宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

ヒトシ君の話 2017.4.11 

脱稿。2月いっぱいを目標としていたけど、後半が思いのほか時間がかかってしまい。その間、インドとか沖縄とか、同時進行でもいろいろあって、4月に入って一気に仕上げた感じかな。もちろんこれから細かい作業はあるのだけど、書きたいことは書ききって編集者さんに投げかけました。

う~ん、世に出るのは早くて7月かな。4月20日までにまだやることいっぱいあるけど、一つ上がって一つ落ち着きました。かなり夜更かししてしまったので、朝はゆっくり寝て昼から原稿を仕上げて、滝行は夕方に行ってきました。ここ最近、ずっとこもってるので気持ちよかったです。


さて、そんな一日でしたが、ヒトシ君ブログが反応してくれました。ただ、「ヒトシ君ブログ=身体軸◯◯」ではないらしいので、そこは失礼いたしました。物語は大切にしないとですね。ですが、私は私の物語として、「ヒトシ君ブログ」という架空のブログについてお話させて頂きましょう。ここから先の話はすべて「推測」ですのでご了承ください。


滝行についてもご意見あるヒトシ君ですが、それについてもまた改めて書きましょう。まず、ヒトシ君に共感して信者からアクセスをもらうって発想、これはなかったなあ。お互い推測だからいいのでしょうが、なるほどそのような発想がその根幹にあるんだなと納得。私なりに共感の意を示したのは、純粋にささやかなエールなんです。


あと、ちょっとした好奇心もありました。ヒトシ君は基本、一方的にdisるだけで、反論にあうことって滅多にないだけに、いざリンクまで貼って取り上げるとどんな反応を示すだろうか、と。あったらあったで喜々として10倍にもして返すスタンスだろうから、基本、あまり相手にされてないんですね。ときどきヒトシ君ブログのことを指してか「批判はいけない」ってブログを上げる人もいるですが、そうなると「『批判はいけない』という批判をしている」などとメタレベルからぶっこんで来るから、結局、どうしようもないわけで。まあ、そのメタレベル批判はかなり常套句なんですが。


あと、三本線香さんについてはここ5~6年はまったく見てないですが、それ以前はかなりアンチの記事を書いてましたし、財布フリフリも同様。そこも推測と言うか、理解力のなさが露呈するわけですが、こんな長文ブログ、読んでられないし仕方ないですね。

ただ、ハゲは正しい。だってハゲだから。ですが、ハゲにハゲって言うのはよろしくないことは幼稚園生にでもわかってるみたい。と言うのも、今日も次男4歳の友達のニーナちゃんとカズマくんが遊びに来たのだけど、ニーナちゃんはオレを見かけると、「あ!つるっぱげが来た!」とか指さしで言う。来た!って、オレんちに来とんのはお前やろってツッコミはさておき、それに対してカズマくんは「そんなこといっちゃいけないんだよ」とさとしていた。でもまあ、別にいいです、そこは。


ともかくヒトシ君って推測上の人物は10年以上前からずっと他のブログをdisりまくってるのだけど、ヒトシ君に限らず、「批判」ってのは、結局、それが大好きだからやっちゃうんですよね。スピは特にその傾向が顕著。

阿部さんとか黒斎さんとかもよくdisられていますが、disる人たちってのは、元々は彼らの猛烈なファンだったりして、猛烈にアピールしていた。だけど、思ったように振り向いてくれないからか、いつしか「愛」が「憎」に変わって攻撃に出ちゃうんです。「愛」で振り向いてくれなかったら、「憎」をぶつけて振り向いてもらおうとする。「愛憎」って言葉があるように、その二つの感情はまさに表裏一体。


ただ、普通は愛憎の感情のふり幅はそこまで極端じゃないので、最初は面白くて講演とかにも行ったけど、そのうち行かなくなった程度で終わるもの。それが自分の感情との健全な向き合い方なんですが、普通じゃない人が一定割合いるので、一定のクレームやトラブルが発生する。特に人数が多くなればなるほど。そこは過渡期として善処するしかないわけで。


その意味で、ヒトシ君もスピに対する「愛・憎」の幅が大きすぎて、それで誰彼構わず批判してしまうのだろうけど、根底にはスピに対する深すぎる愛がある。でないと、あんなにたくさんのブログ、読めないでしょ。ぶっちゃけ、私なんかスピ系のブログ、ほとんど読めていません。いや、友達のもあまり読めてなくて、「いいね」もつけられない。理由は単純で、全体的に読むのに飽きたから。それよりも本を読んでいたいと思う。

その点、ヒトシ君は所詮は素人のブログを一つ一つチェックして、頻繁にレビューされるわけでしょ。愛してないとできないです。なので、私のもレビューしていただき嬉しいです。もちろんリンクは不要ですし、ヒトシ君もちょっとお困りのようでしたので、リンクは外しておきました。
b0002156_23392348.jpg


こっからはヒトシ君の推測をストーリーで振り返って見るわけだけど、いろいろわかってくるし見えてくる。学校を卒業後、一般の企業・役所に勤めるものの、元々セルフイメージは低い割りにプライドだけは異様に高いため、上司や客に頭を下げるのが苦痛でしばらくして退職。自分は一人でやる仕事しか向いてないと悟り、柔道整体師の学校に通い資格を取ります。そんなとき、スピに出会います。


小林正観の「うたし会」に始まり、足立育朗、船井幸雄、江本勝(はちょっと遠慮しといて)、エドガーケイシーなど外国ものにもハマります。どっぷりハマります。ありがとう10万回も7回くらい達成し、波動グッズも次々と買い集めます。一応、滝行もやってみた。さらに300万円近くする波動系の浄水器も購入し、もちろん借金になります。


そんな矢先、ハマってたスピ組織の中でトラブルに巻き込まれます。と言うか、それはヒトシ君がただ周りからスポイルされただけなんですが、結局、浄水器や波動グッズの元も取ることができず、人間関係も最悪となり、スピ組織から離れることになる。だけども、スピそのものは好きで自己流に研究を重ねながら、元の仲間のことをバカにし始めます。よっぽど嫌なことがあったようで。


そして2000年代に入り、公庫から借りて晴れて独立。スピリチュアルや波動を前面に押し出した、一風変わった整体サロンを開業します。「うたし会」などの組織は最悪だけど、この世界そのものは好きだし、積極的に仕事にもしていきたい。ユニークなのでそこそこお客さんも来てくれる。そしてホームページビルダー等を使って自前でウェブサイトを構築。間もなくFC2でブログを開始し、良質な情報発信を心がける。集客のためにはアクセスを増やす必要があり、「人気ブログランキング」に登録。瞬く前に上位にランクされ、それとなく周りのブログを読んで唖然。昔の自分がいるし、昔、ハマりながらも嫌悪した世界がまだそこにある。いわゆるかつての自分がそうであったエセスピ、クレクレ星人が蔓延している。そして思わず、名指しするわけでもなく批判してしまった。もう、それからはとどまることを知らない。


しかし、あまりに批判をし過ぎたためか、ブログの空気も悪くなりとりあえず閉鎖。間もなく「ヒトシ君ブログ」を再開し、相変わらずスピ批判に精を出すも、またも空気が悪くなり閉鎖。そしてまた再開し今に至る。自分で作ったサロンのウェブサイトはとっくの昔に閉鎖し、オフラインで営業する一方で、ブログの良質な情報にひかれて連絡してくる読者がいる。敵の多い自分だけに、しっかり客を見た上で、営業。ただ、それだけでは物足りないので、最近はハーブなどの委託販売も開始。最初見たとき、「ひとしインフォメーション」かと思ったけど、違ってました。さらには「遠隔ヒーリング」など、いかにもなサービスもやってて、実に「ひっそりとスピリチュアル」してるわけです(どっかで聞いたタイトルだ)。ま、遠隔ヒーリングを受けるアスリートがいたらイヤだけど、そこは私の知らない世界ですから何とも。


以上は私の創作ですので、登場する人物、団体は一部を除いて架空のものです。ただ、一つのパターンではあります。途中、イオンド大学から名誉博士号のオファーがあったかどうかは知りませんが、この世界って一つのパターンがあるんですね。結局、どんなことでもそうですが、繰り返し言うように、「批判」の根底には「偏愛」がある。


好きで好きでたまらない。だから遠隔ヒーリングもするし、霊や波動についての相談にものる。ハーブも売る。だからこそ、このスピの世界をお金で穢しているような連中が許せない。基本、批判の大部分に「お金」があるのも共通しています。なので、ヒトシ君ブログを読むと、狂おしいほどのスピへの偏愛が伝わってくるんです。ああ、この人、本当にスピリチュアルが大好きなんだなあ。ある種の近親憎悪でもあるけど、批判の根底には偏愛あり。これは心理学マターの話でもありますが。


ちなみに反パチンコ系のブログって割とあるようですが、私はまったく興味ないし、読もうとも思わない。なぜなら好きでも嫌いでもないから。でも反パチンコのブログを書いたり、読んだりする人は、一度ならずパチンコにハマっている。パチンコはある種、麻薬のような脳内作用があって、自分ではどうしようもなく治療が必要なこともありますが、いずれにせよ反パチンコを訴える人は、パチンコに対する偏愛が強い。パチンコさえなければ、自分はこんなに苦しくないのに。絶対に手の届かない女性に恋い焦がれ、ストーカーする男性心理に近い。


スピもまったく同じ原理。執拗に、ある意味、病的に批判する人は、実はスピに麻薬のようにおぼれている。単純に好きを通り越して、溺愛、盲愛と言えるほどにおぼれている。そして冷静な読者は、みんなわかっている。共感を示す一部の人は、同じようにスピを愛し、スピを憎んでいる苦しめる人たち。だからこそ、スパスパと時には名指しで批判する記事にはアクセスが集まる。しかし、批判に集まる人は批判的な人ばかりで、やはりそのブログも疲労がたまって閉じざるを得なくなる。


ちょっと今日は批判めいた内容になり、猛烈に自戒が促されますが、たまにはこのようなブログもいいかもしれません。たまにじゃないかもだけど。ヒトシ君については、もちろん架空として書かせてもらっていますが、どんなにdisられてもなんだか憎めないのも事実。好きなのかも(笑)

やっぱりスピが好きな人だし、造詣も深い。もちろんわかり合うことはないけど、それもまたよし。こんな風にズバズバとブログで斬り合うのもまたおかし。私もたまには読んで、面白いネタがあったら拾おうとは思いますが、ヒトシ君の話は今後は控えます。明日は滝行の話をするのに、ちょっと踏台にさせてもらうかもしれませんが、これからも長文ブログで突っ走っていきますね。ありがとうございました。


クリックいただきまして、ありがとうございます!
 ↓ ↓

人気blogランキング
 
■4月20日(木)/福岡/[月イチ]宇宙となかよし塾26 ~願いが叶うとき、心はどうなっているのか?
   
---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
  
by katamich | 2017-04-11 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン