宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

シンクロな一日だった~ 2017.5.16

「もう自転車に乗らなくていいんだ」


目が覚めた瞬間に思ったこと。ホッとする反面、ちょっと寂しさもあるね。ただ、9月には「福岡~釜山~ソウル」へのチャリンコトークライブがあるので、さらにまた面白いことになる。自転車に乗って各地を回ってトークライブをする。それも日本だけでなく、全世界をまたにかけて。9月の韓国の後は、、、


「ヘルシンキ~バルト三国~ワルシャワ」(約1,000キロ)
「バンコク~クアラルンプール~シンガポール」(約2,000キロ)
「上海~香港」(約1,400キロ)
「ロンドン~エディンバラ」(約800キロ)
「アムステルダム~モナコ」(約1,300キロ)
「コルカタ~デリー」(約1,400キロ)
「ベルリン~プラハ~ウィーン~ブラチスラバ~ブダペスト」(約900キロ)


あたりを候補にやります。他にはアメリカ、カナダ、キューバあたりもやりたい。ジム・ロジャーズの自転車版をやりたい。ここに書いたってことは、やるって意味だ。「自転車+トークライブ」の旅は一生涯やり続ける。単に自転車で周るだけでなく、今後はどこかで必ずトークライブを加えて、仕事としてやる。そのために必要なものは、実は「本」だと思っています。


9月の韓国編も在韓の日本人だけでなく、韓国の方からのリクエストが大きなきっかけになってるのは、『夢なに』の韓国語版があるから。その意味でサンマーク出版は海外への版権に強いのですごくありがたい。今のところ、台湾語、中国語、韓国語で出てるので、今後は「英語版」が出るのを望むばかりだ。強く望んでいると、それはきっと実現するだろう。


サンマーク出版と言えば、そう。いよいよ発売間近となっている堀内恭隆さんの『夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント』が「サキ読み歴代1位」になりました。


サキ読み「歴代1位」!『夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント』


ちょうど三年前、『夢なに』がサキ読み1位になったときのダウンロード数が確か500くらい。それでもそれまでとはぶっちぎりの数字で大いに期待され、発売前日に増刷となりました。その後、FUMITOさん、長倉さんと更新され、『運なに』では1,000を超えるものの、歴代2位にとどまります。しかしその後、『龍使い』の大杉さん、『成功神社』のリュウ博士、『鏡の法則』などが次々と更新し、最後は2,800くらいまでインフレーション。


そこで堀内さんですが、先週末の段階で1,800くらいで、残り一週間弱で1,000を超えるのは難しいところ。それでも「いける」と思っていた堀内さんからご連絡をいただき、私もフェイスブックとLINEで応援。他にもいろんな人が応援に駆け付け、3日で1,000を超え、ついに歴代1位に。今は3,000を超えてさらに数字を伸ばしているとか。「サキ読み」の件数と実際の売上はかなり相関関係があり、『龍使い』は10万部、『成功神社』は25万部、この調子だと『シンクロニシティ・マネジメント』は30万部を突破しそうな勢いだ!


私も7月には某出版社から新刊を出しますが、『夢なに』『運なに』に続く三部作のラストも近いうちに出します。その時はまた「サキ読み」の記録に挑もうと思っているけど、その頃には5,000くらいが標準になっているかもね。まるで「ドラゴンボール」か「キン肉マン」の超人強度並のインフレーションだ。どんどん面白くなってきた。


それにしても堀内さんの底力、ハンパないな。堀内さんとはこの3年くらいの友人で、特にここ半年くらいはお会いする機会も増えてはいたのですが、その生い立ちを改めて知ったのは、ビジネスコンサルタントの相馬一進さんのメルマガからでした。以下、転載します。


こんにちは。
相馬一進(そうまかずゆき)です。


昔は一緒にビジネスのプロジェクトもしていて、
私の10年来の友人の堀内恭隆(ほりうち・やすたか)さん
という人気講演家がいます。


彼は最近は全国縦断セミナーをしたり、
それどころかアメリカ、イタリア、中国、シンガポールなど、
海外からも講演を依頼されています。


ですが、昔はとても自己肯定感が低く、
「目標達成をしなければいけない」という
強迫観念にとらわれていたのです。



私が10年前にお会いしたとき、彼はそんな状態でした。


働きながら、6つの専門学校に通っていて、
睡眠時間は4時間弱というありさま。


エクセルで作った予定や目標を
ひとつずつクリアしていくことで
達成感を覚えるような人だったのです。



なぜか?


堀内さんのお父さんは東大出身でとても優秀で、
堀内さんの弟さんもまたとても優秀な方でした。


そのため、堀内さんは常に弟と比べられ、
子どもの頃からずっと強い劣等感を持っていて
生きづらさを感じながら生きてきたのです。


そのため、堀内さんは
「自分は結果を出さなければ価値がない」
というような、価値観だったのです。


彼はその劣等感を埋めるため、
西洋的な目標達成法にのめり込んだのです。


その結果、どうなったのか?


彼の体はボロボロと崩壊していきました。


私も当時をよく知っているのですが、
堀内さんの顔はアトピーでパンパンになり、
頭もぼうっとして、仕事が続けられなくなったのです。


そこで、彼は「目標を設定して
それを達成し続ける」というゲームを
降りることにしたのです。


目標のためにガムシャラに努力をするのではなく、
人生の流れに身をまかせる。


目標達成は一旦わきに置いて、
自分のインスピレーションに従って生き、
シンクロニシティ(偶然の出逢い)を大切にしたのです。



すると……彼に奇跡が連発していったのです。


彼はそれまで勉強をしていた
コーチングや心理関係の仕事を始められ、
独立して前述した小さな成功をおさめたのです。


すごいと思いませんか?


目標達成を手放すと、夢を叶えられる。


堀内さんは今、自分の悲惨な人生経験で悟った
その方法をセミナーや講演会で伝え続けているのです。


そして!


今度、堀内さんはその方法を初めて本に書きました!


彼の処女作のタイトルは
『夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント』で、
サンマーク出版から発売されます。


(以下、略)



なるほど、その昔はバリバリの目標達成型ガンバリズム至上主義だったわけですね。その結果、かなりの成果を収めながらも身体はボロボロに。そこで「目標達成は一旦わきに置いて、自分のインスピレーションに従って生き、シンクロニシティ(偶然の出逢い)を大切」にするようになった結果、「奇跡が連発していった」とのこと。


ただ、ここで誤解してはいけないのは、目標設定そのものを否定しているわけじゃないってこと。私もいろんな夢や目標を持っていますし、ちょうど先ほども「チャリンコトークライブで全世界を回る」なる夢を語ったばかり。堀内さんだって、直近では「サキ読み歴代1位になる」という目標設定をしたばかり。


なにがどう違うのか。おそらくかつての堀内さんは、「自分の頑張り」だけで何とかできると思っていたし、「頑張って結果を出さない自分は価値がない」なるビリーフを持っていたのかもしれません。そのようなビリーフが自分を苦しめ、限界に直面したときに「や~めた!」と手放した。


そこで信頼するのは、「自分の頑張り」ではなく、インスピレーションでありシンクロニシティ。「宇宙の意思」と言い換えてもいいかもしれない。私自身も12年前に会社を辞めたとき、「宇宙の意思」に完全に委ねる人生を選択し、気が付けばこうなっていた。目標設定を否定したのではなく、目標設定によって一定の方向性を示しながら、その上でやるだけやって、あとはお任せ。


堀内さんも歴代1位になるために「何もしなかった」わけじゃない。やることはやった。その上で、その都度降りてくるインスピレーションに従って素直に実行した結果、思いもよらないような奇跡を呼び起こしたわけです。シンクロニシティ・マネジメントの力を著者自らが発売前に証明した。それを見せた。これ以上に説得力ある材料もないでしょう。


それもドラマだよ。仮に一日30万アクセスなんてウルトラブロガーさんが告知して、一日で3,000とかになっても面白くない。一週間を切って3,000にはまだまだ到達しないと思わせながらの奇跡だからこそ面白い。人生もまさに、だよな。


そんな興奮の渦中で私は午後から棚田克彦さんのセミナーに参加。その後は8時から新宿でとあるアポがあったのですが、本日は何とアウルズエージェンシーの下野社長と堀内さんによるビジネスセミナーがあった。それを知ったのは昨日なんだけど、8時からアポがあるから参加できないな。そう思っていたら、セミナー中、同じ受講生から「昨日、堀内君に会いましたよ」なる話を聞く。私も夜に会って、その方は昼に会っていたとか。これはシンクロだな。もしかしたら今日のビジネスセミナー、飛び入りできるかも。


そこで8時からの新宿でのアポを「6時に神保町で」と変更の打診をしてみたところ、余裕でOK。昼のセミナー会場と夜の会場は徒歩10分の距離。その中間のファミレスで待ち合わせて調印。戸建て新築を購入するのに本人の筆跡でなければダメとのことで、福岡から不動産屋さんがわざわざ用紙を記入させるためだけに来られたのです。


そして予定通り「アウルズアカデミー」の下野さん、堀内さんのコラボに参加。
b0002156_1123432.jpg


これがまたぶっ飛びの内容で、まさに「呼ばれている」としか思えない内容でした。詳細は秘密です。その後、ちょうど行きたいと思っていた「ビストロアリゴ」で懇親会。今日は何と下野さんの誕生日でもあり、堀内さんのサキ読み1位であり、私の新築購入調印の記念日が重なった。さすがはシンクロニシティ・マネジメントの著者の集まりだ。これからどんどんこんなことが起こってくるんだろうな。あ、私も近々「アウルズアカデミー」でセミナーします!
b0002156_11233115.jpg


と言うわけで、楽しく、美味しく、ためになる夜でございました。ところで木曜日、急ですが「メンタルコーチング対面セッション」を2名限定で募集します。場所は渋谷。自由なテーマで受付します。そしてこちらもお待ちしております!

■5月18日(木)/東京/石田久二&Yukkyコラボトークショー~日本人の99%が知らない旅で自分を見つける極意~

そんなとこで実にシンクロな一日でございました。ありがとうございました。


by katamich | 2017-05-16 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン