徹底した合理主義者になろう 2017.12.11

なんかさ、すげえ楽しい。ライブ後、特に何をしてるわけでもないけど、こんな楽しい気分でいられてるのって久々かもしれない。2018年はすごい一年になりそうだ。今年もすごかったけど。とにかく今のワクワク感、ハンパない!


今年はまだ三週間弱あるけど、来年が楽しみ過ぎる。5日はジャズ講座(満員)だし、6日は亜美衣さんとのコラボ。何よりClover出版のメンバーに会えるのが楽しみ。7日、8日は自分のセミナーをしまして、8日の夜はコズモの新年会。2月はエジプトだし、3月は久高島。
b0002156_3203771.jpg


と言うわけで、定員24名なんですが、すでに18名が確定しているので、もう間もなく満席になります。17日(土)~19日(月)が恩納村・久高島で、オプションの19日(月)~21日(水)がまた「パナリ島」だ。今度でパナリに行くのは5回目になる。島民3人。日本最後の秘境と言われるが、天国とはパナリのことを言うのだろう。また一緒に行くメンバーが最高だ。うしくんも来るし。


今更だけどさ、奥平亜美衣さんの本っていいよね。今は先日、超訳された『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』を読んでるのだけど、もう、この一冊でいいね。「いい気分」でいればそれでいい。成功とは望むことが達成することであり、喜びだ。なんてシンプルなんだろう。


結局さ、どうして人は進んで「嫌な気分」にフォーカスすることがあるのかってこと。その理由は判明していて、いろいろあるけど根強いのが「深い深い嫉妬」だろう。特に「男の嫉妬」ってジャンルは相当嫌らしいし醜い。


「嫉妬」とは何か。それはもっぱら他人に向けられる感情であり、他人に対する劣等感でもある。その劣等感はその対象に対し、猛烈に攻撃したくなる。しかし、何の理由もなく攻撃することはできない。そこで、その人を攻撃する「理由」を作り出す。自らに「正義」の御旗を立て、他人を裁こうとする。


つまり、他人や環境の「悪いところ」を必死で探してしまうわけで、その瞬間に感情は「悪いところ」と波長が合い、その結果、自分に対して「悪いところ」が吸収されてしまう。定式化するとこう。


「嫉妬」→「劣等感」→「攻撃心」→「悪いところ探し」→「悪いところと波長が合う」


嫉妬すればするほど、望まぬ結果にフォーカスしてしまうわけだ。しかし、どうしても嫉妬してしまうこともある。それを排除する方法も実は簡単だ。


それは、徹底した合理主義者になればいい。


つまり、「嫉妬」が自分の人生にとっていかに役に立たないか、非合理的であるかを自覚すれば、それでいい。人生の目的は何か。それは「幸せ」になること。他人を攻撃したり、裁いたりすることでは決してないはず。


自分の「幸せ」にフォーカスするならば、不愉快に思う他人のことなど気にしない方がいい。その嫉妬の対象たる他人が、仮に不幸な事態に陥ったとしても、それを喜ぶ自分の心そのものが「不幸」をまた引き寄せてしまう。そんなことで喜んでも、自分の「幸せ」とは直結しない。だったら、最初から見ない方が身のためだ。


徹底した合理主義者になろう。


自分が幸せになることだけにフォーカスする。心地よいものを選択し、そうじゃないものを排除する。選択肢は常に自分にあるのだから、自分にとって都合のよいものだけ見ていればいい。


それじゃあ、成長しないって?

そんなことはない。「心地よいものだけを選択する」ってこと自体が、それまでそうじゃない人にとってのチャレンジであり、その結果の成長につながるのだから。生きていると、どうあっても見たくないものがやってきます。それを見ないようにするのも手だし、平気な自分になるのもいい。


まさにいい気分でいる以上に大切なことはないのだから。


と言うわけで、今、私はとてもいい気分です。今年は残りわずかだけど、来年もまた楽しみがたくさんだから。今は滝行していますが、それもまた最高な体験。人生はどんどん良くなるね。今となっては「引き寄せ」の日本一の伝達者である奥平亜美衣さんとのコラボも年始一発目にぜひ!

■1月6日(土)/東京/奥平亜美衣&石田久二『夢と幸運とお金を引き寄せる その最終結論』大講演会!


この講演に参加することで、2018年はすべてバラ色、OK!そんなとこで。ありがとうございました。

【受付中の講演・セミナー】
  
■12月20日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾34~言葉が人生を変える、その創造編
 
■1月5日(金)/東京/Qさん企画『超ジャズ入門講座&ライブ』with 土井徳浩 (満席)
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2017-12-11 23:39 | ■願望実現 | Comments(0)