新たなフェーズへと進化した!! 2017.4.1

4月1日、今日から新年度ですね。今年のエイプリルフール企画は「今日から『石田・スキーマン・久二』に改名します」なるやる気のないもの。昨年は「石田・プリプリマン・久二」でしたが、バカバカしいのにしないと怒られるんです。以前、「アダルトビデオのモザイク消しで生計をつないでます」って投稿したら、半分以上の人が本気にしまして、真顔なレスポンスをいただきました。すぐに「4月1日です」と言ったのですが、「今さらエイプリルフールですか~」みたいな反論があって、企画としては成功したものの、後味も良くなかったのでバカバカしいものに。もっとも、リアルにモザイク消し(編集)の仕事をフリーでやってる知人がいまして、それはそれで多い時で月収100万円を超えるときもあるなど、まずまずいい仕事のようです。役得もありますしね。


それからこちらは普通の話なんですが、「人気ブログランキング」のカテゴリを久々に変えていました。しばらくは「スピリチュアル」の一択でしたが、いつの間にかカテも増えていたりして、古巣の「哲学思想」、「癒しヒーリング」、そして「引き寄せの法則」と3つに分散。いずれもベスト10に入っていまして、しばらくこの組み合わせでいきましょう。目標は総合10位以内で、ポイント的には10倍以上ですね。そのうちそうなる。


そして今日は久々に大阪セミナー。ここ最近、セミナーの内容を書かずにフォームだけ貼り付けて募集するような「手抜き」が続いており、そろそろ反省しなければってこと。今日はほとんどの方がリピーターさんとなり、ブログやLINE、メルマガの読者さんは増えているにもかかわらず、新規の方にとって壁が高くなってる印象もあり、そろそろ軌道修正しなければですね。これからどんどん新しいことをやっていきますよ!


ところで2~3日前に「自尊心レベル」の診断解説をしましたが、今日のセミナーでは再度皆さんにやっていただきました。数値化としてはこんな感じに。


・20点~30点:極めて低い
・31点~50点:比較的低い

・51点~70点:比較的高い
・71点~80点:極めて高い


これが恐ろしいほどの精度であることがわかりました。この点数はそのまんま「思ったことが実現する点数(割合)」であり、今日の参加者さんは全体的に「自尊心レベル」は高いと感じていたのですが、52点~66点くらいに集中しました。それでも全員が「高い」に入ったのは、さすがに私のセミナーの参加者さんです。


これは、たとえば「52点」の人がいたとすれば、これはそのまんま「思ったことが実現する確率が52%」となります。つまり、思ったことの半分くらいは叶うのだけど、半分は叶わない、という感じになる。一番高い人で「66点」の方がいらっしゃったのですが、この方は近々ANAのビジネスクラス(マイル)でヨーロッパに行くそうで、さすがに叶いやすいレベルにあるようです。


ちなみに私は「73点(73%)」となりまして、確かに思ったことの7割以上は叶っています。一応、このチェックの上限は「80点」なんですが、90点とか100点とかがいないのは、3次元人を対象としているから。100点ってのは、たとえば「今、ガリガリ君が食いたいなあ~」と思ったら、その10秒後に近所のおばちゃんがガリガリ君を持ってくるレベル。これはこれで面白くないと思う。


レベルが70点(70%)ってことは、思ったことの7割は叶ってきたけど、3割は叶ってないことを意味しながら、その3割もいずれは叶うし、だけど、また新たな3割ができる状態。それが2割に減ることはあっても、1割とか0とかにはなりません。常に2~3割は「やりたいこと」がある方が健全だし、人生楽しいわけで。


なので80以上を目指す必要はないけども、50以下だとちょっと寂しい。そしてこのチェックの面白いところは「50と51の間には大きな隔たりがあること」でしょうか。つまり「高い(叶う)」と「低い(叶わない)」と完全に二分されてしまい、傾向として51以上の人はどんどん叶う、50以下の人はそうではない、との傾向が見られるわけです。なので、よりよく生きるためには、まずは51以上の「高い(叶う)」に入ることが望ましく、そのための方法をこれからお伝えしていこうと思っています。このテストについても、今は設問数が20くらいですが、100くらいには増やして、さらに精度を高めていく予定です。


これは「自尊心」のチェックから、イコール「思ったことが実現する(願いが叶う)確率」を測るテストとなってしまい、非常に面白い結果が出てきたと思っています。やってみるとわかるのですが、思ったより高くはなりません。と言うのも、「高い結果を出したいバイアス」を最大限に排した設問になっているから。たとえば、


問3.不労所得など働かないのにお金持ちの人を見てどう思いますか?
 ①特に何も思わない
 ②ちょっと微妙だ
 ③素晴らしいと思う
 ④極めて不愉快だ


なんてのは、自尊心の高い人は「③素晴らしいと思う」を選びそうに思いますが、実はまったく違います。自尊心の高さとは、他人との比較や、他者承認なる基準が少ないことが条件。他人の状況に対して「素晴らしい」と判断するのは、実は自尊心は低い現れなんですね。本当に自尊心が高い人は、他人がどうであれ自分が基準なので「特に何も思わない」を選ぶのです。これはもちろん「自己中心的」とは違います。とにかくも、これらの設問は非常によくできたものであることがわかりましたので、次は4月20日の「宇宙となかよし塾(福岡)」でさらに設問を増やして、より精度を高めていこうと思います。


ただ、言うまでもなくですが、テストによって現状認識しながら、さらに自尊心レベルをアップすることが大切です。今日のセミナーではその方法を三つばかりご紹介しまして、実際にワークもやってみました。あるワークでは確実に「感情」が揺り動かされ、傷ついた自尊心を修復する動きが見られました。つまりは、53%の人は54%になったかもしれないし、60%の人は62%になったかもしれない、そんな現象が見られたのです。この辺の話、また追々やっていきます。そして今日も例によってめちゃくちゃ濃厚なセミナーになってしまいました。


と言うわけで、終了後はVIP席で「肉まんアトム」での懇親会。これもまた実に濃厚になったのですが、驚くべきは「肉まんアトム」が次のフェーズに大きく進化したこと。『そらのレコード』では架空のものとして「カレー屋アトム」なる店が登場するのですが、一週間ほど前にアトムさんのブログで「腸が躍る幸せカレー」なる構想が発表されていました。一週間なのでまだだろうと思っていたら、なんとすでに完成したと。つまり、構想として発表したときにはすでに潜在意識レベルでそのレシピができていたのでしょう。


いつもの中華フルコースの後、そのカレーが登場しました。ちなみに今日のメニューは、正式名称は忘れましたが、こんな感じ。

1.ピーナッツを中華風に炒めたの
2.じゃがいもを千切りにしたサッパリしたサラダ
3.きゅうりを中華風に漬けたの
4.肉や野菜を豆腐の皮で巻いたの
5.卵とトマトの炒め物
6.あさりの酒蒸し
7.麻婆豆腐とチキンカレー
8.揚げまん
9.肉まん
10.マンゴーの雪かき氷(デザート)
11.ナスとひき肉のキーマカレー(追加)
b0002156_1333167.jpg


今回の目玉は何と言っても「麻婆豆腐とチキンカレー」です。麻婆豆腐も美味いのですが、驚くべきはチキンカレー。インドカレーのようでいて、中華の風味が加わったような、かなりオリジナルな味。それもかなりスパイシーなので、辛いのが好きな人は病みつきになる味です。


小麦粉を使わず玉ねぎをベースにしているのはインドカレー風だけど、明らかにそれとは違う。正直言います。身びいきではなく、私が今まで食べたカレーの中で1,2位を争う味です。もしかしたら断トツナンバーワンかもしれない。あまりの美味さに一同、驚きを隠せず、デザートを食べた後、ひと段落してから追加を注文してしまうほど。すでにトマトやチキンの材料がなくなっていたので、別の材料でササッと作ってくれたのですが(注文してから20分くらい)、それがまたさらに絶品でした。


今後おそらく、「肉まん屋だけど実はカレーが美味い」と言われるでしょう。追加のキーマカレーですが、これはご飯ではなくチーズまんで食べたのですが、それもまた最高の組み合わせでした。そうだ、今、思い付いた。近々東京かどっかで「アトムさんのフルコースを食べる会」を企画しよう。肉まんだと出張が難しいそうだけど、カレーをメインにしたらできるそうだ。6月くらいにやりたいと思います!


で、時間となり帰路に向かったのですが、あることに気が付きました。実は昨日、花粉と寒さで体調が少し悪くなっており、今日のセミナーも万全ではなかったのですが、カレーを食べてから一気に回復していたのです。そうか、そうだったのか。あのカレーは薬膳そのものなんだ!そもそもスパイス自体が漢方薬でもあるし、さらにインドカレーに使わない中華のスパイスも使っているので、文字通り「腸が躍る幸せカレー」だったのです!


アトムさんがいよいよ次のフェーズに進んだ!オレもどんどん進むぞ!冗談抜きで、あのカレーは健康になるとともに魂を覚醒させる!正式メニューとなったら、絶対に食わなければならない!今もすでに食いたいレベルなのだ!ありがとうございました。


---
プロフィール・実績メルマガFACEBOOKTWITTEROFFICIALお問合せ
 
友だち追加数
アカウント名は「@gix0298a」
   
by katamich | 2017-04-01 23:39 | ■人生哲学 | Comments(0)