ニート最高!ニートになろう! 2017.6.15

午前中はゆっくりしていましたが、昼は某出版社の編集者さんとランチ&ミーティング。実はこの編集者さん、2008年にとある人からご紹介いただき、その方の口添えで出版の企画を進めていただいた経緯がありました。2008年なので独立3年目です。その時の企画は副社長レベルではOKだったのが、最終決裁でNGが出てお流れに。ですが実のところ、その時に残念に思ったのが半分、ホッとしたのが半分と妙な気持ちになっていました。


今日、久々にお会いしてその当時のことを話していたのですが、その方もあれでよかったのだと言われていました。もしあの段階で出版していたら、今頃はおそらく著者としての生命も終わっていたと思います。詳しくは書けませんが、その強烈な理由があったのです。あれから9年を経た今、改めて企画を進めようとの話になり、ご縁のある人とは続くもんだとつくづく実感。まだどうなるかはわかりませんが、面白いことになる予感。


その後、3時から来月刊行予定のクローバー出版の小田編集長さんとお会いしました。こちらもいよいよ佳境に入ろうとしていますが、面白い本になりそうです。一時間ほどのミーティングの後、明日の「アウルズ・アカデミー」の資料を仕上げてお送りします。こちらもさらに面白いセミナーになりますので、ぜひお待ちしております!
 
■6月16日(金)/東京/アウルズ・アカデミー~パラレルワールドの歩き方~


夜は「夢かな心理学・入門講座」の第一回目。2時間半ほどでしたが、いつもの通り休憩なしのぶっ通し。入門講座だけに資料をしっかり作りまして、製本は間に合わなかったのでホッチキスで止めた冊子をお渡ししましたが、資料自体にまだまだ進化の余地があります。
b0002156_10545940.jpg


この講座の最終的な着地点は「夢を叶える、そして叶えさせる人になる」ことにありますが、その本編はこれから展開していくとして、今日のセミナーもまた話は多岐に渡りました。その中で割と力を入れてお話してしまったのが、「2045年とBI(ベーシックインカム)」について。


2045年と言わずとも、これから先、仕事はどんどんなくなります。タクシー、レジ、一般的な通訳・翻訳などは近い将来になくなるとして、30年後には弁護士、会計士、医師などもなくなるという研究もあります。もちろん残る仕事もある一方、新しい仕事も誕生するでしょう。しかし、50年前の肉体労働の多くがロボットに変わり、事務作業の多くがパソコンに変わったこともわかる通り、人間でなければならない仕事はますます減るのも事実。


しかし、このような現状予測をして、楽観的に考える人も少なくありませんし、私もその一人。AI(人口知能)が進むことで、人間のQOL(生活の質)を低下させる仕事はなくなり、それだけ「余暇」が増えます。ただ、余暇が増えると収入はどうなるか問題なります。そこでベーシックインカム(BI)です。BIは全国民に一律月8万円支給する代わりに、生活保護や年金もそこに吸収させる案。


月8万円支給されるとは言え、年金や生活保護のように就労を制限するものでは決してありません。働きたい人はどんどん働くべきで、月収が100万円になろうと、1,000万円になろうと、一律8万円はもらえます。ただし、現在、生活保護の世帯収入が極端なところ70万円もらってるようなのはなくなります。ですが、家族5人とかなら世帯収入が40万円になる。おそらく消費税は25%くらいになろうと思いますが。それでも「何もしなくても食べていける時代」には変わりない。


そうなると「国民総ニート」とか言われますが、決してそうはならないでしょう。なぜなら人間には「想像力/創造力」があるから。「生きるために働く(ライスワーク)」だと、やりたくない仕事に人生の多くを割き、「本当にやりたい仕事(ライフワーク)」に到達しなくなります。


2ちゃんの創設者である「ひろゆき」が言ってるのですが、人間は暇になると何かやろうとして、それが新しい価値を生むこともある、と。つまり、ライスワークに翻弄されている限り、社会は創造的に発展しないのです。むしろ、BIで最低限の生活が確保された上で、儲かろうが儲かるまいがライフワークを突き進む人が増える方が、はるかに社会の底上げになります。そして面白い社会いなります。


BIなんて今の日本にはまだまだ実感できませんが、いずれそうなります。仕事がなくなる人が増えると、そのための対策が必要になる。現状、医療、年金、生活保護制度は極めて不公平に運営されているのを、BIでシンプルに一本化。その上で、人間にとって本当の意味での「創造性」が働くような社会を構築する。


そこで重要なのは何か。それは、


「夢」


です。夢を持つ、夢を叶える力があれば、BIの上に新しい価値をどんどん創造できるようになる。ぶっちゃけ言いますと、仮に今、ニート状態だとしても、もしかしたらその人たちこそが新たな時代の担い手かもしれません。有り余る時間で本を読み、ネットをめぐり、人と会い、旅をして。もしかしたらニートが日本を救うかもしれないと思うし、いずれ国民が総ニート状態になれば、いよいよ新しい時代に突入かもしれません。


ニート万歳。働いたら負けかなと思っている。そうなんですね。将来的にAIで代替できる仕事などする必要もない。5年後、10年後、自分はどんな生き方をして、どんな価値を創造できるだろうか。今の能力も立場も関係ない。まさに5年後、10年後をしっかり見据えることができる人が、これからの将来に担い手になるのです。


その意味で「夢かな心理学」は単にお金や恋愛など、個人的な欲望を満たすだけのものではなく、新しい時代に新しい価値を生み出すための講座となるのです。今後、基礎コースを始めていきますが、面白いことをどんどん仕掛けていこうと考えています。明日はちょっとした動画撮影などします。


てなわけでニートの皆さん、ご安心ください。これからの時代の担い手となります。ま、オレもニートみたいなもんだから、だからこそいろいろ考えられるってことありますからね。そんなとこで。ありがとうございました。

【受付中の講演・セミナー】
 
■6月19日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション(残7)
 
■6月30日(金)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾28~夢かな・トラウマ対応1
 
■7月16日(日)・17日(月)/河口湖/夢をかなえる伝説のセロトニン合宿
  
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-06-15 23:39 | ■夢かな心理学