので(船井幸雄さん、増田敏男さんの著書などを参照)、ろうそくが消える直前の灯火としてもう少し頑張ってもらいたいとは思います。

 ところでちょっと古い話ではあるのですが、「20ドル札の予言」ってご存知ですか。知ってる人は知っていると思いますが、「20ドル札が9.11を予言していた」と言う話です。

1.まず、20ドル札を二つ折りにします。
b0002156_14455659.jpg

2.さらに以下のように折ります。
b0002156_14465142.jpg

3.すると、、ペンタゴン(米国国防省司令部)が破壊された時の様子が浮き上がります。
b0002156_14481257.jpg

4.さらに裏返すと、ワールド・トレード・センターが炎上する姿が浮き上がります。
b0002156_14485797.jpg

 なぜ、20ドル札かと言うと、「9+11=20」だからだとか。

 日本のお札でも例えば、新しい千円札に描かれている富士山の湖面に映る山が「シナイ山」であるとか、実はお札には色々な闇のメッセージが隠されていたりします。
(ちなみにシナイ山が写るのは、天皇家の先祖がユダヤ人であることを暗示しているとか。見事なわし鼻はまさしくユダヤ人の象徴。)

 さて、今度の9.11は何が起こるでしょうか。私は行が明けた日であり確実に私自身のエネルギーが変わっている瞬間です。今回は歴史的な選挙であるので、忘れずに投票に行きたいと思います。

 ところで今日も「あいのり」を見たのですが、ヒデというへんちくりんな男に対し、女の子が二人、ダブル告白する回でした。見ている人は分かると思いますが、告白した女の子の一人であるタカノは顔はともかく、見るからに性格の悪そうなキャラであるのに対し、一方のおまみは優等生的な可愛らしい女の子です。タカノがふられるのは当然として、なんと、おまみまでふられてしまいました。ヒデ、何ぼのもんや。もういらんからはよ帰れ、と叫びそうなになりました。ちなみにヒデはすでに一年以上もラブワゴンの旅を続けています。働きもせず、選挙にも行かんと何してんねん、と言いたくなりますが、番組自体は面白いのでまあいいです。

最近更新が遅れがちですが、ブログランキングへのご協力お願いいたします。
by katamich | 2005-09-05 23:55 | ■時事問題 | Comments(0)