ヘラヘラ生きてみませんか 2017.6.16

今日は昼からとある事務所で打合せ等々。近々また新しいことを始めます。夜はアウルズ・エージェンシーにて久々にセミナー。「パラレルワールドの歩き方」なんてテーマでお話しましたが、実は私のコンテンツの王道でもあり、充実した内容になったかと思います。私のことを初めて知るような方も多く、終了後は一気に本も売れまして、手ごたえを感じました。このテーマは改めてまたブラッシュアップしてお届けしたいと思います。

でも、せっかくなので今日のセミナーのハイライトをご紹介しましょう。資料はこちら(PDF) です。

1.0次元から5次元へ

・0次元:実体がなく位置だけがある「空」の世界=存在
・1次元:幅がなく長さだけがある世界=自我
・2次元:高さがなく面積だけがある世界=認識
・3次元:高さと面積がある立体の世界=現実
・4次元:時間軸の加わった世界=時間
・5次元:いくつもの現実がある世界:??

「できない」は次元を上げることで「できる」に変わる



私たちが生きる世界は「3次元」ですが、実は多次元にまたがって生きています。「色即是空空即是色」と言われる通り、この世の本質は「空(くう)」であり、すなわち0次元。ここには一切の意味も価値もなく、「ただ、ある」のみ。あえて言うなら「絶対的な喜び」と「インスピレーション」に満ちた世界であり、「空」に「自我=1次元」と「認識=2次元」という色付け(色=しき)が施されて、3次元の現実が立ち上がっています。


ここで重要なのは「認識=2次元」であり、世界のフィルターとなっています。たとえば「雨が降っている」という現象があったとして、ここに「鬱陶しいなあ」と色付けすれば、雨が降るたびに「うっとうしい世界」を作ってしまいます。


「預金残高が6万円」あるも、「6万円しかない」と色付けすれば心は穏やかじゃありませんが、「6万円あるし、どうせ何とかなる」と色付けすれば、本当になんとかなってしまいます。そうやって私たちは一つ一つに「色付け=価値・意味付け⇒認識」をして、それぞれの世界を構築しているわけです。


「ビリーフ(思い込み)」も2次元そのものであり、小学校のテストで70点取ったとして、親から「100点じゃないと価値がない」と強く言われ続けると、いつも完璧を求めて頑張ってしまう。頑張らなければ価値がないなる世界に生きてしまう。ですが、同じ70点でも「よくやった」と言われると、常に自分で自分を認められるようになり、どのような結果になろうとも満足な自分でいられる。


もちろん70点より100点の方が決まった目的に対しては評価される場面も多いですが、常に「完璧(100点)でなければ価値がない」と思って生きていると、小学校のテストはともかく「完璧」の存在しない大人の世界で、「得られない評価を求めて頑張る」ような習性が付き、いつも苦しい状態で生きなければならない。


「完璧主義ほど低い基準はない」


と言ったのは誰か忘れましたが、本当にその通り。到達しない境地を求めていると、それに対して常に低い基準で生きなければならないのだから。それも一つの「認識」でありフィルターなんです。そこでもし、この「完璧でなければ価値がない」を、「常に価値がある」にビリーフチェンジすることができれば、そこからさらに創造的な価値につながるのです。


昨日のブログで「ニート最高」なんて話をしましたが、これまでの時代は「ニートには価値がない」と思われていたのが、今後はAIの発達などで、嫌でもニート状態になる人が増えてしまう。その時に、これまで通りに「ニートには価値がない」と思っていたら、それ以上の価値を生み出すことが難しくなる。ですが、「ニートには価値がある、ニートだからこそ価値がある」と思っていたら、そこから新しい価値をどんどん創造できる。


アウルズ事務所の棚に「オリゴナイト」なる石が飾ってあったのですが、私はこれにどんな価値があるのかわかりません。ですが、ここに何等かの価値を感じる人がおり、さらにお金が発生する。このような一見役に立たないようなものに価値を見出し、世の中に必要なものへと創造させるには「ニート力」こそが重要になる。


思えば私なんかも会社の経営とか形だけやってますが、本質はニートそのもの。フナイメディアの船井社長によると、私は「ブログ出身のセミナー講師の走り」だそうで、確かにブログを書くことで読者(ファン・お客)を創造し、セミナー業に結びつけた最初期の人間かもしれません。そこで新しい価値を創造できたからこそ12年もこの仕事をやっているわけで、その点で言うなら、常に新しい価値を創造し続ける人だけが、この業界、いや、ビジネス界で生き残っていくわけです。


その意味で、今年もまた新しいこと、どんどんやっていきますよ。その原動力となるのが、まさに「ニート力」です。とりわけ、「女性原理」が主軸に移ろうとするこれからの時代、「ヘラヘラ生きること」に価値がおかれるようになります。これまでは頑張って、ギスギス生きることで生活必需品を生み出し、確かに社会は発展してきましたが、今は豊かさもほとんど飽和状態。そこで求められるのはヘラヘラ生きること。ヘラヘラ生きることで、一見役に立ちそうにないものを生み出し、そこに新たな価値を付与する。


話が脱線しましたが、「ヘラヘラ生きる人間には価値がない」も一つの認識であれば、「ヘラヘラ生きる人間にこそ価値がある」も一つの認識。ただ、これからの時代はどちらを求めているかの社会トレンドはあるので、都合いい方を採用すればいいわけで。


パラレルワールドの話しようと思ったけど、もういいや。それは別の機会として、繰り返しますが「ギスギス生きる」、「頑張って生きる」から「ヘラヘラ生きる」にシフトする。そしてニート力をどんどん磨く。無駄なことたくさんする。ノリで動く。できるだけいろんな旅をする。確かに先立つもの(お金)は必要かもしれないけど、今ある範囲でやればいい。ヘラヘラ生きて新たな価値が生まれると、そこに自然とお金が付与されるので、その事実を認めて今まで以上にヘラヘラ生きればいい。


と言うわけで、私自身もニート力をますます磨き、ヘラヘラと、楽しく生きていきますので、これからもどうぞよろしく!セミナー後は近くのロシア料理屋でボルシチとピロシキを食しました。
b0002156_14320348.jpg



それではよい週末を。ありがとうございました。

【受付中の講演・セミナー】
 
■6月19日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(残7)
 
■6月30日(金)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾28~夢かな・トラウマ対応1
 
■7月16日(日)・17日(月)/河口湖/夢をかなえる伝説のセロトニン合宿
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-06-16 23:39 | ■人生哲学