北朝鮮、どうなるの?~密陽から大邱へ 2017.9.10

10時にホテルをチェックアウト。昨日の東横インが5千円、今日の密陽ホテルが6千円。25年前に初めて韓国に行ったときよりは、確実に物価は上がってます。一方で日本の物価は下がっているので、ものによっては逆転してるでしょう。もっとも、日本は昔から車と電化製品は質が良くて安かったので、それで世界中からニーズがあったのですが。

いずれにせよ、日本は物価が下がったよな~ってはどこに行っても感じます。欧米はもちろん東南アジアでも。今のところ実感値として、韓国は日本の8~9割って感触。

さて、泊まっていた密陽ホテルは中心地からはちょっと外れたところにあったようで、中心に近づくとお寺とかいろいろありました。観光地としても魅力的な街だとか。
b0002156_7571578.jpg


ガソスタのコンビニがあったので、水分を補給。天気がいいためか、今回のチャリ旅はいつも以上に水分を要求します。ちょっと炭酸も飲みたくなったので、「スイカソーダ」なるものを購入。基本的に「試す人」なんですが、これは失敗。一口目はまあスイカ風味でよかったのですが、炭酸の後にとんでもない甘さが広がります。一言で言うと、まずい。日本では流行らんだろうな。でも、最高。
b0002156_8104554.jpg


と言うわけで、韓国セミナーもいよいよ来週です!福岡(日本)から「自転車」でソウルまで行ってセミナーする講師は、おそらく日本初でしょうし、ぜひ、この記念すべきページにご参加ください。

■9월17일(일)/서울/이시다 히사쓰구 자전거TALK LIVE~3개의 소원 100일의 기적
 
■9月17日(日)/ソウル/夢かなチャリンコトークライブ~頑張らなくても上手くいく!(日本語)

今日は自転車ロードではなく、普通の道で「大邱」を目指します。大邱はソウル・仁川、釜山に次ぐ第三の都市らしく、宿には困らないでしょう。途中は日本と変わらないような田舎道をしばらく走りまして、ちょっとした街に到着。ちょうど昼時だし、スーパーでお惣菜的な何かを探したけど、なくてパンにしました。これまた例によって中身を確かめずに、適当に指さして購入したところ、アンドーナツとポテサラドーナツでした。ビールに合うかわかりませんが、喉が渇いていたし、美味かった。
b0002156_8111373.jpg


オレのマシンだけど、出発前に整備が不十分だったためか、ローのギアがギシギシ鳴る。4~5のポジションだとスムーズだけど、登り坂はつらい。これからは自転車ロードを走るので、4~5でいいかとは思うけど。
b0002156_8114848.jpg


大邱(대구)まであと19キロ。iPhoneでハングルキーボードのやり方を理解しました。意外と簡単。普通の道だけに、ちょっとした登り下りがあり、ローギアがギシギシ鳴るので急な登りは降りて押しました。
b0002156_8121197.jpg


前方に高層ビルかマンションが。都市の郊外、おそらくベットタウンには巨大な集合住宅が建ち並んでて、なんとなく不気味さを感じさせます。公営住宅のようにデザインも画一的で。北朝鮮になると、こんなのばかりなんだろうな。そう言えば9月9日の建国記念日、北朝鮮の動き、特になかったですよね?
b0002156_813105.jpg


大邱に入ったのは3時頃と割と早くて、もう少し走って距離を稼ぎたいと思ったので、大邱を抜けるつもりでした。が、大きな都市だけに、人も多くて走りにくい。なんだかんだいい時間になってきました。やっぱり大邱で泊まったようが良さそうだと思い、スマホでBooking.comのアプリを立ち上げます。ほんと、便利な時代になったものです。ちなみにネット環境はSIMではなく、博多港でWi-Fiを借りてきました。なんと、その方が安かったりしてね。韓国はSIMフリーはあんまり一般的でないのかな?
b0002156_8132433.jpg


と言うわけで、こんな宿にチェックイン。韓国式の安宿でバストイレが共同ですが、部屋はシングルで4千円。これに朝ご飯が付いています。二か月前にできたばかりのようで、とてもキレイで清潔。オンドルがいいよね。
b0002156_8135055.jpg


中庭もあります。ところでふと気が付いたのですが、こんなに走って、カロリーを消費しているのに、今日は昼にパン二個食べただけで、あまりお腹が空いていない。昨日のチゲもその前の冷麺も、実は腹がはちきれるほどいっぱいになった。これはもしかすると「SS健康法」の影響なのか。つい一週間前、秋元神社でSS健康法の伝授を受けました。SSとは「スモールストマック」のことで、胃袋を小さくして正常な位置に戻すもので、今、爆発的に広がっています。伝授を受けた後も、セルフでやってまして、確実に効果がある実感。何かが起こってる気がします。ちなみに私、SS健康法の伝授もできるようになりましたので、17日のソウルセミナーで披露しましょうか?かなり怪しいセミナーになりそうですが。
b0002156_81429.jpg


こちらは夕食。宿のオーナーがご馳走してくれました。もちろん無料。プルコギに餅が入っています。ビールも出してくれました。韓国の缶ビールは100円から150円くらいで、これは安いかな。オーナーさんとは片言英語でいろんな話をしました。
b0002156_814217.jpg


北朝鮮の話もしましたが、少なくともこのオーナーさんは「北朝鮮は韓国にはミサイルを落とさない」と信じておられました。まったく心配していないそうです。1950年代の朝鮮戦争、実はまだ終戦していなくて「休戦」中なんですね。つまり、まだ戦争は続いているとかで、もし一発でもミサイルを落としたら、即続行されることは韓国も北朝鮮も知っている。

そして今やアメリカ軍もいる。だからと言って、中国やロシアが武力面で北朝鮮を支援することもない。つまり、韓国へのミサイル一発で北朝鮮は1時間以内に火の海になることを知っているので、手を出すことはまずない。

となると、心配なのは日本です。日本には「九条」というありがたい信仰があるおかげで、戦争ができません。すでに日本の排他的経済水域にミサイルは落ちているわけで、他の国だと即開戦です。が、日本の場合は領土でも領海でもないから、、、と見逃している状況。中国人から赤サンゴを取られまくろうと、放置するしかない。この時は日本のレンジャー部隊(いわゆる忍者)が漁船に乗り込んで脅したって話ですが、そんなのもニュースになりません。

ともあれ、排他的経済水域にミサイルが落ちたということは、そこで漁をしてる人がいて、犠牲になっている人がいてもおかしくありません。いや、もしかするとすでに犠牲になっている人がいるかもしれません。その事実が明るみに出ると、とんでもないことになることはわかっている。改憲ムードが高まり、やはもすると「やられたので、やりかえせ」と事実上の戦争状態になる可能性もある。なので、仮に犠牲者が出ていたとしても、それくらいのことはもみ消すでしょう。

いずれにせよ、日本は挑発相手としては最適で、これからも領土・領海にミサイルを落とすことはなくとも、挑発行為は続けるでしょうね。ただ、金正恩は今、暗殺を恐れて地下7階に住んでいるとかで、かなり切迫しているそうです。ほとんど精神異常の状態であり、怖いのが「オレも死ぬから、お前らも道連れだ」となって、核のボタンを押しやしないかと。各国もそれを恐れていて、そうなる前に拿捕しないといけないのですね。シリアやイラクの場合は「核」がなかったので、割と強硬に行けたのですが、いかんせん北朝鮮には核があり、こないだも実験したばかり。その意味では北朝鮮にとっての核は周辺諸国に対する抑止力にはなってるんです。


金正恩がやけくそを起こす。これが世界にとって最も恐るべきシナリオであり、もはや心理戦と言えるような駆け引きが国家間で行われてるのです。安倍がトランプと40分間電話した、その内容を明らかにせよ、国民には知る権利がある、、、などと叫ぶサヨクの人たちがいますが、君らが知ってどうするかっての。北朝鮮やテロに知られてはまずいから隠してるのであって、だけどね、マスコミで「40分電話した」なんて報道があるってことは、その裏にもっと重要な真実が隠されていますよね。

もしかしたら年内に決着が着くかもしれません。そして2020年には北朝鮮はなくなり、「大朝鮮国」として統一されているかもしれません。そうなると、朝鮮半島は巨大市場となり、日本にも「統一特需」がやってくるでしょう。もちろんODAその他開発援助で国税が使われることはあるでしょうが、どんどん使ってくださいませ。それ以上に朝鮮半島が統一されると、今一番の危険事項がなくなり、ドイツ統一以上のインパクトを世界に与えるでしょう。東アジアも大盛り上がり。

そうなると、私はソウルから平壌まで自転車で行きます。決して遠くない、将来、そのプランも実現することでしょう。まずはソウルまで、がんばります。ありがとうございました。

---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
【9月10日(日)のログ】

10:07ー出発
11:00ーガソスタコンビニ~11:12
12:26ー清道駅近くのスーパー~12:51
14:50ー大邱の手前のコンビニ~15:02
16:52ーテグエガセカンド(宿泊)
★自転車走行距離:76.2km

・180円:すいかソーダ、水(コンビニ)
・305円:パン、ビール(スーパー)
・100円:アイス
・4,000円:宿泊
★合計:4,585円
by katamich | 2017-09-10 23:39 | ■チャリンコツアー | Comments(0)