シンクロニシティはまだまだ終わらない 2017.12.8

「シンクロニシティ・メッセージ」からちょうど一週間。もう一週間、まだ一週間。どちらとも言えるけど、本当にいいライブだった。もちろん反省点もあるけど、予想以上の良いこともたくさんあり、昨年よりもまたさらにグレードアップしたと思う。ずっとサポートに入ってくれている、ローディのいがじーもそう言っていた。やっぱ、やるからにはどんどんレベルアップしていきたい。


ちょうど今朝、朝日新聞で『最終結論。』の広告を出していただきました。「週刊新潮」の真横っておいしいポジションでアマゾンランキングも急騰。書店からの注文も多数。著書もどんどんグレードアップです!
b0002156_163237.jpg



「どんどん良くなる」ってずっと言ってることですが、これは本当にそう。宇宙レベル、地球レベルでもどんどん良くなる。ただし、そのスピードについていくには「維持」なる敵と戦う必要がある。正直な話、ずっと現状維持ほど楽なことはありません。突き進むストレスがないのですから。もちろん「維持」を目指す人生も人生です。しかし、「成長」を目指すのもまた人生で、それは選択肢の問題であり、そこに優劣はありません。


ただ、「維持」と「成長」が共存することはなく、いずれ離れてしまうのが宇宙の必然。ただ、成長すると、成長した先にはまた新たな仲間が待っている。私自身もそうやって毎年毎年、変化し成長し続けるしかないわけだ。


2018年も久高島に行きます。久高島に初めて行ったのは2007年なのでちょうど10年前。神人の苗さんと初めてお会いしたのは2009年で、あれは本当に偶然だった。3月に沖縄でセミナーをしました。その懇親会の時に「久高島に行くならこの人にガイドをお願いすればいいよ」と電話番号を教えてもらったのです。今日の明日ですから、お願いできる可能性は極めて低い。ですが、その日、午前中は学校の卒業式でしたが、午後からたまたま空いていたと。その午後、本当に感動的な体験をしました。


それから3年後、周囲で久高島に行きたいとの声があったので、2012年3月に初めての久高島ツアーを企画。それから毎年やっています。毎年ドラマが生まれます。苗さんと歩く3時間。それ自体が神事ですが、北端にあるカベール岬ではとある儀式をします。(怪しい新興宗教ではありません・・・)
b0002156_1645056.jpg


それは「人の子から神の子へと生まれ変わる儀式」。苗さんいわく、ここに来れば、才能が開花してしまう。本当にすべきことへと突き進む。今回のライブでドラムを担当した通称たまごちゃんは2014年に初めて久高島を訪れました。SADSの牟田昌広さんに憧れドラムを始めたのが中学生。それから10代は完全なドラム漬けの毎日を送るも、20代に入り挫折を経験し、ドラムセット売り払いすべてを過去に封印。


しかし、久高島に行ってしまったせいだろうか。その二年後には大きなステージで再びドラムを叩き、今年はさらにレベルアップ。ボーカルの薄井先生もそうだ。20年前は歌手だったのが、心理の世界に入ってから封印。昨年、私らとの出会いによりコーラスとしてステージに立つも、メインで歌うイメージはなかったそうな。


しかし、今年3月に久高島に行ってしまった。完全にそれがきっかけだと思う。その二か月後にライブが決まり、いろいろありながらも12月1日、ある意味「二回目のデビュー」を飾ってしまった。薄井先生が「シンクロニシティ・メッセージ」のトークで、


「Qさんは、人の才能を開きますね」


と、いみじくも言ったのだけど、これは別名「ムチャブリ」とも言われますが、私にはその意識はない。当たり前に「できる」からちょっとお願いする感じでしかない。ただ、いつもいつも何を言い出すかわからないとは言われますが。


そして私自身もまた毎年、久高島でいわゆる「御神託」をいただき、その通りに成長している。今回の「シンクロニシティ・メッセージ」にしても、その道中、いろいろつらいことがありました。少なくとも三回くらいはちゃぶ台をひっくり返したくなった。でも、これは「神さま」が私に与えた試練だと思い、何とか進む方法はないかと頑張った。すると、思わぬサポートに恵まれ、そして本番を迎えることができた。


今回のライブはメンバー、関係者にとってはもちろん、私にとっても大きな「成長」の機会になりました。来年もまた何かやると思う。もっともっと大きく飛躍すると思う。3月の久高島にはご縁ある人と行きたいと思っています。すでに定員の半分に達していますが、必然的なメンバーがまた揃うことでしょう。


「久高の神さま」はまた来年も私に「何か」を言ってくるのでしょう。薄井先生の『「サイン」を上手に受け取る方法』の111頁がまたシンクロ。
b0002156_1671591.jpg


この本が出たのは私と出会う二年も前なのに、なぜか「Qさん」と「Q島」が書かれてある。本では実際のクライアントさんの事例がベースになっているのですが、ここでのQさんは、夢の中でQ島に行ってしまう。その結果、Qさんは現実生活においても「エネルギーが開花の時期を迎えた(113頁)」ことになります。


私たちの周りでは「久高」は「KUDAKA」ではなく「QUDAKA」と表記されているので、「久高島=Q島」であるとすれば、苗さんが言う「才能が開花する」と「エネルギーが開花する」とはあまりにシンクロしています。来年の久高島も、きっと何かを受け取ることになるでしょう。


そして薄井先生ですが、今日もまた面白いシンクロがありました。これ。
b0002156_1675978.jpg


女優の綾瀬はるかさんがコカ・コーラのイベントで着ていた衣装と、薄井先生がライブで着ていた衣装が瓜二つ、、、ではなく完全に一致!ライブ前にアパレルショップで購入したドレスだそうですが、「ライブに出る」と店員に言ったら、黒、銀、金の三種類をおススメされ、サイズもピッタリ。「金」を買って、それでステージに立ちました。しかも、このドレスは珍しいものらしいのですが、このシンクロにはどんな意味があるのでしょうか?

「シンクロニシティ・メッセージ」はまだまだ終わりません。来年もさらに面白い一年になりそうです。ありがとうございました。

【受付中の講演・セミナー】
  
■12月20日(水)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾34~言葉が人生を変える、その創造編
 
■1月5日(金)/東京/Qさん企画『超ジャズ入門講座&ライブ』with 土井徳浩
 
■1月6日(土)/東京/奥平亜美衣&石田久二『夢と幸運とお金を引き寄せる その最終結論』大講演会!
 
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
 
by katamich | 2017-12-08 23:39 | ■精神世界 | Comments(0)